« 真央先生の爽やかな笑顔と虚言を繰り返す人達 | トップページ | 村上佳菜子の意気込みと成り行きに怯える人達 »

5度目の五輪を目指すプルシェンコとヤマハのシティコミューター

ロシアのエフゲニー・プルシェンコが、2018年の五輪を目指すと宣言したようです。

実現すれば、フィギュアスケート選手として最多出場となります。

プルシェンコの決断は、もしかすると浅田真央や高橋大輔にも影響するかもしれません。

5度目の五輪目指すプルシェンコ

2度の五輪金メダリストであるフィギュアスケート男子シングルのエフゲニー・プルシェンコが、韓国の平昌で開催される2018年冬季オリンピックへの出場を目指す――。タス通信がプルシェンコの言葉として伝えた。

(2014.7.2 ロシアNOW)

フィギュアスケート男子シングルのエフゲニー・プルシェンコが、韓国の平昌で開催される2018年冬季オリンピックを目指す意向を明らかにした。これが実現すれば、プルシェンコにとっては5度目の五輪出場となり、フィギュアスケートの選手としては史上初の快挙となる。

「折れたところはすべて回復した。もう折れる場所は残っていないよ。5度目の五輪出場にチャレンジしたい。そして出るなら、立派な滑りを見せたい」。タス通信は、プルシェンコ本人の言葉をこのように伝えた。

昨日7月1日、アレクセイ・ミシン・コーチは、プルシェンコの来季について、次のように述べていた。「プルシェンコは集会や試験滑走など、ロシア代表の行事に参加する。パニン記念などの競技には出場するかもしれないが、グランプリ・シリーズ、ロシア選手権、ヨーロッパ選手権、世界選手権などの主要な大会には出場しない 」

Alexeyfilippov_rian_02440713_468

アレクセイ・フィリポフ撮影/ロシア通信

万全の状態でシーズンに臨む為に、2014-2015シーズンは主要大会に出場せず調整するようです。

それにしても・・・『もう折れる場所は残っていないよ』という言葉には驚きます。

確かにそうかもしれませんが、これだけ怪我をしているのに五度目の五輪を目指すという精神力には驚嘆してしまいます。

プルシェンコはやはり宇宙人なのかもしれませんね・・・

ところで、安倍内閣の支持率が5割を切ったとマスコミ各社が大喜びしていますね。

これだけ執拗に集団的自衛権の行使容認を『戦争への道』と煽って、世論調査も反対が多くなるように誘導していましたから、次は支持率が下がったというネガティブキャンペーンになるのはミエミエですが、政治に関心の無い国民はそれに乗せられてしまうのでしょう。

憲法の解釈変更というのは苦肉の策であり、本来は憲法を改正すべき案件であるのは間違いありませんが、中国の台頭や朝鮮半島の状況を考えるなら、集団的自衛権の行使容認を一日でも早く実現しなければならなかったわけです。

安倍首相はとんだ憎まれ役を買ってしまいましたが、後世の人達はきっと有能な首相だったと高い評価をするのではないかと思います。

実際に日本が集団的自衛権の行使容認を決めたことを批判しているのは特亜3国だけです。

それを見れば、反対の旗振り役が、何を考えているのか判りそうなものですが・・・

解釈変更を「暴挙」と報じる朝日・東京 感情論、見透かされる扇動

(2014.7.3 msn産経ニュース)

安倍内閣による集団的自衛権の行使容認をめぐる議論で目立ったのは、これに反対するメディアの感情的で恣意(しい)的な報道ぶりだった。2日付の在京各紙の社説を見ると、朝日新聞と東京新聞が今回の閣議決定について、それぞれ次のように「暴挙」と断じていた。

「この暴挙を超えて」(朝日)「9条破棄に等しい暴挙」(東京)

この中で朝日は「民主主義が、こうもあっさり踏みにじられるものか」と嘆き、東京は「憲政史上に汚点を残す暴挙だ」と決めつけた。ともに、行使容認には憲法改正が必要だとの立場を取っている。

だが、憲法9条に関する政府解釈は、国際情勢の変化に伴い変遷してきたのが事実だ。

例えば、吉田茂首相(当時)は昭和21年6月、国会で「自衛権発動としての戦争も交戦権も放棄した」と答弁している。その後、29年7月に自衛隊が創設され、同年12月には大村清一防衛庁長官(同)が国会で「国土を防衛する手段として武力を行使することは、憲法に違反しない」と述べ、政府解釈を大きく転換した。もちろん、別に憲法は改正されていない。

両紙は昨年12月、特定秘密保護法が成立した際の社説でも「憲法を骨抜きにする愚挙」(朝日)「民主主義を取り戻せ」(東京)と厳しい論調で政権を非難していた。

とはいえ、こうした国民の不安と危機感をあおり、世論を動かして自社の主張に政府を従わせようという手法は、もう見透かされているのではないか。

朝日は第1次安倍内閣時代の平成18年12月に、改正教育基本法と防衛庁「省」昇格法が成立したときの社説「『戦後』がまた変わった」ではこう記した。

「長く続いてきた戦後の体制が変わる。日本はこの先、どこへ行くのだろうか」「戦後日本が変わる転換点だった。後悔とともに、そう振り返ることにならなければいいのだが」

東京もこのときの社説「行く先は未来か過去か」で朝日とそっくりな論調でこう訴えていた。

「悔いを残す思い出としないために、時代と教育に関心をもち続けたい」

まるで教育基本法改正で日本が暗黒社会に向かうか、戦前に回帰するかのような書きぶりだが、現実は当然のことながらそうはならなかった。そして同様の根拠の薄い感情論を、特定秘密保護法のときも今回の集団的自衛権をめぐっても繰り返しているのだ。

集団的自衛権に関しては、両紙はこんな手法も駆使している。先月24日、安倍晋三首相とフィリピンのアキノ大統領が会談した際のことだ。アキノ氏は共同記者会見で、日本の憲法解釈の見直し方針についてこう歓迎の意向を表明した。  「日本政府が能力を持って他者を救援することになることは必ずやメリットのあることだ。特に集団的自衛権という分野においてはそうではないか」

「それに対して警戒の念を抱くことは、私どもは全く思っていない」

産経新聞、読売新聞、毎日新聞、日経新聞は翌25日付朝刊で、アキノ氏の行使容認支持について濃淡はあっても報じている。

ところが、朝日は「安全保障面で日比両国の連携を強化していくことで一致」とは書いたものの、アキノ氏の行使容認支持については触れていない。東京には日比首脳会談の記事自体が見当たらなかった。社論に都合が悪いので省いたとみられても仕方あるまい。

「日米同盟はこれまでと次元の異なる領域に入る。そのうち中国も『日本ともちゃんとうまくやりたい』と頭を下げてくるだろう」

今回の閣議決定を受け、ある外務省幹部はこう指摘した。主義・主張は各紙の自由だが、朝日、東京両紙ではこういう見解はまず読めない。

(阿比留瑠比)

Plc14070117250020p1

臨時閣議に臨む安倍晋三首相と閣僚=1日午後、首相官邸(酒巻俊介撮影)

集団的自衛権の行使容認を非難するマスコミは、何の根拠もなく、戦争への道が開かれたと主張し、そのうち徴兵制が復活すると警鐘を鳴らしています。

とても正気とは思えません。

日本の現状を考えれば、中国の脅威に対抗する必要に迫られているのですから、米国や東南アジア諸国と連携していかなければならないのです。

その時、日本は専守防衛だから・・・と言っていては共同演習も出来ず、諸外国からの信を得ることは不可能になります。

戦争への道ではなく、日本国民を守る為の集団的自衛権の行使容認なのです。

マスコミ各社は、現状を冷静に分析していただきたいものです。

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

≪ ご 案 内 ≫

『フィギュアスケート 銀盤の疑惑』は全国の書店で好評発売中です。

『フィギュアスケート 疑惑の高得点』に間違いがあったことをお詫び申し上げます。

『フィギュアスケート 疑惑の高得点』正誤表 クリックするとのPDFファイルが開きます

スマイルheartプロジェクトを応援して下さり、ありがとうございます。寄付金とメッセージの受け付けは3月14日で終了しました。皆様のご支援に感謝申し上げます。

スマイル・プロジェクトのブログは→コチラをクリックして下さい。

雑談などにご利用下さい→『ゆきの小部屋~その10』

*ブログの避難所を開設しました→コチラをクリックして下さい。

浅田真央 ソチ伝説のフリー ~ 高音質+会場音声で迫力満点!

Sochi LP TOP 4 Step

01

ヤマハが「TRICITY MW125」を国内発売

ヤマハ、三輪バイク「TRICITY(トリシティ) MW125」を国内発売

元AKB48の大島さんは二輪免許取得中。TRICITYのタンデム乗車も体験

(2014.7.2 Car Watch)

ヤマハ発動機は7月1日、マルチホイールコミューター「TRICITY(トリシティ) MW125」を9月10日より日本で発売すると発表した。“リーニング・マルチ・ホイール(LMW)”と同社が呼称する前輪が二輪となっている三輪バイクで、新たなタイプの都市型コミューターとして若者をはじめ幅広い層へ訴求する。価格は35万6400円。

ボディーカラーは、ブラックメタリックX、ブルーイッシュホワイトカクテル1、マットディープレッドメタリック3の3色。国内の年間販売計画は7000台を見込む。

0203

ボディーカラーは3色。価格は35万6400円

2017年に10万台出荷を目指す、ヤマハ独自の新コミューター

TRICITY MW125は、2013年の東京モーターショーで市販前提のコンセプトモデルとして発表され、2014年4月にタイ市場でも販売が開始された124ccの三輪バイク。

前輪が左右に平行配置された二輪となっているのが大きな特徴で、左右で独立した片持ちテレスコピックサスペンションと、それを支えるパラレログラムリンクにより、コーナリング時には一般的なモーターサイクルと同様にバンクして曲がる仕組みになっている。車体の前後重量配分を50:50とし、燃料タンクを車体重心近くに配置したことで、自然なハンドリングを実現したとしている。

0509

前輪が二輪となっているのが特徴。躍動感を強調するボディーデザイン

フューエルインジェクション「YMJET-FI」と冷却効果の高いオールアルミ素材の「DiASil(ダイアジル)シリンダー」を採用した、124ccの水冷 4ストローク SOHCエンジン。最高出力は11PS。リアブレーキはフロントブレーキと連動する「ユニファイドブレーキシステム」となっている。

発表会で登壇した同社代表取締役社長の柳氏は、TRICITY MW125の開発にあたり3つのチャレンジを行ったと述べた。

10

ヤマハ発動機 代表取締役社長 柳弘之氏

1つ目は、これまで電動自転車やスポーツスクーターなど、数々の新コンセプトの二輪コミューターを他社に先駆けて開発、販売してきたヤマハの製品に、新たに“第3の移動体”を加えるという独創性へのチャレンジ。

2つ目のチャレンジは、TRICITY MW125の50:50の前後重量配分やパラレログラムリンク、ユニファイドブレーキシステムといった前述の独自技術となる。

111213

数々の独自技術を採り入れた

3つ目は、「Smart for All」をテーマに、「一筆書きを連想させるなだらかなボディライン」と、躍動感・軽快感を強調したというデザインへのチャレンジ。

「二輪、四輪にはない新しい価値、今までにない走りの驚き、楽しさを提供する乗り物」で、「これまで二輪車経験のなかったお客様も楽しく、手軽に、快適に、豊かな生活を演出する道具として使っていただける」モデルだとして、TRICITY MW125をアピールした。

14

デザイン性の高さもアピールした

同氏によると、2017年までに10万台の出荷を目指し、タイ、日本以外のグローバルに向けても販売していく計画。また、担当者の話では、LMWをコンセプトとした新たな車種の開発も進行中で、シティコミューターに位置づけられるTRICITY MW125とは別に、レジャー向け、スポーツ向けのモデルも投入するとしている。

9月以降、プロモーション施策も積極的に展開する。全国で100名のモニターを募りSNSなどで発信してもらう「TRICITY モニターキャンペーン」や、全国9会場で開催する「TRICITY 全国体感試乗会」、取り扱い店舗で試乗した各店先着100名に特製クリアファイルをプレゼントする「TRICITY 店頭試乗キャンペーン」などを開催。さらに、二輪免許取得を支援するキャンペーンも実施するとした。

15

今後は同じLMWをコンセプトとしたニューモデルを多角的に展開していく計画

CMキャラクターの大島さんは二輪免許取得を目指す

16

CMキャラクターの大島優子さん

発表会では、CMキャラクターに起用された元AKB48の大島優子さんが登場。TRICITY MW125について、「初めて見た形だったので、何これ!? とびっくりした」という率直な第一印象を語った。CM撮影でTRICITY MW125と出会ったのを機に「早く乗りたい」思いが強くなったとし、「二輪免許を取ることにしました」と宣言。実際に二輪免許専門の自動車学校「ヤマハテクニカルセンター」で教習を受ける様子も映像で紹介した。

TRICITY MW125でどこに行きたいかと問われた大島さんは、「スタイリッシュなデザインなので、横浜のようなおしゃれな街に繰り出したい」と話したが、二輪免許取得はまだしばらく先になりそうで、「しっかり勉強して、いい報告ができるように頑張ります」と決意を新たにしていた。なお、大島さんのCMや免許取得の様子は同社TRICITYスペシャルサイトで閲覧できる。

20

まだ免許取得前で運転できない大島さん。TRICITY MW125にまたがると「早く運転したい」と興奮気味に語った

25

教習の様子も映像で紹介。大島さんのヘルメット&プロテクター姿は珍しい!?

26

発表会の後、タンデム走行を体験する大島さん

二輪とは微妙に異なるが、ほどよい接地感を味わえるハンドリング

発表会と合わせ、報道陣向けにTRICITY MW125の体験試乗会も開催された。場所は発表会場となった秋葉原UDXの地下駐車場で、単純な周回が可能な走行コースで試すことができた。

TRICITY MW125は三輪とはいえ自立はしないため、二輪車と同様に支えながら乗車する。前輪が二輪となっていることからハンドリングは重くなるように思えるが、走り始めると通常のバイクと比べても違和感のない軽快な操縦性が味わえる。ただし、一般のスクーターのようにハンドルが軽すぎることはなく、ほどよく接地感を捉えられるしっかりしたハンドリングに感じた。

狭路ターンなども試すことができたが、コーナリング時はどちらかというとリーンアウト気味の姿勢になる。フロントが先行してリーンすることによってマシンが向きを変える仕組みで、リアはフロントほど傾かないことから、二輪車とは若干異なる感触になるのだろう。

ただ、マシンとの一体感が損なわれていることはなく、カーブ時の安定感も抜群。塗装が施されたフラットなコンクリート路面で滑りやすいにも関わらず、小回りにも不安はなかった。

万が一ふらついた時でも、152kgという軽量さもあって足を付けば軽々と安全な姿勢に戻せる。

同じスタイリングの三輪バイクにはPIAGGIOのMP3という車種もあるが、担当者が「乗ってみれば違いが分かる」と力説するとおり、軽快感と安定感がTRICITY MW125の大きな魅力と言えるだろう。

28

試乗会も開催。三輪とは思えない軽快感を味わえた

2014 new Yamaha Tricity Multi Wheel Concept Bike official video

TRICITYって、ナニ?

「大島優子2輪免許取ります!!」第1回 二輪免許ってナニ?

ヤマハ、三輪バイク「TRICITY(トリシティ) MW125」

ハンドリングのヤマハ Vol.1 TRICITY インプレッション

Color01_001zoomColor02_001zoomColor03_001zoom

ヤマハらしいクリーンなデザインのシティコミューターが誕生しました。

既に販売されているタイでは、安定感のあるコーナリングが好評のようです。

3輪のスクーターと言えば、記事にあったピアッジオのMP3が有名ですが、ヤマハのトリシティはそれを越えるハンドリングを実現しているのではないかと期待させてくれます。

何よりもデザインがいいです。

Piaggio_mp3

ピアッジオ MP3

オートバイにそれ程関心の無い人達にもアピールしそうなデザインと、原付バイクを所有するのとほとんど同じという維持費。

ヤマハの目論み通り、新たなユーザーを掘り起こせるのでしょうか?

ヤマハのトリシティは、ハンドリングと共にマーケティングにも注目したいです。

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

FPUからのお知らせ

*FPUではブログサポーターを募集しています。詳細については、下記をクリック願います。

ブログサポーターを募集します!(FPU公式ブログ)

Fpu007

FPU(フィギュアスケート保護連合)へ、ご協力下さい。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。

FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp

FPU公式ブログ  http://fpu1.cocolog-nifty.com/blog/

お問い合わせ先一覧(下記の文字をクリックして下さい)

■日本スケート連盟 メールアドレス jsf@skatingjapan.or.jp

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育館内

TEL : 03-3481-2351

▲首相官邸 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

▲ 自民党 https://ssl.jimin.jp/m/contact

*BPOの問い合わせ先

*厚生労働省 お問い合わせ窓口

*外務省~監察査察意見提案窓口

*外務省~ご意見・ご感想(メールフォーム有)

*総務省への意見

*文部科学省への意見

*公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

kuroneko_azをフォローしましょう

* 今 日 の 猫 *

首ふり尻ふり猫 - Neck-Wiggle & Butt-Wiggle Cat -

☆ お 知 ら せ ☆

FPUの公式ブログ

誹謗中傷を繰り返す悪質なkiki_dide氏とその仲間~その1

にほんブログ村のランキング不正操作疑惑について

被災地の小さな命を救いたい・・・

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートの基礎

フィギュアスケート講座

フィギュアスケート技の解説

|

« 真央先生の爽やかな笑顔と虚言を繰り返す人達 | トップページ | 村上佳菜子の意気込みと成り行きに怯える人達 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>マスコミ各社は、現状を冷静に分析していただきたいものです。

 鼻からするつもりなど無いのだと思いますし、
極度の恐れで自分達の力で国を守るという気合いが無いのでしょう。
だから中国の属国となることを望んでいるのかも。
反日教育を国民に行い洗脳されている、中国や韓国の兵士に限らず
国民が、有事の際に日本人をどんなに酷い目にあわすか、敗戦直後の酷い状況を見ても理解出来る筈です。

 抑止力となる集団的自衛権の成立を、偏向報道という手段を使って
無責任にも妨害しているマスコミ。
日本国民は「マスコミは責任の取れない野次馬的遠吠えだ」
ということをよく理解しておいて、頻繁に入って来る情報だけに重きを置かず、
いろいろな情報にも耳を貸し、濁りの無い瞳で見ることが大切だと思います。
自ずと、正しいことは何なのかすぐに分かる筈です。

投稿: ちょちまん | 2014年7月 3日 (木) 12時25分

アカ日新聞を日本語訳してみれば簡単。
「武器を持つな」「自国を守るな」「平和の為になにもするな」
じゃあ他国が攻めて来たらどうするの?
「支那朝鮮の属国になれ」
(ちゃんちゃん。)
天国と地獄の間にあるもの・・・・・・・・
「中獄」

投稿: アクセルフォーリー | 2014年7月 3日 (木) 14時01分

 更新ご苦労様です  白黒にゃんこさん私の稚拙な投稿読んで頂きありがとうございます。真央さんがまたOP目指すなら嬉しいですね3輪ってハンドル操作ムヅカシそうですが

投稿: 信州人 | 2014年7月 3日 (木) 15時48分

プル様、本当にヒラマサまで続けられるのですか?!凄い、、、(驚

真央ちゃんはもっともっと伸びそうな気がしますが、
女性は残念なことに「出産適齢期」がありますよ
トリプルアクセルのために
体脂肪率をぎりぎりまで絞っているらしいし、腰痛もcoldsweats01

ファンとしてはすばらしい演技を見たい

ですが、心配性な親戚のおばちゃんとしては(笑)もういいかなとか

大ちゃんもジャンプと飛び続けて膝がとか、、、

複雑です(悩

宇宙人のように感じるプル様とは距離感が違うせいでしょうか??
わが子と年齢が近くて祈るような気持ちで見守ってきたせいでしょうね

とりとめもなく、すみません

投稿: 冷静に | 2014年7月 3日 (木) 16時27分

せっかくプルシェンコが競技復活したのは良いのですが。
次の冬季オリンピックってそもそも出来るんでしょうか??
高い確率で中止になるのではないかと本気で思っています。
あんないい加減な国ですから、死者が出る前に
やめるべきでしょう…

9条を守ろう、と確かにたくさんの人達が叫んでいます。
私もそうしたいです、戦争したいなんて全然思いません。
だけど現実に中韓がどんどん力で押してきているんです。
こちらが攻めていかなくても、相手が乗りこんできたら
どうするのでしょう? アメリカに戦ってもらう?
アメリカの人達は戦争して死んでも良いけど日本人はダメ?
…そんな身勝手な考えは通じないでしょう。

自らを守るためには自らが強くなくてはいけない。
茶番クーバーの時からそれはひしひしと感じています。
汚い人たちに負けないために、私達は強くあらねば
ならないのです。


投稿: えいこ | 2014年7月 3日 (木) 23時08分

こんばんは


マスコミの報道はあからさまですが…今までのようにうまくいきません。これまでの反日報道からするとむしろおとなしい位です。視聴者はバカではないし、視聴者が減り続けて止まらないのが現状ですから。


9条を守るには改正が必要なんです。というかあまりに遅い位です

田母神さんがインタビューで、中国、韓国、左翼が反対してるならそれは日本に対して良い事であるというような意味の事言われてましたが、この表現が一番分かりやすいですね。

今後の判断基準の一つにしたい、シンプルで分かりやすいです。


中国、韓国は異様な親密ぶりアピール初めましたね。正直キモい(・_・)

中国はとうとう韓国を併合する日も近いかもしれません。あんまり親密になると爆弾抱えてるような物ですが…頑張って下さい。


プルシェンコは平昌はどうなんでしょう?韓国の経済状態は悪化の一途です


オリンピック招致した時は将来の経済成長見越しての事ですが…

設備も劣悪で、ホテルもない立地も悪い。

いろんな意味で危険ですよ。

投稿: みき | 2014年7月 4日 (金) 01時00分

.

ヤマハ、面白いなあ。ただの三輪車じゃないもんね。
グリップ・制動・旋回、興味アリ。試乗してみよっかな。
バンクの限界に挑戦、なんちゃって。これ、下りで遊んでみたい。
わく (・∀・) わく

投稿: にこぴん | 2014年7月 4日 (金) 02時05分

ご無沙汰しています。

友人の話に依ると、産経でのプルの記事にあったミーシンのコメントから、高橋選手の名前だけが削除されていたと。まったく情けない!ネットなどでチェック済みの目敏いファンたちを騙してまで、何をしようとしているのか(-"-;)

世界フィギュアのパンフ(日本大会での男子メダリストとなると1977年東京大会銅の佐野稔以来となるとあり、2007年銀の高橋大輔は無視して書いてあった)の件といい、大阪エキシでのアナウンスといい…

その点、黒猫様はきちんと高橋選手のことも事在るごとに記して下さるので、涙が出るほど嬉しいです。ありがとうございます。当たり前と言われてしまえば、それまでなのですが…

その当たり前のことができない産経や、あれほどの人を抹消せんと画策している人間たち。恥を知れと言いたいです。

高橋選手は富山でFaOI。叔母も大輔ファンであり初観賞になるので、張り切ってました(^O^)/真央さんは初ミステリーハンター。こちらも楽しみです♪週末は盛りだくさんですね(^-^)

投稿: 英子 | 2014年7月 4日 (金) 08時04分

プルシェンコ、次のオリンピック目指すなんて驚きましたね…引退したとばかり思ってました。身体中ボロボロでも鋼の精神力であの肉体を維持してるのかな、さすが帝王です。プルシェンコと真央ちゃんは以心伝心みたいな所がありますよね。バンクーバーから二人は運命共同体のようになって、それまで以上にプルシェンコは真央ちゃんをリスペクトし妹のように溺愛してくれてます。今回のプルシェンコの決意、真央ちゃん感化されちゃうんじゃないかな…どうでしょう?(笑)。今シーズンフィギュア関連を見る機会も減ってきてるのでプルシェンコや真央ちゃんの話題に触れられるのが嬉しいです。やっぱり真央ちゃんが大好きだな。

投稿: 寿たらこ | 2014年7月 4日 (金) 09時58分

信州人さん

コメありがとうございます。

私こそ、あなたの沈着冷静コメに学ばせて戴いてます。

私自身は場合によると熱くなる傾向がありますので。

投稿: 白黒にゃんこ | 2014年7月 4日 (金) 18時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1275350/56673572

この記事へのトラックバック一覧です: 5度目の五輪を目指すプルシェンコとヤマハのシティコミューター:

« 真央先生の爽やかな笑顔と虚言を繰り返す人達 | トップページ | 村上佳菜子の意気込みと成り行きに怯える人達 »