« 浅田真央~ソチへ最後の冬~先行きの懸念 | トップページ | 絆と愛情に嫉妬する人達 »

浅田真央最大の敵は・・・?

タラソワコーチは、浅田真央をトリノ五輪に出場させるべきだと関係者に訴えていたようです。

少々意外でした。

ルールはルールですから・・・

もっともフィギュアスケートの世界では、ルール破りが横行しているようですが・・・

そして、今季も『キム・ヨナキャンペーン』がスタートしましたね。

どうせなら2013年世界選手権の映像をフルに流して、演技内容の素晴らしさを解説するべきでしょう。

それが出来れば、キムリミナルキャンペーンなど必要無いと思うのですが、無理なのでしょう。

子供の落書きを世界最高の名画だと言っても、ほとんどの人は信用しないでしょうから・・・

キム・ヨナを絶賛する方々は、名画と迷画の区別がつかないのでしょうね。

フィギュアスケートコーチ タチアナ・タラソワ(66)(2)

(2013.11.13 msn産経ニュース)

■「真央が別人になった」と電話

〈2005年12月、東京で行われたグランプリ(GP)ファイナル。タラソワさんは浅田真央選手の滑りに衝撃を受けた。15歳の少女がロシアの女王、イリーナ・スルツカヤ選手を破り、優勝したのだ〉

あのシーズン、スルツカヤはとても調子がよかった。全ての大会で勝利を手にし、記録的な得点を獲得していた。真央は技術的にもスルツカヤに近づいていた。世代を超える滑りだったわ。

〈しかし、浅田選手は年齢制限のため、翌年2月のトリノ五輪には出場できなかった〉

真央の五輪は実質的にはソチで3度目になる。トリノのときは数カ月、出場資格年齢に達していなかっただけ。あのとき、私は関係者に「五輪に出場させるべきだ」と提案したの。私は自分の意見をはっきりと述べるから、年齢は関係ないと言ったのね。でも認められなかった。

〈トリノ五輪でスルツカヤは3位に。金メダルは完璧な演技で荒川静香選手が獲得した〉

GPファイナルで負けたけど、スルツカヤはトリノでは意気消沈した様子を見せなかった。でも、スルツカヤを指導した経験者として思うのだけれど、心理的な影響はあった。彼女はそれを払拭することができなかった。真央は、スルツカヤを打ち負かしたのよ。

〈07~08年のシーズンから、浅田選手はタラソワさんの本格的な指導を受け始める。表現力や芸術性にさらに磨きがかかった〉

真央がまだ別のコーチに師事していたとき、私がショートプログラムの曲の振り付けをしたのね。数週間、真央を預かったあと、そのコーチから「真央が別人になった」と電話があったわ。真央は練習の虫ね。とにかく真面目に取り組む人。私は真央が自分に打ち勝って、実力以上の演技をしたときが大好き。真央は男子がするような演技をして、私のコーチとしてのイメージを広げてくれた。

〈タラソワさんの父親は、アイスホッケーのソ連代表チームを9度の世界王者に導いた故アナトリー・タラソフ氏。「ロシア・アイスホッケー界の父」とも言われた〉

父は天才だった。いつでも勝っていた。父からは、何よりも規律が大事ということを教わった。私は4歳のときに滑り始め、10代でフィギュアスケートのペア競技で欧州チャンピオンになった。19歳のときにけがをして、コーチに転身してから、いつも才能豊かな選手と関わってきたけれど、彼らは全てを私に託していた。1つの過ちが負けにつながれば、それはコーチの責任になる。これまで、私の指導した選手が3位以下に甘んじることはなかった。それは恥ずかしいことなのよ。

(聞き手 佐々木正明)

Oth13111303070000p1

2008年のNHK杯で、浅田選手と

≪ご案内≫

『フィギュアスケート 疑惑の高得点』に間違いがあったことをお詫び申し上げます。

『フィギュアスケート 疑惑の高得点』正誤表 クリックするとのPDFファイルが開きます

雑談などにご利用下さい→『ゆきの小部屋~その8』

*ブログの避難所を開設しました→コチラをクリックして下さい。

竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記

浅田真央、宿敵キム・ヨナとの五輪対決に向けて準備万端

(2013.11.12 AFP)

【11月12日 AFP】女子フィギュアスケートの浅田真央(Mao Asada)がインタビューに応え、2014年ソチ冬季五輪に向けた心構えについて語った。

2010年バンクーバー冬季五輪で銀メダルに終わった浅田はソチ五輪に向けた準備はできていると話す。ソチで浅田は、バンクーバーの金メダリストである宿敵、金妍児(Yu-Na Kim、キム・ヨナ、韓国)と金メダルをめぐって対決することとなる。

浅田は9日、NHK杯(NHK Trophy 2013)で優勝を飾り、今季2度目のグランプリ(GP)制覇を達成した。

「バンクーバーが終わってから、修正を繰り返して、ジャンプも一から直してきた」という浅田は、結果的に自信をつけることができたという。 「バンクーバーが終わってから3年間の積み重ねとういうのが、ようやく今生きてきているのじゃないかと思っている」

10月に開催されたGP初戦、スケート・アメリカ(Skate America 2013)でも優勝している23歳の浅田は、NHK杯ではフリースケーティング(FS)と合計得点で自己ベストをマークした。

「スケート・アメリカよりも階段を上っていると思うので、さらにレベルアップしたプログラムをお見せできるように頑張りたい」

しかし浅田はスケート・アメリカでもNHK杯でも、自身のトレードマークであるトリプルアクセルに失敗している。トリプルアクセルは得点も高いが難易度も高く、浅田のライバルの中でそれに挑戦する選手は少ない。

スケート・アメリカのFSではトリプルアクセルに挑んでいる途中に転倒した。NHK杯のショートプログラム(SP)では両足着地し、FSでは回転不足となった。

先月行われた地域対抗戦のジャパンオープン(Japan Open 2013)では回転半を綺麗に成功させ、ステップやスピンでは優れたパフォーマンスを見せたが、一方で3回転3回転のコンビネーションには手こずっていた。

しかし熟練の浅田は、最近は小さな失敗についてあまり思い悩まなくなったいう。

「不安はない。不安をなくすために練習をしてきている。ジャンプもだいぶ固まっているので、上を目指していけるのじゃないか」

バンクーバー五輪では、女子として史上初めてSPとFS合わせて3度のトリプルアクセルを決めたことが銀メダルに繋がったが、浅田は「最近は三回転アクセルを(FSで)二回出来るんじゃないかと思っている」と語り、ソチでも再び同じことに挑戦することを示唆した。

一方、浅田が3位に終わった3月の世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championships 2013)で優勝した金妍児は、足のけがを理由にGPシリーズには参戦していないが、12月5日から8日にかけてクロアチアのザグレブ(Zagreb)で行われる国際大会、ゴールデンスピン(Golden Spin)での復帰に向けて現在調整している。

ソチ五輪を来年に控え、浅田は「バンクーバーのように大きな最高の舞台で、また沢山の注目が集まる中で(金妍児と)一緒に試合に出るということは自分にとっても本当にいい刺激になると思う」と語る。

「お互いに力を出し合えばいいなと思っている」

金妍児がバンクーバー五輪で叩き出したFSの150.06点、合計の228.56点は歴代最高得点だが、一方の浅田の自己ベストは9日のNHK杯で記録したFS136.33点、合計207.59点となっている。

金妍児はスケート・アメリカの開催後、浅田の結果について「私は審判ではないので、彼女(浅田)のパフォーマンスを評価する立場にない」と話した。

「五輪を控えて、真央だけでなく他の選手もトレーニングを頑張っているようだ」

(c)AFP/Shigemi Sato

2013y11m13d_095822245

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第4戦、NHK杯(NHK Trophy 2013)女子シングル・フリースケーティング(FS)。演技を終え、観衆からの歓声に応える浅田真央(Mao Asada、2013年11月9日撮影)。(c)AFP/Toru YAMANAKA

浅田真央最大の敵はやはり「キム・ヨナ」 「故障」「GP欠場」…それでも過小評価は禁物

(2013.11.12 J-CASTニュース)

ソチ五輪開催まで3か月を切った。最大の注目点は、今季限りの引退を表明しているフィギュア女子の浅田真央選手だ。2013年11月8~10日にはグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯で自己最高得点をたたき出し優勝、五輪に向け絶好調と言っていい。

となると気になるのは最大のライバル、キム・ヨナ選手の存在だ。このところは「足のけが」やそれに伴う「GPシリーズ欠場」と、やや順調さを欠いているようにも見える。ソチ五輪での「最後の対決」は、はたしてどうなるのか。

「横顔も完璧」と韓国メディア絶賛

「痛みは完全にはひいていないが、全体で見て70%ほどの状態に戻った」 2013年10月30日、ソウルで開かれた五輪代表選手団の記者会見でキム選手は、笑顔も見せながら現在の状態を報告した。

キム選手は10年のバンクーバー五輪制覇後、1年8か月にわたって競技会から遠ざかり、一時は「半引退」状態となっていた。しかし12年12月から復帰すると、13年3月の世界選手権では浅田選手らを抑えて優勝、「女王復活」と韓国ファンの溜飲を下げさせる。しかし9月、右足中足骨の損傷が発覚、全治6週間の診断が下る。「猛特訓」が祟って疲労骨折直前の状態だったといわれ、予定していたGPシリーズへの出場を回避せざるを得ない事態となった。

しかし30日の会見では、「ジャンプもすでにこなせるようになった」と復調ぶりを繰り返しアピール、また11月5日には「実戦」でカンを取り戻すため、クロアチアのゴールデンスピン杯に挑戦する意向も明らかにした。同大会には安藤美姫選手も出場登録している。

こうしたキム選手の動向を、韓国メディアでは「驚異の復活」などと礼賛一色で伝えている。韓国内ではネット上に熱狂的なキム・ヨナ「信者」たちが跋扈し、少しでも批判的なことを書いたり、写真が小さかったりしようものならたちまち「炎上」することで知られているが、とはいえ「鼻筋通った横顔も完璧なキム・ヨナ」(中央日報)とまで来ると、ちょっと異様な感じもある。

浅田選手についてキム選手は踏み込んだ発言を避けたものの、「キム・ヨナ選手は浅田真央選手を気にも留めなかった」(スポーツソウル)、「依然としてフィギュア界で抜きんでた存在」(聯合ニュース)と、メディアはすでに「勝ったも同然」と言わんばかりの論調だ。

「大事を取ったというだけのことだったのだろうと思う」

とはいえ、五輪を控えての足の故障は、マイナス要素には違いない。またGPシリーズで今季の演技を披露できないことは、審判団へのアピール不足という不安を残す。こうした点を挙げ、逆に日本では浅田選手の有利を主張する声もある。

実際のところはどうなのだろうか。『「才能」の伸ばし方 ―五輪選手の育成術に学ぶ』(集英社新書)などの著書があるスポーツライター・折山淑美氏は、こう語る。

「12月には大会に出られるということは、(9月のけがは)大事を取ったというだけのことだったのだろうと思う。昨シーズンも、GPシリーズに出場せずに世界選手権に直行して優勝しており、審判からも評価を受けている。今年も、あえてGPシリーズに出て審判に顔を売る必要はないと判断したのだろう」

まだまだ「過小評価」はできないとの見解だ。

事実、英BBCがソチ五輪を前にまとめた「注目のメダリスト候補」10人の中で、女子フィギュアではキム・ヨナ選手がただ一人選ばれている。

ソチ五輪は、2014年2月7日開幕だ。

Pyh2011050806160001300z

浅田真央と安藤美姫なでしこ美女を待ち受ける「ソチ五輪の罠」 vol.1

(2013.11.13 デジタル大衆)

フィギュア界のヒロインたちに襲いかかる試練!

来年2月に開催される、ロシアのソチ冬季五輪。

わがニッポンの期待は、やはり女子フィギュアスケートの浅田真央(23)。

そして、同じく衆目を集めているのが、"ママで五輪出場"を目指す安藤美姫(25)だ。

「前回のバンクーバー五輪で銀メダルだった浅田は、今回の金獲りにすべてをかけています。今シーズン限りでの引退を表明したので、最後のチャンスですから。一方、五輪を諦めていない安藤の当面の目標は、来月の全日本選手権。そこが最大の試練となります」(スポーツ紙記者)

ともに最後の五輪挑戦に向けて動き出した2人だが、4年に一度となる世界最高の舞台に出るには、幾多の"罠"が待ち受けている。

まずは、今シーズン絶好調の浅田真央。金メダルへの課題は山積みという。

「グランプリ(GP)シリーズ第1戦のスケートアメリカで、自己ベストに迫る204点で優勝。ジャンプの失敗やスピンで転倒する場面もありましたが、シーズン最高のスタートを切りました」(前同)

このGPシリーズには、五輪でライバルとなる若手が続々と出現している。

「五輪での浅田のライバルと目されているのが、GPカナダで優勝を飾ったリプニツカヤ(15)です。世界ジュニアの頂点に立ち、シニアに入りたてですが、急激に成長している。若いぶん、伸びしろは大きく、五輪本番での実力は計り知れません」(スケート連盟関係者)

リプニツカヤは、かつて浅田が得意だった「キャンドルスピン」が特に絶好調。

高くて華麗なジャンプも大きな武器で、"ロシアの五輪新兵器"との呼び声が高いのだ。

「フィギュア界において浅田は、すでにベテラン選手。ロシア選手の飛んで跳ねるスケートには、もう勝てません。対抗するなら、エレガントな演技構成。実は浅田に一番足りていない部分なんです。極端に言えば、ロシア勢が8分の出来で同点。それ以上だったら、浅田より高得点を獲るでしょう。しかも、ロシア選手は五輪で4回転ジャンプを入れてくると噂されるなど、何をしてくるかわかりませんよ」(前同)

もちろん、敵はロシア勢だけではない。

復活した隣国の"銀盤の女王"が最大のライバルとなるのは、間違いない。

「韓国のキム・ヨナです。8月から右足の甲付近の痛みを訴え、全治約6週間という話。シーズン前半の大会は全部スルーして、いきなり五輪に出場する予定です。彼女の状態がまったくわからず、世界中のフィギュア関係者がヨナ対策に頭を悩ませています」(フィギュア専門誌記者)

ダントツで金メダルを獲った前回の五輪以降、ヨナは2年間休養していた。コンディション不調といわれ、引退間際とも報道されたが、昨シーズンの世界選手権で、真央を抑えて優勝を飾り、"本番に強いヨナ"をまざまざと見せつけたのは記憶に新しい。

「長い手足に力強いパフォーマンスが持ち味の演技は観客を圧倒し、審査員がヨナに高評価を与えやすい。競技からは離れていましたが、プロのアイスショーには出場していたので、演技力と体力には問題ない。とはいえ、魅せるためのショーと競技は別物で、わずかなミスも許されない。今回の怪我で試合の勘は鈍りますから、盤石とは言えませんが……」(前同)

とにかく、本番まで3カ月。ヨナほか強豪がひしめくなか、課題のジャンプや演技力を克服しなければ、真央の金メダルへの道は開けないのが現実なのだ。

一方、突然のシングルマザー告白から約半年。

浅田と同じく、日本中から注目される安藤美姫に、五輪出場の可能性はあるのか。

「関東選手権を147点台で優勝。あとは東日本選手権(11月2日~)で全日本選手権の切符を取り、全日本で優勝すれば文句ナシですが、かなりの難題です。五輪上位が200点前後で争われるのに、140点台では、遠いと見られるのも仕方ない」(夕刊紙記者)

競技復帰となった9月のドイツ・ネーベルホルン杯では2位になり、調子は右肩上がりのように見えるが、関東選手権を見た前出の専門誌記者が、こう語る。

「出産後のダイエットには成功し、体形やコンディションは戻っていますが、スタミナが続きません。フリー4分間の演技の後半は息切れし、ジャンプも低く、回転も足りない。持ち味の演技力は目を見張るものがありましたから、"体力強化"が絶対条件です」

過去に、"練習嫌い"と言われてきた安藤だが、最後の五輪に向け、いままでとは意気込みがまったく違っているという。

11月14日公開のVol.2につづく・・・。

週刊大衆11月18日号

Img_56f17e4ae593dcb17343daa0d3965e4

2013年世界選手権ⓒAFP

アスリートの輝石 浅田真央 2013/11/10

アスリートの輝石 #71 フィギュアスケート・浅田真央 BS日テレ(意見が投稿出来ます)

2013y11m11d_224720577

20131111 目指す「完成形」とは

この時期に恒例となったキムリミナルキャンペーン。

キム・ヨナが本当に優れたスケーターであるなら、『元経験者』や『採点のお勉強をしたお利口さん』などが力説しなくとも、多くのファンはその力量を認めるでしょう。

例えば、ロシアの女子選手達は浅田真央ファンの間でも高評価です。

他国の選手だから、浅田真央のファンは他の選手を認めないからというのは、採点恭順者(キムチ派)達の言いがかりです。

そもそも、キムチ派には元々キム・マンセー部隊だった人間も紛れ込んでいるのです。それ故に、フィギュアスケートの採点に疑問を持つファンを『陰謀論者』と呼んで忌み嫌っているわけです。

採点に疑問を持つのが陰謀論なら、野球やサッカー、相撲などの誤審について話をするのも陰謀になってしまうのでしょうか?

そうすると、居酒屋などは陰謀論者のたまり場になってしまいますね・・・まあ、本質を見ようとせず、表面上の印象で世論操作を画策するのは、彼等の様な人間が会得した処世術なのかもしれません。

キム・ヨナの高得点には一切疑問を感じないのに、浅田真央や高橋大輔、そして今度はプルシェンコの採点にイチャモンを付けているようです。

そもそも、昨年キム・ヨナがNRW杯で異常な高得点だった時は、B級大会だからGPシリーズと比較する意味は無いと言っていたその口で、プルシェンコの得点はGPシリーズの採点と比較すると高いなどと言っているのですから、お笑い以外の何物でもありません。

そして、プルシェンコのSSは~つなぎは~と批判していますが、それならなぜジュニアにも劣るようなスケーティングで、シシー・クリック氏にすらつなぎが薄いと言われたキム・ヨナの採点を批判しないのでしょうか?

他の選手を批判しても、彼女の採点については一切触れようとしないのはなぜなのか?

いやはや何とも・・・

ここのところ、キムチ派の連中は『採点恭順者(キムチ派)』と呼ばれることに抵抗を感じてか、少しだけ採点への疑問を口にするようになりました。もちろん、キム・ヨナへの疑問を持ってはいけないようですが・・・

これではますますキムチ派という言葉が当てはまってしまうでしょう。

彼等も必死なのでしょうね。

信奉するキム・ヨナが五輪2連覇を果たせば、自分達の生活も良くなるとでも思っているのかもしれません。

そんなことはただの妄想です。

キム・ヨナの真の実力がそれ程でもないことや、韓国の犯罪レベルのロビー活動の実態などが多くの人達に知られるようになった今なら、キム・ヨナが世界選手権のようなスカスカの演技で優勝すれば、もうファンは黙っていないでしょうし、キムチ派は今まで以上に白い目で見られるでしょう。

そうなれば、お得意の火病を起こして暴れてウヤムヤにしようとするでしょうが、おそらく誰も納得しないでしょうから、お決まりの逃走ということになりそうです。

そしてネットの片隅で、『マオタに潰されたニダ!謝罪と賠償を請求するニダ!』とささやかに吠えているかも・・・

哀れな人達ですね。

マスコミやキムチ派・・・来年は様々なものが崩壊する年になるかもしれません。

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

FPUからのお知らせ

*FPUではブログサポーターを募集しています。詳細については、下記をクリック願います。

ブログサポーターを募集します!(FPU公式ブログ)

Fpu007

FPU(フィギュアスケート保護連合)へ、ご協力下さい。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。

FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp

FPU公式ブログ  http://fpu1.cocolog-nifty.com/blog/

お問い合わせ先一覧(下記の文字をクリックして下さい)

■日本スケート連盟 メールアドレス jsf@skatingjapan.or.jp

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育館内

TEL : 03-3481-2351

▲首相官邸 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

▲ 自民党 https://ssl.jimin.jp/m/contact

*BPOの問い合わせ先

*厚生労働省 お問い合わせ窓口

*外務省~監察査察意見提案窓口

*外務省~ご意見・ご感想(メールフォーム有)

*総務省への意見

*文部科学省への意見

*公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

kuroneko_azをフォローしましょう

* 今 日 の 猫 *

猫のおもしろハプニング【人間とのマジ喧嘩♪】 funny cat

☆ お 知 ら せ ☆

FPUの公式ブログ

誹謗中傷を繰り返す悪質なkiki_dide氏とその仲間~その1

にほんブログ村のランキング不正操作疑惑について

被災地の小さな命を救いたい・・・

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートの基礎

フィギュアスケート講座

フィギュアスケート技の解説

|

« 浅田真央~ソチへ最後の冬~先行きの懸念 | トップページ | 絆と愛情に嫉妬する人達 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

黒猫さん、いつもきめ細かなブログ更新ありがとうございます。

正確な技術と完成度は大切だと思いますし、どんな世界でもミスなく行うことはたしかに大事だと思います。
まだ、細かなミスのある浅田選手ですが、そこのところだけがあちらの方たちの拠り所、付け入る隙になってしまっているのかもしれません。
ミスに一番悔しい思いをしているのは本人でしょうね。表現力はもう、ほぼパーフェクト。ノクターンは素晴らしかった。LPのブラッシュアップも期待できます。
次こそはと願っています。

さて、Fジャンプの後のLoジャンプについて、昨日、フィギュアスケートの元選手(といっても大昔)の友人に図面を書きながら教えてもらいました。(長くなりますね)詳しい方には当然わかりきったことですが。

セカンドがTの場合には、降りた足とは反対の足のつま先をついて跳ぶからファーストを回りきって降りても跳ぶことができる。
セカンドがLoの場合には回りながら降りた足をそのまま氷上で回転させながら踏み切るのでファーストジャンプを回りきって降りてLoを回りきろうとすると、慣性の法則を無視した方向へ飛ぶことになり3連続だとUターン着地することになる。それは不可能だし流れも美しさもない。
90度近く不足の状態で着地しなければセカンドLoは跳べない。だからTの前のファーストジャンプの回転は270度以上であれば良いが、Loの前だと自分の考えでは、ほぼ290~270度の範囲でなければならず、今の回転不足の見方では少しでもファーストの回転が回りきってしまうと、次のジャンプは回転不足になるし、セカンドを回りきろうとするとファーストを回転不足になりやすい。たぶん試合での判定基準は280度以上回らないと不足と判定してるのかも。
もともと全く別の運動特性の違うジャンプを同じ回転基準で評価すること自体が本来はおかしい
だがジャンプの種類、組合せごとに回転許容範囲を変えれば、それはそれで不公平だというものも出てくるし、ジャッジのスキルが追い付かないだろう。(友人談)

それでも、そういった問題に真摯に取り組んで克服しても、理屈に合わない理不尽なちゃぶ台返しが起こるのがこの競技。なぜこんなことをあえて書いたのかはここに来てジャッジに便利な「回転不足にみえたから~」が始まったと織田選手のSPに見たような気がします。もはやPCSでも差をつけられないとみるとやはりこれだね!とばかりに差してくる、「回転不足キャンペーン」

織田選手の件にはしっかりしてくれよ、スケ連!とあきらめつつもやっぱり言いたい。ジャッジカメラ増やせよ!

残りのGPSとファイナルが楽しみです。

投稿: とら | 2013年11月13日 (水) 12時13分

浅田選手の最大の敵は、日本スケート連盟です。GPF、全日本で五輪出場が決まった選手は、四大陸の派遣は無しにするべきです。ISUの命令で、日本はトップ選手をだせ!って言われてからバカ正直に従ってる。ヨーロッパ選手権と同等の大会にするなんてのは、ただの名目。ヨーロッパ選手権と同等に考えるなら、他の国もトップ選手出すようにしないと…。五輪前に、四大陸、ソチ団体戦…選手を酷使し、五輪前に怪我でもしたら、スケ連終了です。ピークは、ソチ五輪にあわせなくては!元選手も理事にいるんだから、わかってるはずなのに(涙)浅田、高橋、鈴木、織田選手は、今季で引退を表明しているから、最後に稼がさせて貰うぞ!がありありと見える…。選手壊したら許さない(怒)annoy

投稿: みちこ | 2013年11月13日 (水) 12時29分

はじまりましたね。ヨナキャンペーン。。
こんだけ競技生活から離れて、なぜ真央選手と同じ、いやそれ以上の実力を保持してると思えるのでしょうか。全く理解できません。そもそもバンクバーをピークに下降路線だと思っていますが。(バンクーバーの点数は茶番。あれこそ疑惑の点数)
黒猫さんと同じ気持です、来年には色々と崩壊してほしいです。さようなら〜って感じで。
でも日本のせいになるんでしょうね。
なんせ国技ですから、言い訳と駄々こねは。。

投稿: よもぎ | 2013年11月13日 (水) 12時54分

崩壊が近い反日韓国・北朝鮮・中国共産党から、日本国内に送り込んでいるその筋の人々に対して、「お前らが、日本を祖国の為の国にする努力が足りないから、祖国が衰退している!もっと、日本の乗っ取り支配を頑張れ!」などのゲキや脅し(正体をばらしてやる!粛清してやる!祖国にいる親戚に害が及ぶぞ!など)がとんでいるようです。

その一つの結果が「小泉元総理(朝鮮系らしい)の総理が決断すれば原発即ゼロ講演」や「韓流テレビ・マスコミの小泉発言の大宣伝」で、韓流マスコミなどが出してきた世論調査の数字も怪しい、怪しい・・・。(何しろ、基本が祖国のために日本を動かす、ですから・・・)

韓国や中国が原発を積極使用している状態で、日本の脱原発を積極的に強いることが好きな方々は、自ら正体を明かしているような状態です。いまだに操られている日本の方々はアチラの方々に操られつづけないようにご用心!!

連中はもう青息吐息ですから、多くの日本人が韓流人脈に操られなければ、来年くらいには、良い結果が出て来るでしょう。

投稿: 日メン8771 | 2013年11月13日 (水) 13時07分

>居酒屋などは陰謀論者のたまり場
    ‖
ミノル・サノ。。。。。爆笑。

キムチミナルの特徴=決して臭いもの(演技、技術)には触れず、ひたすら得点を真っ先に出して、それが疑いの無いものとして論ずる展開。比較対象はやたら揚げ足取りのような、しかも辻褄の合わない難癖レベルの講釈。いつも隣国で見かける「手口」です。

今回のキャンペーン、景品(報奨金)は、お幾らでしょうか?

投稿: アクセルフォーリー | 2013年11月13日 (水) 13時11分

このデジタル大衆ってなんですか!?

「フィギュア界において浅田は、すでにベテラン選手。ロシア選手の飛んで跳ねるスケートには、もう勝てません。対抗するなら、エレガントな演技構成。実は浅田に一番足りていない部分なんです。極端に言えば、ロシア勢が8分の出来で同点。それ以上だったら、浅田より高得点を獲るでしょう。しかも、ロシア選手は五輪で4回転ジャンプを入れてくると噂されるなど、何をしてくるかわかりませんよ」(前同)

エレガントな演技構成って、どんな構成?
真央ちゃんこそ、エレガントの極致です。

他もわなわな震えるほど怒りが込み上げて来たんですけど、このデジタル大衆は、絶対許せない!
しかも、これvol.1なんですね。まだまだ続くの!?

もう少ししたら、お買い上げ得点の予告が出るんですよね。
現時点で75・140の滑りが出来るのかな。爆あげ込みで。

投稿: ほこり | 2013年11月13日 (水) 13時24分

大衆は以前は安藤美姫を持ち上げていましたけれど、それはやめたんですね。かわりに浅田真央についてデマを並べまくる。
試合を見ている人には笑止噴飯の内容でも、試合を見ないで話のタネをしこんでいるだけの男性には、なんとなくよくないようなイメージを植え付けておきたいんですね。
女性はまず見ないところだから、クレームも来にくいし、所詮週刊誌だからという逃げ道もある。
とにかく間違いだらけということは、伝えなければいけないと思うけれど、
デジタル版でコメント欄もない記事はどうしたらいいんでしょう?
あまりにも嘘だらけの記事だから、単なる間違いではなくて意図的なねつ造でしょう。それともねつ造したのは「関係者」?
前に見たきじよりスピンの名前など専門用語がならんでいるけど、書き手が区別がつくとは思えないんですが。回転不足という日本語だとアンダーとダウングレードの意味を分けられないので、いいように使われるのが腹立たしい。

ところでセカンドループはまおみきだけではなくてキャロライン・ジャンも認定されず、ケビン・レイノルズの場合は認定だったと思いますが、どういう基準でしょう。ファーストジャンプを不足気味に降りなければ、とても同じ足で踏み込めないのは、見ていても解るし、前から言われていましたが。
クレムリンにソチでは判定カメラを増やしてくれるように頼めるんでしょうか?
佐野氏の話では、認められなかったら泣き寝入りするんだと日本スケート連盟は宣言したも同然でしたが。

投稿: あの時 | 2013年11月13日 (水) 14時26分

>ジャンプで失敗、スピンで転倒……
スピンで転倒なんていつしたのでしょう???

>かって得意だったキャンドルスピン…
キャンドルスピンなんてやったことあったか???

>プロのアイスショーで滑っていたから……
呼ばれたことないじゃんwww

投稿: taka | 2013年11月13日 (水) 14時40分

黒猫様、こんにちわ。

「横顔も完璧」と韓国メディア絶賛
え?・・・
ああ、そうか。

横顔が ”横領” に見えました。

眼科検診しなくちゃ(苦笑) 

でも、キモヨナの鼻が高くなっているのはわかりましたよ。
首もしわしわだらけだけど(爆笑) どっか悪そうですね。え?性格?

投稿: なら | 2013年11月13日 (水) 14時50分

デジタル大衆は、週刊大衆のデジタル版でしょう。
クズ揃いの週刊誌の最底辺です。

リプニツカヤのジャンプが高い? かつて真央さんがキャンドル・スピンをやっていた?
あまりの突っ込みどころ満載さに頭痛がします。

とらさまのコメントの、ジャンプごとに判定が違うと不公平・・・の件ですが、そもそも基礎点が違うのは難易度が違うということですから、関係者は不公平には思わないのではないでしょうか。
有利になったからといってセカンド3Loがそれほど増えるとは思えません。
トゥループのような脚力があれば跳べるジャンプではないので、ファーストで跳べても、セカンドに3Loつけられる選手は、それほど多くないでしょう。
コンビネーション・ジャンプごとに基礎点を決め、それぞれ判定基準を決めておけばいいだけです。
それに、判定するのはテクニカルでジャッジじゃないですから、問題ないように思います。

いずれにしても、ソチでは現行ルールですから仕方ありません。
ルールはヘンですが、その適用さえフェアであればいいと思っています。

真央さんより、このごろは高橋くんsageキャンペーンがすさまじいのが気がかりです。
とにかく日本選手を貶めたいということなんでしょうか。

投稿: Lily | 2013年11月13日 (水) 14時52分

>対抗するなら、エレガントな演技構成
>実は浅田に一番足りていない部分なんです
>極端に言えば、ロシア勢が8分の出来で同点

まったく意味不明。もはや捏造の域ですね。
こういうのはどんどんクレームを出しましょう。

ロシアっ娘がソチで四回転だ?? やるならやれよ。
(ロシアっ娘たちには何の恨みもありませんが、あまりにも馬鹿馬鹿しいので)

KYの演技構成で、どうやったらSP75・フリー140以上出るわけ?
GOEをオール+3、PCSはオール10.0にするおつもり?
気違い沙汰ですよね。
フィギュアの息の根を止めて韓国と心中することをISUが選ぶのか、
という話ですよね。

投稿: 一読者 | 2013年11月13日 (水) 15時18分

言ったもん勝ち、やったもん勝ち、書いたもん勝ち〜とか思っていそうだにゃ。

投稿: え〜にゃ | 2013年11月13日 (水) 15時32分

 突っ込みどころ満載の記事でも、書かれていると信じてしまう人もいるんでしょうね。それにしても、こういう週刊誌を買う人って、どういうつもりで買ってんでしょう。内容を信じて買っているのかな~~????それとも、ファンタジーを愉しんでいるのかな。趣味が悪い。こういう週刊誌の存在自体が怪しいですよね。あちら系のお金で成り立ってんのかな。

 それにしても、K国の国を挙げてのKY上げは異常ですよね。マスコミも国民もこぞって収入がいくらで世界で何番とかいろいろ言って喜んでいるけど、外国で稼いでいるわけじゃなくて、全部国内で稼いでるんだけどね。つまり、K国の他の人の懐に入ってもいいものを、KYが独り占めしてるんだから。そのうえ国に税金面で優遇されているサムソンのお金(本来であれば国税として徴収されるべきもの)がKYのために遣われ、スポンサー料や広告出演料としてKYの懐に入っているし、そればかりかロビー活動に国そのものが税金を遣いまくってるのにね。ばかだね~~~~。搾取されてるだけなのにね。

 ふと思ったんですが、国のお金がKYのために集中して、KY財閥化?でも無理でしょう。一代でつぶれそう。だって、欲を出して不動産とか手を出したけど、結局大損こいているんでしょ。そもそも、手にするに値しないものを手にしちゃったんだものね。メダルもお金も地位も名誉も、いずれそれを得るに値する人のところに落ち着くと思います。

投稿: まりか | 2013年11月13日 (水) 15時36分

高須クリニックとチームラブミキがTweetrで真央ちゃんや明子さん、佳菜ちゃんに向けた例の「ロバ」や「駄馬」をあたかも安藤美姫さんに向けたような謙虚な美談な話にすり替えよて印象付けるような会話をしているように見えます。もしそうなら今まで以上に狡くて卑怯な行為です。

投稿: HIMEKA | 2013年11月13日 (水) 17時58分

ご無沙汰してますよ。ヨル。ですよ。
このところ、EX真央ちゃんお衣装のようなネイルでニヤニヤしてます。
でもネイルは100均…。貧乏って素敵(違)。

それにしても、愛ですね。愛。
タラソワ先生のあの「強い子…。」というTVに向かって呟く姿が今も忘れられませんな。

ほんでもって、ならさん、はじめましてかな?
ども、です。
ヨル。さんも「横領」だと読み違えましたよ。乱視なんで(ヲイ)。
んで、悪いのは、あたまー、だとw

投稿: ヨル。 | 2013年11月13日 (水) 19時05分

はじめまして。いつも共感を持って読ませていただいています。
昨日、車に乗ってラジオを聞いていたら、スポーツライターとかいう人が「真央ちゃんの演技はお遊戯を見ているみたいで、、、、詳しい技のことはよくわからないので、、、」と言っているのを聞いて耳を疑いました。お遊戯って、いつの演技を見てそんなこと言っているんじゃ。このNHK杯の演技みたのか?フィギュアはスポーツなんだよ、スポーツライターが技のことがわからなくて、何を語るんだと、怒り心頭でした。ちなみに調べたらFM東京 Blue Oceanの中のコーナーで小林信也とかいう輩でした。ああでも考えたらこれもsageキャンペーンの一環なのですね。ちなみにFM東京は隙あらばお隣の国ごり押しひどいです。もう聴きません。

投稿: しまりす | 2013年11月13日 (水) 21時21分

小林信也の頓珍漢なツイート
https://twitter.com/nobuya_k
小林信也 ‏@nobuya_k 10年3月3日

浅田真央選手が、キムヨナ選手の演技を見ようとせず、ヘッドフォンで音楽を聴いていました。自分の世界に入り込み、集中するための方法だと理解されているようです。本当にそれで集中できるのか、本当にそれが最高の演技をするための方法なのか、検証されたのでしょうか。

小林信也 ‏@nobuya_k 10年3月3日

このツイッターで議論をする気はないので、ひとつだけ書きますが、会場のみんながキムヨナ選手の演技に見入る中、リンクサイドでただひとりヘッドフォンの音楽を聴いていたあのときの浅田真央選手が輝いていた、と感じた人はいるでしょうか。ほんとに彼女はフィギュアが好きなのか? と僕は思った。


選手が自分の演技に集中するために他の選手を見ずに
ヘッドフォンで音楽を聴くというのは
トリノ五輪の荒川静香さんもやっていたでしょう
なぜ浅田選手だけが批判されなければならないのでしょうか
この男ははっきり言ってアホです

投稿: megumi | 2013年11月13日 (水) 22時54分

サッカーの選手だって、みんな試合前とか会場入りの時にはヘッドフォンしていますけど。
マラソンのQちゃんだって、走る直前までヘッドフォンをしていましたけど。
水泳の北島選手がヘッドフォンしてプールサイドまで入ってくる映像を、この人は見たことがないんでしょうか。
わたしでも知っているのに。
スポーツを見たことがないんでしょうか。

投稿: Lily | 2013年11月13日 (水) 23時12分

はじめまして。
バンクーバー後からこちらのブログを拝読しています。

しまりす様のコメントが気になり小林信也氏を調べたら、以前にこのようなツイートをされている方でした。

『浅田真央選手が、キムヨナ選手の演技を見ようとせず、ヘッドフォンで音楽を聴いていました。自分の世界に入り込み、集中するための方法だと理解されているようです。本当にそれで集中できるのか、本当にそれが最高の演技をするための方法なのか、検証されたのでしょうか。』

あの時の、キムの世界最高得点が出た瞬間の会場の湧き方、次に演技を控え集中を途切れさせないよう努めていた浅田選手のあの時の姿勢に何の疑問があるのか。
これがキムのした行為だったとしても同じことがつぶやけるのか、とご本人に問いたいです。

投稿: 蜜のあみ | 2013年11月13日 (水) 23時13分

すみません。
megumi様が既にコメントされた内容と同じものをupしていました。^^;

小林氏のツイート、こんなものも。

twilog.org › @nobuyukino
浅田真央が演技直前にiPodで聴いていたのは浜崎あゆみだと知ってちょっとがっかり. posted at 08:57:53 ...

どの曲だったらがっかりしなかったのか…呆れました。

投稿: 蜜のあみ | 2013年11月13日 (水) 23時19分

あの時さま、Lilyさま
週刊大衆のこと教えていただいてありがとうございました。
あれから本屋に行って他の女性誌を立ち読みしたのですが、それすらかなり勇気が入りました。
その隣にあった週刊大衆、どう頑張っても手に取ることもそこに立ち止まっていることも出来ないような見出しでした。
みなさまもコメントされているように、ひどすぎる。
小林何とかって人も、、、
どうかだまされないで欲しい。

とおい日本の選手を愛してくれる人もいっぱいいるのに、どうして貶めるようなことするのでしょう。

投稿: ほこり | 2013年11月14日 (木) 00時38分

何なんですか、その小林って人・・・。
言ってることが無茶苦茶すぎて絶句です。

大体あの演技を見てお遊戯って・・・。
「私はスポーツも芸術も見る目のない馬鹿です」って公言してるようなもんですね。
恥ずかしくないのかな。
まぁ平然とそんなこと書いたり言えたりしちゃうんだから、恥ずかしくなんてないんでしょうね。
かわいそうな人です。

投稿: 凛 | 2013年11月14日 (木) 00時55分

小林信也って朝日新聞の原記者並みのバカ面ですね。
バカは顔に出る。

「朝日新聞委員の幼稚なアベノミクス批判を若田部教授が一蹴」
http://www.youtube.com/watch?v=EM4D8FZdG8g

投稿: まりあ | 2013年11月14日 (木) 01時06分

Lily様情報なら、間違いはないはずですが、このブログにお邪魔していますと、妙なsageキャンペーンなどにも出くわすことがありませんから、どこで何が言われているんだろうと、世の中が不思議です。
なんとか五輪を盛り上げたい表のメディアでは、高橋君の扱いが異様に多いです。
浅田さんがきちんとマスコミから距離をおき、またやはりどうしても単純に持ち上げきれない、奥歯にものがはさまったような扱いしかできないし、安藤さんも話題にしにくいせいか、各社異様なほどの殺到ぶりです。選手をつぶしたいのかと思うほどですが、これではある種の反発も買って当然だろうとも思います。
昔からアンチ活動も多かったようですし、このようなマネジメントを続けるなら、潰れる選手も当然出てきます。
あるいは織田君の回転不足判定のとばっちりを受けているか?
ジャッジに問題アリなことは事実ですから、佐野氏が「スポーツの運」で片づけてしまったことになっている問題の深刻さを、スケ連が認識する圧力になれば意味があるかも。何も女子だけに問題があるわけではないし、五輪関連でこれだけ経済が動こうとしているときだからこそ、もっと解るべき層に届く可能性もある。
そうでないデマの類なら、浅田さんのデジタル大衆の記事と同じで、自分の目で試合を見ない層に対する刷り込みだろうし。とくに大勢に影響するとは思えない。
自分の目で見てみようという人には、選手は自分の演技で答える術がある。
国内のことでないなら、カナダあたりがsageキャンペーンをやってきたのは昔からだし、それを超えて自力で各国のファンをつかんできたのは浅田さんも高橋くんも同じこと。
・・・・いろいろ思うのですが、なんといってもLily様が心配だとおっしゃっているのなら、やはりどこかでそれなりのことがあるんでしょうね。
日本sageという意味なら、水泳の入江君が先日結果を出せなかった時に、
コメ欄がかなり荒れているのを見ました。個人批判やアンチのレベルを超えて「日本人がこんなことを言うなんて?日本人も堕ちたもの」と思わせるような罵詈雑言でしたが。そういう類なら、ネットからでることはないと思いますが。


投稿: 鄙 | 2013年11月14日 (木) 01時22分

真央ちゃんを貶めるネタが尽きたので、とうとうヘッドホンまでも貶めはじめたんですか?その小林なんとかさんは・・・。
やれやれ、幼稚なご批判、ご苦労様ですわね。

投稿: もうやめて | 2013年11月14日 (木) 02時04分

黒猫様、皆様こんばんわ。
タラソワさんの愛あるコメント嬉しいですね。ほっこりしました(*^-^*)
・・・・・。
一方でブログトップ横にあるブログ村のバナー(記事タイトルがUP順に表示されているやつ)から変なブログに飛びました。
KY絶賛ブログです。以前から知ってはいましたが(皆様も既にご存知ですよね)、今回NHK杯の浅田真央のジャンプを徹底解剖とかいって、記事からコメント欄から、もう救いようのないキムチだらけ彡(-_-;)彡
毎回記事もコメも「は?」という感じなのですが、今回は必死にかき集めた浅田真央の回転不足に対する海外の人たちの酷評を並べ、豪快なジャンプは高評価だ(KY)、などフィギュアスケートの見どころを、まるでスピードスケートやモーグルを語っているような評価の仕方でめちゃくちゃ腹が立ちました。
素人目に見ても、あのガキガキした演技のどこが良いのかさっぱりわかりません。
日本に韓国人は本当にいりません。とっととお帰りになって欲しいものです。何あのブログ^^;
しばらく、明らかに不正なジャッジ、日本人つぶしのルール等を的確に指摘し、理にかなっている黒猫さんの記事や皆さんのコメントを見て心を浄化させようと思います^^;

フィギュアスケートはモーグルじゃない。
なにがKYとのジャンプの質の違いは明らかですよね、だ。
うっすいつなぎにコギコギコギコギしないと加速できない、スカスカのプロの中、飛距離あるジャンプを跳んでも誰も凄いと思いませんよね(苦笑)尻もちついても、1-1-1でも加点もりもりの不愉快さったらありませんよ。
今後はこれがフィギュアだ、というような浅田真央の柔軟かつなめらかできれいな、だけど挑戦する姿勢を常に持ち続ける真のアスリート、真の女王に、ぜひ公正な評価を下して欲しいものです。
グチってすみませんでした。スッキリしましたw
ふう・・・やれやれ。

投稿: maomao | 2013年11月14日 (木) 02時13分

【小林信也(こばやしのぶや)のご紹介】

◇スポーツライター・小林信也は、いま、こんな活躍をしています◇

http://www.s-move.jp/swj/item_10572.html 小林信也主宰スポーツライター塾より)

小林信也は、あまりテレビに出ません。出演するのは、大半がラジオです。
執筆活動も、最近は雑誌より「単行本」が主な舞台です。
だから、小林信也という名前を知らない人も多いでしょう。
小林信也は、浮ついた流行に流されず、常に独自の視点と価値観を保ち、深さを求め続ける本格派のスポーツライターです。

スポーツライター・小林信也は、単に選手やチームを外部から取材するのでなく、その選手、そのチームを強くするプロジェクトに関わり、取材対象と心をひとつにして、共に勝利を目指すこと姿勢を、ひとつのベースにしています。
小林信也の中でスポーツライターとは、客観的な第三者でなく、外部の人間でありながら、限りなく選手やチームのブレーンに近い存在。お互いに触発し合い、与え合う存在でありたいと感じています。

小林信也は現在、高校野球、大学野球、プロ野球、ラグビー、陸上、ゴルフ、さらには、ニュー・スポーツと呼ばれる種目も含め、深く熱烈に取材を重ねています。
その成果は、着々と結実し続けています。


なるほど。
その独自の視点とやらで見つけだしたのが、あの「ヘッドフォン」だった……というわけだ。
でもって、深さを求め辿り着いたのが「浜崎あゆみを聞いていた……」という事実なのか~

さすがは文藝春秋社が誇るnumber出身の「本格的」スポーツライター! 着眼点が違うwww

投稿: taka | 2013年11月14日 (木) 03時48分

度々すみません!

私の二度目の投稿、小林信也氏のツイートで紹介したのですが、別の方のツイートでした。
申し訳ないです、、、

疑心暗鬼になっては駄目ですね。
ドキドキしながら初コメントをしたのにそそっかしくてお恥ずかしい限りです。

ちなみに私は欧州に住んでいますが、キムが出場するならフランス大会に行って八百長反対!などのパネルでも掲げようと思っていました。
結局は私の都合がつかないことが判明した上、キムが敵前逃亡したのでどちみち叶うことはなくなりましたが…

投稿: 蜜のあみ | 2013年11月14日 (木) 04時01分

小林信也氏の経歴見ました。創刊間もないNumberで執筆してその後すぐに
退社してますね。
Numberには古い怨みがあるのを思い出しまして。
長野五輪でのフィギュアの扱いといったら、ほんの雀の涙ほどだった。
そして、コラムではリアシェンコ様・・(美女スケーター)を上げて、
フィギュアは美人しかやっちゃいけないスポーツだと茶化してた。
Numberがわりとまともなフィギュアの記事を書き始めたのは、ほんとにほんとにここ最近です。
それまでは何にも解っちゃいなかった。
その古いNumber、とってあるはず。その中には山本氏の名前もあるのかも?

投稿: 古い遺恨あり | 2013年11月14日 (木) 04時13分

ゴールデンスピン、プロトコル閲覧不可になったそうです。
プルシェンコはカップオブロシアを欠場するらしいです。
サムスンが日本よりも視野が広いのは確かなよう。

投稿: 鄙 | 2013年11月14日 (木) 04時33分

気になったブログから
新体操でのできごと
http://runtokoperoyou.blog.fc2.com/blog-entry-174.html
いずれの競技も・・・・ジャッジ達はどうしようもねえやつらなのだ!!
フィギュアスケートはジャッジ総入れ替えって・・・・ニュースがでないかな・・。

投稿: ぴよこ | 2013年11月14日 (木) 08時56分

小林信也の「浅田の演技はお遊戯」発言には
【KYの色っぽい演技と比較して】というのが含まれてるんでしょう

大宅映子やラサール石井、岩佐徹と同じレベルです

浅田選手の最大の敵はフィギュアの事をろくすっぽしらないくせに
したり顔で頓珍漢な批判をするコメンテーターだと思う

投稿: megumi | 2013年11月14日 (木) 10時26分

悪いのは国民もです、私達も悪いのです。
現在でも一番発行部数が多いのは朝日新聞だそうです、これではマスコミが左へ倣えするのも仕方が無いのかも、売れてる=国民が求めてる、と判断しますからね。
筑紫哲也は日本のメディアマンは左なくらいが丁度良いと言って回っていた、その言葉だけが浸透し現在のマスコミを形成してしまったのでしょう、以前は右寄りと云われていた産経までも左向きの記事に変わったくらいです、まあ毎日は中国資本ですから問題外ですが。
それと、アナウンサーや報道関係が良く言わないのにはテレ東にあるのです、始まりは8~9年前、テレ東の名前は忘れましたがアナウンサーの言った一言に視聴者からクレームが殺到、そのことに根を持ったそのアナがアナウンサー仲間に言い触れたんです、とくダネの小倉も元テレ東でそのアナともお友達です、その悪口がマスコミ全体に浅田は悪人と広まったというわけです、きっと岩佐徹も似た感じではないかと思う。
公平な立場でニュースを伝えなければならないアナウンサーが、真実の確認も怠り、先入観だけで発声してしまう、日本のメディア人の小ささ、局の方針だからと右を向いたり左を向いたり。
韓国が騒ぐ原因を発信してるのも日本のメディアです、殆どが朝日新聞の捏造記事が発端です、売上を伸ばしたいからと嘘を付け加える、それが中韓の揺すり集りに繋げているのです、朝日のしている行為は日本だけではなく韓国も世界的にマイナスイメージにさせているということ。

投稿: 一理 | 2013年11月14日 (木) 12時04分

ソチに出場予定の女子スケーターは、KYと浅田さんの二人しかいないのかね~~!!??と、声を大にして問いただしてやりたいほどの、異常なまでの執念深さ・・・ね。
もしや、恐ロシア~な子たちを、ソチには出さないような算段でもしているんかいな~?ルッツのコンビ跳べる子出させない~とか・・・・。
それにしても、ここまでの執拗さは、パワハラ、セクハラ、いじめ…レベルに感じるわ。
結局、敵は、浅田選手が怖くて怖くて仕方がないのでしょうね・・・。
4年前も、彼女は不死鳥のごとく蘇りましたから・・・。

今では、
KYの名前出し、浅田選手下げコメ
~1回につき、1ポイント加算
一定のポイント数に応じて、ご褒美あり・・・よね~と、
テレビや記事を見ながら、私が代りに勘定してあげています。
世間の評判など気にもせずに、ポイント稼ぎにいそしんでいるお方たち、
私には、彼らが哀れに見えます・・・。

ゴールデンスピン杯・・・・プロトコルが閲覧不可とは・・・・
競技じゃないから・・・・これこそお遊戯・・・ってこと?
己にいやしいところがあるから、その自覚があるから、
隠したがるって・・・ことよね・・・。

ゴールド、金・・・・テレビで、五月蠅いわね…最近。

おまけ~
NHK杯で、機器トラブルにあった未来ちゃん・・・
(偶発的だったの~ほんとに~?)
ですが・・・、あの007のメドレーで、
“ゴールド”フィンガーとか、ラストの“死ぬのは奴らだ(邦題だけど)”・・・・の旋律に・・・・不謹慎ながら、ウケてしまった私です・・。
未来ちゃん、全米勝ち抜いて、絶対ソチで滑って~!と、思いましたわ~
そういえば、案の定、アナウンサーが、KYの名前を出しましたわね~
ついでに男子でも、あのコーチが、ヘンテコネクタイをしていたそうで・・・・
道理で、地震が起きたわけね~??
またかい、くわばらくわばら・・・・だわ。
 

投稿: エマ | 2013年11月14日 (木) 13時03分

megumi様

リプニツカヤ選手も、自分が出る時は他の選手の演技は見ない、と
言ってますね。集中力を高めるためにそういう選手がいるということを
この小林という人は知らずに書いているのですね。
プロの物書きさんですか?
あまりにも無知。

投稿: みわ | 2013年11月14日 (木) 14時30分

普通見ないしょ
自分の演技が終われば見るかもしれないけど
これから滑る選手が前の選手の演技を見ていたなんてシーン
見たことがねえ
他人の演技を見て自分の演技を間違える可能性もあるからね
そんなのフィギュアじゃなくて100メートル走でもねえって
集中してるだろって

投稿: はてな | 2013年11月14日 (木) 18時03分

鄙様 はじめまして。
sageキャンペーンの件ですが、少し気になったので不躾ながらお声掛けさせていただきました。

高橋君sageキャンペーンについて、「Lily様情報だから正しい」とお考えになるお気持ちとてもよくわかります。
しかしながら、「Lily様の情報だから信じる」ということは違うように思います。
あくまでも、高橋君sageキャンペーンがひどいと感じているのはLily様ご本人の感覚です。
鄙様が、そんな感じを受けないと思われるのなら、それも正解ではないでしょうか?
これは、黒猫様に対しても当てはまると思いますが、私は「黒猫様がそう思うのなら、それが正解だろう」と考えること自体の危険性を感じています。機械で測定しているものでないものに100%の正解は必ずしもあるとは思いません。その時の自分の感覚を大切にする必要もあると思います。

一番恐ろしいのは、自らの感覚や考えを、「信用に足る人物が言うから・・・」という理由で放棄してしまうことだと思います。また、その方のただの感想と、事実を述べているコメントでは意味合いが大きく異なります。
これを、ごちゃ混ぜにすると変な方向に意見が偏るおそれもあります。

鄙様も、いつも冷静に物事を検証されている印象を私は持っています。
ですから、ご自身の感覚も「○○さんの意見だから」と思われないでいただきたいな。と思いました。
私は、沢山の方の意見の中から自分の感覚に照らし合わせて現状を受け止めようとしています。その中の情報源の中にもちろん、鄙様も含まれます。
どうぞ、ご自身の感覚にも自信を持たれて下さい。

またもや、余計なコメントになりましたか…

話題が変わりますが、小川様・XYZ様
いつぞやは励ましのお言葉ありがとうございました。
お礼ができずにおり、申し訳ございませんでした。
これからも、よろしくお願いします。_(_^_)_
 

投稿: なんとなく | 2013年11月14日 (木) 18時38分

高橋大輔選手sageキャンペーンか知りませんが
Yahoo知恵袋にはシーズン初めからおかしな書き込みが続いています
高橋選手のお兄さんが犯罪者(服役者?)だから
ソチに行く資格がないとかナントカ。

知恵袋には浅田選手のご両親の事も悪く書く方がいて
たぶん同じ人物だと思います

だからなんなの?と思いますが

投稿: megumi | 2013年11月14日 (木) 19時08分

黒猫様、皆様こんばんは。

デジタル大衆にお問い合わせページがありましたので、記事に対して意見しようと思ったらエラーで送れずcoldsweats02

文章はコピーしたので再度チャレンジしてみます。

でたらめは許せませんよ!

何が演技力の克服だよ。何がロシア選手の4回転だよ。
もう!ゆるせん!!!

投稿: もみじこ | 2013年11月14日 (木) 23時04分

なんとなく様、ありがとうございました。

Lily様がと申しましたのは、少なくともLilyさまの目に触れるどこかで、目撃されたことは事実だろうという意味です。
まったくそのような事実もないのに、あったとおっしゃる方ではないと捉えさせていただいております。

この頃は表のメディアだけでも、ネットだけでもいけないし、双方すり合わせるのが大変ですが、両方補いあって少しづつ何かが動いているかもしれませんね。全てに精通するのは無理ですが、私もなるべく広くものを見ていきたいと思っています。皆様には、いつもお世話になっております。
スケートの選手にも考えさせられることばかりです。

投稿: 鄙 | 2013年11月15日 (金) 01時12分

こんばんは

ヤフ知恵久々覗いてみたら相変わらずなんですね。
真央さん叩きのIDには彼女の名前をつけたものがいますが、異常にもほどがありますよね・呆
一昨年のシーズンか、アレのアリランの衣装を誉めてた真央さんサゲIDの人もいたけど、おめえ目の前でその衣装見たんだろうなというような描写で、どこのメディアだよ?と思った事もありました。
IDがごっそり変わってるのも見ましたが、あんなことできるの?
ヨン熊ってそんなにシリーズあるんだって思わずびっくりして、再度また見たらアレレ?ID変わってる???って。翌日気になりまた見たら、文体がそのIDのキャラに合わせて変わってるし・・・。両者真央サゲのIDでしたから。。。
決して私の記憶違いではないと思うのですが、不思議な出来事でした。。。

投稿: にゃんこ | 2013年11月16日 (土) 19時53分

鄙さま

いまさらで申し訳ございません。
諸般の事情でコメントを読ませていただいたのが、いまになってしまって。

まず、わたしはテレビを見ない人なので、そこでどのような扱いがあるのかは分かりません。
新聞などでは真央さんと高橋くんがエースとして扱われていることは分かっています。

主に、ネットでの工作についてです。
megumiさまが書かれているYahoo知恵袋は読んでいませんが、書かれているような誹謗を、このごろ見かけることが多いように感じます。
親御さんの学歴がどうとか・・・。
まったく選手として関係ないことでも、いちゃもんのようなことを。
これは、megumiさまが書かれているように、バンクーバー前の真央さんを連想するのです。同じ手法ではないかと感じます。

またNHK杯での織田くんのSPのクワド認定に関連して、最初から高橋くんを勝たせるための八百長だったという論調、高橋くんはそういうポジションでずっと勝ってきていて実力はたいしたことがない、出来レース、といった印象操作をみかけました。
そこから派生して、NHK杯が出来レースであり、その優勝者は八百長の対象者だともっていきたい論調も。

わたしが、かなり過敏になっているということもありますが、この流れがとてもイヤな感じを受けています。

ただ、 鄙さまのコメントで、もしかすると過剰に受け止めているだけで、それほど工作がされていないのでは、あるいは、されていても効果がないのでは、と感じました。

個人的に、これはアレの下工作でもあるのかな、と思っています。
負けた時に「まっとうだから負けた、勝ったのは得点操作があったからだ」という理由づけをしたいからでは・・・と。
ほとんど被害妄想のような想像ですねw

投稿: Lily | 2013年11月28日 (木) 00時28分

Thanks for a good share You Have Offered to us with This kind of an big selection of data. Great operate carried out by sharing You Have Them to all. Merely superb
nintendo3ds http://r4i-shdc.sotellc.com

投稿: nintendo3ds | 2013年12月 7日 (土) 19時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1275350/53920089

この記事へのトラックバック一覧です: 浅田真央最大の敵は・・・?:

« 浅田真央~ソチへ最後の冬~先行きの懸念 | トップページ | 絆と愛情に嫉妬する人達 »