« 浅田真央の空中ブランコ挑戦と韓国の言論弾圧への挑戦 | トップページ | 全部勝ちたいと意欲を語る羽生結弦と戦後レジームからの脱却に難航する日本 »

フィギュアスケートの小ネタ集と石破氏が仕掛ける権力闘争

グレゴリ青山氏のスケオタデイズが更新されました。

妄想の中でジャッジになったら・・・という話もあります。

今回のスケオタデイズは小ネタ劇場のようです。

そこで、今日のブログも小ネタ集にしてみました・・・

2014y08m27d_094945505

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

≪ ご 案 内 ≫

『フィギュアスケート 銀盤の疑惑』は全国の書店で好評発売中です。

スマイルheartプロジェクトを応援して下さり、ありがとうございます。寄付金とメッセージの受け付けは3月14日で終了しました。皆様のご支援に感謝申し上げます。

スマイル・プロジェクトのブログは→コチラをクリックして下さい。

雑談などにご利用下さい→『ゆきの小部屋~その10』

*ブログの避難所を開設しました→コチラをクリックして下さい。

浅田真央 ソチ伝説のフリー ~ 高音質+会場音声で迫力満点!

Sochi LP TOP 4 Step

別人のような石破幹事長、理解に苦しむ「言行不一致」

(2014.8.27 msn産経ニュース)

「いささかでも驕(おご)りや高ぶり、緩みがあってはなりません。謙虚な自民党であるか、誠実な自民党であるか、正直な自民党であるか。有権者はそれをじっと見ている」

これは平成24年11月の衆院解散から6日後に開かれた「全国幹事長・政調会長会議」での石破茂幹事長の発言だ。政権奪還して以降も、ことあるごとに党内を引き締めるために石破氏が繰り返してきたフレーズでもある。

党内での権力抗争に明け暮れ、信を失った民主党政権を反面教師とし、利己的な活動を慎み、協力して国政に当たろうという呼びかけで、こうした石破氏の内省的な姿勢を好ましいと思った有権者も少なくないはずだ。私もその一人だった。

しかし、25日のTBSラジオに出演し、人事や自身の処遇について語る石破氏はまるで別人だった。

「自分からあれをやりたい、これをやりたいと言ってはいけない」と前置きしながらも、「厳しいといわれる(福島や沖縄の)県知事選で勝てるようにしていくのが私としてはやりたいことだ」と幹事長留任を希望。新設のポストの安全保障法制担当相についても「首相と考えが百パーセント一緒という人が国会で答弁するのが一番いい」と辞退する考えを示唆した。

政治家は勝負をしなければならない時もある。とはいえ、衆院初当選から政治歴28年にもなる石破氏だ。自身の発言が党内抗争の引き金を引くとの懸念や、「またぞろ党内抗争か」と党や政権の支持率に影響する可能性があることくらいは予想できているはずだ。

石破氏は来春の統一地方選で勝利して初めて政権交代が完成すると繰り返している。もしそれが本当ならなぜこの時期に自ら党内抗争の口火を切るのか到底理解できない。(政治部編集委員、佐々木美恵)

Stt14082707070001p1

記者会見する石破茂幹事長=26日午前、東京・永田町の自民党本部(酒巻俊介撮影)

“謀反”に首相周辺激怒 「石破氏系」排除加速か 内閣改造・党役員人事

(2014.8.26 zakzakニュース)

安倍晋三首相が、自民党の石破茂幹事長への不信感を強めている。9月初旬に行う内閣改造・党役員人事をめぐり、ラジオ番組で公然と、安全保障法制担当相の辞退と、幹事長続投を要求したからだ。首相(党総裁)の人事権を収奪するような言動は、政権に対する「謀反」といってもいい。安倍首相周辺は「石破氏は、第1次安倍内閣や麻生太郎内閣でも倒閣運動を仕掛けた前科がある」と激怒し、警戒を強めている。

「安全保障や地方創生など日本を取り戻す第2章が始まるので、人心を一新したい」

安倍首相は26日午前、自民党本部での役員会に出席し、9月3日に内閣改造を実施する考えを正式に伝えた。隣には石破氏が座っていたが、2人の間には微妙な空気が流れていた。

それもそのはず、石破氏は前日、前代未聞の行動に打って出ていた。

石破氏は25日午後、TBSラジオ「荒川強啓 デイ・キャッチ!」に出演し、安倍首相から打診された安保担当相について、「首相と考えが100%一緒の人が国会で答弁するのが、一番いい」と述べ、辞退する意向を明言した。さらに、「地方(の選挙)できちんと勝てるようにして初めて政権奪還が完成する」といい、幹事長続投まで希望したのだ。

先週末、新聞2紙が「石破氏、安保担当相を固辞」と報じたとき、安倍首相周辺は「条件闘争の情報戦ではないのか。側近が何度リークしても関係ない。石破氏が安倍首相と会ってどう語るかだ」と語っていた。

ところが、石破氏は安倍首相と会う前に、ラジオで公然と自身の人事について語ったわけだ。安保政策に対する違いから、自身が安保担当相として国会答弁に立てば、政策の違いを野党から追及され「国会が止まる」という懸念も披露していたが、官邸サイドはそう単純には受け止めない。

「石破氏が権力闘争を仕掛けてきた。企業の社長もそうだが、人事権こそが権力の源泉だ。役員や社員が『この仕事はやりたくないが、これはやりたい』などと言い出したら、組織は成り立たない。4~6月のGDP速報値が悪化したことや、内閣支持率の低下を見て、安倍政権と距離を置くつもりだろう」(官邸周辺)

石破氏の背後には「反安倍」の長老数人がおり、「安保担当相を受けるな」「次の目(=総理総裁)がないぞ」と促していたとされる。長老の数人は「親中派」「親韓派」として知られる。

安倍首相はこのため、安保担当相に、元防衛副大臣の江渡聡徳(えと・あきのり)衆院安全保障委員長を起用することで調整している。防衛相との兼務も検討している。外相については、北朝鮮による拉致被害者らの調査や、年末の「日米防衛協力のための指針(ガイドライン)」再改定をにらみ、岸田文雄氏を留任させる方針だ。

このほかの人事でも、石破氏に近い「石破系」とされる議員を排除するか、数人を一本釣りすることも検討している。

そもそも、石破氏は集団的自衛権の行使容認の閣議決定への道筋を付けた与党協議のメンバーであり、安保政策の違いを持ち出すのはおかしい。また、少し前には石破氏周辺を通じて「どんなポストでも受ける」との意向が内々に伝えられていた。

「謀反」といえる石破氏の言動に、首相周辺では、石破氏の過去についても語られ始めた。

「石破氏は、第1次安倍内閣でも、党内から首相退陣を促した。麻生内閣では、現職の農水相だったのに『麻生降ろし』を念頭に置いた両院議員総会開催を呼び掛ける署名に応じた。安倍首相と麻生氏はこのことを忘れてはいない。自民党を捨てて出ていったこともある。政権復帰から1年8カ月、まだまだ仕事は山積しているのに、また党内混乱を引き起こす気なのか」(首相周辺)

実は、官邸では以前から、石破氏の幹事長としての手腕に不満を感じていた。衆院選や参院選、都知事選には勝ったが、「勝てる」としていた7月の滋賀県知事選を落とし、11月の沖縄県知事選の候補者調整も不調に終わったからだ。

今回の言動で、石破氏の幹事長留任もほぼなくなったといえる。ただ、来年秋の総裁選を考えると、安倍首相としては党内亀裂を放置することは得策ではない。安倍首相は「石破氏の乱」をどう鎮圧し、内閣や自民党を前進させていくのか。

2014y08m27d_101514685

自民党役員会に臨む安倍首相(右)と石破氏。2人の間には微妙な距離も=26日午前、自民党本部

いささかでも驕(おご)りや高ぶり、緩みがあってはなりません。謙虚な自民党であるか、誠実な自民党であるか、正直な自民党であるか。有権者はそれをじっと見ている

党内での権力抗争に明け暮れ、信を失った民主党政権を反面教師とし、利己的な活動を慎み、協力して国政に当たろうという呼びかけで、こうした石破氏の内省的な姿勢を好ましいと思った有権者も少なくないはずだ。私もその一人だった。

石破氏の背後には「反安倍」の長老数人がおり、「安保担当相を受けるな」「次の目(=総理総裁)がないぞ」と促していたとされる。長老の数人は「親中派」「親韓派」として知られる

そもそも、石破氏は集団的自衛権の行使容認の閣議決定への道筋を付けた与党協議のメンバーであり、安保政策の違いを持ち出すのはおかしい。また、少し前には石破氏周辺を通じて「どんなポストでも受ける」との意向が内々に伝えられていた。

石破氏の言動には驚きました。

背後には、親中・親韓の長老が後押ししているようですが・・・

中国と韓国は、安倍首相を毛嫌いしています。そしてなぜか日本のメディアも安倍叩きに精を出しています。

今後は、石破氏がヒーローのようにメディアに取り上げられるかもしれません。

安倍首相がゴルフをしていたこともメディアの攻撃材料になっていますが、災害の状況が判明した直後にはプレーを切り上げています。

メディアは、着替えを取りに戻ったことまで批判しているようですが、誤報を32年も放置して、謝罪すらしない無責任な同業者には何ら批判をしていません。

左巻きの人間は、無責任という共通項があるようです。

何かと言えば、第二次世界大戦中のエピソードを持ち出して、それを安倍政権の運営に強引に結び付けて批判する。

彼等の鉄板ネタですが、過去と現在では状況が異なります。

韓国が漁をしていた漁民を殺害して、竹島を不法占拠したことや、中国がチベットやウイグルで弾圧を行っていることなどは、申し訳程度にしか報じません。

日本が、『普通の国』であれば、自国領土を占領しているような国とはいつ戦争になってもおかしくはありませんし、領土・領海の拡大を目論み、日本の領土にも難癖を付けている国があれば、それに備えて対策を立てるのは当たり前の話です。

自虐的なメディアと自己利益と保身に走る官僚達・・・日本はどこへ向かうのでしょうか?

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

FPUからのお知らせ

*FPUではブログサポーターを募集しています。詳細については、下記をクリック願います。

ブログサポーターを募集します!(FPU公式ブログ)

Fpu007

FPU(フィギュアスケート保護連合)へ、ご協力下さい。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。

FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp

FPU公式ブログ  http://fpu1.cocolog-nifty.com/blog/

お問い合わせ先一覧(下記の文字をクリックして下さい)

■日本スケート連盟 メールアドレス jsf@skatingjapan.or.jp

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育館内

TEL : 03-3481-2351

▲首相官邸 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

▲ 自民党 https://ssl.jimin.jp/m/contact

*BPOの問い合わせ先

*厚生労働省 お問い合わせ窓口

*外務省~監察査察意見提案窓口

*外務省~ご意見・ご感想(メールフォーム有)

*総務省への意見

*文部科学省への意見

*公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

kuroneko_azをフォローしましょう

* 今 日 の 猫 *

子猫を温めるニワトリ 2013 1 9

☆ お 知 ら せ ☆

『ときどき黒猫』の過去記事置き場→黒猫倉庫

FPUの公式ブログ

誹謗中傷を繰り返す悪質なkiki_dide氏とその仲間~その1

にほんブログ村のランキング不正操作疑惑について

被災地の小さな命を救いたい・・・

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートの基礎

フィギュアスケート講座

フィギュアスケート技の解説

|

« 浅田真央の空中ブランコ挑戦と韓国の言論弾圧への挑戦 | トップページ | 全部勝ちたいと意欲を語る羽生結弦と戦後レジームからの脱却に難航する日本 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

京浜急行ってローカル電車だったんだ…。そのローカル線に世界フィギュアの日本選手(高橋選手が辞退する前だから、小塚選手はなかった)私は駅にお願いして、飾るの終わったら、全選手のを貰いました。小塚選手も欲しかったですがね。ローカル線もすてたもんじゃない。有難う〜(涙)てか、ローカル線じゃないし(笑)

投稿: みちこ | 2014年8月27日 (水) 13時11分

ふと、思い付きで書いて申し訳ありません。

戦後の日本史は自民のものでしたが、あれほど激しい安保反対闘争や、
赤軍派の国内テロなどのあとの、妙に平和な時代。
それは、どうして収束したのか?
自民単独政権が、どうやって続いたのか?
石破さんの裏にいる入知恵組は、自民の中韓よりの長老たちだと言われれば、すごく納得がいきます。
彼らは平和な自民単独政権時代、本当はどんなことをしていたんでしょう。

そして、その安定はもしや、電通などによるマスコミ統制、情報操作、人心誘導などのたまものだったのでは?

電通はどうも、ただの請負業なのかもしれません。
ヤフコメで中韓批判のコメントは、ヘイト規制云々から以降、表示されなかったり、指示のない(いいねされてない)コメントがトップだったり、
それでいて、言葉遣いの酷い、ボロ糞攻撃コメントはそのままだったり。
あたふたぶりがすごいですが、体制側の操作ですね。
とくに政府がらみでない、ビジネス関連らしいものは他にもいっぱいあります。

日本の戦後政府にはろくな力のない中で、左右の陣営が激しく争っていたはず。政府には、表に出して使える機関はなかった。
自衛隊すら手足をしばられ仕事ができないままで、
その一方で、日本から中国などには多額のお金が渡りつづけました。
献金していたようなものでしょうか?アメリカにも国連にも。
経済が順調ならそれでやれたけれども。

電通は今もマスコミを動かしてはいるけれど、各子会社がそれぞれ別方向に向ける仕事を請け負っているだけのようにもみえました。
それでいて、東京五輪誘致などという、世界的な大仕事もできる。
それが頼める企業は日本には他にないのだそうで。
世界戦略もばっちりで、ブラジルにワールドカップと五輪を集めて、
情報インフラのニーズを作り出して、シェアをとりたい。
平昌か、カザフかを見据えて、カザフの広告代理店を買収して、
デニス・テンをキムヨナのマネジメント事務所(電通系列)に引き込む。
儲けになるなら、払ってくれる顧客の望みをかなえるだけなのかも。

こういう代行業は、裏口入学の口利きから、夏休みの宿題代行から、多分韓国で平然と行われているという入試の代理受験や、カンニング請負業などと感覚が同じと思えます。

目の前の結果がすべて。実力やホンモノであるかは問わない。
・・・これ、多分、李氏朝鮮では文化が壊滅していたので、ホンモノや上質のものに、誰も振れたことがないので、そんな質は問わないからだと思いますが。権威のあるものに認められることで初めて安心する。自分たちには良し悪しの判断がつかないから。
上の人間も、見る目がなければ、何も育てられず、自分たちに甘いものを差し出してくる人間だけを優遇する。

どうも、フィギュアのルール変更が、やたらに低難度化を促すものに替わっているらしいし、それがないと平昌で韓国勢は活躍のしようがなさそうで、
ジャッジのさじ加減で、認定するかはじくか微妙なところで、いくらでも順位の上げ下げは可能らしい。
まだ、シーズンは始まっていませんけど。

ややこしい一連の動きも、平昌五輪への布石を今から打っているのかも。
五輪とくれば、たいていのことはお目こぼしになるんでしょうか。

とにかく、そんな風に流れに世論を乗せていくつもりのほうからしてみれば、予定外のものや、それを突き抜けるホンモノは、ひたすら潰すべき目障りなものでしかない。
告げ口外交やマスコミ誘導からねつ造ごり押しまで、今はどこでもせめぎあいなのかもしれません。
ここで、真のジャーナリズムが出来てくれば、日本も捨てたもんじゃないと言えるんですが。


投稿: 鄙 | 2014年8月27日 (水) 17時15分

ロッテ‥羽生選手になったんだァ!!
演技で結果‘イコール’全部勝つこと‥ ウ~ン シンプル‥!!

スマイルプロジェクトの活動内容・・・知ることができて感激です。

投稿: 小文字のk | 2014年8月27日 (水) 18時10分

驚愕です!「日韓トンネル、対馬で9月起工式!」だそうですね!なんて事!日本を敵性国視の反日韓国に、おいでおいでの道を「作って差し上げる」日本って、何なのです!? 対馬は日本国の防衛最前線ですよね?もし本気なら明確な国売りです。親韓親中の老害長老はさっさと政界引退させる法律は出来ないものか?… 出来ないよね〜世界の何処に敵の為に招き橋を作ってやるバカ国があるのか?頭正気でしょうか?これだから出自は、いの一番に大事なんですよ。魂が日本人であることが必須でしょうに。そして地続きになれば、次は中国からの雪崩のごとくの流入ですよね?猿でも分かる。後は日本がどうなるか歴史をみれば一目瞭然。こんな末端の国民にまで国の存亡を危惧させる日本の指導者達って!

投稿: 南天 | 2014年8月28日 (木) 00時47分

失礼しました。(韓国)韓日海底トンネル対馬調査斜坑起工式…でした。訂正です。

投稿: 南天 | 2014年8月28日 (木) 02時26分

以前ここで日本の悪口を言いながらいつまでも日本に住む在日の話を見ましたが、日本選手に気に食わない人が一人でもいるのにいつまでも日本にいる人も同類ですね
日本には国を代表するアスリートを勝手な憶測で批判する文化はない
お隣の国から入り込んだのでしょうね。
選手を批判する人に若い人はおらず、高齢者ばかりですからね
若い人はそんな高齢者を見下しています
そんなに嫌いなら日本にいなければいいことなのにといつも思います。
きっと口だけの弱虫なのでしょうね。
普通に考えて国に必要なのはアスリート。
自分が引くことも覚えないと。


世代交代がないとスポーツではない
これを機にファンも一掃して若い世代が中心になればいいのに
高齢者が多いとどうしても思考がお隣寄りになりますからね。


話は変わって小文字のk様、彼はそんな意味で言ってはいませんよ。
マスコミの作り上げた虚像をみるのではなく、コメント全文を彼の発言から聞き取りましょう。
村上選手といい、昭和にはわかりにくい世代なのでしょうか

投稿: みちる | 2014年8月28日 (木) 04時42分

戦後、日本の発展とともに広告代理業、請負業である電通という会社も
大きくなってきたのでしょうが日本企業、日本の経済力のおかげで成り立っているのだと思います。その利益を日本のために使うのならいいのでしょうが在日企業なので反日に使っているのでしょうか・・・。たとえばマスコミの反日化や韓流のごり押しなど・・・。
東京五輪招致は電通がしたわけではないと思いますが・・・、なにかしら
大きな利益にはなっているでしょうけれども・・・。
でも今の日本は反日マスコミとか、ほとんどの人は知っているので・・・、
捏造や嘘はもう通用しないと思うのですが・・・。

投稿: 匿名 | 2014年8月28日 (木) 10時23分

日韓トンネル!とんでもない!、どこまで日本人はバカなのか、きっと工事は韓国側が請負、費用は日本側が出す、なんでしょうね。
韓国と地続きになれば日本人なんて甘い考えの国民は消されますよ、官僚の頭の中を割って見てみたい。
電通の話題ですが、日本のフィギュアは平昌まで沈黙が吉だと思います、それをさせまいと羽生で人気作りをし、放映権料の引き上げに使いたいでしょう、これから先、平昌まで日本国内で人気が継続しては電通の思う壺です、ワールドカップもどうして日本が3番目に高額な放映費を払うんですか、ベスト8にも入ったこともなく、たったの3度の出場国が、オリンピックも同じです、日本のメダル獲得数から割り振れば放映費の総額の20分の1が妥当でしょう、ワールドカップに至っては実力係数32分の1で十分な額です。
高額に引き上げさせない為に、定額或いは逆進性にするべきでしょう。

投稿: く~ | 2014年8月28日 (木) 17時03分

匿名さま。思い付きを読んでいただいて、申し訳ないです。

電通と五輪招致の関わりは、招致委員の活動の下支えとなる情報収集や、
IOC委員の動向や行動の調査、誰とどこで会っていたかなど、私の見たレポートでは、興信所の職員のような仕事が書いてありました。他にも政治家経由で柔道界の誰かが柔道票を取りに行っただの、直後には色々なレポートがでていましたから。
その上で、招致に関わる各委員が全力で自分の持ち分を果たしたのだと思います。
ただ、その場だけのプレゼンではことが決まらない。
IOC委員の買収や腐敗ぶりも、よく話題になっていますが、そういうことではなく、正面突破であちこちで支持を得ようとロビイを頑張る話でした。

ところで現在のヤフーアンケートでは安倍内閣支持率がちょっと疑問です。
3万票くらいの中身の74%が不支持。
コメント欄を見ていると、去年のころの黒猫さんブログのコメント欄が思い出されたりします。
結局、本丸は政治なのでしょうね。
捏造に引っかからなければ、次に来るのは霍乱ではないでしょうか。

本当はどうなんだろうという疑問は、結局は自分の目で、体感で得るしかないのかなということで、周りの人に聞いてみるくらいしか思いつきません。

投稿: 鄙 | 2014年8月28日 (木) 17時05分

それにしても、会長様はいつまで雲隠れしてるおつもりでしょうかねdashどんなに逃げても、その報いは必ず悪い形で訪れるでしょう。そうであって欲しいものです。

一方、高橋選手はスポンサーであるPUMAのイベント出演が9月から各地で始まるとか。彼のせいではなくても、あんなことがあった後だけに、スポンサーのお仕事があるのはファンとしては嬉しいです

氷から離れても、彼の人気は健在の様です。休養も思う存分楽しんで欲しいです(^-^)

投稿: 英子 | 2014年8月28日 (木) 21時32分

まず平昌を無視する!マスゾエを消す!トンネルをつくらない!トンネルをつくったら、南鮮領土権だと言ってくるぜ。

投稿: 3姉妹に感謝 | 2014年8月29日 (金) 05時27分

この欄で批判?コメントがありました…
こんな場合、対応すべきなのかどうかも判らないのですが…
マスコミ対しては、元々鵜呑みにする方ではありませんが、ある時期を境に不信感で一杯になり、怒りで爆発しそうになる事も・・・
フィギュアに関しては、世界選手権後も怒りや心配‥色んな事を感じましたが、今はシーズンを静観しようとの思いです。(小塚選手にはシーズン通してコンディションがいい事を祈るばかり…)

投稿: 小文字のk | 2014年8月29日 (金) 16時05分

石破氏には、
「日本は欧米諸国の植民地支配の事は言えない。日本は後から来た支配者だ」(一字一句あってはいません)という発言があります。
統治だったとしても、中立のバランスを取るためなのか、自戒なのか歴史については若干自虐史観なのが気がかりでした。このあたりは安倍首相と真意が異なるのだろうなと思いました。防衛に関してはとても心強いのに、歴史認識となると親中、親韓派の利益に繋がることになりかねないのが本当に残念です…。

投稿: はじめまして | 2014年9月 1日 (月) 11時12分

↑上の上(訂正)スミマセン‥マスコミ対して⇒マスコミに対して
ご意見には余りピンと来なかったのですが、羽生選手、村上選手
について、少々解り辛い(というか不思議…)というのはありますネ‥
(年下の宮原選手は、そのまんま‥すんなり解るんですョ‥)
村上選手は世界Jr.選手権後、羽生選手はその後現在まで、
マスコミ等に翻弄された影響もあるのかな?と…
名前があったので、何となく気になってての独り言デシタ‥(゚ー゚;

投稿: 小文字のk | 2014年9月 1日 (月) 17時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1275350/57198546

この記事へのトラックバック一覧です: フィギュアスケートの小ネタ集と石破氏が仕掛ける権力闘争:

« 浅田真央の空中ブランコ挑戦と韓国の言論弾圧への挑戦 | トップページ | 全部勝ちたいと意欲を語る羽生結弦と戦後レジームからの脱却に難航する日本 »