« 感謝を強要する人達 | トップページ | エリック・ボンパール杯~男子SP チャン歴代最高で首位、羽生、自己ベストで2位 女子SPはアシュリー・ワグナーが首位(動画有) »

一流選手の品格

スーパースターと呼ばれる選手は見るからに雰囲気が違います。

一般的に、『オーラがある人』という表現をしますが、オーラはその人の精神性や歩んできた人生が、外に現れたもので、誰にでもあるのです。

ではなぜ、一流と言われる人達に、それを強く感じてしまうのでしょうか?

何かを達成した人からは、強い輝きが発せられています。

人に好ましいと感じさせるエネルギーを発する強い輝きがあるから、オーラを感じるわけです。

勿論、無意識に発している輝きもありますが、意識してコントロールできる部分もあるのです。

アスリートは、強いだけではいけません。

心・技・体の全てが備わってこそ一流と認められるのです。

一流選手の言葉には品位漂うが… 浅田真央に感涙 残念な池田勇太

(2013.11.15 zakzakニュース)

一流選手の言葉や態度にはおのずと“品位”が漂うものなんだ、とつくづく思った。先週開催されたフィギュアスケートGPシリーズ第4戦「NHK杯」で、今季世界最高の207・59という得点をたたきだし、圧倒的強さで優勝した浅田真央(23)の言葉と振る舞いに感銘を受けた。

「…花束が“降りてきた”ときには、とても心が熱くなりました…」

アイスアリーナの観客席はファンが見やすいようにリンクを中心に高くそびえるような構造になっている。滑り終えた選手をたたえるとき、多くのファンがリンクに花束を投げ入れるのが恒例。浅田はその光景に“投げ入れられた”ではなく、“降りてきた”と表現した。なかなか思い浮かばない素敵な言葉である。

そこにファンからの気持ちをいとおしく、優しく感謝を込めて受け止める姿が見えた気がした。この感性には、うるっ(涙)ものでしょう。

さらに。表彰式では表彰台の中央へ。国歌斉唱に国旗掲揚…。テレビで浅田の表情を追っていたが、日の丸を見つめちゃんと口を開き「君が代」を斉唱する姿があった。当たり前のことだが“真央ちゃん、アンタは偉い”ってその姿にまたうるっ(涙)でした。

こういった言葉遣い、振る舞いっていうのは一流人には共通している。たとえばサッカー界の“キングカズ”こと三浦知良、野球界では王貞治さんや松井秀喜さんのような一流人。どんなときも隙がなく、ふと発する言葉にも品がある。だからいつまでも輝いているのだろう。

そんな折、ちょっと残念なシーンに出合った。先週開催された男子ゴルフ「HEIWA・PGM選手権」での池田勇太プロの言葉に…。

「…っ、いつまで待たせるんだよっ」

2日目、ラウンド後のテレビインタビュー、ちょっとだけ待たされた時につい発せられた。その後のインタビューは滞りなく行われたが、何とも残念な言葉だった。

ツアー通算11勝、人気者の1人である。今年から選手会長に就任、男子ゴルフ界の発展に尽くしている姿があった。その翌日のチャリティーオークションでは率先して奮闘していたのに…。池田はリーダーになれる器だから、あえて書いた。

「ファンっていうのはね、たった一日、一瞬しか見られない人たちだっている。だからプロは決して手を抜いちゃいけないんだ」。野球界のスーパースターの長嶋茂雄さんや王さんがよく話していたプロの流儀である。池田の周囲にはギャラリーの姿もあった。そう、いつもプロは見られている…。

(産経新聞特別記者・清水満)

2013y11m15d_224808854

浅田真央

キムヨナのひどすぎる態度 携帯いじり&唾吐き トリノ世界選手権2010

≪ご案内≫

『フィギュアスケート 疑惑の高得点』に間違いがあったことをお詫び申し上げます。

『フィギュアスケート 疑惑の高得点』正誤表 クリックするとのPDFファイルが開きます

雑談などにご利用下さい→『ゆきの小部屋~その8』

*ブログの避難所を開設しました→コチラをクリックして下さい。

竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記

タチアナ・タラソワ氏のインタビュー記事を書いた産経新聞の記者、佐々木正明氏がご自分のブログで、取材した時の裏話を書いています。

浅田真央とタラソワ氏の絆の深さがわかるようなエピソードがたくさんあったようです。

その一部を抜粋してご紹介します。

【連載余話④】タチアナ・タラソワ「真央、誰もができなかっことを成し遂げたときのことを思い出して」~佐々木正明ブログ『Cool Cool Japan!!!』

インタビューの最後、私はこの日の会話の流れがどんなものになろうとも、彼女にぶつける最後の質問を決めていました。

タチアナが愛する家族や友人の写真が飾られたリビングルームのソファーに座りながら、私は「それでは最後のお願いです。あなたなら、今の浅田真央さんにどんなアドバイスを送りますか?」と尋ねました。

すると、彼女はそこで動作をぴたっとストップさせました。これまでよどみなく話していた口ぶりも止まり、遠く窓の方をみつめ、考え込みました。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

最終章の記事では、「プロフェッショナル的な助言を自分に活かしなさい」の表現は掲載されていません。スペースの関係で割愛したわけですが、タチアナはインタビュー中、浅田さんの不調からの復活には、アシスタントコーチのザンナ・フォレさんの存在が大きいことを、何度も強調していました。

助言とは、私の代わりに浅田さんを見ているザンナさんから発せられた言葉のことでしょう。そして、きっと、現在の浅田さんの専属コーチでもある佐藤信夫さんにも向けられた言葉だとも思います。

つまり、タチアナは浅田さんを鼓舞する言葉だけでなく、浅田さんがちゃんと演技の質を高めることができるよう、「佐藤さんやザンナさんの言うことをちゃんと聞きなさい」と、元コーチとしての技術的なアドバイスも送ったのです。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「今回の企画では、多くのフィギュアスケートファン、浅田真央ファンがあなたの言葉に感謝しており、インタビューをした私でさえ感謝の便りをもらったのですよ。やはり浅田真央さんは日本ではとても人気なのですね。改めて実感しました」

タチアナはこう述べました。

「何を言っているの。真央は世界中で人気なのよ。世界のファンが彼女のことを愛してるの」

*是非、リンク先にて全文をお読み下さい。

131110 GPF福岡 特番 1/3

131110 GPF福岡 特番 2/3

131110 GPF福岡 特番 3/3

131115 NEWS Yuzuru Hanyu

いよいよフランス大会です。

羽生結弦はどんな演技を見せるのでしょうか?

気になっているのは、昨年から勝つことに拘ってしまい、彼が本来持っている素晴らしさを発揮出来ていないように見えることです。

もちろん競技なのですから勝つことが一番ですが、彼にはそれを超越した魅力がありました。

それを思い出してくれれば・・・と思ってしまいます。

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

FPUからのお知らせ

*FPUではブログサポーターを募集しています。詳細については、下記をクリック願います。

ブログサポーターを募集します!(FPU公式ブログ)

Fpu007

FPU(フィギュアスケート保護連合)へ、ご協力下さい。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。

FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp

FPU公式ブログ  http://fpu1.cocolog-nifty.com/blog/

お問い合わせ先一覧(下記の文字をクリックして下さい)

■日本スケート連盟 メールアドレス jsf@skatingjapan.or.jp

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育館内

TEL : 03-3481-2351

▲首相官邸 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

▲ 自民党 https://ssl.jimin.jp/m/contact

*BPOの問い合わせ先

*厚生労働省 お問い合わせ窓口

*外務省~監察査察意見提案窓口

*外務省~ご意見・ご感想(メールフォーム有)

*総務省への意見

*文部科学省への意見

*公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

kuroneko_azをフォローしましょう

☆ お 知 ら せ ☆

FPUの公式ブログ

誹謗中傷を繰り返す悪質なkiki_dide氏とその仲間~その1

にほんブログ村のランキング不正操作疑惑について

被災地の小さな命を救いたい・・・

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートの基礎

フィギュアスケート講座

フィギュアスケート技の解説

|

« 感謝を強要する人達 | トップページ | エリック・ボンパール杯~男子SP チャン歴代最高で首位、羽生、自己ベストで2位 女子SPはアシュリー・ワグナーが首位(動画有) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ソチ五輪について気になる情報がありましたので紹介させていただきます

個人戦ペアについてです。

ネーベルホルン杯で高橋成美&木原龍一組は出場権獲得条件の上位4か国には入れなかったため
日本が団体戦出場権を獲得した場合のみの出場となっていますが
どうやらこの大会で出場権を獲得したエストニアが
権利を返上するかもしれないという事態に陥っているそうです。

この大会に出場したナタリア・ザビアコ&アレクサンドル・ザボエフ選手は
ザビアコ選手がエストニア国籍、ザボエフ選手がロシア国籍でした。
ザボエフ選手はエストニア語習得中で政府にエストニアへの市民権を申請していましたが
政府は「言葉が話せないので市民権を与えられない」と回答してきたそうです。

エストニアのペアはこの二人のみでジュニアにも選手はいないそうなので
出場権を返上する可能性が濃厚なのだとか。

成龍は繰り上げでソチ五輪出場権を獲得することになり
団体戦と個人戦出場が可能になります

成龍の演技を個人戦でも見られるというのは日本にとっては喜ばしいことなのかもしれませんが
国籍の問題で出場権を返上しなければならないというのも
なんだかなぁという気がします

五輪のエントリー締め切りは来年四大陸選手権終了の翌日です。
まだ時間はあります。
そんなに結論を急がなくても・・・・
五輪の個人戦出場権に貢献した二人ですし
なんとか国籍問題が解決してほしいと願っています

http://news.err.ee/sports/dd322d20-4720-496f-8e6e-222fc6795753

投稿: megumi | 2013年11月16日 (土) 00時32分

"花束が降りてきた"
何て美しい表現、観客への敬意の念が無ければ出ない言葉ですね、こういう言葉を使う感性を持った娘を育てられたご両親の品格でもありますね。


言葉は人格を作る、親の様な年齢の私がまたひとつ真央ちゃんから教えられました。

投稿: ドナ | 2013年11月16日 (土) 00時50分

福岡のファイナルは福留富枝さんの悲願だったのですね。
中庭健介さんがらみでお名前を聞いたことがあるだけでしたが、
東京に比べて環境ハンディの多い地方が一丸となって招致に成功した。
おめでとうございますと言いたいです。
福留さんの時代は、音楽すら東京に言ってレコードにしていたなんて、初めて聞くお話でした。中庭くん南里くんを出した福岡、次の選手が続いてほしいです。

羽生君は次は落ち着いて結果を出してくるでしょうが、残念ながらわが地方ではBS放送だけです。個人的にはBSの方が嬉しいけれど、地上波でないと注目は落ちるかな?
BSにはわざわざチャンネルを合わせる感覚で、地上波は流し見でもつけておくような感覚なんでしょうか?

私が羽入君にもっとも期待しているのは、福岡のような地方のハンディを知っていることです。リンク閉鎖で練習場所をなくしたのも、震災のもっと前の子供のころにも経験している。
そして、「男性にもっと見てもらいたい」という願いも持っている。
そこが高橋君を彷彿とさせます。町田君もそうですが。
環境の整った場所でもなく、スケート関係者の中で育ったのでもない。
だからこそしてきた苦労と、見える景色があるはずなので、スケートの広がりにも考えが及ぶようになってくれればと密かに願ってます。

町田君は「作品を伝えたい」と宣言していましたが、羽生君は「ジャンプを飛ばなければ点数は出ないが、表現は競技の枠を超えられる。高橋選手や町田選手の演技を見てそう思えた」と発言したそうです。
既存のスケート界の常識を超えていく日本であってほしいと願います。
きっと次世代の選手はみんな、そんな感覚をもっているのではないかな?

投稿: オールドファン | 2013年11月16日 (土) 03時02分

TEB結果出ました

男子SP
http://www.isuresults.com/results/gpfra2013/gpfra2013_Men_SP_Scores.pdf

女子SP
http://www.isuresults.com/results/gpjpn2013/gpjpn2013_Ladies_FS_Scores.pdf

Pちゃん、2013年ワールドSPで出した男子最高得点98.37を
更新して98.52です
羽生選手はミスのない演技でしたがPちゃんには及びませんでした

女子はワグナー選手がトップ、ソトニコワは3位。
ソト子ちゃんは果敢に3Lz-3Loに挑みましたがルッツはe判定
セカンドループはダウングレード判定で
9人中8人から-3をつけられてしまいました

この糞ジャッジ、何が何でもセカンド3Lo認めないつもりかよ(▽Ⅲ▽♯)

投稿: megumi | 2013年11月16日 (土) 07時24分

おはようございます。
チャン選手高い得点でした、羽生選手頑張りましたね、チャン選手があれだけの高得点を出してしまったらフリーで崩れない限り難しいのかな?羽生選手のフリーに期待したいです。私的には羽生選手の滑りの方が好きですね。躍動感があって、チャン選手には余り魅力を感じませんでしたね。いつも同じ滑りに見えてしまいます。

投稿: ゆんゆん | 2013年11月16日 (土) 08時49分

ジャンプのあとの流れとかはきれいでしたけど・・・
音楽はあいかわらずBGMでしたね。
あれで世界最高得点更新かあ。

音楽との調和とかは実はジャッジは全然チェックしていないんでしょうね。

投稿: シロちゃん | 2013年11月16日 (土) 09時40分

ニュースサイトの見出しだけ、さっと読むと
筋書きが見え見えのドラマを見ているようで、かなり笑える。
(しかも、事前にネット上で「予想」されてた筋書きをなぞっているよう。w)
後から記事と実際を比較すると。。。。。脱力。

投稿: アクセルフォーリー | 2013年11月16日 (土) 10時06分

PちゃんのPCSでジャッジが一人「曲の解釈」で10点満点評価を出してますね。
もちろん一人だけですのでこの評価はカットですが

Pちゃんと羽生選手のPCSの差はSPで4点でした
FSでは少なくとも8点差は開くはず。
Pちゃんにミスがなければこのままハイスコアを出して優勝となるでしょう

ただ、3Aがなかなか成功しないこと
ハーフループからの3Sがなかなか決まらず2回転になるところが
Pちゃんの弱点といえば弱点でしょうか?

羽生選手はFSでもミスがなければ織田選手の262点は超えられそうです
逆転するにはミスが全く許されませんが
ジャンプが決まれば加点を大きく稼げる選手です。
試合ではなかなかクリーンに4Sを成功させることができていませんが
Pちゃんより先に演技できますし
4Tと4S、2度の3Aを成功させれば何とか勝機はあると思います

投稿: megumi | 2013年11月16日 (土) 10時11分

ショートの試合見ました。
羽生選手。自分の気持ちとの折り合い大変でしょうが、がんばってください。
以前羽生選手は地元でもできるんだって所を見せたい、地元からチャンピオンとインタビューで言っていました。
その後奈々美先生の元を離れオーサーにつきました。きっとこれは本人がちゃんと決めたこと。でもその心の奥にはこれは武者修行、大きくなってかえるって気持ちがあると思います。想像するんですが、いずれクリケットのようなのを作るぐらい思っているんじゃないでしょうか。
高橋選手もそうですが、今の日本男子見てると底上げについてや日本チームひっぱりぐあい、意気込み等本当にみんな頼もしく思えます。男子やっぱり男らしい。
地元愛や先生との道のりは、みんなそうでしょうが思い入れがあると思います。これまた想像なんですが、もし晴れの舞台で今のロミオでなくて奈々美先生のロミオでというサプライズがあったら、泣いてしまうかもしれません。
あのナンバー好きでした。

パトリック・チャンの滑りはみんな褒めますが好みで言うと、私もう〜んです。
心地よいか?と聞かれると、、、。批判を受けてがんばっただろうけど表現面ではまだ硬さが全体を覆っているように見える。ショートフリーどちらも同じような印象です。

投稿: といかけ | 2013年11月16日 (土) 10時20分

TEBではサマンサ・セサリオちゃんも3Lo-3Loを跳んでいましたが
セカンド3Loで刺されてしまいました

動画はこちら
http://www.youtube.com/watch?v=vMmlm00Zz5o#t=56

・・・これでUR判定なんですか。ハァ、そうですか。
じゃあ認定されるセカンド3Loって何なのよ?
えらそうにUR判定出すなら「認定されるセカンド3Loの見本」
というものを技術審判自ら跳んで示していただきたいですヮ!(▽Ⅲ▽♯)

投稿: megumi | 2013年11月16日 (土) 10時22分

P.チャンの滑りは、玄人受けを狙ったものなんだと思います。
コンパルソリーを徹底的に叩き込まれていいるので、足元の正確さや腰の位置が変わらないとかフリーレッグの振り子運動で進む(ダンス)など、特に音楽も上半身も必要としない時代の価値観から行くと、ベストだと考える人もいないとはいえない。(ほかの駆け引きは置いといて、ですが)
それは音楽も上半身もいらない、腰から下だけの正確さの競技で、そのあとできる範囲で少しずつ上半身を付け足していけばそれでいい。あくまでスケートは足のもので、水平方向だけのバランス運動で、それで興奮できるのは一部の玄人だけであっても、いいものはいいんだという感覚なのかな?と思います。
そして、そういうスケートはコンパルソリー時代の到達点かもしれないんですが、ある意味限界を露呈しているなとも思います。
彼の上半身の使い方は、あくまで後から考えて習って、下半身の技に付け足していったものだし、玄人以外にはあまり興奮はできないでしょう。どの音楽で滑っても同じだとかつまらないとか散々言われてきた。ジャッジよりも一足早く選手の方が新たな挑戦をしているけれど、ジャッジはどこまでその新時代についていけるのか?

日本はコンパルソリーをやっていても、体の使い方や感覚でなしに、目で見てトレースを合わせるという勘違いした取組みをしてきたようなので、たとえば伊藤みどりがフリーが一位でもコンパルソリーはいつも二桁順位ということが起こっていたのらしい。それで、コンパルソリー廃止で一気にアジア初のチャンピオンになった。
日本はコンパルソリーに対しては後進国だったようなので、却ってそれが幸いしてか、もっと全身的な、観客に受け入れられるスケートができてきたように思っています。
フィギュアスケートの論争は、いつの時代も価値観論争になってしまうけれど。多分チャンに憧れてチャンのように滑りたいと願う子供たちは、多くはないんではないでしょうか。若手たちの憧れの選手に名前ができきたことあったかな?きっともっと変わっていくはずなので、日本の指導陣も、目先のことだできたできないだけではなく、もっと先の完成形を思い描いて、それが今の常識を打ち破るくらいの滑りを夢見てほしいけれど、なかなか日本人でそういう発想ができる人は少ないですね。
でも、習ったことができたできないというレベルでは、習い事にはなっても、世界と闘う観点は持ちえないだろうと思います。

投稿: Zarasusutora | 2013年11月16日 (土) 16時03分

Zarasusutoraさん。

>日本の指導陣も、目先のことだできたできないだけではなく、もっと先の完成形を思い描いて、それが今の常識を打ち破るくらいの滑りを夢見てほしいけれど、なかなか日本人でそういう発想ができる人は少ないですね。

そこまでの発想の指導陣は、日本だけがとりたてて少ないのでなく、全世界的に皆無に近いのではと思いますが?

投稿: 白黒にゃんこ | 2013年11月16日 (土) 21時22分

追記です。

採点競技である限り、そのときの基準に選手は照準を合わせてます。(今問題になってるのは、その適用が人によりバラバラで一貫してないということですが。)

「もっと先の完成形」とは、選手個々に関してか、それとも今ある基準を超えたものを見据えて、ということですか?

投稿: 白黒にゃんこ | 2013年11月16日 (土) 21時39分

白黒にゃんこ様
両方を含んだつもりで書かせていただきました。こんな固い話をお読みくださってありがとうございます。
私はついバレエなどと比較してしまいますので、無茶な要求かもしれません。
選手個人の完成形に対しては、最近のタラソワさんだったかの記事であったように思いますし、日本の指導者より先を見据えている人はいると思います。
小塚君の場合なども、佐藤チームなどはそうして長い先を見据えつつ、個人の選択の自由も残す、「卵を孵すように、雛を育てるように」と育成してきましたよね。
日本の場合は環境も育成方法もまだまだ手探りで、科学的アプローチは海外とずいぶん違っていますし。海外の方法がすべて良いとは思いませんが、環境の差は感じます。

その上で、さらに今何か見えかけているものがありそうですが、スケートの世界にはもっと運動理論や身体科学、あるいはベジャールやマッツ・エックといった立場の人が出てくる可能性はあるだろうか?それともそれは夢でしかないのかは解りません。ただ、パトリックがアルビン・エイリーをよくたとえに出していたので、少なくともそういう模索をし始める人は出てくるだろうなとは思います。氷上でそこまで可能かどうかは本当に未知数ですが、日本の指導陣はそういうことまでは考えていないのは確かで、振付もほぼ海外頼み。根性論が根強く残る日本スポーツ界の指導者意識や指導方法の遅れを指摘する声もあります。海外のように選手を実験動物のようにも扱ってほしくはないのですが、それに比べれば選手ばかりにしわよせがきてしまう日本の現状は、変えてよいところがたくさんあるように思っています。


投稿: Zarasusutora | 2013年11月17日 (日) 04時43分

Zarasusutora様

伊藤みどり選手はまだ規定のある時代に優勝しています。
パリ大会、確か規定6位、ショート・フリー1位でした。
次の年は規定で失敗があり総合2位でした。IOCの会長だったかサマランチさんから「来年から規定がないからね」と励まされたそうですが、なくなってからのほうが、ジャンプ得意の若手が台頭してきて大変だったと思います。

投稿: じゅんこ | 2013年11月17日 (日) 13時20分

じゅんこ様、訂正ありがとうございました。
あの時代のことは記憶だけなので、混同していたようですね。
パリ大会から廃止だとばかり。失礼しました。

投稿: Zarasusutora | 2013年11月17日 (日) 22時42分

↑。オールド・ファンさま。もっとコメントが拝見させて下さい。こちらは比較的新しい世代のコメントが多く・日本の古い世代から(まだマイナーで苦労された時代)の視点が・不足しているように見受けられて。これは日本のフィギユア・スポーツの前進のために必要なのです。

投稿: 桂川 嵐 | 2013年11月20日 (水) 03時37分

Zarasusutoraさま。最近おみかけする方絵・もっとご意見が拝聴したい。
アルビン・エイリーは現代舞踏ダンスに楽しさを・ふきこまれた方・日本人ダンサーも在籍されて。ジュディス・ジャクソンの本物は見てないけど・バレエは今までに・でも現代ダンスからの視点は・こちらのフィギユアのページにはじめて・これからの投稿を楽しみにしています。

投稿: 桂川 嵐 | 2013年11月20日 (水) 03時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1275350/53947161

この記事へのトラックバック一覧です: 一流選手の品格:

« 感謝を強要する人達 | トップページ | エリック・ボンパール杯~男子SP チャン歴代最高で首位、羽生、自己ベストで2位 女子SPはアシュリー・ワグナーが首位(動画有) »