« 2015年11月 | トップページ | 2016年3月 »

2015年12月

全日本フィギュアスケート選手権大会

本日、第84回となる全日本選手権が開幕します。

この大会はシーズン後半の、ジュニア世界選手権、四大陸選手権及び世界選手権の代表選考会でもあります。

男子は、今シーズンの世界選手権枠が2枠に減ってしまったという厳しい状況の中、いつも以上に熾烈な戦いが繰り広げられることになるでしょう。

とは言っても、NHK杯、グランプリファイナルと歴代最高得点を塗り替えてきた羽生結弦の力量は段違いですから、優勝争いよりも2位争いに注目したいです。

羽生結弦は更に高得点を出すのではないか?と煽っているメディアもあるようですが、そもそも全日本選手権はISU公認の大会ではありませんので、そこに注目する意味はそれ程ありません。

今までの傾向から推測すると、グランプリファイナルと同程度の演技をすれば、若干高い得点になるでしょう・・・ただ、それだけのことです。

2位の最有力候補は宇野昌磨。3位は村上大介と予想していますが、無良崇人が意地を見せて混戦に持ち込んで欲しいと期待しています。

無良崇人のようなスケーターは今の男子フィギュアにとって貴重な存在ですから・・・

女子は、表彰台の3名はほぼ決まっていると言ってもいいでしょう。

言うまでもありませんが、浅田真央、宮原知子、本郷理華の3人です。

今季は、宮原知子が好調で一歩リードしているかのようにも見えますが、浅田真央はSPの構成を変更して演技の充実に力点をおいてきますし、グランプリファイナルを逃した本郷理華は全日本で雪辱を果たしたいでしょうし・・・今までにない過酷で美しい戦いが見られそうです。

O0600040013516398962

浅田真央の体調を気にしているファンも多いかもしれません。

NHK杯とグランプリファイナルは確かに浅田真央らしくない演技でしたが、全日本選手権ではきっと立て直してくると思います。

2010-2011シーズンもジャンプ矯正をスタートさせたシーズンということもあって、ジャパンオープンは5位、NHK杯は8位、エリック・ボンパール杯は5位と低迷していましたが、全日本選手権は2位(SPは1位)だったのです。

必ずレベルの高い優勝争いを見せてくれるでしょう。

浅田真央が悩んでいると思われるジャンプについては、技術的な問題を指摘して改善を促すよりも、細かいことを気にしないで、自分らしい演技に注力した方がいいように思います。

トリプルアクセルは完成の域に近づいているのですから、他のジャンプも自信を持って跳んで欲しいです。そうすればきっと結果が伴うでしょう。

女子では、秘かに本田真凛の活躍に期待しています。

ジュニアグランプリファイナルで銅メダルを獲得した勢いで表彰台の一角を崩してくれるかもしれませんから・・・

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

≪ ご 案 内 ≫

『フィギュアスケート 銀盤の疑惑』は全国の書店で好評発売中です。

スマイルheartプロジェクトを応援して下さり、ありがとうございます。寄付金とメッセージの受け付けは3月14日で終了しました。皆様のご支援に感謝申し上げます。

スマイル・プロジェクトのブログは→コチラをクリックして下さい。

雑談などにご利用下さい→『ゆきの小部屋~その10』

*ブログの避難所を開設しました→コチラをクリックして下さい。

浅田真央 ソチ伝説のフリー ~ 高音質+会場音声で迫力満点!

Sochi LP TOP 4 Step

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

FPU(フィギュアスケート保護連合)へ、ご協力下さい。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。

FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp

FPU公式ブログ  http://fpu1.cocolog-nifty.com/blog/

お問い合わせ先一覧(下記の文字をクリックして下さい)

■日本スケート連盟 メールアドレス jsf@skatingjapan.or.jp

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育館内

TEL : 03-3481-2351

▲首相官邸 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

▲ 自民党 https://ssl.jimin.jp/m/contact

*BPOの問い合わせ先

*厚生労働省 お問い合わせ窓口

*外務省~監察査察意見提案窓口

*外務省~ご意見・ご感想(メールフォーム有)

*総務省への意見

*文部科学省への意見

*公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

kuroneko_azをフォローしましょう

* 今 日 の 猫 *

せかいいちのねこ [ ヒグチユウコ ]

せかいいちのねこ [ ヒグチユウコ ]
価格:1,512円(税込、送料込)

サンタ猫♪ / funny cat

☆ お 知 ら せ ☆

『ときどき黒猫』の過去記事置き場→黒猫倉庫

FPUの公式ブログ

誹謗中傷を繰り返す悪質なkiki_dide氏とその仲間~その1

にほんブログ村のランキング不正操作疑惑について

被災地の小さな命を救いたい・・・

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートの基礎

フィギュアスケート講座

フィギュアスケート技の解説

| | コメント (189) | トラックバック (0)

PCSと表現力

いよいよグランプリファイナルが開幕します。

男子は世界選手権の金メダリストであるハビエル・フェルナンデス、NHK杯で驚愕の世界最高得点を叩きだした羽生結弦、シニア参戦1年目で出場を果たした宇野昌磨と金博洋、1年間の休養を終えて復帰したパトリック・チャンと、4回転サルコーを武器に上位を脅かす選手に成長した村上大介。

今、まさに旬な選手が集まりました。

女子は米国からグレイシー・ゴールド、アシュリー・ワグナー、日本から宮原知子、浅田真央、ロシアからエフゲーニャ・メドベデワ、エレーナ・ラジオノワの6名。

米国VS日本VSロシアという三つ巴の様相を呈していることに加えて、三国それぞれ新旧対決の意味合いもあるという興味深い大会になりそうです。

今までにないような熱い演技が見られるかもしれません。

男子は現段階では羽生結弦の力量が抜きんでていますが、勝負は時の運。NHK杯での驚異の得点に触発されて、他の選手達も自己ベストを更新するような演技をみせてくれると期待しています。

女子については、全員が200点を超える自己ベストを持っています。実力が拮抗していますから誰が勝ってもおかしくはありません。

気になるのはNHK杯で元気がなかった浅田真央。

実力と実績は一番ですが、復帰したばかりで戸惑いもあるのかもしれません。

採点や判定に惑わされず、自分の演技が出来れば浅田真央が優勝するでしょうが・・・

4272

ところで、また羽生結弦を的外れな内容で非難している人がコメント欄に登場したようです。

壊れかけのおかしな陰謀論者でさえ、高得点の理由に納得したというのに、まだお解りにならない人がいるようで驚きました。

文章を読むと、フィギュアスケートを理解していないのが伝わってくるのが痛いのですが、今はそれを信じるファンはいないでしょうから、とりあえず放置しておきましょう。投稿する時は『名無し』はだめと言っているのにそれを無視するような人物のようですし・・・

ただ、PCSが高いのに演技に感動しないとか、凄いのは解るけどPCSがあれ程高いのはおかしいのではないか、という声もあるようです。

そういう感想はある意味正しいのです。

というのも、PCSの中で本当に人の感性に委ねられる項目と言い切れるのは、曲の解釈(Interpretation 略記号IN)だけだからです。

振り付け/構成(Choreography/Composition 略記号: CH)についても、どれだけバランス良く空間を使ったかという全体のデザイン性だけではなく、プログラム全体を通して一貫した世界観をどのように表現していくかが問われる項目です。

ただ、振付師の演出が出来栄えを決めるウエートが大きく、選手の表現が得点に反映されるのは半分程に過ぎません。

こうして見るとPCS5項目、50点満点のうち選手の純粋な表現力を評価する部分は僅か2項目、15点ということになります。

しかし、見る人に与える印象はこの2項目が大きなウエートを占めますから、凄いのは解るけど何だかモヤモヤしてしまうということが起こってしまうのでしょう。

羽生結弦については、曲の解釈については表面上は完璧です。

音に振り付けやジャンプをピタリと合わせる能力は、高橋大輔にも劣りません。

ただ、その音が何を意味しているのか、ジャンプを何に見立てているのか?という部分が曖昧です。

これは、振り付け/構成にも関わりがありますが曲の世界観を明確に表現できないと、見ている側はプログラムから物語を読み取れず、せっかく高い技術を駆使しても音楽とシンクロしていても凡庸な内容と判断してしまうことがあるのです。

フィギュアスケートのプログラムには、振付師と選手が共に考え抜いた世界観があります。

しかし、それを表現する選手の体調や精神状態はいつも同じではありません。

そこがフィギュアスケートの面白さでもありますが・・・

選手達がどんな世界観を持ってプログラムを表現するのか?

そうした部分は、ファンにとっては得点よりも重要なことではないでしょうか。

グランプリファイナルでは、また新しいプログラムとの出会いがあるでしょう。

演じる選手にとっても見ているファンにとっても、プログラムは一期一会の奇蹟なのかもしれません。

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

≪ ご 案 内 ≫

『フィギュアスケート 銀盤の疑惑』は全国の書店で好評発売中です。

スマイルheartプロジェクトを応援して下さり、ありがとうございます。寄付金とメッセージの受け付けは3月14日で終了しました。皆様のご支援に感謝申し上げます。

スマイル・プロジェクトのブログは→コチラをクリックして下さい。

雑談などにご利用下さい→『ゆきの小部屋~その10』

*ブログの避難所を開設しました→コチラをクリックして下さい。

浅田真央 ソチ伝説のフリー ~ 高音質+会場音声で迫力満点!

Sochi LP TOP 4 Step

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

FPU(フィギュアスケート保護連合)へ、ご協力下さい。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。

FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp

FPU公式ブログ  http://fpu1.cocolog-nifty.com/blog/

お問い合わせ先一覧(下記の文字をクリックして下さい)

■日本スケート連盟 メールアドレス jsf@skatingjapan.or.jp

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育館内

TEL : 03-3481-2351

▲首相官邸 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

▲ 自民党 https://ssl.jimin.jp/m/contact

*BPOの問い合わせ先

*厚生労働省 お問い合わせ窓口

*外務省~監察査察意見提案窓口

*外務省~ご意見・ご感想(メールフォーム有)

*総務省への意見

*文部科学省への意見

*公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

kuroneko_azをフォローしましょう

* 今 日 の 猫 *

泣いて怒る子猫、そして謝る母猫

☆ お 知 ら せ ☆

『ときどき黒猫』の過去記事置き場→黒猫倉庫

FPUの公式ブログ

誹謗中傷を繰り返す悪質なkiki_dide氏とその仲間~その1

にほんブログ村のランキング不正操作疑惑について

被災地の小さな命を救いたい・・・

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートの基礎

フィギュアスケート講座

フィギュアスケート技の解説

| | コメント (82) | トラックバック (0)

羽生結弦の世界最高得点とジャッジシステム崩壊の危機に慌てるISU

フィギュアスケートのグランプリシリーズ最終戦NHK杯が終わり、グランプリファイナルへ出場出来る選手が決まりました。

男子はハビエル・フェルナンデス、羽生結弦、宇野昌磨、金博洋、パトリック・チャン、村上大介。

女子はグレイシー・ゴールド、エフゲーニャ・メドベデワ、宮原知子、浅田真央、エレーナ・ラジオノワ、アシュリー・ワグナー。

シーズン中盤ですが、世界選手権の前哨戦として見ごたえのある大会になりそうです。

50237441

ただ、男子は羽生結弦がNHK杯で驚異の得点を出してしまいましたから、羽生結弦が好調なら、他の選手を圧倒してファイナル3連覇を達成してしまうでしょう。

羽生結弦の得点について、高すぎるという声もあるようですが、私はそうは思っていません。

現行のシステムでは妥当な得点です。

羽生結弦の322.40という得点は、高い技術力と磨き抜いた技の出来栄え、音楽と一体となったキレのある演技によって成し遂げられました。

4回転ジャンプは成功させるのが難しいジャンプですが、まるで3回転ジャンプのように軽々とクリアし、そしてプログラムと一体化していました。

ジャンプだけではなく、スピンもステップも+2以上の加点を得られる内容で、最後までスピード溢れる迫力ある演技でした。

PCSが高いと考える人もいるようですが、現在の採点方式では高いGOEが出れば、相対的にPCSも高くなります。

それは、GOEとPCSを判定するジャッジが同じだからです。

音楽と調和して加点が得られる技を繰り出せば、自然とPCSは上がります。

今回、羽生結弦はSPで2本の4回転を跳んでいますが、後半から前半に変更しています。これは、体力的な問題ではなく、音楽と合せることを優先した結果でしょう。

今までSPで後半の4回転を失敗していたのは、僅かのずれがジャンプの踏切りを躊躇させてしまった結果ではないかと推測しています。トリプルアクセルではそれを修正出来ても、4回転では難しいのでしょう。

羽生結弦は決して万全な状態では無かったはずですが、軽々と4回転ルッツのコンビネーションを決める金博洋に闘志を駆り立てられたようです。

つまり、この高得点をアシストしたのはシニアに上がったばかりの金博洋だったわけです。

羽生結弦は次のオリンピックで最大のライバルになるのが金博洋だと感じているのでしょう。

それが、現在のポテンシャルを全て引き出す結果になったわけです。

羽生結弦は、ただ世界最高得点を更新しただけではありません。

男子のフィギュアスケートを大きく前進させました。

この得点を更新するには、SPとFSで5回の4回転ジャンプと3回のトリプルアクセル、全てレベル4のスピンとステップが必須となりました。

これが出来るのは現時点では羽生結弦ただ一人。

ライバルであるパトリック・チャンとデニス・テンは4回転が1種類だけ。ハビエル・フェルナンデスとマキシム・コフトンは2種類の4回転は跳べても、スピンで及ばず。3種類の4回転が跳べる金博洋は4回転ジャンプ以外の技術は羽生結弦に及びません。

ただ、羽生結弦自身がそうであったように、ライバル達も技を磨いてくるでしょう。

男子のフィギュアスケートは今まで以上に高いレベルを求めて激戦が繰り広げられることになりそうです。

その一方で、ISUはトップクラスの男子に対しては、コントロール出来なくなってしまいました。

今までは、PCSがTESを上回っていましたが、完全にTESが優位となり、曖昧な基準のPCSは、技を磨いてGOEを得るという羽生方式で突破されるでしょう。

つまり、技術優位となったことで、健全なスポーツ競技としてのフィギュアスケートに変化していくということです。

もちろん、ISUはそれを見過ごさないでしょう。

現在SPで×1、FSで×2となっているPCSの係数を上げてくるかもしれません。

実際、既にそういう声が出ているようです。これは男子だけではなく女子にもという話だそうです。

日本の選手が活躍するとルールが改正されるというのは良く聞く話ですが、PCSの比重を上げようという話も、男子は羽生対策、女子は浅田対策なのかもしれません。

As20151128002489_comm

ところで、女子は宮原知子が安定した演技で優勝しましたね。

自身初の200点越えで自信も付いたと思います。

浅田真央は少し表情が暗く、心配しているファンも多いでしょうが、演技内容は悪くても表彰台だったのですから、復帰したばかりということを考えればそれ程悲観するようなことではありません。

今回は決まりませんでしたが、中国杯で見せたトリプルアクセルは完成形に近づいていると実感させる出来栄えでしたし。

ただ、ジャッジの判定は今回も疑問でした。

浅田真央のセカンド3Loは久しぶりに認定されましたが、かなり際どい着氷でしたから回転不足を取られても不思議ではなかった。

あのジャンプを認定して、中国杯を認定しなかったのは、フランスやロシアで甘い判定があったからなのでしょうか?

宮原知子の3Lz-3Tのセカンドも微妙でしたが、今回はセーフでした。

認定されたことに安堵しているファンもいるようですが、安易にそう考えるのは危険です。

実は、FSではファーストジャンプが回転不足を取られています。

浅田真央は3F、宮原知子は2A。

以前、説明したことがありますが、コンビネーションジャンプの場合、セカンドジャンプを跳ぶために、ファーストジャンプは単独ジャンプの時よりも若干早く降りる必要があります。

それはセカンドジャンプの回転力を得る為に着氷時に身体を捻る必要があるからです。

セカンドがループなら、トゥをつける3Tよりもその動作が重要になります。

以上の理由から、ファーストジャンプは必然的にギリギリの回転となってしまうのです。

そこを狙い撃ちにされると、厳しいわけです。

ISUは、今後もおかしなコントロールを目論んでいるのかもしれません・・・

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

≪ ご 案 内 ≫

『フィギュアスケート 銀盤の疑惑』は全国の書店で好評発売中です。

スマイルheartプロジェクトを応援して下さり、ありがとうございます。寄付金とメッセージの受け付けは3月14日で終了しました。皆様のご支援に感謝申し上げます。

スマイル・プロジェクトのブログは→コチラをクリックして下さい。

雑談などにご利用下さい→『ゆきの小部屋~その10』

*ブログの避難所を開設しました→コチラをクリックして下さい。

浅田真央 ソチ伝説のフリー ~ 高音質+会場音声で迫力満点!

Sochi LP TOP 4 Step

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

FPU(フィギュアスケート保護連合)へ、ご協力下さい。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。

FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp

FPU公式ブログ  http://fpu1.cocolog-nifty.com/blog/

お問い合わせ先一覧(下記の文字をクリックして下さい)

■日本スケート連盟 メールアドレス jsf@skatingjapan.or.jp

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育館内

TEL : 03-3481-2351

▲首相官邸 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

▲ 自民党 https://ssl.jimin.jp/m/contact

*BPOの問い合わせ先

*厚生労働省 お問い合わせ窓口

*外務省~監察査察意見提案窓口

*外務省~ご意見・ご感想(メールフォーム有)

*総務省への意見

*文部科学省への意見

*公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

kuroneko_azをフォローしましょう

* 今 日 の 猫 *

こたつで眠るメッチャ可愛い子猫のこだまちゃん。 Good night, kitten

☆ お 知 ら せ ☆

『ときどき黒猫』の過去記事置き場→黒猫倉庫

FPUの公式ブログ

誹謗中傷を繰り返す悪質なkiki_dide氏とその仲間~その1

にほんブログ村のランキング不正操作疑惑について

被災地の小さな命を救いたい・・・

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートの基礎

フィギュアスケート講座

フィギュアスケート技の解説

| | コメント (97) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年3月 »