« 中国杯とルームメイト | トップページ | 中国杯~女子SP 村上4位、今井5位 首位はソトニコワ(動画有) »

高橋大輔、惨敗から得たものと、何度失敗しても懲りない人達

日本経済新聞の高橋大輔について書かれた記事がなかなかいい内容です。

書いたのは、原真子氏。

フィギュアスケートのライターは高橋ファンが多いのでしょうか?

いつも妄想ばかりのあのライターも、高橋大輔の記事だけは違いますから・・・まあ、それだけ高橋大輔が魅力的だということでしょうね。

小塚崇彦は思っていたよりも冷静に自分を見ているようです。

きっと次は素晴らしい演技を見せてくれると期待したいです。

フィギュアの世界~高橋、惨敗から収穫 「何のために五輪へ」問い直す

(2013.11.1 日本経済新聞 文:原真子)

フィギュアスケートの高橋大輔(関大大学院)の3度目の五輪挑戦が始まった。シーズン初戦となったグランプリ(GP)シリーズ、スケートアメリカは4位。「自分でびっくりするくらい、勝つぞという気持ちが出ていなかった。落ち込めないほど悪かった」という。一体、何が起きているのか。

■30分の説教「もっと闘争心持て」

同大会のフリー(10月19日)が終わった夜、夕食を食べ、寝ようと思った午前1時すぎ、ニコライ・モロゾフコーチから声がかかった。「さあ、話そうか」。そして雷が落ちた。放送禁止用語も飛び出すような、激しい説教が約30分。「何を言われたのか、覚えていないくらい言われた」と高橋。

フリー演技では4回転ジャンプ、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)など、難度の高いジャンプで大きなミスは出なかった。しかし、高橋には苦にならないはずの3回転ループが1回転になり、3回転サルコーが2回転になった。

「もっと闘争心を持て。ループやサルコーなんて、おまえにとって何てことないジャンプじゃないか。たとえループ1本が抜けたとしても、サルコーは死にものぐるいで降りないとダメじゃないか」

周囲に聞くと、このような内容を久しぶりに厳しく言われたそう。高橋は目が覚めた、というより気づいた。

「何のために五輪に行くのか? 僕、考えてなかったと思う。五輪に行くというだけでなく、五輪の中での目標を掲げてなくて。そこを考えないと、これからはやっていけないなって」

7年前のトリノ五輪は、とにかく行きたいという思いだけだった。五輪本番では雰囲気にのまれて8位。一緒に練習していた荒川静香の金メダル獲得を目の当たりにして情けなくなり、「バンクーバーで金メダル」と目標を明確にした。

■モチベーション、いっこうに上がらず

3年前のバンクーバー五輪は、右膝靱帯断裂からの回復途上で、とにかくやるしかなかった。本番では力を出し切り銅メダル。「ここで可能性を感じられた」と、すぐに現役続行を決断する。だが、一種の燃え尽き状態に陥り、2011年世界選手権は5位。これで目が覚め、「3年計画で五輪を目指す」と話していた。

12年世界選手権で2位になり、昨季はGPファイナルで初優勝。しかし世界選手権は6位に終わった。不本意な成績をバネにしてきたこれまでのサイクルからすると、モチベーションが上がるはずだがいっこうに上がらない。「僕自身もよく分からないんですよ。ただ(ニコライコーチに)言われっ放しも悔しいし。気合が入ったとは言いたくないけれど、自分の何かはちょっと変わった」

■スケート靴の変更が不振の一因に

スケートアメリカで不振だった原因の一つに、スケート靴の変更がある。9月下旬、イタリア製の靴からもともと使っていたグラフ社(スイス)のものへ、約2年ぶりに戻した。「僕は全くその気がなかったけれど、ニコライに『トライしなよ。ダメだったら替えなきゃいい』って言われたから。やってみたら、すごくいい。スケートを押せるし、パワフルになったのを感じる」

長光歌子コーチもニコライコーチも、トリプルアクセルの飛距離が戻ってきたことを実感した。「ジャンプの幅、高さとか、質がすごくよくなっている。年齢的にジャンプが厳しくなるのかと思った時期もあったけれど、靴を替えて以前の感じが戻っている」と長光コーチ。しかし、かかとの高さや靴のエッジの長さが違うのに、前の靴の時の癖が顔をのぞかせると、ジャンプのタイミングが合わなくなる。靴に慣れる時間が今大会は足りなかった。

とはいえ、これはささいな問題だ。そもそも体調は良かった。「正直、肉体的には全く疲れてない。それどころか、シェイプされてベストに近い」と高橋。どんなに食べても体重は60キロ前後を維持し、体の切れもある。コーチ陣をはじめ、支えてくれるスタッフとのコミュニケーションも4年前にはぶつかることがあったが、今はしっかりとれている。

■疲れ切った自分に気づきたくなく

では、何が悪かったのか?

高橋は言う。「本当に五輪に行きたいのか? 自分でも分かっていないのに『おまえは五輪に行きたいんだろう』って、自分をごまかしていた。(精神的に)疲れているのを分かっていても、疲れてないだろうって」

よほどストレスがたまっていたらしく、9月にはけっこう友達と遊びに行っていた。ここ2年ほど、シーズン中は遊びに行く気があまり起きなかったというのに。「そんな部分も自分をごまかしている一面だと思う。疲れきっている自分に気づきたくなかったのかな」

トップアスリートが世界最高の舞台を目指すのは当たり前、フィギュア選手なら当然五輪が目標になる――。世間一般の人はそう見るし、本人もそう思っていたが、違うのかもしれない。何をいまさらと言われそうだが、はっきりとした目標があるからこそ、進むべき道も見えて、選手は厳しい練習を続けられる。

■思い全て吐き出し、気持ちを整理

「スケートにも、(試合で)勝とうとすることにも疲れていたと思う。オイオイって感じですけど……。だから、今回こういう結果でよかったと思う」と高橋。

あの深夜の話し合いでモロゾフ、長光両コーチやトレーナーたちを前に、こうした思いの一切を吐き出したことで、すっきりした。気持ちをきっちり整理して、目標を明確にするきっかけをもらったと感じている。

4年前との違いはもう一つある。当時は同じ五輪出場枠「3」を争っていても、男子は上位3人の出来がずばぬけていた。けが明けの高橋であっても、よほどのことがない限り3位を下回ることはなかった。

■いざ注目され、追い上げられると…

今回はバンクーバー五輪代表の高橋、小塚崇彦(トヨタ自動車)、織田信成(関大大学院)に加え、GPスケートアメリカ優勝の町田樹(関大)、昨季全日本王者の羽生結弦(ANA)、無良崇人(岡山国際スケートリンク)……と強豪ぞろい。女子以上のハイレベルな代表争いが繰り広げられている。

「いつも女子ばっかり注目される」とぼやいていた高橋。3年前には、下から追い上げられるのも「それほど嫌じゃないかも」と答えていた。しかし、いざ自分が望んでいた状況が訪れてみると……。

「そうなんですよ。スケート界にとってはいいことです。でも、実際そういう立場になるときつい。注目はうれしいけれど、僕は今、それに耐えられる自信がない」。こうしたネガティブな言葉を口にしながらも、その状況を受け入れ、前向きに変われるのが高橋の良さでもある。

感性や勘が鋭い「感覚人間」の高橋は、モチベーションが上がればおそらく日本人選手で最も力を出すタイプだろう。今はそれがないと知り、その理由が分かったことが、スケートアメリカの大きな収穫といえる。

■コーチの愛のムチにどう応えるか

「毎試合、いい演技ができるわけじゃない」。そう考えるゆえ、モロゾフコーチは「スケートアメリカの欠場を提案してきた」と高橋。「だけど僕、試合に出続けるのは慣れているけれど、長い間試合に出ないでいきなり出るのは慣れてないから」

結局、無理して出場し、モロゾフコーチの愛のムチをもらうことができた。「ニコライはすごく今、大輔に集中してくれている。それはうれしいはずよ」と長光コーチ。愛のムチに高橋がどう応えるか。長光コーチをはじめ「チーム大輔」の面々は、高橋の出す答えを静かに見守っている。

96958a88889de4e3e5e0e4ebe5e2e0eae3e

モロゾフコーチ(右)はスケートアメリカの欠場を提案してきたが…=共同

アスリート交差点:氷の炎=フィギュアスケート・小塚崇彦

(2013.11.1 毎日新聞)

◇冷静に、強い思いで挑む

今季のグランプリ(GP)シリーズ初戦、スケートアメリカは6位と不本意な結果に終わり、各種目の上位6人・組が進出するGPファイナル(福岡)に出場することは、ほぼなくなった。悔しいが、成ることは成る、成らないことは成らない。そこは割り切って前に進んでいくしかない。バンクーバー五輪を控えた4年前のシーズンは体が動いていなくて、どうしようという気持ちだった。だが、今は体が動いている。土台はあるのだから、あとは練習で細かな感覚を微調整することに力を注ぎたい。とにかく氷の上で練習だ。

今回、特に悪かったフリーの演技を振り返ってみると、ジャンプの軸が安定せず、全部コントロール外にいってしまった。冒頭に予定していた4回転トーループの基礎点は10・30点。それがすっぽ抜けて2回転になってしまい、要素点で10点近く出遅れた。後半の3回転ルッツ−3回転トーループも、あんなに回転不足で下りてきたら、点数なんてないようなものだ。そういったところでジャンプの基礎点を逃してしまったので、敗因は明確だ。ジャンプの軸が外れると、そのたびに引き戻す力が必要となり、余分に体力を消耗する。だがそれでも、今回は後半から力尽きてバラバラになることもなく、なんとか最後までジャンプを着氷することができたのは唯一の救いだろう。

もう1歩、2歩、いや私の場合は2歩と言ったら1歩になってしまいがちなので、もう2歩、3歩前に進みたい。自分を信じ、練習で着実に前進できれば、五輪行きが懸かる決戦の舞台、全日本選手権で今まで経験してきたことを最大限に発揮できると思う。元来、周囲のことをあまり気にせず演技に集中してきたタイプだが、もっとも、五輪シーズンでこれだけ周囲に言われ続ければ、他人を意識していないというのはウソになる。だが、感情的になってしまえば、そこで負けだ。冷静に、それでいて強い気持ちを持って五輪に挑み続けたい。高い温度でしんしんと燃える青い炎。そう、このコラムのタイトル「氷の炎」のように。

==============

■人物略歴

◇こづか・たかひこ

名古屋市出身、トヨタ自動車所属。2010年バンクーバー五輪男子8位入賞、11年世界選手権銀メダル。24歳。

131020_kozuka

≪ご案内≫

『フィギュアスケート 疑惑の高得点』に間違いがあったことをお詫び申し上げます。

『フィギュアスケート 疑惑の高得点』正誤表 クリックするとのPDFファイルが開きます

雑談などにご利用下さい→『ゆきの小部屋~その8』

*ブログの避難所を開設しました→コチラをクリックして下さい。

竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記

英首相が朴大統領訪問に期待「韓国は光のような存在」

(2013.11.1 聯合ニュース)

【ロンドン聯合ニュース】英国のキャメロン首相が朴槿恵(パク・クンヘ)大統領の同国国賓訪問(4~7日)に先立ち、「開かれた政府が国の発展をリードする模範事例」と韓国を評価した。

キャメロン首相は先月31日(現地時間)、ロンドンでの国際会議の開幕式で演説した。透明性の高い政府が21世紀に成功する国の必須条件になると強調しながら、韓国に言及。「来週訪問する韓国大統領を歓迎することができてうれしい。アジアで4番目の経済大国である韓国は、まさに光のような存在」と述べた。韓国はグローバルビジネスのハブで、青少年の読書量が世界2番目、平均寿命81歳と紹介した。

朝鮮半島の分断状況と、北朝鮮との格差が著しく広がっていることにも触れ、「一方は開放的な民主主義の実践で活気あふれる市場経済の成功を導いたが、もう一方は閉鎖的で腐敗した独裁体制により経済が後退した」と説明した。透明性の高い政治体制が支える開放された経済こそが国の成功の鍵と強調した。

Img_682656_3663083_0

機を失した構造調整、韓国経済のアキレス腱に

(2013.11.1 朝鮮日報日本語版)

世界的金融危機から5年間先送りしてきた問題企業の構造調整が韓国経済のアキレス腱になっている。

金融当局が先制的な企業構造調整に相次いで失敗し、金融市場の混乱が広がっており、正常な企業の資金調達にまで支障が出るケースが生じているからだ。韓国政府高官は10月31日「STXグループ、東洋グループが破綻したこと自体を危機とはいえないが、危機の兆候が強まっていることは確かだ。市場の信頼を得られる企業構造調整が求められている状況だ」と述べた。

韓国で低迷3業種に数えられる造船、海運、建設業界で企業が相次いで破綻する中、金融当局による企業構造調整が遅れ、危機が他の業種に飛び火する兆しを見せている。大企業傘下の建設会社C社は、今月初めに1000億ウォン(約93億円)規模の社債発行を目指したが断念した。東洋グループの社債、コマーシャルペーパー(CP)が紙くずになる恐れが浮上して以降、「第2の東洋になるのでは」という不安感が広がったからだ。

市中銀行関係者は「市場が不安な状況になり、構造調整が必要な問題企業と短期的な資金不足さえ解決できれば経営が存続できる企業を区分すべきだという投資原則さえ崩壊した」と述べた。

実際に格付けが「トリプルBプラス」以下の企業による社債発行は急激に減少した。5月当時はトリプルBプラス以下の格付けの社債が全体の8.1%を締めたが、10月には1%にとどまった。金融業界関係者は「金融当局が先手を打って対応し、問題企業の構造調整を急がなければ、玉石を見分けることができない。生ぬるい対応にとどまっているため、正常な企業まで危機に巻き込まれている」と指摘した。

金融危機当時、問題企業の構造調整に加わった現職官僚は「金融当局が再建不可能な企業を速やかに処理しなければ『残った企業はこれ以上倒産しない』というシグナルを市場に発することはできない」と指摘した。

李陳錫(イ・ジンソク)記者

Img_391115_11729299_0

フィリピンのライタイハンこと「コピノ」 韓国人男性がフィリピンに残してきた混血児、2万人 2013/10/30

失敗から何も学べず、ただひたすらに妄想に走る国。

勝つことだけを正義とし、負けそうになると逃走する。

彼等は根本から考えを改めるべきでしょう。

いつまでも『ニホンガ~!』と泣き叫ぶだけではいけないと、自ら気付くべきなのですが、それは無理でしょうから、日本が国交を断絶して教えてあげたほうがいいのかもしれません。

そうすれば、嫌でも理解出来るでしょう。

もっとも、気が付いた時に韓国が存在しているという保証はありませんが・・・

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

FPUからのお知らせ

*FPUではブログサポーターを募集しています。詳細については、下記をクリック願います。

ブログサポーターを募集します!(FPU公式ブログ)

Fpu007

FPU(フィギュアスケート保護連合)へ、ご協力下さい。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。

FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp

FPU公式ブログ  http://fpu1.cocolog-nifty.com/blog/

お問い合わせ先一覧(下記の文字をクリックして下さい)

■日本スケート連盟 メールアドレス jsf@skatingjapan.or.jp

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育館内

TEL : 03-3481-2351

▲首相官邸 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

▲ 自民党 https://ssl.jimin.jp/m/contact

*BPOの問い合わせ先

*厚生労働省 お問い合わせ窓口

*外務省~監察査察意見提案窓口

*外務省~ご意見・ご感想(メールフォーム有)

*総務省への意見

*文部科学省への意見

*公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

kuroneko_azをフォローしましょう

☆ お 知 ら せ ☆

FPUの公式ブログ

誹謗中傷を繰り返す悪質なkiki_dide氏とその仲間~その1

にほんブログ村のランキング不正操作疑惑について

被災地の小さな命を救いたい・・・

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートの基礎

フィギュアスケート講座

フィギュアスケート技の解説

|

« 中国杯とルームメイト | トップページ | 中国杯~女子SP 村上4位、今井5位 首位はソトニコワ(動画有) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

高橋選手の本もまだ読破していませんが、どうしても気になった「ヒザからの警告」から読みました。

今年の四大陸直後に放送された「アスリートの魂」では膝については少し聞かされていましたが…私の想像を遥かに超える過酷な状況が綴られていました。「ヒザの痛みとは常につきあっている」に胸が痛くなりました。

ボルト除去手術後(2011年5月頃)の1年くらいは痛みもなく問題はなかったそうですが、昨季のNHK杯後あたりから痛みが再発。その頃から4回転が片足で降りられるようになった頃だから負担がかかったとか。皮肉なことに降りられなかった頃は両足で降りていたから負担もなく痛みもなかったと。

前後しますが、その前の中国杯では合わない靴で無理やり動いていたこともあって、NHK杯後に酷くなってしまったようです。そしてファイナルから帰国したときは痛みが酷くて歩きづらい状態だったとか。今でも、少し休めば楽になるけど、練習し出すと痛みが再発…その繰り返しだそうですweep

全日本では現地でもずっと痛くてアップ法も変えるほどだったとか。そんな中でも(回転不足があったとは言え)SPもFSもまとめ上げたのだから、大変な精神力です。特にFSが圧巻だったのは皆さんもご存知でしょう。

全日本後の精密検査では「酷使によるヒザの裏の軟骨部分の筋肉と腱の炎症」だったそうです。四大陸では問題はなく、渡米後のワールド直前合宿前半も好調だったのに、後半からはまた…オーバーワークもたたり、本番前や走り出しはかなり傷んだそうです

国別も「ドクターストップではないけれど、無理をする必要がないならやめたほうがいい」と医師にも言われたとか。でも「出場を発表した以上はギリギリになって欠場は失礼だし、初めに言っておくべきだった」と。何よりその前に「神戸でのチャリティーに出ておきたかったから」だと。その為にはISUのルール上、2週間以内に開催される国際試合への出場義務があるからです。

世界選手権後に戻したエッジをトライした思いもあったようです。とにかく、彼の右ヒザとの戦いは想像を絶するものでした。彼ほどの大怪我をしていない選手でも、このスポーツは過酷なもの。彼はメスも入れてるから尚のことです。皆さんにも知ってもらいたくて、この場をお借りして伝えさせて頂きましたm(_ _)m

スケアメに関してはニコライからもいいカツが入ったとのことで(笑)NHK杯は期待できると思います。もともとスロースターターだし、このまま終わる選手ではありません。来週末、ドキドキですが楽しみです(^-^)

投稿: えいこ | 2013年11月 1日 (金) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1275350/53792431

この記事へのトラックバック一覧です: 高橋大輔、惨敗から得たものと、何度失敗しても懲りない人達:

« 中国杯とルームメイト | トップページ | 中国杯~女子SP 村上4位、今井5位 首位はソトニコワ(動画有) »