« 陰謀論者とサイコパス | トップページ | フィギュアスケート競技は誰のもの? 韓国の韓国による韓国のための・・・ »

3人目は誰?~混迷する女子の五輪代表争い

村上佳菜子の不振が続いています。

名古屋市ガイシプラザで行われた愛知県競技会(SPのみの大会)に出場し、53・53点で3位に終わりました。

山田コーチは曲の変更も考えているそうですが・・・

村上佳菜子、精彩欠き3位…山田コーチは曲の変更も示唆

(2013.12.1 スポニチアネックス)

フィギュアスケート女子の村上佳菜子(中京大)が1日、名古屋市ガイシプラザで行われた愛知県競技会に出場し、今季課題とするショートプログラム(SP)のみの大会で53・53点の3位と精彩を欠き「SPで悪いイメージがついている。どうしていけばいいか分からない」と表情を曇らせた。

7位だったグランプリ(GP)シリーズ、ロシア杯からジャンプの構成を大幅に変更し臨んだが、後半の2連続3回転ジャンプの一つ目の着氷で手をつき二つ目を跳べなかった。「後半に(2連続3回転が)入っていることを意識して緊張する」と失敗の原因を振り返った。

指導する山田満知子コーチは「何かが合っていない。この曲で滑るのかどうするのか考えないといけない」と話し、現在のアップテンポな「スイング・メドレー」から、以前の演目で使用した曲に戻す考えも示唆した。ソチ冬季五輪代表の最終選考会となる21日からの全日本選手権に向け、山田コーチは「一日一日の戦いになると思う」と頭を悩ませていた。

201312010019_001

演技を終え、さえない表情の村上佳菜子=名古屋市ガイシプラザ

ちょこっと村上佳菜子

≪ご案内≫

『フィギュアスケート 疑惑の高得点』に間違いがあったことをお詫び申し上げます。

『フィギュアスケート 疑惑の高得点』正誤表 クリックするとのPDFファイルが開きます

雑談などにご利用下さい→『ゆきの小部屋~その8』

*ブログの避難所を開設しました→コチラをクリックして下さい。

竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記

浅田、鈴木に続く「3番手」はだれか? フィギュア五輪代表争い混沌

(2013.12.1 msn産経ニュース)

来年2月のソチ五輪フィギュアスケート女子の日本代表は、浅田真央(中京大)、鈴木明子(邦和スポーツランド)を追いかける「3番手」争いが混とんとしてきた。有力視されていた村上佳菜子(中京大)が今季不調な中、今季シニアデビューの宮原知子(大阪・関大高)が台頭。最終選考会を兼ねた12月21日からの全日本選手権には、今春に女児を出産した安藤美姫(新横浜プリンスク)も出場し、白熱した戦いが予想される。(田中充)

国際大会での今季自己ベストは、浅田真央(中京大)が今季世界最高得点の207・59点で、鈴木が193・75点と続く。その後は、宮原が170・21点で、村上が165・95点、安藤も162・86点と大差がない。

浅田、鈴木とともにバンクーバー五輪後の「3強」を形成してきた村上は、五輪シーズン特有の緊張感からか本来の演技ができていない。

ジャンプの安定感を欠き、ロシア杯のショートプログラムではまさかの最下位スタート。3年連続で出場した昨季の世界選手権で自己最高の4位に入るなど着実に成長を見せてきた自信を取り戻し、約3週間後の全日本までに復調できるか。

15歳の宮原は勢いがある。身長145センチの小柄の体で高く跳び上がる難度の高い連続3回転ジャンプが武器。GPデビュー戦のNHK杯で5位と健闘し、ロシア杯でも村上の7位を上回る5位に入った。ただ、過去に世界選手権に出た経験がなく、緊迫した状況で成果を発揮できるかが鍵だ。

安藤は9月の国際大会で、五輪出場条件の最低技術点をクリア。全日本は予選から出て出場権を得た。ただ、出産のブランクで約4分のフリーで体力不足を露呈し、2度の世界女王に輝いた実力は戻っていない。

「3強」か「勢い」か「実績」か-。表彰台をかけた全日本での戦いは最後まで目が離せない。

Oth13120118060008p1

大人っぽさが増した宮原知子のスパイラル(共同)

Kanako MURAKAMI - 2010 GPF SP

520324_1385891451

村上佳菜子は19歳です。

無理に『大人』の演技を求める必要はないと思います。

彼女の良さは『元気』と『笑顔』

シニアデビューした頃のはじけるような演技を見せて欲しいです。

人間の持ち味は人によって違いますし、長所もあれば短所もあります。

短所を消すよりも長所を伸ばす方が、才能がはばたく可能性が高いのではないかと思います。

周りに合わせようとするより、村上佳菜子の個性を前面に出した演技にするべきです。

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

FPUからのお知らせ

*FPUではブログサポーターを募集しています。詳細については、下記をクリック願います。

ブログサポーターを募集します!(FPU公式ブログ)

Fpu007

FPU(フィギュアスケート保護連合)へ、ご協力下さい。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。

FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp

FPU公式ブログ  http://fpu1.cocolog-nifty.com/blog/

お問い合わせ先一覧(下記の文字をクリックして下さい)

■日本スケート連盟 メールアドレス jsf@skatingjapan.or.jp

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育館内

TEL : 03-3481-2351

▲首相官邸 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

▲ 自民党 https://ssl.jimin.jp/m/contact

*BPOの問い合わせ先

*厚生労働省 お問い合わせ窓口

*外務省~監察査察意見提案窓口

*外務省~ご意見・ご感想(メールフォーム有)

*総務省への意見

*文部科学省への意見

*公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

kuroneko_azをフォローしましょう

☆ お 知 ら せ ☆

FPUの公式ブログ

誹謗中傷を繰り返す悪質なkiki_dide氏とその仲間~その1

にほんブログ村のランキング不正操作疑惑について

被災地の小さな命を救いたい・・・

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートの基礎

フィギュアスケート講座

フィギュアスケート技の解説

|

« 陰謀論者とサイコパス | トップページ | フィギュアスケート競技は誰のもの? 韓国の韓国による韓国のための・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「村上選手に大人の演技を求めるのはまちがっている」
私もそう思います。更に、しなを作り、媚を売るのが大人の演技ではないと思います。洗練された美しい動作、しなやかさが女性らしさを生むのであり、溌剌とした演技が若い女性の美しさを感じさせるでしょう。
荒川さんはトリノ以降、首をかしげたくなるような発言があります。でも、トリノでの毅然とした美しい演技は、“She is a woman”と女性らしさが賞賛されました。

村上選手の元気な明るい演技が見たいです。

投稿: みわ | 2013年12月 2日 (月) 00時41分

(黒猫さん、この場をお借りして申し訳ありません”)

小川一さんへ

私のブログのほうで、先日小川さんがコメントを残されたあとにも、数名の方が丁寧な返信をされていましたので、目を通していただけたらと思い、ご連絡させていただきました。リンクはこちらです。
http://momolunafever.blog64.fc2.com/blog-entry-1768.html#comment2903

投稿: 石ころ | 2013年12月 2日 (月) 00時59分

テレビとか見てて思うのですが、10代の女の子に「大人っぽさ」とか「色気」を求めるのってどうなんでしょうね。エリザヴェータ・トゥクタムィシェワのように若いころからそういう風格を持った選手もいますけど、でも「大人っぽさ」や「色気」だけが表現力じゃない。使用する曲によっては「子供らしさ」や「若々しさ」が求められることもあります。
浅田真央選手もよく「子供っぽい」とか「色気がない」などといわれますが、チャルダッシュ、月の光、ラベンダーの咲く庭で、仮面舞踏会、鐘などの曲に色気は不要ですし、くるみ割り人形を大人っぽく演じたら変です。それにポル・ウナ・カベサやカプリースはじゅうぶん色っぽかったと思います。
そして許しがたいのが、彼ら(名前は出しませんけど、誰のことかだいたいわかりますよね?)の言う「大人っぽさ」や「色気」は、ヴァレンティーナ・マルケイやエレーネ・ゲデヴァニシヴィリのような演技ではなく、誰かさんの八の字眉に半開きの口で体の一部を撫で回しながらクネクネした、まるで娼婦を連想させる極めて下品な演技を指していることです。カルメンなどを演じるのであればこういう表現もアリかもしれませんが、それ以外のほとんどの曲では論外ですよ。
彼らはバレエを見ても「色気がない」とか何とか言うんでしょうねぇ、きっと。こういうことはあんまり言いたくないですけど、あの人たちはちょっと文化・芸術水準が低すぎると思います。

エレーネ・ゲデヴァニシヴィリ
http://www.youtube.com/watch?v=5nlfrWyo_fI
http://www.youtube.com/watch?v=ApaRcP_H-Uw

ヴァレンティーナ・マルケイ
http://www.youtube.com/watch?v=z0O-L4ywaQI
http://www.youtube.com/watch?v=R5K1CWyLMDM

投稿: にゃんころぴー | 2013年12月 2日 (月) 01時44分

しかし「大人の演技」という言葉もバカの一つ覚えのように感じます。
メディア等はなぜやたらそこにこだわるんでしょうか?
色々な個性を楽しむことこそが芸術なのに。

にゃんころぴーさんが仰るように、
クラシックやバレエは元々色々な表現がありますよね。
娼婦のような動きをするものの方が少ないでしょう。

本当に、バレエを知らない人間が多すぎる気がしますね。
別にマニアになる必要はなく、ちょっと見てみれば分かることですが。

ちなみにカルメンでさえも、「八の字眉に半開きの口」って合いますかね?
少なくても八の字眉やってたらバカみたいに見えるような気もしますが(笑)。
KYがカルメンくらいしかできないというのはそうだと思いますが。

KYが「くりみ割り人形」をやるのを見てみたいですね。
爆笑コントになるかも(笑)。

投稿: もと | 2013年12月 2日 (月) 02時19分

私もそう思います。
人は一人一人違います。
まして、10代そこそこの女の子になぜ「大人の演技」を求めるのでしょうか?
キムヨナが基準なのでしょうか?
フギュアスケートは、場末のショウーではないはずです。
キムヨナに、「大人の演技」なんて感じない!
ただ、男に媚びる娼婦のようで、下品です。
せっかくの音楽をも、冒涜するほどの酷い演技。
今のフィギュアスケート界は、彼女のように媚を売る演技が点数を左右する。
だからこそ、他の選手には、正攻法で行って欲しいですね。
村上選手の笑顔、弾けるような演技、無理して「大人」にならなくても、そのままの彼女でいいと思うのですが、、、
選手たちの個性が溢れる演技がみたいですね。

投稿: kaizou | 2013年12月 2日 (月) 07時41分

ごめんなさい、ショウーではなく、ショーです。急いで書いたので、見直して気がつきました。(*_ _)人ゴメンナサイ

投稿: kaizou | 2013年12月 2日 (月) 07時45分

佳菜子ちゃんは、SPを去年の曲に戻したらいいと思う。
無良くんもFPを去年の曲に戻したし。

投稿: シロちゃん | 2013年12月 2日 (月) 08時24分

黒猫さん
>短所を消すよりも長所を伸ばす方が、才能がはばたく可能性が高いのではないかと思います。

周りに合わせようとするより、村上佳菜子の個性を前面に出した演技にするべきです。

本当にそうですよね、ロシア勢、特にラジオノアの演技を見ても大人の演技などしなくとも魅せられるし得点も出る、無理して背伸びして爪先立ちをしようとするからヨロケルんですね。
村上選手は多分次は(平昌)目指さないと思います、ソチを逃すのは彼女の今後の人生にも大きな影響が出るでしょう、ぜひ開き直って貰いたいですね。

投稿: 曖昧 | 2013年12月 2日 (月) 09時41分

かなこについては、いろいろ残念な気持ちになります。
山田コーチは、どういうスケーターを目指していたのでしょうか。これは本人にも関係することではありますが、「こうなりたい」というイメージが浮かびません。

ジュニアの最終年の『白鳥の湖』は、荒削りながら魅力的で、将来への期待がもてるものでした。
しかし、その期待はシニア1年目のSPの作られた無邪気さで裏切られた気がしました。スコアをあげることが優先で、彼女の本来の良さを見失わせたと思ったからです。
この年のエキシビションも好きではありません。
どうして高校生の子が、何でも選べるのに、娼婦の映画のストーリーを演じなくてはいけないのでしょう・・・。

これはアレのバンクーバーのシーズンについても同じです。
ただ立っているだけでも美しく見えるティーンエイジャーが、何でも選べるのに、しかもスポーツなのに、どうしてセックスアピールを全面に出さなくてはいけないのか。
怒りを感じましたし、そういう意味で、あのプログラムは大嫌いで見たくなかったです。

ここ数年のプログラムも、かなこはどういうスケーターになりたいのかが見えにくかったです。
個人的には、かなこは、もっとキレイな音楽が似合うと思います。
それこそドビッシーとかリストとか、ロマンティックな楽曲。バレエ音楽ならライモンダとか。
あるいはアランフェス協奏曲のような、雄大なものも似合うと思います。

ところで、かなこもソチ後は引退して、大学生をしながら山田コーチのアシスタントをしたいという希望のようですね。
中京大学についているスポンサーに配慮して、引退とは言えないようですが、そういう心境がコンディションを崩しているようにも思えます。

また経験の継続という意味では、次のオリンピックを目指す選手に出て貰いたいという、スケ連の気持ちも、当然かと思います。
メダルを期待できる選手ではないのですし。

非常に難しい立場にいるとは思いますが、迷いを振り切って演じれば力はかなこの方があるので結果がでてくるでしょう。
ロステレのFSのような演技ができるのですから、希望はあります。

それはともかくSPはかえるべき。何度も言ってますけど。

投稿: Lily | 2013年12月 2日 (月) 10時33分

佳菜ちゃん!このままで引退してもコーチとしてどうなの?
とも思えます。いい選手=いいコーチではないとは言えますが・・・。

選手としてもう少しは、成長してもらいたいというか出来る人と思っているのでこのままでは、見てるほうも納得できないのです。
こんなグダグダで・・・引退は切ないです。
昨年のプログラムの方がいいですし、指導者としての引き出しも・・・。
たくさん持って欲しいので、平昌は目指さなくてもいいです。
それよりも、これだ!という演技が見たいのでそれを目指して欲しいです。
真央ちゃんと同じように・・・これが集大成と言えるように・・・。

SP、今シーズンのはピンときません。
Lilyさまと同じ意見で・・・昨年の衣装はさておき、戻していただきたいです。
FPはもっと、正統派が見たいけど・・・今シーズンはこのままで・・・。
来季は、そういうのに挑戦して欲しいです!

とにかく!このままで終わるのだけはダメです。
自信を付けるためにも・・・全日本では輝きをshine

あと、化粧が老けて見えるので・・・素顔は可愛いのに・・・。
誰か、輝きメイクにしてちょうだいませ。

佳菜ちゃん・・・頑張れ!出来るから期待しています。

投稿: kokotomo | 2013年12月 2日 (月) 11時30分

Lilyさまが曲替えを勧告されていたので、あらためて村上選手のSP観てみました(笑)。
この曲は誰がやっても難しいでしょうね。
高度なリズム感を要求されるうえに、わかりやすいメロディではないので、感情移入も難しい。
だから村上選手でなくとも、ほとんどの人がノレないでしょう。

この音楽をつかみきって表現出来るのは、マイケル・ジャクソンとか高橋選手なみのリズム感のある人だけでは?
桂川さまが、「うまく表現出来ている時には音より少し早く動いている」みたいなことを、以前書かれていました。
おそらく、音より早く動くという現象は、選手の頭の中に、しっかりと音楽が把握されている時に起きることでしょう。
選手が音楽を把握しきって動く時に、まるで音楽をその選手がひっぱっていくような印象になるのだろうと思います。

村上選手には(たいていの人には)、このSPの曲は把握しづらいでしょうね。
把握するどころか、高度なリズム感を要求されてしまって、後半に行けば行くほど、ついていけない感が高まって、気持ちが焦らされるのではと思います。
悪い緊張を高めてしまう作用をすると思います。
どうしてこんなに難しい曲を選んじゃったのでしょうね…。

投稿: カカオマス | 2013年12月 2日 (月) 11時32分

佳菜子には・・・ぜひ!
フリーを昨シーズンのピアソラに戻してほしいと
思います。
ワールドのショート、フリーの自分の滑りを見て、奮い立たせてください!
自分はこんなままでは終われないってね。

投稿: なつき | 2013年12月 2日 (月) 11時55分

黒猫様 皆様こんにちは。

村上選手の良いところは「元気と笑顔」に同意です。
19歳の時にしかできないフレシュなはじける演技をしてほしい。

19歳は若さだけで美しいの。輝きメークの方がきっと似合うよ。

元気印の佳菜子ちゃん、もう吹っ切って
「これが、佳菜子です。」 と。
佳菜子ちゃんの明るい笑顔がこぼれますように。

投稿: たんぽぽ | 2013年12月 2日 (月) 13時28分

真央ちゃんは誰が何を言い何を書かれようと"真央らしさ"でやってきたと思います。
あまりに色気の言葉が飛びかって私も惑わされかかったけど、それらに媚びること無く自身を貫いてきた姿は清々しいです。


60歳や70歳になっても少女の魅力を持った人もいる、個性は人それぞれだからこそ魅力が輝くのです。

誰に並ぶこともない、佳菜ちゃんは世界に一人の佳菜ちゃんの個性を輝やかすべきだと思います。

投稿: ドナ | 2013年12月 2日 (月) 15時14分

皆様言われているようにかなちゃんはかなちゃんらしい演技を!して欲しいですね。今季のプロが絶対合わないとは言いませんが(力強い演技をできたら過ごそう)なかなか難しそうに思います。

今までで一番気にいってたプロという手もありますし…。ソチに向け頑張って欲しいと思います(^^)

ここまでに回転不足で毎回毎回点引かれるのなんとか手をうってきて欲しかったよ山田こーち・・・

投稿: にし | 2013年12月 2日 (月) 21時44分

あのSPを滑りこなせて観客を引き込んで感動させられるのは、
カカオマスさんがどこかでおっしゃっていたように
私も高橋大輔くらいじゃないかと思います。

カナちゃんには、無理だと思います。
オリンピックシーズンではないのなら、冒険としてアリかもしれないけど。
もしかしたら今季で最後にするかもしれないというわりには、
集大成の曲を選んだという気がしないですね。

投稿: シロちゃん | 2013年12月 3日 (火) 09時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1275350/54117874

この記事へのトラックバック一覧です: 3人目は誰?~混迷する女子の五輪代表争い:

« 陰謀論者とサイコパス | トップページ | フィギュアスケート競技は誰のもの? 韓国の韓国による韓国のための・・・ »