« スケートカナダ~羽生2位、織田3位(動画有) | トップページ | 嘘つきでパクる人達 »

スケートカナダで見えた選手達の成長と通過点(EX動画有)

スケートカナダが閉幕しました。

オリンピックへ向けて、様々な課題を見つけた選手もいたのではないかと思います。

優勝を果たした選手も、実力を発揮出来なかった選手も、今回の結果を糧に更なる成長を遂げて欲しいと願っています。

Pk2013102802100060_size0

鈴木明子のフリー=セントジョンで(内山田正夫撮影)

成長の鈴木 羽生は途上の2位 スケートカナダ杯

(2013.10.28 東京新聞)

【セントジョン(カナダ)=海老名徳馬】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダ最終日は26日、当地で男女のフリーなどを行い、女子はショートプログラム(SP)3位の鈴木明子(邦和スポーツランド)が2位となり、合計193・75点で2位に入った。1位にはSP2位のユリア・リプニツカヤ(ロシア)が入り、198・23点で2005年フランス杯の浅田真央(中京大)に並ぶ15歳でのGP初優勝を果たした。

男子はSP3位の羽生結弦(はにゅう・ゆづる=ANA)がフリー2位となり、234・80点で2位に順位を上げた。パトリック・チャン(カナダ)がSPに続いてフリーも制して262・03点で圧勝した。

◆鈴木 ミスに動じず対応 3年連続表彰台

幼いころから教えを受け、東北福祉大で本格的に師事してから10年以上たつ鈴木と長久保コーチ。二人の間に今季はある変化があったという。

一つのミスから演技が崩れてしまうのが昨季までの鈴木だった。「これまでは理由を言ってコーチに『違う』と言われるのが嫌で黙っていたけれど、『ミスを気にしすぎてだめになってしまう』と言うことにした」

厳しい指導で知られる長久保コーチに意見をぶつけた末に「ミスを気にしないこと。練習でミスしても二つ、三つ先のジャンプまで続ける」という方針が生まれた。

その考えがフリーに生きた。最初の連続ジャンプが失敗の単発に終わった。「次のアクセルは3連続とすぐ決めて、落ち着いて滑ることができた」。SPと同様、ミスに引きずられずに滑りきり、3年連続のスケートカナダ2位という結果にたどり着いた。

会見で自らの強みは何かと問われ、「強いて言えば、長く滑ってきた経験がスケートの深さにつながっていればいいと思う」。28歳にして身に付けた底力を見せた。

(海老名徳馬)

◆羽生 好調ジャンプ転倒 「次までに調整」

演技後に汗をぬぐう羽生の視線がモニター画面にくぎ付けになった。最後に滑るのは「気にしている」と公言する王者チャン。立て続けに2本の4回転ジャンプを決め、地元ファンの大歓声を浴びた。「うまいな、としか思えない」。率直に拍手を送った。

公式練習でも演技直前の練習でも好調で「外す要因がない」と感じていた4回転。本番では最初のサルコーで転倒、続くトーループは着氷で右手をついた。中盤のトリプルアクセル(3回転半)は1回転に。王者に対抗できるはずもなかった。

今月初めの今季初戦では2種類の4回転を決めた。練習でも好調。正反対の結果の理由が本人にも分からない。「どこが原因か、嫌だけどビデオをたくさん見ないと」。結果が悪いときほど努めて明るく振る舞う羽生だが、抱え込んだ課題は心にずしりと重い。

チャンの得点が発表されると、さらにライバルへの意識をのぞかせた。「(町田)樹君、ちょー強い」。前週のスケートアメリカで優勝した町田の得点は、チャンよりもさらに上だった。

壁を乗り越えようとする意志の強さで力を伸ばしてきた。「次までにはちゃんと調整したい」。目指すのはまだ先、来年2月のソチ五輪。シーズン序盤に求められるのは、何よりも強い気持ちだろう。

(海老名徳馬)

Pk2013102802100061_size0

羽生結弦のフリー(内山田正夫撮影)

034520324_1382917032

20131026 「スケート人生」を表現

1027〇ューイチ

≪ご案内≫

『フィギュアスケート 疑惑の高得点』に間違いがあったことをお詫び申し上げます。

『フィギュアスケート 疑惑の高得点』正誤表 クリックするとのPDFファイルが開きます

雑談などにご利用下さい→『ゆきの小部屋~その8』

*ブログの避難所を開設しました→コチラをクリックして下さい。

竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記

2013y10m28d_1036195012013y10m28d_1038511932013y10m28d_1039090152013y10m28d_1039327192013y10m28d_1037513642013y10m28d_1037073662013y10m28d_103836202

Yuzuru Hanyu - Skate Canada 2013 Gala EX

SC 2013 Nobunari Oda EX

Patrick Chan - Skate Canada 2013 EX

Tessa Virtue Scott Moir EX Skate Canada 2013

Andrew Poje Kaitlyn Weaver SC 2013 EX

Akiko SUZUKI EX "Love Dance"

Julia Lipnitskaia Skate Canada 2013 EX

Gracie Gold Skate Canada 2013 EX

Skate Canada 2013 Gala Finale

2013y10m28d_103642758

今出来る最高の演技をすること・・・当たり前のようですが、なかなか難しいようです。

羽生結弦はもっと演技で自分を表現して欲しい。

今回の演技は得点を気にし過ぎて彼本来の良さが薄れていたように見えました。

織田信成もどこかミスを怖がりながらの演技だったように思いました。

町田樹という思わぬ伏兵が、五輪代表レースのトップを走っている今、自分の全てをぶつけなければ、五輪出場は叶わぬ夢となってしまいます。

冷静さとひたむきさは両立できるのです。

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

FPUからのお知らせ

*FPUではブログサポーターを募集しています。詳細については、下記をクリック願います。

ブログサポーターを募集します!(FPU公式ブログ)

Fpu007

FPU(フィギュアスケート保護連合)へ、ご協力下さい。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。

FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp

FPU公式ブログ  http://fpu1.cocolog-nifty.com/blog/

お問い合わせ先一覧(下記の文字をクリックして下さい)

■日本スケート連盟 メールアドレス jsf@skatingjapan.or.jp

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育館内

TEL : 03-3481-2351

▲首相官邸 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

▲ 自民党 https://ssl.jimin.jp/m/contact

*BPOの問い合わせ先

*厚生労働省 お問い合わせ窓口

*外務省~監察査察意見提案窓口

*外務省~ご意見・ご感想(メールフォーム有)

*総務省への意見

*文部科学省への意見

*公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

kuroneko_azをフォローしましょう

* 今 日 の 猫 *

柔道をする猫

☆ お 知 ら せ ☆

FPUの公式ブログ

誹謗中傷を繰り返す悪質なkiki_dide氏とその仲間~その1

にほんブログ村のランキング不正操作疑惑について

被災地の小さな命を救いたい・・・

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートの基礎

フィギュアスケート講座

フィギュアスケート技の解説

|

« スケートカナダ~羽生2位、織田3位(動画有) | トップページ | 嘘つきでパクる人達 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

羽生選手は、終始心ここにあらず、というか集中力を欠いちゃっていたのかな、といった印象でした。
気持ちが強すぎて、空回りしたのかな。。
織田選手も、ネーベルホルンのときのような演技ができればいいのだけど。

その点鈴木選手はジャンプに対する慎重さがあったような印象でしたが、最後まで集中が切れなかったと思うし、なによりも洗練されたプロが素敵でした。

荒川さんが、鈴木選手のようなスケートがよく伸びる選手は、リンクが通常サイズよりも狭くなってしまうと、ジャンプを決めるのが厳しくなってくる、といったような発言をされてましたけど(よく耳にしますが)、リンクの大きさが大会によってまちまちだなんて、本当にいろいろな事が曖昧なスポーツですよね、ルールもコロコロ変わるし(笑)
大会ごとにみな同じ条件下で臨むとはいえ、選手は大変でしょうね。

オリンピックは規定があるから無問題なんだろうけど、世界選手権やGPSなんかの大会は、せめて通常サイズのリンクを用意できないものかなぁと、アメリカそしてカナダ大会を観て思いました。

投稿: maya | 2013年10月28日 (月) 13時56分

アリガトウ

これで真央、明子、大輔が北米で競技スケートを滑る事はもうないわけだ。真央だけファンとしてもアリガトウを言わなくちゃね。ここまでスケートを潰してくれてアリガトウ。おかげさまでプロになっても仕事先少なくなりました。

IOCやISUのおじさん、おばさんたちにもお礼を言わないとね。次はぺんぺん草の上でスキー滑降だとか聞きました。テレビ局の皆様も新聞社の皆様もラブホに泊まって取材だとか。本当にアリガトウございます。

元従軍慰安婦の皆様方が山のふもとでお出迎え。大統領のおばさんも少し若いがまぎれこんでニーハオ・マ。中国初の冬季五輪。なんでしょ。

世界中がアリガトウ。

オレ達はその前にソチでやることがあるけどよ。

投稿: 小川 一 | 2013年10月28日 (月) 18時52分

チャン選手が18歳の時のSPです。
これを見ると、凄さが分かると思います。
http://youtu.be/EBW8TsHGTsM

でも私は日本人なので、ソチでは高橋選手か羽生選手に金メダルをとってもらいたいです\(^o^)/

投稿: ネコのり | 2013年10月28日 (月) 21時45分

羽生選手は表現を意識しすぎていますね。おそらく日本の手厳しい指摘をしっているのでしょう。
表現表現と昨季言い出してからジャンプにミスが目立ちます。
彼を崩したのはパトリックではなくカナダでもなく日本かもしれない
自分はノービスのころから彼を知っていますし表現力を高く評価されている選手でした。
それが昨季表現の課題を言い出してからきれいなジャンプが成功しない、誰もが認める美しいスピンも劣化
あまり意識しないときのほうが鳥肌立つくらいの素晴らしい演技ができていたのに、表現を指摘されるようになって羽生選手の持ち味も否定されたからでしょうか
彼を昔から見ている人は生で見た彼の世界観を知っています。
オーサーが合わないのかウィルソンが合わないのか、彼のファンが決して彼の努力を認めないからなのか
思春期捨ててスケート漬け。周りに心を許せる人がいない、オーサーもフェルナンデスにかかりきり。
優勝したフィンランディアもファンから言われた言葉はおめでとうよりも課題
普通なら精神崩壊してますがトップ選手なら普通のこと
素人評価をあてにしては得点がとれません
いかに素人評価を無視するかが彼の最大の課題でしょうか
浅田選手や高橋選手みたく五輪で活躍する選手はシーズン最初は調子があがらないもの。羽生選手も織田選手も五輪活躍フラグかもしれませんね

投稿: みちる | 2013年10月28日 (月) 22時43分

やっと録画を見たのですが。
エッジエラーをとられている明子さんのFSのルッツですけど、アウトエッジに乗っていませんか?
あんなにアウトに倒れているのに、アウトエッジじゃないってことがあるんでしょうか。
フラットだったらエラーですが、その他に規定ってなかったような気がします。

まぁ猫の目ジャッジなことは、いまさらなんですけど。

投稿: Lily | 2013年10月29日 (火) 00時44分

スケートカナダの得点は辛くスケートアメリカは甘すぎる
今回わかったのはカナダは何をしてでもPチャンに五輪金メダルをとらせたいということ。
わからないのは今季の羽生選手はsage選手なんですかね
本田さんの解説も的を得ていない課題指摘、演技見ていない証拠の間違え解説
期待の裏返しにしてはひどすぎる事実無根の酷評記事
明らかに緊張によるものをなぜか慣れによるものだと指摘記事
真央ちゃんのバンクーバーを思い出すプロ変えろ記事
ミスをしているので仕方ないことですが少々やりすぎですね
オーサーもフェルナンデス選手がいるからいいのでしょうか?試合を捨ててお祭り大会に同行するくらいですからどうでもいいのでしょうか
サムスンの被害者がまた現れたということなんでしょうか
ただの考えすぎならいいですが真央ちゃんとやたらと重なる部分おおすぎるんですよね
鈴木選手は圧巻でした。鈴木選手に関してははずれプロが一つもないんですよ!今回はSP、FS両方とも名プロです

投稿: | 2013年10月29日 (火) 01時14分

おはようございます。

オーサーのフェルナンデス贔屓を言われる方もいらっしゃいますが、昨シーズンはオーサーは羽生くんベッタリでした。
昨年のNHK杯、キスクラで一人座るナンデス君、寂しそうでしたよ。
オーサーは羽生くんに付きっきりで同伴無しだそうで。演技もいまいちだったので、コーチの存在が必要だと思いました。

2人の、才能ある選手の掛け持ちは細心の配慮がコーチには求められると。ナンデス君の今年の躍進は約念の悔しさから?とも思います。

投稿: なんとなく | 2013年10月29日 (火) 08時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1275350/53747665

この記事へのトラックバック一覧です: スケートカナダで見えた選手達の成長と通過点(EX動画有):

« スケートカナダ~羽生2位、織田3位(動画有) | トップページ | 嘘つきでパクる人達 »