« ブライアン・ジュベールのペア転向と反省なき人達 | トップページ | メダルの重さと中国の穴 »

集団的自衛権の行使容認についての嘘と中国の策略

サッカーW杯ブラジル大会の決勝は、延長戦の末に1-0でドイツがアルゼンチンに勝利を収め、24年ぶり4度目、南米開催では初となる欧州勢の優勝を果たしました。

前日に行われた3位決定戦はオランダがブラジルを3-0で下しました。

2014y07m14d_074926252

優勝杯を高々と上げるドイツ選手。マラカナン競技場(FIFA・ゲッティ=共同)

W杯が終わり、またいつもの日常が戻ってきます。

日本では、左巻きのマスコミが『戦争への道が開かれた』と反発する集団的自衛権の行使容認について再び騒がしくなりそうです。

安倍首相が強引に進めたという話がまことしやかに囁かれていますが、事実とは異なります。

閣議決定されたとは言っても、自衛隊法などの法整備はこれから国会で議論されます。

マスコミのミスリードによって、制約の多い内容になってしまいそうです。

そうなって得をするのは誰なのか?

日本人は本質を見極めるべきだと思います。

集団的自衛権行使容認についての議論の「ウソ」

(2014.7.12 BLOGOS  記事:奥山真司)

今日の横浜北部は朝から晴れました。台風一過ですっかり真夏です。

というか、台風は本当に来たのかどうかが微妙でしたが・・・

久しぶりの更新ですが、とりあえず現在急ピッチで進めているある本の翻訳が本日で一章分おわりましたので、ちょっと時間ができました。

そういえばシーパワーの文献を紹介したら、「ランドパワーやエアパワーはどうよ」という要求が来ましたので、チャンスがあればそのうち紹介したいと思います。

といっても日本語の文献のほうをよくしらないので少し調べる必要がありますが・・・

さて、ちょっと遅れましたが、集団的自衛権の行使容認について、あのマイケル・グリーンらがコメントを書いていたので、その記事を簡単に要約します。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

集団的自衛権の変更についての10個のウソ by マイケル・グリーン&ジェフリー・ホーナン

●7月1日に日本の安倍首相は集団的自衛権の行使容認を閣議決定した。もちろんこの決定に関して日本の国内・国外で批判が出たが、その反対のほとんどはその変更のニュアンスや結論を理解できていない。

●よって、ここでは集団的自衛権行使容認の反対派が信じている10個のウソをそれぞれ指摘してみたい。

1, 自衛隊の役割と任務が根本的に変わった。

●実際の変更点は、自衛隊が同盟国の軍隊が攻撃されたら助けにいくということだが、「新しい三要件」を見てみると、それでも制限はかなりある。

●基本的に専守防衛の姿勢はかわっておらず、日本の自衛隊の主な役割も米軍の後方支援や防御的なもの(BMDやASW)に限定されている。

●たしかに米軍とのさらなる一体化につながるかもしれないが、それでも現在の自衛隊の行っていることを根本的に変えるというわけではない。

2,自衛隊が外国での戦争に巻き込まれる

●まず安倍氏自身がこれを否定。批判的な人々が見逃しているのは、この変更が日本と日本人の命を守ることに焦点を当てているところ。結局は専守防衛の域を出ないものだ。

●これはつまり日本はまだ外国の土地で他国を守るために戦うということを禁じられているということであり、状況が日本の安全保障を脅かすものでなければ、いまだに憲法第九条に則ったものであるということだ。

3,朝鮮半島で緊急事態が発生した際に、自衛隊が派遣される

●韓国政府は自分たちが要請しないかぎり集団的自衛権を行使せず、自衛隊を朝鮮半島に派遣しないよう要求しているが、これは日本政府の解釈と全く同じだ。

●それより重要なのは、韓国政府が朝鮮半島での有事の際に日米同盟に対してどのようなスタンスをとるのかを明確にしていないという点だ。

4,安倍首相は日本の平和憲法の精神を骨抜きにしようとしている。

●内閣法制局は国連の51条と憲法9条は矛盾しないと解釈している。いままでの内閣法制局の解釈では「最小限」の防衛に当たらないために集団的自衛権は不適切であるとされてきた。

●ところが今回変わったのは、同盟国の重要性とパートナーシップが日本自身の安全と生き残りに関わるという点や、また脅威環境やテクノロジーが変化したという点から、この「最小限」に当てはまるということことだ。

●またこの決定はいわゆる「積極的平和主義」による非軍事分野などでの貢献にも当てはまるということだ。

●安倍氏が国民に訴えたのは、有事の時に自衛隊が必要なサポートをできないために日米同盟を危機に陥れることはできないということであった。

5,閣議決定までのプロセスは透明性がなく、非民主的に決定された。

●実際のところ、閣議決定までのプロセスはきわめて透明性の高いものであり、今後数ヶ月間にわたっての決定はさらに透明性のあるものになる。

●決定までの間に与党協議は2ヶ月間にわたって11回も開催され、代議士たちも参加してさまざまなシナリオが議論されている。公明党の反対のために、自民党は閣議決定の言葉を慎重に選ばなければならなかったほどだ。

●この間のプロセスは日本のメディアで逐一報じられ、国民もその議論を十分認識できたはずだ。安倍氏も特別記者会見を開いたりしている。

●しかもこれから国会で自衛隊法などの法整備のための議論が始まるのであり、結果的に法律に制限がかかることは必至だ。

6,今回の閣議決定は憲法改正や9条の排除へと進むことになる。

●日本の法体制を知らないと、このような批判を行ってしまうことになる。解釈と改正はまったく違うのであり、それぞれ全く別のプロセスがある。

●しかも現在の日本の国内の状況や議員たちの構成などを考えると、憲法改正は当分ない。

7,日本の再軍備化の始まりだ。

●とくに中国側からこういう批判が出されており、安倍政権を1930年代の日本のイメージとかぶらせようとしている。

●ところが70年間におよぶ民主制度と、平和活動への取り組みから考えると、集団的自衛権の行使容認の変更が他国との戦争を開始できるようにするとは考えられない。

●もちろん解釈変更によって自衛隊がアメリカやオーストラリアなどと軍事的な分野で協力できる範囲が広がるかもしれないが、それでもそのような任務には厳しい制限がかけられたままであろう。

●重要なのは、集団的自衛権の変更は兵器や部隊態勢の拡大を必要とするわけではないという点だ。

8、今回の決定で地域を不安定化させて平和をそこねる。

●これは特に中国や安倍氏に批判的な人々から出される批判だが、たしかにさらに深化した日米同盟が地域の平和を乱すと信じきっている人々からすれば、これは正しいだろう。

●ところが実際は、深化した日米同盟のほうが平和と安定に対する本物の挑戦に対して解決法を出すことになる。

●ソ連崩壊後にアジア・太平洋地域も大きな変化を経験しており、中国の台頭などによって軍事面を強化する動きが出てきている。

●とくに中国は海洋面で独断的になってきており、 南シナ海で大きく領海を主張しているだけでなく、公海でもアメリカに挑戦し、東シナ海では日本の尖閣諸島の実効支配に対抗しようとしている。

●北朝鮮はここ二十年間で核兵器や弾道ミサイルの開発に動いている。

●このような不安定な見通しの中で、閣議決定は今年後半のガイドライン改正にもつながるものであり、日米同盟の強化は将来の抑止、安定、そしてエスカレーションのコントロールにおける大きな力となる。

9,日本の世論は圧倒的に反対している。

●メディアなどではそのような印象を受けるが、全般的にいえば日本国民は、自衛隊の制限を排除することや憲法解釈の変更について質問した意識調査では、あまりはっきりした態度をとっていない。

●ところが自衛隊と米軍のさらなる協力の深化という点にからめて質問すると、50%以上の人々が今回の閣議決定を支持している。

●いいかえれば、日本国民は過去からの決別を熱望しつつ、将来への備えも望んでいるということだ。

10,アジアは反対している。

●これは不正確だ。反対を表明しているのは中国であり、韓国も懸念を表明している。地域をひとまとめにするのは間違い。

●ただし中国は日米同盟の強化を嫌っているのに対して、韓国は歴史問題がありながらもその重要性を認識している点で違う。

●この二カ国以外では、その反応は支援的なものから控えめなものまで様々だ。オーストラリアはあからさまに支持を表明。PKOや技術面でも日本との協力関係を模索している

●フィリピンは大統領が最近来日しているが、これも公式に支持を表明しており、シンガポールの外相も変更を支持。

●インドネシア、マレーシア、タイ、ミャンマー、ベトナム、インドなどの東南・南アジア諸国もプライベートな場では賛成を表明しているが公式にはより微妙な立場を示している。

● もちろん彼らは前世紀に日本と歴史的に色々とあった国だが、それでも日米同盟の深化や日本との協力関係の強化は歓迎している。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ちなみに私の集団的自衛権についての考えですが、右は法律論に逃げ、左は論理的飛躍のある感情論をを掻き立てるだけ。ただし共通しているのは、そこで争われている「政策」レベルの議論が決定的に欠けていたというものです。

ただし根本的にはアメリカが戦争(アフガニスタン&イラン)に負けつつあることによってパワーがシフトしているという事実が今回のすべての土台にあると私は考えておりますが。

Thediplomat_20140710_041608386x261

Image Credit: REUTERS/Yuya Shino

日本が朝鮮半島を“再侵略”する?! 韓国、信じて疑わず

(2014.7.13 msn産経ニュース)

日本の集団的自衛権の行使について、韓国で警戒感がくすぶっている。集団的自衛権は、武力攻撃を同盟国が受けた場合、自国に攻撃がなくても反撃できる権利だが、「侵略の歴史を反省しない日本の集団的自衛権には反対する」(韓国紙)と反発は強い。69年以上前の日本の朝鮮半島統治という歴史的な背景から、韓国では“国民感情”が許そうとはしない。日本の朝鮮半島への“再侵略”が、本気で危惧されている雰囲気だ。(ソウル 名村隆寛)

■戦争をしたがっている?

「日本は『戦争ができる国』になった」「安倍“戦争できる日本”を宣言」「軍事大国として生まれ変わる日本」

集団的自衛権の行使を可能にする憲法解釈変更の閣議決定がなされた7月1日と、これに先立ち安倍晋三首相が行使容認に関する「基本的方向性」を示した5月中旬、韓国メディアは一斉に、日本が明日にでも戦争を始めたがっているかのように報じた。

集団的自衛権に限ったことではないが、靖国神社参拝や竹島(島根県隠岐の島町)、慰安婦など、日本の防衛や歴史認識の問題が出るたび、韓国では日本の「軍事大国化」「軍国主義化」が呼ばれ、非難報道が繰り返される。テレビのニュースではゲートルを足に巻いた旧日本軍兵士の映像のほか、旭日旗、自衛隊の観閲式など“日本の軍国主義復活”を視聴者に強く印象づける映像が、「これでもか」と言わんばかりに、何度も何度も放映される。

うんざりするほどの“軍国日本報道”。その思い込みの強さに、不謹慎ながらも「それほど日本の軍事大国化を待望しているのかなあ」と逆に勘ぐりたくなりさえもする。とにかく、韓国メディアや反日市民団体は、刺激的で敏感な反応を続けている。

■誘導尋問も

集団的自衛権がらみで日本政府が何らかの発表をする際、韓国では外務省などから何らかの「韓国政府の立場」が表明される。ただ、韓国メディアは日本側からの発表が出される前から、いつも慌ただしい。

憲法解釈変更の閣議決定と、安倍首相による「基本的方向性」の発表があったいずれの日も午後に、韓国外務省では定例記者会見が開かれた。韓国メディアの質問は、集団的自衛権に集中したわけだが、韓国外務省報道官は「まだ日本政府は何も発表していないので、(韓国)政府の考えは表明できない。日本側で発表があれば、われわれ(韓国)側の立場を発表する」と当然の回答をした。

ところが、同じ質問は何度も繰り返される。まるで誘導尋問だ。揚げ句の果てには、報道官が「集団的自衛権というのはですねえ、同盟国などが武力行使を受けた場合、自国が直接攻撃を受けなくても反撃する権利です」とわざわざ基本的な説明をしたこともある。

また、日本への“全面否定的な回答”を期待するかのような執拗(しつよう)な質問に報道官が「朝鮮半島がどのような地域であるか、分かっていらっしゃるでしょう?」と答えたこともあった。これには二通りの解釈が可能だ。「朝鮮半島には北朝鮮という軍事的脅威が、現実に存在する」という意味と「歴史的背景から日本の軍事介入には問題がある」という二つの見方だ。「自衛隊(日本)の朝鮮半島への“侵略”などという見方は非現実的で、時代錯誤だ」という遠回しな回答だと筆者は理解した。

その後、日本側での発表を受け、夜になって韓国政府の立場(声明)が発表された。内容は「平和憲法の基本精神を堅持し、地域の平和と安定を害さず、透明性をもって進めねばならない」「朝鮮半島の安保と韓国の国益に影響が及ぶことには、韓国の要請、同意がない限り、絶対に容認できない」といったもので、韓国政府なりに、日本に対して冷静にクギを刺したかたちだ。

■強引な結びつけ

それでも、日本の軍事大国化や朝鮮半島再侵略の可能性を印象づける報道は続く。特にテレビのニュース報道や時事番組にその傾向は強い。

5月上旬ごろだっただろうか。深夜の討論番組で与党セヌリ党と野党の新政治民主連合のベテラン国会議員が議論していた。与党議員は、集団的自衛権を現実的に認めつつも「朝鮮半島に自衛隊が来ることがないように取り決めをすればいい」と条件をつけた。これに対し野党議員は「そうはいっても、集団的自衛権の行使が日本の国会を通過すれば、日本の自衛隊は韓国に来ることが可能となってしまう」。こうした議論が延々と続けられていた。

日本がかつて朝鮮半島を支配した歴史的背景から、情緒的に嫌な気持ちは分からなくもない。日本政府も「自衛隊が他国の領土や領海で活動するには、その国の同意が必要」(関係者)と当然みなしているだろう。特に朝鮮半島に関しては。ただ、感情的で強硬な反発によって自衛隊の行動が必要以上に制限されてはまずい。たとえば邦人救出だ。朝鮮半島で有事が起きた際、自衛隊機での邦人救出が必要とされることもあるだろう。韓国の反対意見に従えば、これも「侵略」とされてしまう。

現に韓国の左派系紙は朝鮮戦争(1950~53年)当時に日本が元山(現在は北朝鮮領内)沖の日本海で機雷除去に加わったことなどを持ち出し、朝鮮半島の“軍事侵略”に無理矢理、結びつけた報道を展開している。日本としては、明らかに要請に基づき韓国のために行った行為なのに、なぜ、機雷除去が侵略にされてしまうのか。

■最も関わり合いたくない地域

「戦犯国家の日本が軍備拡大と再武装を正当化し、朝鮮半島に再び軍事的緊張を作り出そうとしている」。日本の朝鮮半島“再侵略”を警戒し、牽制(けんせい)し続ける韓国の記者や学者、研究者は、会ったときに話題が集団的自衛権に及ぶと、大体こう切り出してくる。

そうした主張に対し、筆者は決まってこう言っている。「日本人で今、朝鮮半島を侵略しようなんて本気で考えている人はほとんど誰もいませんよ」「日本が世界中で一番、軍事的にかかわり合いたくないのは朝鮮半島じゃないですか」。個人的に付き合いのある自衛隊関係者と以前に話したとき、「(朝鮮半島は)進んでは行きたい場所ではない」というようなことを何人かが口にしていた。

実際に「下手に(軍事的に朝鮮半島と)関わったら、後で何を言われるか分からない」と思っている日本人は少なくない、というよりも相当多いはずだ。こちらが反省しようが、「日帝の侵略の歴史」を常に口にして「誤れ!」「謝罪しろ!」と日本は長年にわたって韓国から非難を受け続けている。“うんざり感”を覚える日本国民は、筆者だけではないと思う。

それでも日本の“再侵略”を疑わないような人に対しては、あえて「こんなうるさい国、侵略したくもありませんよ」と答えることもある。激怒されることを覚悟の上でのこんな言葉に対し、不思議なことに相手側は苦笑いで返してくることの方が、これまでの経験では多い。こちらの心中を分かっており、対日非難が効いていると理解しているのだ。

■永遠の“軍事国家”とされ

金大中政権当時の2002~03年のころだったろうか、ある知日派の著名な韓国人が「日本の朝鮮半島再侵略を本気で信じている韓国人なんていません」と言っていたことを記憶している。「日本への反発は要するに、気分、情緒の問題なんですよ」とも説明してくれた。

ただ、最近の日韓共同の世論調査によれば、韓国人の53・1%が現在の日本を「軍国主義」と認識しており、46・3%が日本を「軍事的脅威を感じる国」と答えている。日本という国がなくならない限り、韓国にとって日本は未来永劫(えいごう)、“軍国主義国家”“軍事大国”として、非難の標的であり続けなければならないのか。

【追記】ソウルの日本大使館が例年行っている自衛隊創設記念日(7月1日)のレセプションが、11日にソウルのロッテホテルで開かれる予定だったが、ホテル側が開催を取りやめた。韓国紙、東亜日報(10日付)が「集団的自衛権行使容認などで韓日関係が極度に冷え込む中で開かれる」と批判的な記事を掲載し、ホテルに抗議電話が殺到。爆破を予告する脅迫電話もあったためという。レセプションは会場を駐韓日本大使公邸に代えて行われた。

201407120912583ef

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

≪ ご 案 内 ≫

『フィギュアスケート 銀盤の疑惑』は全国の書店で好評発売中です。

『フィギュアスケート 疑惑の高得点』に間違いがあったことをお詫び申し上げます。

『フィギュアスケート 疑惑の高得点』正誤表 クリックするとのPDFファイルが開きます

スマイルheartプロジェクトを応援して下さり、ありがとうございます。寄付金とメッセージの受け付けは3月14日で終了しました。皆様のご支援に感謝申し上げます。

スマイル・プロジェクトのブログは→コチラをクリックして下さい。

雑談などにご利用下さい→『ゆきの小部屋~その10』

*ブログの避難所を開設しました→コチラをクリックして下さい。

浅田真央 ソチ伝説のフリー ~ 高音質+会場音声で迫力満点!

Sochi LP TOP 4 Step

「安倍首相はもう靖国に行かない」 高村氏「日中関係が進展すれば」中国要人に伝達

(2014.7.13 msn産経ニュース)

自民党の高村正彦副総裁が5月に訪中した際、中国側要人に「安倍晋三首相はもう靖国神社には行かないと思う」と伝えていたことが13日、分かった。

高村氏は5月上旬、超党派の日中友好議員連盟会長として訪中、中国共産党序列3位の張徳江全国人民代表大会常務委員長らと会談した。

どの要人に対してかは明らかにしていないが、高村氏は会談で「首脳会談が実現し、日中関係が進展すれば首相が靖国神社に行くことはないと思う。安倍首相が約束することではないが、私はそう思う」と指摘した。相手側は聞き置いたとの反応だったという。

高村氏は張氏との会談では首相の靖国参拝に理解を求めた上で、11月に北京で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の際の首脳会談を提案した。

Ed92bb96

日中友好議員連盟の高村副総裁ら5月5日に張全人代委員長と会談

日本政府に損害賠償980億円 中国の戦争被害遺族ら 集団訴訟の準備進める

(2014.7.13 msn産経ニュース)

日中戦争をめぐる損害賠償訴訟を支援する「中国民間対日賠償請求連合会」の童増会長は13日、河北省唐山市豊潤区の村で旧日本軍に殺害されたとする住民の遺族らが、日本政府に約60億元(約980億円)の損害賠償を求める集団訴訟を同省の裁判所に起こす準備を進めていると明らかにした。

北京で13日に記者会見した。原告団には村民約30人が参加。提訴の時期は検討中という。原告団代表の男性(66)は「安倍晋三政権は侵略の歴史を美化している。心からの謝罪を求めたい」と話した。

日中戦争の被害の賠償をめぐっては、北京市の裁判所が3月、強制連行されたと主張する中国人被害者や遺族らによる日本企業2社を相手にした損害賠償訴訟を受理。その後、中国国内で提訴の動きが広がっている。(共同)

日本企業に対し、「強制連行」で集団提訴した中国の問題について青山繁晴が真実を語る

高村氏の発言は、軽率だったのではないでしょうか?

『安倍首相が約束することではないが、私はそう思う』というのは、副総裁という立場を考えると重い言葉です。

個人的な見解だったと言い逃れるのは難しいでしょう。

11月に北京で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)の期間中に日中首脳会談が行われる見通しですが、そこで中国は日本に何らかの譲歩を迫るのは間違いありません。

集団提訴や安倍首相の靖国参拝自粛という高村氏の発言は、そうした中国の意向を反映したものでしょう。

マスコミはどういう報道をするでしょうか?

いつものように中国をさりげなくアシストするような見解を表明するなら、それを批判する世論が高まらなければ危険です。

報道の自由を振りかざすのは結構ですが、日本を貶める活動に加担するのは間違いです。

そんな当たり前のことに思い至る報道関係者は何人いるのでしょうか・・・

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

FPUからのお知らせ

*FPUではブログサポーターを募集しています。詳細については、下記をクリック願います。

ブログサポーターを募集します!(FPU公式ブログ)

Fpu007

FPU(フィギュアスケート保護連合)へ、ご協力下さい。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。

FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp

FPU公式ブログ  http://fpu1.cocolog-nifty.com/blog/

お問い合わせ先一覧(下記の文字をクリックして下さい)

■日本スケート連盟 メールアドレス jsf@skatingjapan.or.jp

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育館内

TEL : 03-3481-2351

▲首相官邸 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

▲ 自民党 https://ssl.jimin.jp/m/contact

*BPOの問い合わせ先

*厚生労働省 お問い合わせ窓口

*外務省~監察査察意見提案窓口

*外務省~ご意見・ご感想(メールフォーム有)

*総務省への意見

*文部科学省への意見

*公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

kuroneko_azをフォローしましょう

* 今 日 の 猫 *

【送料無料】今日も猫だらけ [ たまきみけ ]

【送料無料】今日も猫だらけ [ たまきみけ ]
価格:1,296円(税込、送料込)

ツンデレ猫メイちゃんの寝相

☆ お 知 ら せ ☆

FPUの公式ブログ

誹謗中傷を繰り返す悪質なkiki_dide氏とその仲間~その1

にほんブログ村のランキング不正操作疑惑について

被災地の小さな命を救いたい・・・

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートの基礎

フィギュアスケート講座

フィギュアスケート技の解説

|

« ブライアン・ジュベールのペア転向と反省なき人達 | トップページ | メダルの重さと中国の穴 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

黒猫さま
皆様おはようございます。
集団的自衛権イコール戦争と何故短絡的に結びつけるのか?
日本は戦争の悲惨さを一番分かっている国だと思います、だからこそ安倍さんは2度と同じ事を繰り返さないために、集団的自衛権が必須なのだと仰っているのでは、韓国がもし北朝鮮に仕掛けられたら今の酷い反日感情剥き出しの国を、私は助ける義理は無いと思ってしまいます。

集団的自衛権の行使は相手国への抑止力になると言っています、私は賛成派ですが、自分の国を守るのは自分達ちなのですから。
上手く書けませんが、決定=戦争などと馬鹿な事は無いと、マスコミや報道は国民感情を煽りすぎています。
真実は自分の目と耳で見つめて欲しいと思います。

投稿: ゆんゆん | 2014年7月14日 (月) 11時11分

黒猫様、お邪魔致します。
集団的自衛権も大切ですが、イスラエルと5月に、共同声明を出し、準同盟国になったそうですね。
日本は、戦守防衛の為、サイバー攻撃は出来ません。その為、イスラエルにサイバー・セキュリティーでの協力を求めたようですね。
その件は素晴らしいと思いますが、ガザへの爆撃のニュースを観て、複雑な心境です。佐藤優氏が、5月のラジオ番組で話していたのが引っかかっていたので書きました。マスコミは、取り上げていないのは、何故でしょう?
YouTubeにはupされていたので、改めて聴いてみました。
黒猫様の記事と関係無い事を書き、申し訳ありません。

投稿: リーフ | 2014年7月14日 (月) 12時10分

ご存知の方もいらっしゃると思いますが女優の「黒田福美」、彼女は大の親韓で有名です。韓国のために日本で様々な宣伝活動に尽力し表彰までされています。慰安婦の件も当然「親韓」、これまでの功績により韓国政府から厚い信頼を受けているようです。黒田福美は今現在も韓国の為にここ日本で活動を継続しています。http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/65/02/dc1e6bf2e34b12f4da60490e6b1f5ba0.jpghttp://www.google.com/gwt/x?gl=JP&hl=ja-JP&u=http://ja.wikipedia.org/wiki/%25E9%25BB%2592%25E7%2594%25B0%25E7%25A6%258F%25E7%25BE%258E&client=ms-nttr_docomo_gws_aw-jp&source=sg&q=%E9%BB%92%E7%94%B0%E7%A6%8F%E7%BE%8E

投稿: 武田夜子 | 2014年7月14日 (月) 16時11分

投稿: 武田夜子 | 2014年7月14日 (月) 16時16分

専守防衛でした!失礼しまししたm(_ _)m

投稿: リーフ | 2014年7月14日 (月) 20時16分

さっき、池上彰さんの生番組で菅官房長官が質問に答えてました。

集団的自衛権の話題に関しては、やはり六本木局のネガキャン構成(台本?)による否定的な言葉がタレント達から飛び交い、支持や期待を示す声は皆無。

菅氏は小学生並みの日本語力で「こわいんですけど。反対派のデモとか見てると・・」と意見するタレントに対しても誠実に(上から見下したりも下から卑屈になったりもせず)具体的な事例を挙げて丁寧に説明していましたが、番組そのものの印象は「不安がる国民(タレント)達の声に自民の方針一辺倒で耳を貸さない安倍内閣」の画を作るためのバレバレ演出。

池上さんも「こういった反対の声がありますよね~」的な厳しい質問ばっかりでしたが、これは局の意向だったのか、誰に対してもこうなのかは不明。

終始落ち着いて「総理の意向を正しく国民に理解してほしい」と拉致問題への本気度などもしっかりアピールしていたけれど、この演出のために、この画を撮って垂れ流すためにわざわざスタジオに呼ばれたのかと思うと、改めて“テロ朝”とはよく言ったもんだ・・・東京キー局は全て売国メディアだけど、“反日”という言葉が一番似合うのはやっぱここだなと実感しました。


浅田舞がナゴヤドームで華麗すぎるジャンプ披露
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140714-00000043-tospoweb-ent
Twitterにもありましたね。
記事見つけたので。動画探そ~っとヽ(^o^)丿♪

投稿: アクアリウム | 2014年7月14日 (月) 23時28分

こんばんは

中韓に日本マスコミの主張は矛盾だらけです。自衛っていってますが?

勝手に曲解してるだけ


というか中国は自国の軍事力増大させるため、日本を脅威にしたいわけでしょう。

韓国に至っては、自国が休戦とはいえ今現在戦争してるの忘れてるのか(; ̄Д ̄)?休戦とはいえ、しょっちゅう小競り合いしてますが?軍事的脅威は自国でしょう。同胞の北朝鮮のミサイルなんとかしてもらいたいですね。

軍事的脅威と他国にいちゃもんつける位なら、今の戦争終結させるのがアジアの平和につながりますよ。南北統一してから晴れて中国に併合してもらえば良いのです

そうしたらオリンピックも資金不足賄えますよ

韓国はIOCに助けを求めたようですが、どうするんでしょうか?日韓ワールドカップみたいに踏み倒すつもりでしょうか?返せないでしょう。平昌などそもそも雪も降らないですからオリンピック後は平昌で色々な冬の競技は開催されないでしょう。オリンピック終わったら放置です
開催しても莫大な赤字です。


東京オリンピックはオリンピック後いくらでも活用できるでしょうが

韓国は反日に莫大な予算が使われてますが、オリンピックに当てたらどうでしょう

反日資金は中国から出てるんでしょうか?

韓国は日本が侵略してくると思ってるようですが、買いかぶりすぎですよ自国を、不謹慎ですがあえていいますが韓国など侵略したってなんのメリットがあるのか?関わりたくない見たくない。

投稿: みき | 2014年7月14日 (月) 23時30分

23時28分の補足ですが、確か菅氏に質問するゲスト陣に、石原良純がいたんですよね。朝も六本木局に出てましたっけ?
彼が菅官房長官に反日工作させられてる図も不思議だったけど、自民所属の兄の失言やセクハラやじに関して菅氏が「自民党内はたるんどる。ぶったるんどる・・」と取材したときボヤいてたと、アンカー金曜レギュラーの鈴木哲夫さんが言ってました。
一党独裁とも言われてる状況に胡坐をかいていい気になり、安倍総理の女性に向けた政策にまで党の賛同、まとまりを見せず泥を塗る行為に嘆いていたと。
天パー弟の質問に「テメェもか石原(怒)」と心で叫んだかは分かりませんが。


シャンゼリゼに日の丸
http://news.nifty.com/cs/world/worldalldetail/kyodo-2014071401001834/1.htm
自衛隊・・タイムリーですね。
いろんなサイトで韓国の反応がどーたら書かれてるみたいですが。

投稿: アクアリウム | 2014年7月15日 (火) 00時51分

おはようございます。

朝日日刊スポーツでは嬉々として、安倍内閣終わりの始まりと題して、支持率が下がっていけば内閣も終わる、集団的自衛権の行使反対を訴えていこうなどと。考え方は人それぞれなので構いませんが、安倍さんを引きずり下ろして誰が総理になりたいと言うのか、ここ数年ろくな総理は居なかった、民主はかき混ぜるだけで終わったのに、朝日はやっぱり駄目ですね。

朝鮮や韓国を支配したからと言って何のメリットも無いです。面倒なだけですね。
朝日には呆れました。

投稿: ゆんゆん | 2014年7月15日 (火) 10時13分

集団的自衛権行使容認で日本が即戦争したがっている、んな訳ないでしょうが!
小泉首相のときにも右寄りすぎで徴兵制が行われるのではないか、と
海外に住む者が子どもの国籍をどうするか悩んでいました。
今もまた、メディアの煽りで心配しています。

韓国ではW杯で日本戦が視聴率が良かったそうで。。

負けるのを期待して大喜びする民族なんてナント低俗な!
片思いなんてとんでもない!
妬みと羨ましさが混ざっている感情で日本から目が離せないのね!

六本木局はテレ朝ですよね。
朝までなんとか、でも司会者の独断で左左へ誘導していく
イヤーな局ですわ。

クネさん 影がうすく大統領という雰囲気0なのですが
悩み多いですね。夏痩せかしら。


投稿: an | 2014年7月15日 (火) 11時16分

私の知り合いが、外国の人を家に招くのよと嬉しそうに、イギリス、アメリカ?その知り合い韓国の人なの〜って、どんなものを作ればいいって聞くので、韓国産キムチと韓国産ワカメを出したら!本当にお花畑過ぎてお話にならない。
いつも話しているのに危機感がまるで無くて、韓国はもううんざりと言ってあげました。自分で考えなきゃね。
マスコミもテレビ局もいい加減、益々信じてしまう人が増えそうです。
疑問を少しでも持つ事から始まるんですけどね。

投稿: ゆんゆん | 2014年7月15日 (火) 11時54分

青山さんは中国の狙いは南シナ海の支配とはっきりおっしゃっています。
中国がベトナム船を沈没させたニュースに対し海外の人たちのコメントは鋭いです。

「中国は南シナ海を全部侵略したら、次は太平洋・ハワイまでをも自分達の物だと主張し始めるだろうね。
これは絶対だよ、賭けてもいい。」

尖閣諸島のようなこんな小さい島のために争うのはバカらしいと日本にいる中国人がテレビで言っていましたが、信用してはいけません。
上記の海外のコメントのように尖閣諸島を奪ったら次は沖縄、次は九州とどんどん領土を侵略すると日本の専門家は見ています。

先日「未来世紀ジパング」という番組を見て、中国はベトナムに対し過去にも相当ひどいことをしてきたことを知りました。
中国がベトナムを軍事侵略した中越戦争のことを興味がある方は調べてください。
今まではアメリカがしっかりしていたので、日本ものんきでいられたのですが、オバマがあまりに頼りないので日本が自衛のために立ち上がらざるをえなくなったのです。

投稿: ちゅんちゅん | 2014年7月15日 (火) 13時43分

国際平和及び安全についての最終責任を負うのは常任理事国…
「侵略を仕掛けてきたのが常任理事国のいずれかの国ならば、その横暴を抑えることは極めて困難」と常任理事国以外の国が異を唱えたことにより、集団的自衛権が国連憲章に盛り込まれることに至った。
一部の勢力が歪曲していうような「大国の侵略行為に加担する」ことではなく、むしろ「大国の侵略行為に対し小国が連携して阻止する」ことこそが本来の目的である。
と矢野義昭元陸将補の「集団的自衛権と日米安保の動向」講演会で述べられています。
(詳しくは戦後レジーム脱却サポーターズブログ2014年1月)
中国の横暴を抑えることはアジアの一国ではまさに困難。
日本を含めた国の連携は必要だと思います。

米国防総省「アジア2025」レポートで日本の未来は
①米国との同盟を強化して軍事的・国際政治的に自立した大国となる
②日米安保を解消して孤立した軍事大国の道を進む
③中国の覇権を受容してその事実上の属国と化す
3パターン以外にありえないと分析
地政学創始者オックスフォード大学教授ハルフォード・マッキンダー
「海洋国家が大陸国家と対峙している場合、その中間に存在する半島部分を大陸国家に支配されてしまえば、その海洋国家は滅亡するしかない」
 詳しくは 深田匠著『日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略』パ  ワー・ポリテクスの未来学
 「風林火山」ブログの「日本人が知らないシリーズ」に抜粋引用あり

今まで日本は③まっしぐらだった(中国の歴史恫喝に対してODAの朝貢外交)と思うと背筋が…
日本にとっての半島…韓国は反日を利用され中国の後押しで「親日・反民族行為真相糾明特別法案」制定(離間成功?)今は属国化まっしぐら。半島が中国と想像すると…
軍事的な抑止力は必要だと思います。


赤峰和ブログ(7/6)によると朝日新聞社は経営難だそうですよ。


投稿: 田舎者 | 2014年7月15日 (火) 16時02分

2日続けてお邪魔します。

野口健氏、韓国で日本人差別を受ける
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140715-00000023-nksports-ent

このまえ行ったヘアサロンで、アシスタントの女の子(20代前半くらい)から聴いた話を思い出しました。
彼女の友達が韓流捏造の罠にまんまとハマっていたらしく、旅行に行くためわざわざ韓国語まで勉強して準備万端で乗り込んでみたら・・・ ・・・ ・・・
周りにいる、TVのイメージとは似ても似つかないリアル半島民の、日本人に向けた会話が全て聴きとれてしまい、ショッキングな現実に打ちのめされて帰ってきたそうです。
「あんな国に2度と行ってたまるか(激)!!」とブチ切れてたそう。
具体的な内容は聴きませんでしたが、その怒りを一人でも多くの日本人、世界の人にも広めて発散してほしいです。

投稿: アクアリウム | 2014年7月15日 (火) 18時19分

・ヨナ氏側が日本での活動否定!
こんなのをニュースに出す意味が分からないよ日本て国は。
活動しないならコメントも必要無いでしょ、態々日本で報道したってことは何処かが接触していたという事、日本の選手が、態々韓国には行きませんなんてコメント出す?。

投稿: 虎 | 2014年7月16日 (水) 11時37分

日本のマスコミが一番お花畑でしょうね。
もう毒され過ぎて後戻りも出来ないのでしょうから。
もしかしたらそれさえも気が付かないのでは。
哀れとしか言いようが無いわ。

投稿: ゆんゆん | 2014年7月16日 (水) 11時51分

他に書くことあるだろ?
【アイフル】の事とか
【アイフル】の事とか
【アイフル】の事とか

どうしたんですか?マスコミさん!(怒)

投稿: レモン | 2014年7月16日 (水) 14時15分

W杯も終わっちゃいましたが~(えらくずれとるなぁ~私)、
ここ最近のテレビの有料チャンネルでの映画特集…ちょっと気になるんです。
なんで、複数の局で、同時期!に、スーパーマン、スタートレックの特集を組んでいるんだろう~って。
スーパーマンといえば、その出で立ち!で、つい最近、W杯のどっかの試合に、飛び入り参加していた人がいたような・・・・??
スタートレックといえば、“銀河”・宇宙もの・・・。
そうそう、某国携帯屋の、ギャ~何とかという商品のCMに、有名サッカー選手が何人も出ていたっけ・・・。
予選敗退した人が多かったみたいだけど・・・。
(今度日本に来るらしい人…ろ~さん、悲運?のキーパー…か~さん、某日本選手の同僚…る~さん・・・とか)
そのうち一人だけ?決勝まで残って…、彼が、MVPになったそうですね。
掲示板などでは、(スポーツ系A社のスポンサーがらみでないかい~と)喧々諤々言われているみたいだけれど・・・・、私には、こっちのスポンサーがらみでないかい~?と、思っちゃっいましたわ~。ファンの方ごめんなさい・・・。

ところで、ロシアでの地下鉄事故・・・怖いですね・・・。
事故発生当初、電気系の故障?とニュースで言っていたような・・・。テロではないそうですが、ン~ン、なんだかねぇ~。
スーパーマンリターンズを見た後の事故だったので、ちょっと不気味でしたわ・・・。
話が、脱線しちゃってすみません~。

投稿: エマ | 2014年7月16日 (水) 18時12分

町○にある大学のバカチョン留学生は卒論をバカチョン国のある教授の論文を日本語に訳しただけ。日本はなめられてますね。バカチョンは日本から出ていけ!

投稿: 3姉妹に感謝 | 2014年7月16日 (水) 20時06分

普通に生活しながらも日々色んな事を発信し続ける「ブロガー」さん達って改めて「凄いなぁ~・・・。」と敬服しております。

会社から帰ってからお風呂入って、晩ご飯食べて・・・。
それから新聞読んでネットで色々検索してると時間なんてあっと言う間に過ぎてしまう。自分で何かするには寝る時間を削るしかないですね。

でも、毎日毎日嫌になるほど「日本と日本人を貶めたい連中」のニュースばかりが垂れ流されていてうんざりする。
もっと多くの人達に気付いて欲しい!と切に願うのだけど。


自衛権、なぜ閣議決定を急いだのか?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140716-00000014-wordleaf-pol
日本の現状は「待ったなし!」です!乗っ取り戦争なら最終段階まで来ています!それに韓国、中国を見ていれば解る筈です。

この自民党副総裁の発言が最近おかしい・・・?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140716-00000559-san-pol
「首相、靖国行かぬ」中国要人に見解
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140713-00000010-mai-pol
何ですか?この人・・・

米、安倍首相の訪朝けん制
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140716-00000012-mai-pol
拉致問題にまで口出し?何もしないのに!

ヘイトスピーチに対策迫る
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140716-00000027-jij-int
韓国、中国は何をやっても許される不思議?
*追加
慰安婦問題など日本の人権状況を審査 国連本部で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140715-00000551-san-int&pos=1
「『性奴隷』は不適切な表現だ」 日本政府代表、国連で表明
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140716-00000525-san-eurp&pos=2
なでしこアクション、テキサス親父に感謝!
もっと国が支援して欲しい。

駄目な記事は、朝日、毎日、時事通信・・・、はぁ~

投稿: レモン | 2014年7月16日 (水) 21時51分

日本では自衛権を個別的と集団的とに線引きしています。
ご存じの通り、この度の事案は個別的と集団的が重なる部分ですので、明確とまではいかなくともはっきりさせることは必要だと思います。
強引とか拙速というのは、第一次安倍内閣の時から掲げていたことなので、これまでが怠慢だったといえます。
現時点で戦争に突き進むとか徴兵制とか言い出す政治家は、時代錯誤か親中親韓か頭がおかしいのいずれかで間違いありません。
この行使容認に反対を唱えている人達が言っているのは、ざっくりとではありますが、海外にいる日本人を迅速に助けられなくても致し方なく、自衛隊を他国頼りの立場に置き続けるということです。
もちろんどう考えるか、解釈は国民一人一人の側にあります。

投稿: unforgettable | 2014年7月17日 (木) 18時43分

ちゅんちゅん様、既に"ハワイ領有権も主張できる"
と言っているようですよ。一蹴されてますが・・。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/121130/chn12113020080006-n1.htm

投稿: *HNは必ず記入して下さい | 2014年7月18日 (金) 15時44分

致し方ないのでしょうが、何にせよ集団的自衛権の行使が仮に行われたとき、命を落としたり、他人の人間の命を奪わなければならない立場の人が出ない事を心から願います。それこそ他人だったらお気の毒で済むかもしれませんが、自分の身内や知人がそうだったらと考えるといたたまれません。

投稿: なつ | 2014年7月24日 (木) 18時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1275350/56782896

この記事へのトラックバック一覧です: 集団的自衛権の行使容認についての嘘と中国の策略:

« ブライアン・ジュベールのペア転向と反省なき人達 | トップページ | メダルの重さと中国の穴 »