« 暗澹たる思い | トップページ | ソチ五輪はプログラム勝負、韓国は恥知らずの捏造で勝負 »

浅田真央 そして、その瞬間へ

浅田真央の思いを描いた本が出版されます。

執筆は、『浅田真央 さらなる高みへ』を執筆した吉田順氏ですから安心して読めそうです。

こういう喜ばしい話題もあれば、おかしな記事が掲載されるのもオリンピックシーズンならではなのかもしれません。

キム・ヨナがグランプリシリーズを欠場することは、浅田真央には無関係です。

そもそも、あんな手を抜いた演技が男子以上のPCSとGOEを得ていることに、メディアの人間は疑問すら感じないのでしょうか?

ゲンダイの記事は、もしかするとキム・ヨナが負けた時の言い訳を代弁したのかもしれませんね。

キム・ヨナがGP欠場 浅田真央には“不利益”だらけ

(2013.9.30 ゲンダイネット)

安藤美姫(25)の復帰戦(ネーベルホルン杯=ドイツ)が話題になった先週のこと、「女子フィギュアの女王」こと、キム・ヨナ(23)故障の一報が韓国から飛び込んできた。

3月の世界フィギュアに優勝したキム(浅田は3位)は8月中旬から右足の甲に痛みを感じていたが、最近激しく痛み出し、検査の結果、右足の骨が損傷していることが判明。全治6週間の診断を受けた。これによりエントリーしていたGP第2戦のスケート・カナダと第5戦のフランス杯の欠場を決めた。

五輪でメダルを狙う選手にとって今季のGPシリーズは特に重要だ。五輪で演技するプログラムを審判団に披露し、完成度の高い演技を見せてアピールすれば五輪の採点にも影響する。キムの場合はぶっつけ本番になるばかりか、GP欠場により現在24位という世界ランクのアップもない。当然、ソチ五輪でのショートプログラムは下位グループでの演技となる。

フィギュアの成績は審判の主観によるところが大きい。トップ選手が集まる終盤の組はプログラム構成点なども高くなる傾向にある。レベルの低いグループで演技するキムにとっては厳しい条件となる。

「日本のファンは、浅田真央(23)がキムに負けたバンクーバー五輪の借りを金メダルで返してもらいたい。真央だってそれを願っているはずです。フリーの演技前に僅差になっていれば、瞬間視聴率は前回の五輪(関東46.2%、関西46.3%、名古屋50.6%=ビデオリサーチ調べ)以上でしょう。それが、戦う前からライバルは不利な条件に置かれることになった。そんなキムに勝っても金メダルの価値は下がるし、ファンの高揚感もない。逆に、勝って当たり前のキムに負ければ、引退後の商品価値は急落する。いずれにしてもキムのGP欠場は真央にとっては凶報です」(フィギュア関係者)

浅田の胸中やいかに。

Ceb76af97b8da6bd60a49c557627c323

永遠のライバル/(C)日刊ゲンダイ

Neo真央

浅田真央選手の思いを描いた最新刊『浅田真央 そして、その瞬間へ』の予約販売開始!

(2013.10.1 産經関西)

株式会社学研ホールディングス(東京・品川 代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社学研教育出版(東京・品川 代表取締役社長:中村雅夫)は、フィギュアスケーター浅田真央選手の思いを描いた書籍『浅田真央 そして、その瞬間へ』を2013年10月24日に発売いたします。

同書は、浅田選手の誕生から20歳までを描いた『浅田真央 さらなる高みへ』(2011年2月刊行)に続く内容で、浅田選手の20歳から23歳までの3年間が描かれます。執筆は、『浅田真央 さらなる高みへ』を執筆した吉田順氏。浅田選手ご本人のほか、ご家族やコーチの先生方などにも取材を重ね、浅田選手にとって「人生で一番厳しい時期だった」というこの3年間の歩みを、色濃く描き出しています。

同書の予約販売は、10月1日から「ショップ.学研」https://shop.gakken.co.jp/shop/order/k_ok/bookdisp.asp?code=1020372800で。

そのほかネット書店でも順次予約販売を開始いたします。

書籍概要

●書名:   浅田真央 そして、その瞬間へ

●著者:   吉田 順

●発売日: 2013年10月24日

●予約開始:2013年10月1日

●定価:   1470円(税込み)

●体裁:   書籍/46判/上製/334ページ

●発行:  株式会社学研教育出版

●発売:   株式会社学研マーケティング

目次(内容は一部変更になる場合があります)

・プロローグ さらなる高みへ

・第1章 決意

・第2章 約束

・第3章 進化

・第4章 封印

・第5章 別れ

・第6章 試練

・第7章 心の階段

・第8章 連続優勝

・第9章 復活への軌道

・第10章 究極への道

・エピローグ そして、その瞬間へ

・浅田真央 氷上の軌跡

D25352682665490

≪ご案内≫

『フィギュアスケート 疑惑の高得点』に間違いがあったことをお詫び申し上げます。

『フィギュアスケート 疑惑の高得点』正誤表 クリックするとのPDFファイルが開きます

雑談などにご利用下さい→『ゆきの小部屋~その7』

*ブログの避難所を開設しました→コチラをクリックして下さい。

竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記

アベノミクス最初のエラー 消費税増税に海外紙から厳しい声

(2013.10.1 NewSphere)

安倍首相は1日、来年4月から消費税を8%へ増税すると正式に発表した。景気回復への悪影響が懸念されるのに対し、景気刺激策および法人税減税もセットで行う方針だと報じられている。

【たかだか8%で騒ぐ理由】

フィナンシャル・タイムズ紙は、英国の20%など、欧米諸国の付加価値税に比べればまだ安い税率であることを指摘した(非課税品目の有無などには触れない単純比較であるが)。そのうえで、それが論争を呼んでいる理由は、1997年の前回増税時、実際に不況を招いたからだと説明。安倍政権において最初の政策エラーだ、と手厳しい。

消費税増税は、現在の景気回復を主導している消費者支出を直撃する。ウォール・ストリート・ジャーナル紙によると、米国エコノミストの間では、超党派で、増税すべきでないとの考えが優勢のようだ。

非営利団体の日本経済研究センターが調査した41エコノミスト予想では、日本のGDP成長率は3月31日までの現年度の2.7%に対し、4月の増税以後の次年度には0.62%に低下する。

【長期金利上昇は困るのか】

一方で増税賛成派は、アジア通貨暴落や日本の銀行危機などがあった97年当時よりは状況が良く、むしろ今がチャンスと主張している。また、増税を見送れば債権市場の信頼を失い、金利上昇に見舞われるとの懸念を示している。

フィナンシャル・タイムズ紙の別の記事では、日本は元々構造的に債券の需要が供給を圧倒しており、世界で唯一、債券利回りの下落が続いていると指摘。自信が強まって余剰資金がリスク資産や実体経済活動に回されない限り、債券利回りは上がらない。同紙は、債券市場崩壊というシナリオを、災害映画に類する「アベゲドン」と呼んでいる。

【法人減税・公共支出・金融政策】

日経新聞の最新の世論調査では、安倍政権の支持率は66%あるが、増税賛成は47%、反対は48%であった。さらに法人減税については、「日本の個人と法人の税バランスを他国のそれに近づけようとするため」であるが「有権者の友好度をテストする」ことになると、フィナンシャル・タイムズ紙は評している。

また、今企業に設備投資をさせて能力拡大させる意味があるのかという疑問もある。ウォール・ストリート・ジャーナル紙も、連立与党内にさえ反対があると報じている。

公共事業支出や低所得者層への現金配布などの景気刺激パッケージについても、同紙は、7.5兆円と予想される増税での増収を帳消しにしてしまうと指摘する。過去、政権が「有権者を喜ばせるため」に使ってきたこのような政策は、エコノミストらによると、永続的な経済浮揚効果は少ないという。

同紙は、日銀の金融刺激策拡大で円安とリスク資産市場を強く保つ、第3の景気悪化対策が主軸になるだろうとも論じている。その重責は黒田日銀総裁にかかり、米国の利下げ政策「グリーンスパンプット」や「バーナンキプット」に並ぶ、「黒田プット」の出現を見るだろうという。

0131001at20_p

政府・与党政策懇談会で消費税率引き上げを表明する安倍晋三首相=1日午後、首相官邸

【主張】消費税8%決定 日本再生へ確実につなげ 成長戦略の具体化が急務だ

(2013.10.1 msn産経ニュース)

安倍晋三首相が消費税率を来年4月から3%引き上げ、8%とすることを正式表明した。安定的な社会保障財源の確保と財政健全化に向け、確かな一歩を踏み出した意義は大きい。

安倍首相は1日の記者会見で増税の理由について「国の信認を維持し、持続可能な社会保障制度を次の世代に引き渡すため」として国民に理解を求めた。

景気への影響を懸念し、増税先送りを求める声は政府内にもあった。その中で、ぶれずに法律通りに増税の実施を決断した安倍首相の姿勢を支持したい。

消費税増税は17年ぶりとなる。日本は今、デフレから脱却し「失われた15年」を埋める過程にある。安倍首相は増税による景気の落ち込みを防ぎ、日本経済を上向かせる成長戦略の具体化を急ぐことが必要だ。増税による財政再建と成長は「日本再生」のために、どちらも欠かせない。

≪政治も身を切る覚悟を≫

一方で、国民に増税という負担を求める以上、政治も自ら身を切る覚悟を示すべきだ。予算削減などを通じた政府のスリム化を図ることも必要だ。安倍首相は選挙制度改革を通じた定数削減などを主導し、増税への国民の理解を求めてほしい。

日銀がまとめた9月の短観で、企業心理の大幅改善が確認された。今年4~6月期の実質国内総生産(GDP)も年率3・8%増に上方修正され、堅調な個人消費に加えて設備投資もプラスに転じた。来年4月の増税実施に向け、景気は着実に回復傾向にあるとの判断は妥当だ。

増税の目的は言うまでもない。高齢化に伴って増加が続く社会保障財源について、税収が景気に左右されにくい消費税の税率引き上げで確保することだ。

税収と同じ規模の国債発行に頼る、借金頼みの財政運営には決別しなくてはならない。

財務危機に見舞われた欧州をみても、財政に対する市場の信認を失えば国債価格は暴落し、金利は急騰する。そうなれば景気を直撃し、国の予算編成にも支障が生じる。持続可能な財政は国の成長を支える基盤と認識すべきだ。

その意味でも国際公約となった消費税増税の実施は、安定的な経済成長を果たす日本再生に舵(かじ)を切る意思表示と受け止めたい。

ただ、すでに政府の債務残高が1千兆円を超え、財政再建は増税のみでは達成できない。消費税を法律通りに平成27年10月に10%に再び引き上げても、国と地方の基礎的財政収支を32年度に黒字化させるとの政府目標はクリアできない。厳しい歳出削減にも同時に取り組む必要がある。

とくに、高齢化で膨張が続く社会保障費への切り込みは待ったなしだ。現行制度をこのまま続ければ、高齢化などの影響で年1兆円規模で必要な予算は増える。これを放置していては、財政健全化の道筋は描けない。社会保障制度改革国民会議が示した改革案の具体化を急いでほしい。

増税対策で検討するとした復興特別法人税の前倒し廃止は、日本経済に活力を与えることを目指すものだ。

被災地の復興財源の確保は当然だが、これによって税負担が軽減される企業は、積極的な設備投資や賃金引き上げなど、日本経済の成長に資する責務があることを忘れてはならない。

≪バラマキは許されない≫

消費税増税に伴う低所得者対策では、住民税の非課税世帯を対象に1人あたり年間1万~1万5千円を支給するという。増税の影響を強く受ける低所得者層への配慮は必要だが、単なるバラマキは許されない。

低所得者対策は、やはり軽減税率の導入を軸とすべきだ。

コメ、みそなど基礎的な食料品や新聞・雑誌などに消費税負担を抑える軽減税率は透明性が高く、低所得者に恩恵が広く行き渡る。欧州では付加価値税(消費税に相当)の税率が20%前後だが、生活用品を広く軽減対象と認めることで高い税率に国民の理解を得ている。日本も導入すべきだ。

産経新聞とFNNが9月実施した世論調査によると、来年4月から予定通りの消費税増税の実施を「支持する」と答えた人は、3分の1にとどまった。

生活に直結する消費税増税に反対する声は根強い。これからも丁寧な説明が欠かせない。

消費税増税の背景に国の借金 ある村の現状を取材しました。(13/10/01)

消費税増税決定を発表!青山繁晴が暴露する官僚腐敗と消費税増税理由!「簡単です!消費税とは、天下りを支えるもの!なぜなら・・・。

キャリア官僚の不当降格訴訟 「ノンキャリ・民間と依然格差」が浮き彫り

(2013.10.2 zakzakニュース)

農水省の57歳のキャリア官僚が、管理職を外され「専門スタッフ職」への異動となったことを不服として、国を提訴したという報道があった。

キャリアとは、国家公務員総合職試験(旧上級甲種、I種)合格で採用された人だ。明文の規定はないが、事実上、キャリアが幹部に昇進するのは慣行となっており、かなりの人が最終的には「指定職」につく。指定職とはだいたい各省の審議官クラス以上で、個室、秘書、車付きの幹部。政府全体で1200人ほどで公務員総数の0・3%程度しかいない。

キャリアの昇進スピードは「特急」や「新幹線」とたとえられ、ノンキャリアとの差は歴然としている。ちなみに筆者は、この官僚と同じ入省年次である。筆者は6年前、出向先の官邸で辞める際、指定職の打診を受けていたが、退職後の自由な活動を確保する等の理由で、その打診を断って退職した。

今回、キャリア官僚は、指定職になれなかったことから国を訴えたのだろうか。キャリアはこれまで人事上の優遇扱いを受けてきたので、こうした訴えは珍しく、訴訟自体がニュースになった。しかし、ノンキャリアからみれば、指定職でなくても手の届かないポストにいるわけで、職場転換を命じられたにすぎない。まして民間からみれば、リストラや首切りが簡単に行われる時代に、失職しないだけ儲けもの、との見方もあるだろう。

専門スタッフ職が設けられた背景には、公務員制度改革がある。従来の公務員改革では「天下り撲滅」がいわれてきた。これに対して、天下り斡旋(あっせん)禁止という抜本的な解を出したのが、2007年の第1次安倍晋三政権の時に成立した改正国家公務員法だ。

実は筆者は、この法律の立案者の一人だ。ただ、天下り問題だけを解決しても、公務員制度全体としては未完だ。そこで、福田康夫政権の時、当時の渡辺喜美行革担当相が奔走し、国家公務員改革基本法を与野党の壁を乗り越えて成立させた。

ところが、その後、同法に基づく実定法は国会で成立せず、公務員制度改革は進まなかった。結局、同法は今年7月に失効した。その間、実定法改正がないまま、10年4月、民主党の鳩山由紀夫政権下で、ある年齢になると(1)幹部へ昇格か(2)天下り-というコースだったのを、(1)幹部への昇格(2)現役出向(偽装天下り)(3)専門スタッフ(ライン外し)-に変えた。(3)では給与カットされるが、その額は2割程度で、民間から比べればたいしたことない。

そもそも、キャリア官僚の給料は民間が低下してきたので相対的に高くなっており、カットされた後も年収800万~1000万円程度。専門スタッフ職を作るときには「高給窓際官僚を大量生産する」と揶揄(やゆ)されたくらいだ。いずれにしても、裁判で人事や退職の実態がわかれば、キャリアとノンキャリアや民間の差が明らかになるだろう。

(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)

増税に舵を切った安倍首相。

景気対策が従来のバラマキの域を出ないものならば、来年4月以降は好況感が大幅に減退し、再びデフレ状態に陥ることになります。

また、国民だけに負担を強いるのではなく、行政改革も徹底して取り組むべきでしょう。

それを怠れば、安倍首相の支持率は急落し、経済悪化の戦犯として表舞台から消えることになります。

本人が一番判っているとは思いますが・・・

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

FPUからのお知らせ

*FPUではブログサポーターを募集しています。詳細については、下記をクリック願います。

ブログサポーターを募集します!(FPU公式ブログ)

Fpu007

FPU(フィギュアスケート保護連合)へ、ご協力下さい。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。

FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp

FPU公式ブログ  http://fpu1.cocolog-nifty.com/blog/

お問い合わせ先一覧(下記の文字をクリックして下さい)

■日本スケート連盟 メールアドレス jsf@skatingjapan.or.jp

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育館内

TEL : 03-3481-2351

▲首相官邸 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

▲ 自民党 https://ssl.jimin.jp/m/contact

*BPOの問い合わせ先

*厚生労働省 お問い合わせ窓口

*外務省~監察査察意見提案窓口

*外務省~ご意見・ご感想(メールフォーム有)

*総務省への意見

*文部科学省への意見

*公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

kuroneko_azをフォローしましょう

* 今 日 の 猫 *

【送料無料】ねえだっこして [ 竹下文子 ]

【送料無料】ねえだっこして [ 竹下文子 ]
価格:1,365円(税込、送料込)

甘える猫。 ラグドール Ragdoll

☆ お 知 ら せ ☆

FPUの公式ブログ

誹謗中傷を繰り返す悪質なkiki_dide氏とその仲間~その1

にほんブログ村のランキング不正操作疑惑について

被災地の小さな命を救いたい・・・

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートの基礎

フィギュアスケート講座

フィギュアスケート技の解説

|

« 暗澹たる思い | トップページ | ソチ五輪はプログラム勝負、韓国は恥知らずの捏造で勝負 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは


キム・ヨナの仮病をいちいち擁護するマスコミは一体、浅田選手は無関係でしょう。

無理やり絡めて馬鹿馬鹿しい記事はやめて欲しいΣ( ̄皿 ̄;;

またマスコミは浅田選手を妨害する気ですか。

キム・ヨナと他の選手とは本来比較出来ないですよ。彼女だけ点数の付けかたが違うんですから

キム・ヨナの茶番劇に巻き込まないで欲しい

アマチュアのスポーツ選手にあまりにも酷い妨害を重ねるのはマスコミの規約に違反するはずですよ

投稿: みき | 2013年10月 2日 (水) 16時28分

黒猫様こんばんは

近頃の真央さんは、益々高みに登られ、他の者とは別次元ですので
こういう下衆の記事は、私などからしても読んでいて恥ずかしくなります。
既に週刊誌(女性誌は別)は韓国バッシングにシフトしているようですが
新聞系は未だ変わらずですね。
この手の記事はキムサイドから心付けは届くし、浅田ファンがぎゃーぎゃー
騒いでくれるからやめられないねぇ・・・って言ってそう。
本当は無視したいところですが、放っておくと勝手に事実にされるから
そうもいかないところが苦々しいですね。

アメリカのために、ポチの日本経済がしっかりしてなきゃ困るんだよ
っていう話みたいで、なんか腹立つ・・・
違ってたらすみません。

投稿: よっしー | 2013年10月 2日 (水) 17時45分

黒猫さん、今晩は。

真央さんの新しい本、読んでみたいです。私は普段、どうも照れくさくてアスリート本は買わないのですが、これは心惹かれる本ですね。
真央さんが一番辛かった時期を乗り越えていく過程、乗り越えた先で見つけたもの、そういうものが書かれているのかしら?なんだか涙無しでは読めなさそう つД`)
ソチ五輪後には、また新しい真央さん本が出るのかしら?

消費税UPしますね(○`ε´○)
消費税UPに伴って、訳の分からない便乗値上げも増えそう。原料費高騰だの、円安の影響だの・・・いままで超円安だったのに、物価は高騰してたけど?
政府には便乗値上げをしっかり取り締まってほしいです。
・・・なんか徳川吉宗を思い出しました(笑)

*今日の猫*の絵本、『ねえだっこして』 猫のせつない表情がかわいすぎです!

投稿: glacier | 2013年10月 2日 (水) 20時54分

真央ちゃんの新しい本が出るなんて!
嬉しいサプライズだにゃ!
過剰な予告宣伝もなく、さりげなくサクッと……(笑)
真央ちゃんらしいというか、学研さんもIMGさんもなかなかですにゃ!

 ……ポチッとにゃ♪

投稿: え〜にゃ | 2013年10月 2日 (水) 22時21分

消費税アップの会見の安倍総理はオーラがありませんでした。
きっと苦しかったと思います。
安倍総理が決断した結果で、世の中はどう変わっていくのでしょう。。。

私の場合はまず自分のひと月の3%分の金額をどうやって節約していくかなと計算しました。それを削るために、今使ってる携帯は一個解約しようかなとか、毎月支払っている色々メンテナンス費はもう契約切ろうかなとか考えたりしました。
でも一方で、この本の予約をしなくちゃと思う私。。。
そして試合のチケットを予約する私。
福岡でのファイナルにきっときっと勝ち上がってきて欲しい、、という願いを込めて予約ポチしました。(当たれ〜)
景気の気とよく聞きますが、私の中ではまだこんな感じです。
本当の所は来年4月以降にならないとわからないけど、まだ捨てるには早いと感じていますし、マイナスな気持ちが大きくならないようにって思っています。

でもほんとチケットビックリするくらい高い(汗)土日しか休めないんですが日曜日もポチるか迷い中です。

投稿: といかけ | 2013年10月 3日 (木) 08時38分

真央ちゃんの新刊楽しみです。
たぶん人生において最も辛く厳しい時期の事だけにとても興味深く発売を心待ちにしておきます。
そう思いながら振り返ると彼女はどんなに辛い時でもリンク上や公の場では決して笑みを絶やしませんでしたね。
それをあの年頃でやっていた凄さに改めて感心させられます。
彼女は本当に地上に舞い降りた天使かも。

投稿: sato | 2013年10月 3日 (木) 10時44分

浅田選手の新しい本が販売されるのですね!嬉しいです^^しかも吉田さんが書かれた本なので、黒猫さんがお書きになられたとおり、安心して読めそうです^^吉田さんの書かれた本が浅田選手関連本で一番好きです(私は宇都宮さんの本はいただけなかったです…特に『浅田真央20へのステップ』)。

投稿: ☆ | 2013年10月 4日 (金) 14時08分

〝浅田真央 そして、その瞬間へ〟予約しました。
明日からのシーズン、うまく行きますように!! とお祈りして‥
(私の心の中には深く刻まれているので、読まなくてもいいのですが)

世界選手権以降、余りに消沈してしまってビデオも整理できずそのまま…
スケ連やTV局等への抗議もする気が無くなってしまいました。

そんな私もゲンダイの記事にはムカッときました。
いったいどんな記者(何者?)が書いたのか!!

今は 現世界女王(=KY)という言葉にも気分が悪くなります。
すみません… 今日は愚痴を書かせて頂きました。
明日からは新しい気持で、オリンピックシーズンを応援したいと思います。

投稿: k | 2013年10月 4日 (金) 16時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1275350/53464294

この記事へのトラックバック一覧です: 浅田真央 そして、その瞬間へ:

« 暗澹たる思い | トップページ | ソチ五輪はプログラム勝負、韓国は恥知らずの捏造で勝負 »