« NHK杯と居直る方々 | トップページ | NHK杯ストリーミング »

NHK杯開幕~浅田真央はトリプルアクセルに意気込み

今日からNHK杯です。

TV放送は、今日の午後から生中継されます。

2013y11m08d_090928152

2013NHK杯フィギュアホームページ2013y11m07d_105857763

日本選手達の状態はまずまずのようです。

浅田真央は何度もトリプルアクセルを着氷し、本番での成功に自信を持っているようですし、高橋大輔も4回転ジャンプを成功させたようです。

今日は男女共にSPがあります。

見るだけなのに、何だか緊張してしまいますね・・・

NHK杯は、お隣の国も注目しているようです。

彼等も本当は浅田真央が大好きなのでしょうね。

<フィギュア>浅田真央「できる全てのもの見せたい」

(2013.11.8 中央日報日本語版)

日本フィギュアの看板スター浅田真央選手(23)が自国で開催されるフィギュアグランプリ大会への自信を明らかにした。

浅田は8日から3日間、東京で開かれる2013-2014国際スケート競技連盟(ISU)フィギュアスケートグランプリシリーズ(GP)第4戦のNHK杯に出場する。先月、米国デトロイトで開かれたGP第1戦のスケートアメリカで合計204.55点を記録して優勝した浅田は、再度GPシリーズのトップを狙う。特にNHK杯は浅田にとってなじみ深い大会だ。2006年に初出場した後、計3回の優勝をおさめた。昨年も浅田はショート67.95点、フリー117.32点を記録し、合計185.27点で鈴木明子(日本、185.22点)を0.05点差で抜いて優勝した。

浅田は今回の大会でも自身の必殺技であるトリプルアクセル(空中3回転半ジャンプ)の成功に強い意欲を示した。彼女は大会前日である7日、日本の取材陣前で「私ができる全てのものを見せたい」として「ショート、フリープログラムのいずれもトリプルアクセルが最も重要だ。良い流れをつくれたらいい」と話した。浅田はグランプリ第1戦で合計200点を超えたが、トリプルアクセルを試みて転ぶなどジャンプでの相次ぐ失敗も見せた。日本メディアは「浅田が練習で何回もトリプルアクセルを試みて実戦に備えた」と伝えた。

一方、今回の大会では浅田だけでなく昨シーズンに惜しくも1位を逃した鈴木明子が再び出場する。また米国フィギュアの金星グレイシー・ゴールド(18)も出場を控えている。

520324_1383833480

真央「愛溢れるノクターンを見せる」 フィギュアNHK杯出場選手前日会見

(2013.11.7 スポーツナビ)

フィギュアスケートのGPシリーズ第4戦・NHK杯を翌日に控えた7日、東京都内で前日会見が行われ、浅田真央(中京大)や高橋大輔(関大大学院)ら出場10選手が出席した。GPシリーズ第1戦のスケートアメリカで優勝した浅田は「集中して自分が出せる最大限の力を発揮したい。トリプルアクセルと3回転+3回転を跳びたい」と意気込みを語った。またショートプラグラム(SP)の「ノクターン」の構成を変えたこともあり、「よりレベルアップした滑りで、愛溢れるノクターンを見せたい」と笑顔を見せた。

その一方で高橋は、「今シーズンは自信がなく、気持ちが入っていない自分がいた。自信を取り戻すために、パーフェクトな演技で優勝したい」とコメント。スケートアメリカで4位に終わった雪辱を果たす構えを見せた。また今季がシニアGPシリーズのデビューで、NHK杯が初陣となる宮原知子(関大高)は「緊張に負けないで、SPから思い切った演技をしたい」と、力強く語った。

以下、選手たちのコメント。

浅田真央(中京大)

「愛溢れるノクターンを見せる」

SPとFSともに集中して自分のいまできることをすべて出したいと思います。3アクセルが一番大事になってくると思うので、そこで良い流れを作れれば。今季は2試合が終わりましたけど、まだ3アクセルと3回転+3回転がうまく決まっていないので、それをフリースケーティング(FS)で跳びたいという気持ちです。また1段でも2段でも階段を上れるような試合ができるようにしたいです。スケートアメリカでは、SPはまずまずの演技ができました。FSは最初に大きな転倒をしてしまい、少し自分の気持ちが守りに入ってしまったので、アクセルは大事ですけど、そこからどれだけ自分が目指しているレベルで臨めるかだと思います。FSは今回、3回転+3回転やアクセルを入れられるように頑張りたいです。

(SPのノクターンの演技構成を変えたが)スピンのポジション、ジャンプとジャンプのステップ、ストレートラインステップを直しました。このノクターンは「初恋」をテーマにしていましたが、ローリー(・ニコル)から「初恋だけじゃなくいろいろな景色を持っている」と言われたので、スケートアメリカよりもレベルアップした愛溢れるノクターンを見せることができたらいいなと思います。

高橋大輔(関大大学院)

「まずは自信を取り戻さないと」

今シーズンはちょっと自信がなく、演技が振るわない自分がいたので、このNHK杯で自信を取り戻すための演技がしたいと思います。それと現状では厳しいかもしれないですけど、優勝目指して頑張っていきたいです。調子としては今季一番良い状態。明日は気持ちで負けないように、前向きに攻めていければと思います。パーフェクトな演技で、優勝を想像して臨んでいきます。何が何でも今大会でやり遂げたい。自信を取り戻すために今大会をパーフェクトにしたいです。

(スケートアメリカからどこを改善してきた?)細かいところはないんですけど、ジャンプがパンクするくせがついていたので、何があってもしめきるということを考えて今回練習してきました。プログラムを何回も通したり、スピンを変えたり、SPも少しオーダーを変えたので、いまできることを精いっぱいやってきたつもりです。

(五輪出場に向けて)いまの自分自身の状況としては、ほかの日本人選手より一歩も二歩も出遅れている状況だと思います。全員を意識しています。五輪を狙う気持ちは、シーズンオフからインにかけては僕が一番小さかったんじゃないかなというふうに思います。ほかの日本人選手は気持ちの面でも滑りの面でもレベルアップしてきている。出場枠を取るためには、自信がないのでまずはそれを取り戻さないといけない。ジャンプだけだと思うので、そこが戻ってくれば自信は取り戻せる。とりあえず五輪まで時間がないので、スタートは遅いと思いますけど、しっかりやっていくしかないです。

鈴木明子(邦和スポーツランド)

「この試合でファイナル進出が決まるように」

今回はスケートカナダから時間がなかったんですが、ミスやレベルを落としてしまった部分をしっかりと滑れるようにして、日本のファンの皆さんにこのプログラムをまた見たいと思ってもらえるような滑りをしたいと思います。今朝の練習ではリズムが少しとれなかったんですけど、午後は良い3回転+3回転が跳べたので、このまま本番に臨めるようにしたいです。NHK杯は初めてGPシリーズで出た大会でした。最後のシーズンと位置づけた今季にまたNHK杯で滑れるということで縁を感じますし、うれしいことです。この試合でファイナル進が決まるように、そういう滑りをすることが目標ですが、まずはいま自分ができる精いっぱいの演技をできるようにベストを尽くすことが大事だと思っています。

織田信成(関西大学大学院)

「スケートを楽しく滑ることがテーマ」

今回の抱負はしっかりジャンプを決めて、GPファイナルへ行けるようにすることです。朝の練習では疲れが出てしまって4回転ジャンプがうまくいかなかったんですけど、午後は体調も良く練習できました。体調を崩さず、自信を持って臨めば大丈夫だと信じています。スケートを楽しく滑ることが今季のテーマであるので、今大会もそれを大事にして滑りたいです。NHK杯は5年ぶりで、日本での国際大会も久しぶりなので、思い切った演技ができればいいなと思います。ソチ五輪をめぐる争いは厳しい。どの選手を見ても調子が上がってきているし、練習で4回転を決めているので、あとは本番での勝負。そこでしっかりジャンプを決めることがポイントかなと。練習でやってきたことを信じて思い切りやることが大切かなと思います。

無良崇人(岡山国際スケートリンク)

「まとめる力が現段階では自分に足りない」

SPをしっかりと最後まで踊りきることがテーマです。FSは昨年と同じプログラムを滑ることになったので、そのイメージを持ってしっかり最後までやりたいと思います。調子自体は悪くないと思うので、コントロールをして、力みすぎて失敗しないように心がけたいです。スケートカナダでは、選手としてやってきた中で最低に近い演技だったので、そのイメージを全日本選手権までに払拭する意味でも、昨シーズンのプログラムだし、改良しないといけない部分を洗い出すことがテーマになってくると思います。出場3枠は熾烈だと思っているし、GPシリーズという選考を懸けた試合が始まってきている。良かれ悪かれしっかりまとめている選手が優勝や表彰台に上がっている。まとめる力が現段階では自分に足りない部分だと思っているので、そこをしっかりやりたいです。

宮原知子(関大中・高スケート部)

「SPもFSも自信を持って滑る」

今回、GPシリーズは初めてなので、SPもFSも自信を持って滑れるようにしたいです。今朝の練習でも調子は良い感じなので、このまま試合でもスピードを出してジャンプを決めたいと思います。すごく緊張すると思うんですけど、SPから自信を持って思い切り演技ができるようにしたいと思います。

(ロシアは同世代の選手が台頭していますが)ジュニアのときから何回か一緒に試合に出たことがあって、スピンやジャンプとかもすごくうまいと思っていたので、今回また一緒に戦うことになって、ジュニアのときよりも追いつけるように頑張りたいと思っています。

高橋成美(木下クラブ)

「いまの私たちは守るべきものがない」

自分たちができることをしっかりやって、楽しく滑りたいと思います。NHK杯は会場でお客さんのすごい応援があって、良い演技ができるイメージがあるので、今回もお客さんの応援を借りて全力を出し尽くしたいと思います。いまの2人(木原龍一とのペア)の良さは基本からしっかり始めているので、変なくせがなく、1つひとつのエレメンツが基本に忠実なので、きれいなテクニックを使っているのは良いところかなと。いまの私たちは守るべきものがない。思い切った滑りができる最初の年なので、そういうところを見てほしいなと思います。

木原龍一(木下クラブ)

「毎試合の成長を見てくれれば」

今回は自分たちのできることをすべてやって、ミスのないように滑りたいと思います。そしてネーベルホルン杯から少しでも成長した姿を見せられるように頑張りたいと思います。自分たちはこのペアになってから初めてのNHK杯なので、とにかく経験をする場。楽しく滑れたらいいなと思います。自分たちは底辺から始まったので、毎試合毎試合の成長を見てもらえれば。最初のGPシリーズが日本で良かったです。

キャシー・リード(木下クラブ)

「プログラムを練り上げてきた」

このNHK杯はとても興奮しています。目標はミスなく、力強く滑ることが目標です。NHK杯は今季4つ目の大会になります。五輪への出場権を取るためにみんなより少しシーズンが早くなりました。相当プレッシャーはありましたが、プログラムを練り上げてきたので、それを試す場になると思います。

クリス・リード(木下クラブ)

「どの程度プログラムが進化しているか」

今回はクリーンなプログラムを2つ滑ることが目標です。特にプログラムコンポーネンツを改善したので、そこを皆さんに見ていただきたいです。私たちにとって、NHK杯は一番楽しい大会という位置づけでしたが、今季に限っては前大会から比べてどの程度プログラムが進化しているかを確認する大会です。五輪に向けての確認という意味でも重要な大会になると思っています。

<了>

201311070006spnavi_2013110700012_vi

NHK杯を翌日に控え、意気込みを語った浅田(右)、高橋(左)ら【写真は共同】

2013年NHK杯を前に浅田真央、高橋大輔らが公開練習&インタビュー 2013/11/07

Daisuke TAKAHASHI 11.7

フィギュアスケート:NHK杯 浅田「3回転半で流れを」 高橋「自信取り戻したい」−−きょう開幕

(2013.11.8 毎日新聞)

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦、NHK杯が8日、東京・国立代々木競技場で開幕する。7日は公式練習が行われ、各種目の上位6人・組が出場できるGPファイナル(12月5〜7日、マリンメッセ福岡)進出を目指し、トップ選手たちが氷の感触を確かめた。

第1戦・スケートアメリカ(米デトロイト)で優勝した女子の浅田真央(中京大)は、今大会で3位以内を確保すれば3年連続のGPファイナル進出が決まる(2011年大会は母の急逝のため欠場)。公式練習では、看板のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を相次いで決め、「トリプルアクセルが一番大事。そこでいい流れをつくりたい」と語った。

昨季のGPファイナルを日本男子として初めて制した高橋大輔(関大大学院)は、スケートアメリカで4位だったため、ファイナル進出はライバルの成績次第。だが、公式練習では4回転ジャンプを着氷させるなど調子は上向いており、「自信を取り戻す演技がしたい。現状では難しいかもしれないが、優勝を目指して頑張る」と述べた。

今季からコンビを組むペアの高橋成美、木原龍一組(木下ク)は、今大会がGPシリーズ初試合。高橋成は「基本からしっかり始めたので、一つ一つの演技要素が基本に忠実で奇麗」とアピールし、木原は「今は初々しさ(が売り)。毎試合毎試合の成長を見てほしい」と語った。

大会は▽8日=各種目のショートプログラム▽9日=男女とペアのフリー、アイスダンスのショートダンス▽10日=アイスダンスのフリー−−が行われる。

【芳賀竜也】

20131107_868163_t1

≪ご案内≫

『フィギュアスケート 疑惑の高得点』に間違いがあったことをお詫び申し上げます。

『フィギュアスケート 疑惑の高得点』正誤表 クリックするとのPDFファイルが開きます

雑談などにご利用下さい→『ゆきの小部屋~その7』

*ブログの避難所を開設しました→コチラをクリックして下さい。

竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記

昨日11月7日は、村上佳菜子の誕生日でしたね。

520324_1383824206

安藤美姫もツイッターでメッセージを贈ってましたね。

2013y11m08d_1027481202013y11m08d_103046745

そういえば安藤美姫は、出産したことを明らかにした時、父親と子供の名前は公表しないと発言していましたが・・・

子供の姿は何度も公開されていますし・・・

そして、驚いたことにISUのバイオグラフィーにも子供の名前が掲載されていました。

更新されたのは、2013.11.4となっていましたから、ごく最近のことです。

方針転換したのでしょうか・・・

ISUバイオグラフィー~安藤美姫

2013y11m08d_092640089

Ando started to skate at age nine. Two years later, she landed her first triple jump, a Salchow. Ando is the first and so far only lady skater to perform a quadruple jump (Salchow) in competition (ISU Junior Grand Prix Final, The Hague, Dec. 2002). Before she focused on skating, Ando tried many other activities such as swimming, ballet, playing the piano, calligraphy. Ando's idol in skating is 1994 World Champion Yuka Sato. She also felt inspired by Shizuka Arakawa's performance at the 1998 Olympic Games. Ando took a break from competitive skating and had a baby (daughter Himawari, born in April 2013) before returning to competition in fall 2013.

安藤は、9歳でスケートを始めた。

2年後、彼女は最初のトリプルサルコウジャンプを成功させた。

安藤は、公式競技(ISUジュニアグランプリファイナル、ハーグ、2002年12月)で4回転ジャンプ(サルコウ)を成功させた唯一の女性スケーターです。

彼女はスケートを始める前に、ピアノ、書道、水泳、バレエ等多くの習い事を試していました。

フィギュアスケートで安藤が尊敬するのは、1994年の世界チャンピオン佐藤有香です。彼女はまた、1998年のオリンピックで荒川静香のパフォーマンスに触発されました。

安藤は暫く休養し、2013年秋の競技に復帰する前、赤ちゃんを生んでいます(娘ひまわり、2013年4月に誕生)。

520324_1383828908z

安藤美姫はどこへ向かっているのでしょうか?

出産してからの彼女は、我儘というよりどこか精神を病んでいるようにも見えるのです。

冷静な判断が出来なくなっているのかもしれません。

これからNHK杯だというのに、早くも全日本選手権が心配になってきました・・・

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

FPUからのお知らせ

*FPUではブログサポーターを募集しています。詳細については、下記をクリック願います。

ブログサポーターを募集します!(FPU公式ブログ)

Fpu007

FPU(フィギュアスケート保護連合)へ、ご協力下さい。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。

FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp

FPU公式ブログ  http://fpu1.cocolog-nifty.com/blog/

お問い合わせ先一覧(下記の文字をクリックして下さい)

■日本スケート連盟 メールアドレス jsf@skatingjapan.or.jp

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育館内

TEL : 03-3481-2351

▲首相官邸 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

▲ 自民党 https://ssl.jimin.jp/m/contact

*BPOの問い合わせ先

*厚生労働省 お問い合わせ窓口

*外務省~監察査察意見提案窓口

*外務省~ご意見・ご感想(メールフォーム有)

*総務省への意見

*文部科学省への意見

*公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

kuroneko_azをフォローしましょう

* 今 日 の 猫 *

とある港で暮らすのらネコたち

☆ お 知 ら せ ☆

FPUの公式ブログ

誹謗中傷を繰り返す悪質なkiki_dide氏とその仲間~その1

にほんブログ村のランキング不正操作疑惑について

被災地の小さな命を救いたい・・・

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートの基礎

フィギュアスケート講座

フィギュアスケート技の解説

|

« NHK杯と居直る方々 | トップページ | NHK杯ストリーミング »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

前記事のコメント欄の続きです。
失礼します。
秘密法案・・・ここのブログには合わないけれど。
こういうのだと・・・
ある力を持った韓国人が韓国贔屓の議員に何かを働きかける。それは、日本人にとっては不利な事。でも、私たちには知らされない。知っても抗議や意見をしたら公安委員(警察も)につかまる。
最高10年の刑。私たちが嫌っている朝日系列が1番取り上げていました。
今日採決されます。

投稿: sora | 2013年11月 8日 (金) 11時35分

浅田真央は伝説になる。

投稿: ラベンダー | 2013年11月 8日 (金) 11時40分

今まで積み上げてきた(たゆまぬ努力で)一つ一つが、輝くNHK杯になりますように。真央ちゃん、応援しています。
頑張ってきた全ての選手のスケートも、楽しみに&応援しています。

投稿: コロコロ | 2013年11月 8日 (金) 12時37分

バ寒国で生放送と言う事は、シッカリ放映権料が犬HKの懐に入っているということか。
国内での収益が頭打ちで、本業の番組制作以外に、事実上副業で収益を得ている。
このあたりの闇家業に、キチンとメスを入れて貰いたいね。

アンドーさん、次回の赤ちゃんの写真は、右目辺りまで見せてくれそうですな。w
To Be Continued

投稿: アクセルフォーリー | 2013年11月 8日 (金) 12時47分

先程TBS系ひるおびでNHK杯の情報を伝えてくれました、が・・・
3Aの映像は4シーン程あったと思います、ところが・・・
4回目に流された3Aは中で一番悪い2フット着氷
その映像をその後4~5回も繰り返し放送してくれました
悪意が無いとは間違っても言えないでしょう

投稿: DD | 2013年11月 8日 (金) 13時34分

soraさまの懸念、私もすごく理解できますよ。

そもそもですけど、政府が特定秘密保護法案のパブリックコメントを9月に募集していましたが、行政手続法において、意見提出期間が通常30日以上でなければいけない、とされているにもかかわらず、実際は2週間ほどで締め切られました。
あきらかに行政手続法に違反していたんです。
政府は最初からパブリックコメントの無効化を狙っていたのか、それともただのアリバイ作りだったのか?

また、上記の法案がスパイ防止法の足がかりになる、という主張を目にすることがありますが、あまりにも楽観視しすぎではないかと思います。
韓国人の短期ビザを免除したり、技術者名目で中国人や韓国人に永住権の発行を推進したり、外国人ビザの緩和や1000万人移民推進、中国からの留学生には学費免除はおろか渡航費まで差し出す…など挙げたらきりがないですが、移民をどんどん引き入れて永住権も与えて優遇していこうとする動きのなか、スパイ防止法として秘密保護法を制定するって…ちょっと普通に考えたって理解できない。

ブログ記事と関係の無いコメントでした。すみません。

投稿: maya | 2013年11月 8日 (金) 13時36分

今日ほど楽しみな日ないです!真央ちゃん、SPでヨナ超えするのでは?大ちゃんもホームで大声援を受け力に変えて、いい演技できると思います。
GGも未来ちゃんもいたり、みどころありまくりで、しかも生!最高!結果も最高でありますように、選手みなさんがんばってほしい!
ひまわりちゃん、テレ朝で映った時は思わなかったけど、赤毛だよね・・・

投稿: なまち | 2013年11月 8日 (金) 13時37分

選手の皆さん応援してます!
高橋選手、鈴木選手、浅田選手、神演技期待!
成龍組の進化も楽しみにしています!
皆頑張れー!

投稿: そらんちゃん | 2013年11月 8日 (金) 14時02分

来ましたねついに、アメリカ大会からあっという間のNHK杯ですよ。手直しされたNewノクターン私も凄く気になります、一体どこら辺を…どの辺りが洗練されたのかなぁ。3Aや3-3絶好調だとか、追い風がビュンビュン真央ちゃんに吹いてる!。私はなんですけど今シーズンは何か安心して真央ちゃんを見ています、毎回毎回ワクワクして見ています、不安感感じない!。長年の地道な努力や苦難、たくさんの涙を乗り越えてこうやって「花開く日」が来たんだなとしみじみウルウルです…うん(T^T)。テレビの前でガンガン応援します、真央ちゃん頑張れ!!。

投稿: HIMEKA | 2013年11月 8日 (金) 14時24分

mayaさま、ありがとうございます。
私はショックで寝込んでしまいました。

投稿: sora | 2013年11月 8日 (金) 17時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1275350/53869479

この記事へのトラックバック一覧です: NHK杯開幕~浅田真央はトリプルアクセルに意気込み:

« NHK杯と居直る方々 | トップページ | NHK杯ストリーミング »