« 高橋大輔の試練と浅田真央の試練 | トップページ | キム・ヨナは金メダル候補? 大喜びしているのは・・・ »

台頭するロシア勢と蔓延するキムリミナル

グランプリファイナル女子シングルには、4人のロシア選手が出場します。

4人とも10代の選手で、オリンピックでも活躍が期待される逸材揃い(ラジオノアはソチには出場できません)・・・

ソチで行われるオリンピックに、ロシアからは二人しか出場できないのが不思議です。

ISUは選考のルールを見直すべきかもしれません。

10代が続々台頭のロシア女子フィギュア 熾烈な五輪代表争いが産んだ百花繚乱ぶり

(2013.11.29 スポーツナビ 文:野口美恵)

ソチ五輪シーズンが開幕し、開催国ロシアの女子選手の百花繚乱(りょうらん)ぶりが目覚ましい。グランプリファイナル(12月5日開幕、福岡)に進出した女子6選手のうち4人がロシア人で、出場を逃したエリザベータ・トゥクタミシェワもいる。しかし五輪出場枠は2つのみ。五輪本番で台頭してくるのは誰か、ロシア女子の戦力を探る。

五輪選考は主要の3大会

ロシア女子の五輪代表選考は、1人目はヨーロッパ選手権の最上位者、2人目は連盟の推薦、とされている。ロシアスケート連盟によると、選考で重要な大会は、グランプリファイナル、ロシア国内選手権(12月末)、ヨーロッパ選手権(1月15〜19日)の3大会だ。ロシア国内選手権はヨーロッパ選手権の予選会であり、3人が出場できる。

五輪の2枠目は全体的な成績が考慮されかなりグレーであり、選考について質問すると各選手とも答えにくそうな表情になり、「すべては連盟に委ねられている」と一貫した答えが返ってくる。

ソトニコワ復調の今季

五輪の有力候補の1人はやはりエースのアデリナ・ソトニコワだ。2008ー09シーズン、12歳にしてロシア国内選手権を制覇して以来、ソチ五輪に向けて期待を背負ってきた。まだ17歳ながら風格さえある。

得意技の「3回転ルッツ+3回転ループ」は、イリーナ・スルツカヤと安藤美姫に次ぎ世界女子で3人目の大技。成功すれば基礎点は11.10点と連続ジャンプの中で最も高い。

11年世界ジュニアを14歳で優勝し、同年秋の翌シーズンからシニア参戦したが、身体の成長によりジャンプの波に苦しむ。「今までジャンプを難しいと感じた事が無かったが、身体の変化を感じている。練習するしかない」と言い、2シーズン連続でGPファイナル進出を逃していた。

ところが13年に入ると、まるでパズルがはまるかのように全ての技に正確さが戻ってきた。1月の欧州選手権では193.99点をマークし、ジュニア時代に記録していた自己ベストを2季ぶりに更新。今季の復調ぶりはさらに際立ち、フランス杯のフリーはノーミスの演技で129.80点を稼ぎ、総合順位2位で初のグランプリファイナル出場を決めた。

「もう2年以上、フリーでミスのない演技がなかったんです。本当に嬉しいしホッとしました」とソトニコワ。エース完全復活といっていい。

201311280006spnavi_2013112800017_vi

今季、復調の気配を見せるソトニコワ。GPファイナルで結果を出し、ロシアのエース完全復活を示したい【Getty Images】

才能抜群の16歳トゥクタミシェワ

一方、期待されながら今季は微妙な状態にあるのが、16歳のエリザベータ・トゥクタミシェワ。ジュニア時代からソトニコワと双璧をなし、何かと比べられてきた。ジャンプの切れ味や、抜群の音感がある天才肌のタイプ。エフゲニー・プルシェンコと同門の、アレクセイ・ミーシンのもとで教え込まれたジャンプのセンスはピカイチだ。練習ではトリプルアクセルを成功させたこともある。

昨年12月のロシア国内選手権では、38度の熱がありながらも3回転+3回転のジャンプなどを決め、初の国内女王に。「体調は悪かったですが、これからもこういった様々なトラブルが試合で起きるでしょうし、どう乗り越えるか、気持ちをコントロールするかを学ぶために出場しました。やり切ることができました」と話したトゥクタミシェワ。精神力の強さを示した。

今季は体重の増加などからジャンプが不調で、グランプリファイナル進出を逃したが、潜在能力と精神力は抜群。決して侮れない存在だ。

201311280006spnavi_2013112800018_vi

今季はジャンプが不調で、グランプリファイナル進出を逃したトゥクタミシェワだが、決して侮れない存在【坂本清】

今季好調の15歳、リプニツカヤとポゴリラヤ

シニアデビューの昨季はグランプリファイナル進出を決めながらもケガで欠場したユリア・リプニツカヤ。シーズン後半はジュニアに戻り、世界ジュニア選手権2位となった。  実力がありながらシニアデビューを華々しく飾れなかった彼女は、オフシーズン、徹底的に基礎スケーティングをこなした。「毎日8時間の氷上練習をしました。サポートしてくれたコーチ達に感謝しています」という。

すると今季は、一気にシニアトップといえるスピードとエッジワークを身につけGPシリーズに再挑戦。15歳にしてスケートカナダ、ロシア杯と2連勝でファイナル進出を決めた。

「3回転ルッツ+3回転トウループ」の精度は100パーセントに近く、ジャンプに不安要素はない。柔軟性を生かした、キャンドルスピンと呼ばれる180度開脚のビールマンスピンなども見応えがある。

201311280006spnavi_2013112800015__2

GPシリーズ2連勝でファイナルへと進めたリプニツカヤ【森美和】

また、急成長中の15歳、アンナ・ポゴリラヤも五輪代表候補に名を連ねた。昨季の世界ジュニア選手権3位で、今季がシニアデビュー。「3回転ルッツ+3回転トウループ」を得意とし、160センチと長身で手足が長く、演技の優雅さが光る。シニアデビューの中国杯で優勝し、フランス杯でも3位。

「緊張とワクワクで疲れて息が切れてしまいましたが、全てのジャンプをコントロールできました。シニアデビューでグランプリファイナルに行けるなんて、浅田真央やリプニツカヤのよう!」とポゴリラヤ。ちょっと勝ち気な部分がまたアスリートらしく、期待できる若手の誕生となった。

201311280006spnavi_2013112800016_vi

ポゴリラヤは長身で手足が長く、演技の優雅さが光る【Getty Images】

14歳のラジオノワ 8年前の浅田真央を彷彿

五輪出場資格を持たない14歳ながら、昨季のロシア国内選手権2位のエレーナ・ラジオノワ。今季はNHK杯で191.81点と190点台をマークするなど大活躍だ。五輪出場を巡るお姉さんに混ざり、グランプリファイナル進出を決めている。まるで8年前の浅田真央のようで、記者会見で隣に座った時は「真央は私のアイドル! まさか隣に座れるなんて」とほおを赤らめていた。

ジュニア上がりではあるが、スケーティングにスピードがあり、決して見劣りしないのが特徴。3回転ルッツ+3回転トゥループをたやすく跳んでしまう。表現面は、まるで子役俳優かというほど表情の作り方が上手で、ラブバラードを情感たっぷりに演じる。もちろん足もとのスケーティングもしっかりした中での感情表現のため、高い評価を得られる。グランプリファイナルでは台風の目として、メダル争いに絡んでくるだろう。

また、今季は脚のケガもあり、NHK杯7位と不調のアリーナ・レオノワも、ロシアを背負ってきた女子のひとり。これからの復調も十分にありうる。

熾烈な五輪2枠争いが産んだロシア女子たち。ソチ五輪に向けて、グランプリファイナル、ロシア選手権、欧州選手権と最高潮の盛り上がりを見せることは間違いない。

<了>

201311280006spnavi_2013112800014_vi

五輪出場資格を持たない14歳ながらグランプリファイナル進出を決めたラジオノワ【坂本清】

≪ご案内≫

『フィギュアスケート 疑惑の高得点』に間違いがあったことをお詫び申し上げます。

『フィギュアスケート 疑惑の高得点』正誤表 クリックするとのPDFファイルが開きます

雑談などにご利用下さい→『ゆきの小部屋~その8』

*ブログの避難所を開設しました→コチラをクリックして下さい。

竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記

ロシアの若い選手達が活躍していても、浅田真央の存在感は頭一つ抜けています。

総べてがレベルアップを果たしたのは、スケートを基礎から見直した苦しい3年間があったからです。

ロイターが浅田真央のインタビューを掲載していましたが、日本語版と英字版では随分印象が異なります。

お決まりのキム・ヨナについて日本語版では、

彼女がいなければ自分も成長できなかったと思う。切磋琢磨(せっさたくま)したことが自分のモチベーションにもなっていた

となっていますが、英字版では、

浅田は20日しか先に生まれていないキムとの迫りくる再戦を重要視していないが、早い時期からキムがライバルだったことでモチベーションを上げることができたと言う。

とても大変な時期がありました。でももし彼女がいなかったら私は今のような進歩を遂げることはできなかったでしょう。

と記述されています。

ニュアンスが変わってきますね・・・

同じようにキム・ヨナが大好きで堪らない方々がタラソワ氏がインタビューで『プレゼントのぬいぐるみになって、リンクへ飛びこみたくなりました』と語ったと大喜びし、『私の心は沈黙する』と語った部分を、キム・ヨナの演技から静寂を感じているという、とんでもないこじつけをしているようです。

ぬいぐるみになってリンクに飛びこみたくなったのは、キム・ヨナがシニアデビューした頃の話です。

この頃は私も彼女のファンでしたから、タラソワ氏の気持ちはよく解ります。

しかし、今は・・・『心が沈黙してしまう=感動しない』ということです。

それは、ペアのヴォロソジャル/トランコフ組についてもそうかと聞かれた答えからも明らかです。

さりげなくキムリミナルを企てても、実際の演技を見れば劣化が明らかですし、他には真似できないとキム信者が唱えている3Lz+3Tのコンビネーションジャンプも今や多くの選手が跳んでおり、キム・ヨナを凌ぐ出来栄えのジャンプも少なくありません。

IOCで公開されている動画は、それなりの見栄えですが、全ての演技を通して見ると、インパクトの乏しさに改めて驚きます。

再び、バンクーバーでのキム・ヨナの得点は妥当だったのか?という問題提起をしてくれたIOCには感謝しなければいけませんね。

フィギュア=浅田真央、ソチ五輪で「集大成の演技をしたい」

(2013.11.29 ロイター)

[豊田市(愛知県) 29日 ロイター] -来年2月に開幕するソチ五輪のフィギュアスケートで金メダルを目指す浅田真央選手(23)が、愛知県豊田市のリンクでロイターのインタビューに応じ、「集大成として自分の目指す演技をしたい」と意気込みを語った。

一時成績が振るわず、母親が亡くなったこともあり、スランプに陥ったこともある浅田選手。「(バンクーバー五輪後の)この3年間は悩んだし不安もあったが、それがあったからこそ今があると思う」とコメント。今の目標は、「最後まで滑りきる体力をつけることと、満足のいくようにプログラムをこなすこと」だと語った。

また同世代のライバル、韓国のキム・ヨナ選手については「彼女がいなければ自分も成長できなかったと思う。切磋琢磨(せっさたくま)したことが自分のモチベーションにもなっていた」と述べた。

銀メダルに終わったバンクーバー五輪後は基礎の見直しに専念し、それが3年してようやく自分のものになりつつあるという。「小さいころから(五輪の金メダルを)目標にしていたので、バンクーバーでの自分の失敗が悔しかった」と振り返る。

ソチ五輪を最後に引退を表明している浅田選手だが、「自分の集大成として、自分の目指している演技をすることが目標」と、バンクーバーでの失敗をばねに、ソチでの活躍を誓った。

R

11月29日、ソチ五輪のフィギュアスケートで金メダルを目指す浅田真央選手がロイターのインタビューに応じ、「集大成として自分の目指す演技をしたい」と意気込みを語った。写真は27日撮影(2013年 ロイター/Issei Kato)

浅田真央 ロイターのインタビュー

フィギュア・スケート、3年間の辛い日々を経て、浅田はソチで輝くことを望む

(2013.11.29 ロイター 英文)

エレイン・ライズ記者

日本の豊田市より(ロイター) 日本の浅田真央が20年近く前、初めてスケートリンクに下りた時、彼女はヘルメットと保護パッドを膝と肘につけて、姉の後を追っていた。

そんな彼女も今やソチ・オリンピックの金メダル有力候補であり、そこで彼女はもう一度、長きにわたるライバルであり、フィギュア・スケートの現オリンピックチャンピオンである韓国のキム・ヨナと再び戦うことになる。

しかし、浅田は2012年に引退を考えていた。

一年前の母の死と、2010年バンクーバー・オリンピックでキムに金メダルを獲得されたことからスケートスタイルを徹底的に見直した結果、何シーズンか不安定であったことが重なった。

「できれば、こういう辛い経験はしたくありませんでした。」穏やかな物言いをする23歳の浅田は、日本の名古屋市の中心部から少し離れた場所にある彼女のホームリンクで、ロイターのインタビューに対して語った。

「過去三年間、大変な苦痛と苦心を経てきました。でも、その苦痛のおかげで今の私があるのです。」

「この辛い時期を通り抜けなかったら、私の今の状態にまで遠くたどり着くことはなかったと思います。」

今季が最後の競技生活になるであろうと語った浅田は、3回転半の高難度なトリプル・アクセルで多少のトラブルがあったにもかかわらず、今年のグランプリ大会、スケート・アメリカとNHK杯の2大会で勝利した。

NHK杯の後、彼女は5度の3回転ジャンプをパーソナル・ベストで決め、その点数は少しの間彼女の口が開いていたくらいの喜ばしい驚きを呼んだ。

「バンクーバーの後、私は全て一からやり直しました。基本的に全てを基礎から見直したのです。今は本当にそれを自分のものにしたと感じています。」競技会で3度のトリプル・アクセルを着氷した唯一の女性である浅田は言った。

「今の目標は、最後まで滑りきるだけのスタミナを確立すること、私のプログラムを自分でも満足するように滑れるようにすることです。」

基本に立ち返って

彼女が在籍し、練習を行っている中京大学での午後の練習は、カエデが秋の色に燃えているキャンパスを軽くジョギングすることから始まる。

すらりとした163センチ(5フィート4インチ)の彼女は、一週間に6日、4時間滑る。各練習は氷の感触を掴むために、リンクをゆっくり周回して始まる。

練習は同じトップスケーターの小塚崇彦と一緒に行うが、彼女は全てのジャンプをクリーンに着氷し、コーチの佐藤久美子も称賛するのに十分なほどである。佐藤はリンクサイドから見ていて、時々動作をパントマイムする。

「基礎に戻ったとき、私が知っていたことと、コーチがいう事をきちんと一致させることができませんでした。私は理解できず、ついていけませんでした。」浅田は言った。

「問題は全て、感覚にあるのです。基本的には私がそういうものを掴むまで、毎日練習すればいいことでした。」

浅田は、48歳の母匡子が肝臓病のため重態であるという知らせを受けた2011年の12月にはこの見直し期間の真っ只中にいた。

彼女はカナダでの競技を棄権して帰国を急いだが、日本に着く前に母は亡くなっていた。

このことが、彼女をスランプに陥れ、挙句の果てにはコーチと、スケーターである2歳上の姉の舞に、スケートをやめることを考えるかもしれないと話すまでに彼女を追いこんでしまった。

しかし、振付師のところを訪ねた時にかけてもらった明るい音楽が、彼女の興味を掻き立て、エギジビションの振付を作り上げていくうちに、だんだんとスケートを楽しく感じるようになった。

今年を競技生活の最期にするという決断も彼女を助けた。

「あと一年しかないということがわかっているので、私は本当に自分のエネルギーを全部試合に注ぐことができます。」と浅田は言った。

「私は(母の)存在を毎日感じるので、前のように続けることができるのです。」

次にどうするか決める前にオリンピックを通過しなければならないが、アイスショーへの出演が最も可能性が高いようである。しかし、まず初めに、彼女は旅行したいと思っている。たとえばバリ島のような島で、「そういうところでは本当にくつろげるので。」

浅田は20日しか先に生まれていないキムとの迫りくる再戦を重要視していないが、早い時期からキムがライバルだったことでモチベーションを上げることができたと言う。

「とても大変な時期がありました。でももし彼女がいなかったら私は今のような進歩を遂げることはできなかったでしょう」と彼女は言った。

「バンクーバーでは金メダルを目指していました。私は子供のころからそれを目指してきましたし、あの後、私はミスをおかしてしまったことを本当に後悔しました。」そう彼女は付け加えた。

「ソチでは、全てを完璧に演じることによって、この気持ちを払拭したいと思います。そのために私はこの3年間練習してきました。」

(ピーター・ラザフォード編集)

*黒猫BBSに投稿されたまりもさんの翻訳文(一部修正しています)

Rz

日本のフィギュアスケート選手浅田真央は、日本の中部地方、豊田市の中京大学にあるナショナルトレーニングセンターでフィギュアスケートの集中トレーニングを行っている。 写真は2013年11月27日撮影。 ロイター/Issei Kato

Татьяна Тарасова: Познер комментирует Олимпиаду на США, я - на Россиюより抜粋

(2013.11.27 sovsport ロシア語)

Ю-На Ким? Помню ее маленькой, с программой «Танго», я тогда готова была выброситься на лед в качестве сувенирной игрушки. Сейчас… Она ускоряется на выездах из прыжков, это уникальное качество, но мое сердце молчит. Я знаю, что она сделает все, как нужно, и, может быть, поэтому мое сердце молчит.

-- В таком случае ваше сердце должно молчать и при виде Волосожар и Транькова.

-- Вы не правы. Они так наполнены -- изнутри, и друг другом, в них такая страсть… Я влюблена в эту пару. Дай бог им здоровья. Вот и все. Им больше ничего не надо.

上記の翻訳文

キム・ヨナですか?

私は幼い頃の彼女を覚えています。「タンゴ」のプログラムを滑っていた時にはプレゼントのぬいぐるみになって、リンクへ飛びこみたくなりました。

それが今は・・・

ジャンプするのが速くなり、いい出来映えなのですが、私の心は沈黙したままです。彼女が必要なことを全てやっているのは分かっていますが、恐らくその為に私の心は沈黙するのです。

― それなら、ヴォロソジャルとトランコフを見ると、あなたの心はきっと沈黙しますね。

― それは違います。彼らは心のうちから湧き出るものがある。心が通い合っているし、情熱がある・・・

私はこのペアに惚れ込んでいます。どうか神が二人に健康を与えて下さいますように、もうそれだけです。二人にはそれ以上何も必要ありません。

662931

3Lz-3TのGOE比較

Spectacular Figure Skating World & Olympic Record - Yuna Kim | Olympic Records

それにしても、キム信者は懲りない人達ですね。

採点恭順者(キムチ派)の面々もそうですが、大きな声で叫んでいれば、キム・ヨナが史上最高のスケーターとして認められると本気で考えているようです。

何度も言いますが、映像を比較すれば判ることです。

過去の演技映像と現在の演技映像。他選手の演技映像。

比較すれば、キム・ヨナが群を抜いた存在ではなく、過去の自分にすら及ばない選手であることが一目瞭然ではないでしょうか?

今のキム・ヨナは、冒頭のコンビネーシャンジャンプの他には、どぎつくなった化粧と止まって行うポーズくらいしか印象に残らないのではないでしょうか?

それが、世界最高の評価を受ける演技でいいのでしょうか?

フィギュアスケートの関係者は、自分の身を守ることだけに専念するのではなく、競技の未来を考えた行動をして欲しいものです。

メディアも同様です。

ビッグコミックスピリッツの「気まぐれコンセプト」という4コマ漫画に、浅田真央が再びオリンピック2位となって悔し泣きし、佐藤コーチが風俗嬢に例えて慰めるという酷いネタが披露され、抗議が殺到しました。

それに対して、スピリッツ側は、型どおりのお詫びでコトを収めようとしているようです。

ご利用ありがとうございます。

SPINET カスタマ担当です。

この度は貴重なご意見を賜り、誠にありがとうございます。

『気まぐれコンセプト』には、実在の人物や事実からヒントを得た作品も描かれていますが、あくまでフィクションです。しかしながら、ご指摘の作品に対しては、表現が不適切であると、他の読者の方々からもご批判をいただきました。

編集部といたしましては、貴方様をはじめとするこれらのご意見を真摯に受け止め、今後、誤解のない作品作りに活かして参りたいと存じます。

上記、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

SPINET カスタマ担当 spi-net@shogakukan.co.jp

*黒猫BBSに投稿されたゆきさんが受け取ったメール(一部修正しています)

520324_13855516761

困ったものですが、キムリミナルが蔓延するのは大問題です。

粘り強い姿勢で、批判や抗議の声を上げ続けなければ、キムリミナルはいつまでも続くでしょう。

選手達がフェアに競い合えるように、そしてファンが笑顔で観戦できるようなフィギュアスケートを取り戻さなければなりません。

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

FPUからのお知らせ

*FPUではブログサポーターを募集しています。詳細については、下記をクリック願います。

ブログサポーターを募集します!(FPU公式ブログ)

Fpu007

FPU(フィギュアスケート保護連合)へ、ご協力下さい。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。

FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp

FPU公式ブログ  http://fpu1.cocolog-nifty.com/blog/

お問い合わせ先一覧(下記の文字をクリックして下さい)

■日本スケート連盟 メールアドレス jsf@skatingjapan.or.jp

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育館内

TEL : 03-3481-2351

▲首相官邸 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

▲ 自民党 https://ssl.jimin.jp/m/contact

*BPOの問い合わせ先

*厚生労働省 お問い合わせ窓口

*外務省~監察査察意見提案窓口

*外務省~ご意見・ご感想(メールフォーム有)

*総務省への意見

*文部科学省への意見

*公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

kuroneko_azをフォローしましょう

* 今 日 の 猫 *

猫 フィット感が良いらしい

☆ お 知 ら せ ☆

FPUの公式ブログ

誹謗中傷を繰り返す悪質なkiki_dide氏とその仲間~その1

にほんブログ村のランキング不正操作疑惑について

被災地の小さな命を救いたい・・・

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートの基礎

フィギュアスケート講座

フィギュアスケート技の解説

|

« 高橋大輔の試練と浅田真央の試練 | トップページ | キム・ヨナは金メダル候補? 大喜びしているのは・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本当に韓国の女子シングルの枠を日本男子かロシア女子に振り替えてほしい。

投稿: 一読者 | 2013年11月30日 (土) 01時32分

野口美恵ってNumber PlusでKYについて嫌味かと思うほど、真反対の「解説」していた人ですね。

まぁそこのプロフィールによると、KYの趣味はよりによってネットサーフィンだそうですから、ネットでしか言えないような本音を言ってあげましょう。おもいっきり。向こうもそれを知りたくてサーフィンしているのでしょうし。

どーでもいいですが、マツコによる、トゥクタミ、キャシー中島化説には笑いました。

投稿: まりあ | 2013年11月30日 (土) 01時44分

私も抗議メール送ったけど、書き方が悪かったのか気に入らなかったのか
定型お詫びメールすら来ません。
迷惑メール扱いされたのかしら?
もう一度抗議メールを送ります。

公式謝罪はそんなにしたくないのかしら?
誌面にちょこっと載せるだけなのにね。
(ホントはそれでは不満だけど)
凸したら、こんな定型お詫びメールですらしぶしぶっぽい雰囲気があったから、数が少なかったら無視するつもりだったんでしょう。

小学館は徹底的に不買してやる。

投稿: シロちゃん | 2013年11月30日 (土) 06時58分

黒猫様、皆様おはようございます。小学舘に冷静な抗議のメールをしましたがこちらも返事なしです!いやはや、開き直りか?とも思ってまいりました。ゲスな漫画にゎ向こうの考えそうな低脳といいますか、低い次元での悪あがきですね。風俗産業も、在日の方がほとんどをしめていると知人から聞いた事があります。ジャパニーズヤグザの親分さん達も在日が9割をしめていると見た事があります。そうなると色々な構図が見えて来て、なる程なと考えが行き着きます。日本を貶める、陰でゎ着々と日本が喰われつつ、あら不思議?ここ日本?なんて事にならないようにしなければなりません。小さな事でも声を上げて守らなければ不思議な事が現実になってしまうかもしれません。メディアもそうです。NHKの職員が半年位前に来ました。自分ゎ言いました。日本人の為の放送をしてくれと!偏向報道に捏造が余りにも酷いと。そしてNHKの職員による不祥事も目にする、その事に対する考えを今ここで説明してほしいと言うと、のこのこと何の説明も無しに帰って行きました。契約ゎしないなんて一言も言っていないのに、あれからNHKゎ来ません。おかしな事に対し声をあげ、未来へと繋げる道を自分達がきりひらかいといけないとも思っております。小さな声も集まれば大きなものへとかわります!言葉ゎ難しいですね本当に。少しでも言ってもいない事を付け足したり抜かしたりして文にされてしまうと、読み手からしてみればガラリと印象やニュアンスがかわってきますよね。ちゃんと引用するならば、相手の言葉を一字一句ちゃんと引用してもらいたいと思っております。ロシアっ子達ゎやはり熾烈な戦いの中競い合ってるだけあって、本物ですね!まさしく、おそろしあ。

投稿: 窪塚 | 2013年11月30日 (土) 07時54分

再度確認したら、小学館からの定型コピペお詫びメールが
迷惑メールに入ってました。

でももちろん再度抗議メールを出しました。
前のメールでも書いた気がするけど
あらためて誌面での公式謝罪を要求しておきました。

投稿: シロちゃん | 2013年11月30日 (土) 09時34分

ヴォロトラに対する、どうか健康でいて欲しい。それだけ。というタラソワの言葉は、まるっきりわたしと同じ心境です。身体状況さえベストなら素晴らしい演技をしてくれるのは間違いないという、それくらい圧巻で別格です。
これは女子シングルも同じです。

ファイナルですが、ジュニアも女子シングルはロシアから4名です。なかでもエフゲニア・メドベデワは抜けているのではないでしょうか。
ジュニア男子もロシア2名、日本2名、中国1名、中国系アメリカ人1名と、アジア人だらけになっています。
そういう意味ではソチを占うというより、ソチ後をうらなう試合となりそうです。

ところで、今回は日本開催なのにジュニアの試合は放送しないのですね。
前回の日本開催の時には、CSで放送していたと思うのですが。
日本人女子が出ていないからでしょうか?
でも、全日本ジュニア王者の田中刑事くんは、GPSで2勝しているので、充分にファイナル優勝の可能性があると思うのですが。

中国がなにげにフィギュアで成績をのばしています。
あの国は男子女子でGPSにも選手を送り込めないという現状を深刻に捉えた方がいいと思うのですが。

投稿: Lily | 2013年11月30日 (土) 09時58分

女子シングルが同じというのは、もちろん真央さんのことです。
念のため。

投稿: Lily | 2013年11月30日 (土) 10時00分

ロシアのインタビュアーもアレだね。
ヴォロソジャルとトランコフの完璧とアレのお粗末が同じレベルで完璧という前提で、タラソワに聞いているのかねぇ。
アレの完璧(大笑)な演技=タラソワ→感動しない
ヴォロソジャルとトランコフの完璧な演技=タラソワ→同様に感動しないのか?
という問いかけだよね。
ロシアメディアもなんだかヤバいよね。
タラソワが他国の選手のコーチングに出向くのを国内世論が批判していると言う流れに持っていっているようだし。。。
だから、ザンナがわざわざ来日したのか?

投稿: アクセルフォーリー | 2013年11月30日 (土) 10時40分

小学館の左傾化が問題視されてから約2年経った
でしょうか?きっかけはSAPIO2012年8月22・29日号
に掲載された”韓国ゴリ押しで保守を馬鹿にした”対談
だったと記憶しています。確かこの年か翌年に小学館
デモが行われたと思いました。また、小学館はパチ屋
とも提携していますよね。
出版物にも『子どもの涙―ある在日朝鮮人の読書遍歴
(小学館文庫) [文庫] 』という怪しい本を出し、密林で
たった二つしかないレビューに星5つを付けています。
ホイチョイプロダクションは電2の息がかかっている様
ですし、つまりそういう企業だという事でしょう。

どうりで、誌面での公式謝罪などしないはずですね。

投稿: juju | 2013年11月30日 (土) 10時44分

フィギュアスケートは10代~20代前半の選手が活躍するスポーツです。上手い選手は中学生で世界のトップになれる競技。まだ学生の身分である選手を風俗嬢に例えればスケートファンやその親御さんから反発がくるくらい予想できたでしょうに。小学館も落ちましたねーw
ジャッジに公平な採点をするよう抗議しているのは、真央ちゃんの為だけでなく、全選手の為です。たった一人を勝たせるためだけに、どれだけルールが変更され、どれだけ多くの選手を振り回してきたか。。マオタが過激な行動に出ている訳じゃありません。

インタビューを読みました。真央ちゃんは不屈の精神で苦しい3年間を乗り越えたのですね。よく頑張りましたね。ジャンプの矯正は、正直、そこまでしなくてもよい苦労だったと思う。kYとマフィアなジャッジの意地悪さえなければ。。
真央ちゃんの心意気と努力と真剣さにどれだけの選手が勇気づけられたかわかりません。そしてよく「浅田真央」から逃げなかったと思います。まだ23歳なのに、何かこう、老成してみたい。田中将大君の「不動心」、真央ちゃんにもあるね。
自分の23歳頃を思い出すと、幼稚でアホで逃げてばっかりで、ただただ恥かしいですwww
真央ちゃんと同じ時代に生きることが出来て本当に良かった!そしてネット時代到来のお蔭で、幅広い年代・多様な意見をもつファン同士が交流できるブログに出会えることができ、嬉しいです。これだけ自由闊達に議論を交わすことが出来る場所も珍しいですよ。

投稿: PIP | 2013年11月30日 (土) 11時22分

真央ちゃんには3F-3Tを飛んで欲しい、特にショートでは3Loを入れている都合上3F-3Loは飛ぶことが出来ない、すると構成は3Loー3Loか3Fー3T又は2Aー3Tという選択になる、2A-3Tは万が一にも3Aがパンクしてしまった場合のリスクは大きい、従って07-08シーズンに成功している3F-3Tの復活を望みたい、復活出来ればフリーでの3A×2+6トリプル=8トリプルも寄り近づくと思うが、佐藤コーチの指導力に期待している。

投稿: 伝助 | 2013年11月30日 (土) 13時25分

四人のロシアの天才少女たちが束になってやってきても、真央ちゃんが抜きんでていることでしょうね。
GPFが今からとても楽しみです。
真央ちゃんが、「問題は全て、感覚にあるのです。基本的には私がそういうものを掴むまで、毎日練習すればいいことでした。」と語っていたそうですが。

私は今、趣味のピアノでそれをやっている最中です。
いままでの悪い癖を抜いての、新しく効率の良い正しい弾き方を指導されています。
(もちろん、いろいろと大きな違いがあって、同列に語るのは非常におこがましい話ですが…)

やはり毎日、新しい感覚をつかむために、焦らずコツコツとやっていくしかないと言われているのですが、どうしても面倒になってつい昔のやり方に戻ってしまいます。
こんな調子なので、一生かかっても新たなやり方に到達できないままでしょう(笑)。

しかも、試合に出続け上手くいかない姿をさらしながら、ずっと取り組んできた真央ちゃんは、本当に凄いと感じます。
しかも、お母様の状態の悪かった時期と重なっていたのに、努力を続けていたのですよね。
言葉もありません。

投稿: カカオマス | 2013年11月30日 (土) 13時42分

IOCはバンクーバー五輪でのキムの得点が妥当だったのか
問題提起するためにわざわざあの動画を作ったんですね。
それでお主さんの心は感謝の気持ちで一杯になったと…

へぇーそうなんだ(笑)

投稿: あぼん | 2013年11月30日 (土) 14時58分

SAPIOの今月号はえらく大々的に「韓国が背負う嘘の代償」特集になっているのですが、中身はなにかじんわり誘導系なのでしょうか?
どこの出版雑誌も伝2が抑えているので、出版社はつらいよという話もきこえるのですが、このSAPIOは買わない方がいいですか?
どなたかご存じなら、ご意見伺いたいです。

投稿: お花畑 | 2013年11月30日 (土) 15時09分

こちらがホイチョンのろくでもないサイテー漫画にきをとられている間に、またぞろアメリカのスポーツ・イラストレイテッド誌がソチの女子シングルの金メダルは
八百女王との予想を掲載したようですな。コ・損費の八百点宣言につづいてのスポイラを通時点の金盗る予告。茶番のときのプロセスとまったく同じで寒気と吐き気が。つまり、秘密裡にジャッジを招いてきむの演技を見せ、どこでどう盛るかをレクチャー。すでに得点も内々に決めたのではないかと思われます。で、それを、キム陣営のおたいこ記者、ハーシュあたりがスポイラの担当者に
密かにリーク。茶番のときのような、確度のめちゃめちゃ高い「予想」が誌面を
飾ったってことなんでしょう。敵は小学館でもホイチョンでもないのでは。
それにしても、公式記録にもならないお買い上げ試合に1回いやいや出た選手がぶっちぎりで優勝したうえ、五輪うイヤーですら前哨戦はずる休みしてる
選手が金メダル確実なんて、ISUもIOCもどれだけなめられてんるだか

投稿: danshidanshi | 2013年11月30日 (土) 15時20分

そう言えばロシアのスポーツ日刊紙が
ソチに出場する予定の選手5000人の中で
「ソチ五輪を輝かせる15人の美女」をテーマに特集してる。
http://allsport-news.com/news.php?k=samyie-krasivyie-devushki-olimpiadyi-v-sochi-foto&readmore=78594

あれ? 何で真央ちゃんの名前がいないの?どうして?
あちらにも抗議メール送りましょう~(笑)

投稿: あぼん | 2013年11月30日 (土) 15時26分

伝助様

浅田選手は今年に入ってから「3種類の3-3を練習している」
とコメントされていたように思います。
恐らく3F-3Lo、3Lo―3Lo、3F-3Tの事ではないでしょうか?

浅田選手はNHK杯終了後「構成を3A2度に引き上げたい」
とコメントしていました。
ジャンプのコースを変えないとするなら
3A、3F-3T、3Lz、3A-2T、3S、3F―2Lo―2Lo、3Lo
でしょうか?

後半に女子選手が3Aを跳ぶというのは難しいかもしれませんが
佐藤信夫コーチが失敗の原因を分析するに
『試合になると興奮状態になり、序盤のアクセルは練習時の助走スピードより速く乗りすぎて遠心力に負けてしまうから』
のようです。
だったら後半のややスピードが落ちるときのほうが
浅田選手には跳びやすかったりするのかなと思ったりして。。。

3F-3Tは2007―2008年には跳んでました。
2度の3-3を入れ始めたのはファイナルになってからです。
世翌シーズンの「仮面」でもルッツの調子が良ければ2度の3-3を入れる予定だったようです
(優勝していたファイナルではFSに関して
3A、3A-2T、3F-3T、3S、3F-3Lo、3Lz、2A
の構成で提出していたこともある)

浅田選手にとって3F-3Tは全く跳べないジャンプではないと思います
ファイナルではある程度はチャレンジもできると思いますので
ぜひともとんでいただきたいですね

投稿: megumi | 2013年11月30日 (土) 15時33分

米、民間機に飛行計画提出促す
2013年11月30日(土)12時24分配信 共同通信

 【ワシントン共同】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は29日、米政府が米民間航空会社に対し、中国が東シナ海に設定した防空識別圏を通過する際に、中国側が求める飛行計画の提出などに従うよう促す方針を決めたと報じた。

 日本政府は、中国の防空識別圏を容認しない立場から、要求には応じないよう日本の航空会社に要請している。民間航空会社に対し、日米両政府は全く異なる対応を取ることになる。

なんですかこれ!、建前と行動が違い過ぎだろアメリカ!!
昨晩、報道ステーションを偶然視聴したが、秘密法案の否定番組だった、一部の内容はというと、原発事故の経過報告等が秘密にされてしまうかもと云うのだ、日本に幾ら経過報告書の開示を請求しても無いの一点張りだった、アメリカに請求したなら即座にネットからインストールさせてくれたと説明した、では、アメリカはスリーマイル島の事故の際、即座に公表をしたのかな?、事が日本国内の問題でアメリカの利益に無関係だから公表したのではないのかな、そう思うが。

航空識別圏の問題でも、断固として認めないと云っていたではないか、出鱈目過ぎだぜアメリカさんよ。

投稿: ポニョ | 2013年11月30日 (土) 16時07分

megumiさん
真央ちゃんは3種類の3-3を練習してるって話してたんですか、えっ、本当、それが本当なら嬉しいニュースです、ありがとう、3F-3Tぜひ成功して欲しいです、間に合って欲しいな、イエテボリではF-Loは回転不足の判定でしたがF-Tは回り過ぎていた程でした、ショートにも入れられたらな。

でも、後半の3Aは女子には無茶ではないでしょうか(伊藤さんは決めましたが)、ですとやはり構成は
3A*3A-2T*3F-3T・・・2A-3T*3S*3Loー2Loー2Lo*3Lz
又は最後の2つ、3連続はどうせ厳しい判定で何時も加点にならない、ならばと、3Lz-2Lo-2Loから最後は得意の3Loか

投稿: 伝助 | 2013年11月30日 (土) 16時40分

黒猫さま、こんばんは。手相見姐さんの所でこのタラソワ女史インタビューの拙訳を紹介して頂いたトニーという者です。例の記事ですが、黒猫様がご指摘のとおり、心が沈黙する=感動しないということです。この「心が沈黙する」、という表現はまさに直訳で、これだと「演技が素晴らしすぎて心が沈黙してしまったのね〜(≧∇≦)」なんていうトンデモ解釈をする人が出てくることが予想されたので、私はこの部分については拙訳の中で「心を動かされない」と訳しました。実際に研究社から出ている露和辞典でも、この用例のところで「心が動かない」と記載されています。いやはや、まったく、予想されたこととは言え、ヤレヤレ…という気分になりました´д` ;

投稿: トニー | 2013年11月30日 (土) 17時32分

スケートから外れますが、気になさっている方が居るようなので、、、。

>【ワシントン共同】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は29日、米政府が米民間航空会社に対し、中国が東シナ海に設定した防空識別圏を通過する際に、中国側が求める飛行計画の提出などに従うよう促す方針を決めたと報じた。

ニューヨーク・タイムズ以外は、まだこの情報を見かけません。これからでるかも知れませんが。

一応、アメリカ国務省(Department of State)のサイトで関連しそうな情報を探しましたが、、、

http://www.state.gov/r/pa/prs/ps/2013/11/218139.htm

これだと、所謂NOTAMsと言われるモノを(今まで通り?)外国へ出す事は変わらないが、その事でアメリカが、中国が新たに設定した防空識別圏を認めた事を意味するのではない、、、と言っているようですが、、、。

(原文)
"The U.S. government generally expects that U.S. carriers operating internationally will operate consistent with NOTAMs (Notices to Airmen) issued by foreign countries. Our expectation of operations by U.S. carriers consistent with NOTAMs does not indicate U.S. government acceptance of China's requirements for operating in the newly declared ADIZ."

NOTAMについては、、、

http://ja.wikipedia.org/wiki/ノータム

、、、と言う事の様です。気になる方はご覧下さい。

ニューヨーク・タイムズは反日、親中/親韓の傾向がある新聞ですので、「飛ばし」気味の記事かもしれません。

冷静に今後の情報を見守ったほうがいいと思います。

尚、引っ越しをしたので、IPアドレスが変わっているはずですが、時々、お邪魔している『プルシェンコ家の猫』です。成り済ましではありません。(←と言っても、信じてもらえないかもしれませんが、、、。)

投稿: プルシェンコ家の猫 | 2013年11月30日 (土) 17時37分

どもども。ヨル。です。

心が沈黙する。いい表現ですよね。
バラエティーでいうところの、

・・・・・・。チーン。

という感じでしょうか。
そらなるわな。

投稿: ヨル。 | 2013年11月30日 (土) 18時25分

こんばんは


自分の都合の良いように解釈する厚かましさはあきれますね

タラソワは無の状態でしょう

確かに全く印象に残らないですね

顎のラインが変わって行くな~位しか今は思えません


特に見所ないんですよね


身体が硬いので美しいポジションが取れないのと

スピンも回転回数が他の選手に比べ、少なくのろい

とにかく身体が動かず、トロい


せめて振り付けや演技構成で誤魔化すならともかく

かなり手抜き構成で新しい事考えることすらしないキム・ヨナ陣営、なめてるのか?


結果が分かってるので余裕なのか

ロシアの選手は既に、キム・ヨナ越えてますよ
あの柔軟性は見習ったほうが良いです

同じリンクに立つなら


おばさんがよたよた滑ってるように見えますよ

投稿: みき | 2013年11月30日 (土) 20時29分

danshidanshi 様

IOCもISUも海外メディアも腹が立つんですが、やっぱりまずは
「国内の売国奴から」対処していくのがよいのではないかと
私は思っています。

機密保護法でしたっけ?
あれもまずは「国内の売国奴から」ですよね。
まずは身近なところからモグラ叩きをしてスッキリさせておかないと。
これなら英語力がなくてもできるし。

投稿: シロちゃん | 2013年11月30日 (土) 22時39分

タラソワさんて凄い人ですよね・・

古い記事を幾つか引っ張り出してきました。2010/02/25、チャバンクーバーのSP終了時点。
「表現力」「芸術性」という曖昧なもので、これほど八百れるんだという衝撃・・
長くフィギュアを見ていた人には、ハッキリおかしいとわかったはずです。SPでは浅田の方が上のはずと。

**********************
タラソワ・コーチ噛みついた“得点高すぎる”

ライバルが出した驚異のハイスコアに、浅田を指導するタチアナ・タラソワ・コーチがかみついた。
キム・ヨナが78・50点の世界歴代最高をマークしたことについて「ジャッジもスコアも考えられない」と批判した。
浅田の演技中はリンクサイドで激しいガッツポーズを見せ、引き揚げてきた愛弟子と熱く抱擁。
「すべてのパフォーマンスが凄く良かった。
トリプルアクセルも良かったし、ノープロブレム」と称えたが、それだけに4・72点差をつけられての2位発進が許せなかった。
高血圧、腰痛など体調に不安を抱え、昨年10月のロシア杯以降は直接指導から遠ざかっていた。
五輪参加も危ぶまれていたが、治療を受けて7キロもダイエットし、浅田のサポートのため駆けつけた。過去に指導者として男子シングル、ペア、アイスダンスを制しており、浅田に“五輪完全制覇”の夢を託す。

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2010/02/25/13.html
「スポニチニュース」 2010年02月25日

**********************
タラソワさんは2012世界選手権でも、男子シングルの優勝は高橋だった(実際は2位)と思う、アイスダンスはの優勝はメリル&チャーリーだった(実際は2位)と思う、とロシア紙で発言してましたよね。確か。こちらのブログでも、フィギュアファンの間でも物議をかもしましたよね・・
どちらもキョーレツな大誤審。

「私は長い間この仕事をしており、自分の個人的な意見を述べる権利を持っています。ISUに手紙を書きたいと思ったほどです。誰がより良く、誰がどの程度なのか、目に見えて明らかですからね。」
「これはルール違反というものの醜い実例です。審判団にこんなことをされたら、私たちは選手に戦いのモチベーションを与えることができない」

ここまで選手のために言ってくれるコーチ、本当に立派です。
「誰がより良く、誰がどの程度なのか、目に見えて明らかですからね。」フィギュアをよく見ているファンにも分かるのですよ、本当に。審判たちは「回転不足」もあいまいに、基礎点が決まり、GOEやらPCSで自由采配し放題・・・

佐藤ユカさんも、採点基準はあいまいな部分があり、選手にモチベーションを与えるのが難しい、とインタビューに答えてま
したよね・・なかなか公けに語られることは少ないですが、本当にヒドイ話。
2012年はさすがに日本のメディアも「ブーイング」について書きましたねぇ、
八百長試合、、2010年は「フィギュアをよく見ているファンには分かる」程度で、2012年はニースの会場からブーイングが出る程、より八百長度が強かったということですねぇ。2012年は見た後、あまりにおぞましい審判たちに吐き気を覚えました。
やっぱりチーム韓国(サムソン・政府)と華僑系の結託ですかねぇ?キムヨナは、2011年はクワンの親族にコーチしてもらってましたよねぇ、たしか。。

サンスポ
http://www.sanspo.com/sports/news/20120401/fig12040101040003-n1.html
フィギュアスケート・世界選手権最終日(31日、フランス・ニース)21歳のチャンが王座を死守した。(中略)
勝因は序盤に成功した単発の4回転と4回転-3回転の連続ジャンプ。ただ、中盤以降はジャンプの転倒などミスがあり、優勝が決まると場内からブーイングにも聞こえるどよめきが起きた。

スポニチ
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2012/04/01/kiji/K20120401002952410.html
メダルセレモニーでは、2つのミスがありながら優勝したチャンがブーイングを浴び、高橋には大きな歓声が降り注いだ。

投稿: berrysoda | 2013年11月30日 (土) 23時23分

連投すみません。
あと、キムヨナってバンクーバーSPで浅田演技終了後ニタッと笑ったんですよね、確か。

日本のメディアは「メンタルの強さは憎らしいほど!」という褒め言葉を送ってましたが、
私もここのブログ、結構長期愛読者なんで、黒猫様はこの時のニタッこそ、キムヨナが八百長を知らされてたがゆえの心の余裕だったんじゃないか?と推理しておられたような・・
バンクーバーから大分経って、たしか韓国のTVにキムヨナが出て「SPで浅田演技終了後ニタッと笑ったのはなぜか?」と韓国人タレントに聞かれ、
「それは、コーチのタラソワが真央の演技をいつも大げさに讃える身振り手振りをするけど、バンクーバーではそれが威嚇するようで、あまりに酷かったから笑ったの」みたいに言ってましたよね??
たしか。キスアンドクライいうくらいだから、誰しも感情表現を露わにする場所なのに・・・
フィギュア文化ってそうゆうもんじゃないの?
わざわざバラエティ番組でイヤミを言うなんて・・・めっちゃ失礼ですよね。
まあ、いっつも失礼な、感じ悪い選手ですけどね!笑!

投稿: berrysoda | 2013年11月30日 (土) 23時28分

ニース世界選手権のシーズンのグランプリファニナルはカナダケベックだった。このケベックファイナルについては、Fさんがほかの試合の解説のついでに
開催してくれる国がなくて困った話を繰り返していた。
日本にも二度打診して断られ・・・カナダに再アタックしてやっと引き受けてもらったとか。
それでニースではアイスダンスと男子でカナダが勝った時(メリチャリは唖然として、表彰式でも目が笑わず、無理やりに作った笑顔が怒りに満ちていた。チャンは何度も転倒して、対抗馬の高橋の全てのジャンプには解説に不審がられるほどの一斉レビューがかけられたりしているし、PCSは4CCより下げ)
フギュアは国の都合だとみてきた自分は、ああ、ファイナル開催の際の約束かな?で済ませてしまった。
そのあとの国別で高橋がパーフェクトをしたときに、他の国の選手たちが集まって大騒ぎして称えたのは、何も演技がすばらしかったというだけのことではないと思う。日頃どんな採点をされても何もいえない選手たちの、意思表示でもあったと思ってみていた。そしてそこにはカナダの選手たちだけはいなかった。
ファイナルから一連のドラマ仕立てで解釈して見ていたので、そういうものだと思ってしまっていたし、長く見すぎて感覚がマヒしていたと思う。
「どうせ世の中ウラがある」って、ヤサグレて見ていただけだった。
バンクーバーでもトリノワールドでも、ふん、またやりやがったってだけだった。
だから、こんな風にちゃんと怒りを持てる気持ちの人がいて、初めて自分が疲れてて長いものに巻かれて諦めていたんだと思った。
ちゃんと怒れるところろまでは心の弾力を取り戻してはいないと思うけれど、自分もやさぐれている場合じゃないと思わせてもらった。
怒りきれないのは、もしかしたら軽ウツかもしれないけど。怒れるようにジブンもなりたいと思う。

投稿: ヤサグレ半 | 2013年12月 1日 (日) 00時16分

どこの誰とは言いませんが、うっかり見てしまったKY熱烈ファンブログ(笑)で
「どこを切り取っても美しい」という言葉のもとに貼られていたGIF動画が
(違う意味で)すごかった… かなりお腹の皮がよじれました。

ああ、こういう人にはKYの見えないステップが見え、
汚いスパイラルがサーシャ・コーエンのように見え、
「キムヨナの一つ一つの動きはバレエとかを完璧にやった人の動き」(キリッ
とか言っちゃうんだろーなーと…おかしいやら哀れやら。

メガネの度数が合っていないことは間違いないと思うので、
最近はずいぶんお安く買えるようになってきたことですし、
すぐにでも検眼の上新調することをお勧めします(笑)

投稿: 一読者 | 2013年12月 1日 (日) 04時11分

ヒラマサはロシア独占、もあり得そうな勢いですね。GGもいるけど。ただ白人さんはどうしても太っちゃうし、どう転ぶかな。タクタミちゃんは八代亜紀さん並みの貫録だし、八代さんのが細いけど。
リプニツカヤ・ラジオノワがふっくらとか想像できない。

日本の後進も頑張らないと・・・。荒川さん以降、すごい選手が一緒に出過ぎちゃった感じです。知子ちゃんはおとなし過ぎてインパクトに欠ける。もっと前に出ていいのになー。同世代のロシア娘達・GGが華やかなだけに。

もうすぐファイナル~(^^)でもみんなナショナル控えてるからソコソコでいいから怪我無くお願いします。五輪で最高の演技してほしいからここでピークを迎えてほしくない。調整ってホントに大変なんだろな、若いのにみんな凄いや。
少なくともファイナルはそこまでモヤモヤしないで済みそう。チャン位かな?今季は頑張ってるようですが、うーん。

アレはスピン一つとってもリプ・ソトと比べられたら瀕死だと思うけど。最初の方で余裕こいて高得点、という去年と同じ戦法とっても明らかにロシア代表が技・勢い等色々凄いし、今季真央ちゃんは言わずもがな、、、アレの演技の印象なんて何も残らないのが目に見えてる。ブーイング回避のため?フリーはブーイングされるぜーきっと。
明らかにメダル候補ではないのに持ち上げないといけない、裏が知りたい。ドロドロ過ごそう。カオスなんだろうなー。。。怖~い。

投稿: amam | 2013年12月 2日 (月) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1275350/54095142

この記事へのトラックバック一覧です: 台頭するロシア勢と蔓延するキムリミナル:

« 高橋大輔の試練と浅田真央の試練 | トップページ | キム・ヨナは金メダル候補? 大喜びしているのは・・・ »