« スケートアメリカのエキシビションと浅田真央の人生に学ぶこと | トップページ | ソチへ向けて更なる飛躍を目指すスケーターと劣化を続ける方々 »

スケートアメリカに舞った日の丸を踏みにじりたい人達

スケートアメリカが終わり、一抹の寂しさが・・・などと感慨にふけっている暇はありません。

週末にはスケートカナダです。

男子は羽生結弦、織田信成、無良崇人の3人が、パトリック・チャンに挑みます。

女子は鈴木明子が出場します。

スケートカナダ日程

2013y10m22d_181028156

スケートアメリカでの浅田真央と町田樹のW優勝を喜んでいない方々もいるようです。

特に浅田真央に対する『妬み』のような声がチラホラと聞こえてきます。

期待しているから辛口の批評というオブラートにくるまれていますが、中身は『恨』がぎっしりと詰まったどす黒いものです。

毒気に当てられないように、ファンの皆さんも注意して下さい。

特にモラリストの皮を被った採点恭順者(キムチ派)はタチが悪いです。

浅田真央ファンになりすましていますから・・・

氷上の華~アメリカGPに舞った2枚の「日の丸」。 浅田と町田のW優勝でシーズン始動!

(2013.10.22 NumberWeb 文:田村明子)

10月18日、ミシガン州デトロイトでスケートアメリカが開幕。いよいよソチ五輪シーズンのGPシリーズがスタートした。

男子は町田樹が、女子は浅田真央が優勝して、君が代が二度流れるという幸先の良いスタートとなった。

町田樹が自身初となるスケートアメリカのタイトル。

今季初のGP大会の男子シングルで優勝を飾ったのは、高橋大輔でも、小塚崇彦でもなく町田樹だった。昨年はこの大会で3位。今年はついにタイトルをものにした。だが町田は、手放しで喜ぶ様子は見せなかった。

「ここで勝ったからと言って、五輪代表選考にはまったくアドバンテージにならないとわかっています。自分でも勝ったのは“たまたま”だったと思っているし、周りもそう思っていると思う。『勝って兜の緒を締めよ』ではないですけれど、気を緩めないで、ここからロシア杯、ファイナル、そして全日本選手権とつなげていきたいです」

優勝会見で、町田樹はそう語った。

会場中の観客が立ち上がり、スタンディングオベーションを!

SPの「エデンの東」では、驚くほど切れ味の良い4+3トウループを含むノーミスのプログラムを滑りきり、91.18とそれまでのパーソナルベストを大幅に更新。歴代男子の中で6位に入る高得点を獲得して、SP2位だったジェイソン・ブラウンの83.78に大差をつけ、トップに立った。

フリー「火の鳥」ではコンビネーションこそつかなかったものの、やはり4回転トウループを2回降りて、3アクセル+3トウループなどほとんどミスのない演技。町田が最後のポーズをとると、会場中の観客が立ち上がり、スタンディングオベーションをおくった。

「大敗の後、スケートの原点に戻った」

昨シーズンは中国杯で初のGPタイトルも手にし、初めてGPファイナルにも進出した。しかし全日本選手権では失速して9位。世界選手権の代表も逃した。

それが今シーズンはジャンプが見違えるほど安定した。その裏には、スケートの原点に立ち返るトレーニングがあったのだという。

「4月に2年間トレーニングした米国を後にして、大阪にトレーニング拠点を移しました。スケートの原点の基礎に戻ろうと思い、毎朝5時前に起きて、1時間か2時間、コンパルソリー(規定演技)をやっていました」

それによって体の状態に対してより敏感になり、エッジに正確に乗れるようになった。ジャンプやスピンを失敗しても、自分の体がどのような状態にあったのか、常に把握できるようになったのだという。

「昨年の(全日本での)大敗がなかったら、基礎に戻ろうという気にはならなかっただろうと思います。あの失敗があったからこそです」

コーチのアンソニー・リュウは「タツキには前から能力があった。足りないものは、自信だけ。そのことを前からぼくはずっと言い続けていたんです」と笑顔で語った。

「今シーズン、ようやくすべてが一体化して結果になったのだと思う」

ソチ五輪の代表争いは、まだ始まったばかり。

それでも町田は、まだ自分が日本男子のトップ扱いをされていないことを自覚している。

この試合では高橋、小塚のトップ2人はいずれも本来の演技を見せることができずに、4位と6位に終わった。だが2人はいずれも世界選手権の表彰台に立ったことのある選手。この1試合だけで、その評価が覆されたとは思っていない。

「今の自分はまだ、五輪代表選考からはもっとも遠い位置にいると思っています。でも五輪に絶対に出るんだという強い気持ちを持って、このシーズンを戦っていきます」

現在の日本男子は、世界のトップで戦う実力のある選手が5~6人いる。その中で3枠しかない五輪代表の座を射止めることができるのは誰なのか……。

まだまだ戦いは始まったばかりだ。

浅田真央、スケートアメリカで独走の初優勝。

女子では、浅田真央がSPからトップを保って独走優勝を果たした。

シニアのGPシリーズに上がって今年で9シーズン目。GPの6大会とファイナルを含めて、実は彼女が唯一タイトルを持っていなかったのが、このスケートアメリカで、出場したのは2006年以来2度目のことだ。

SP「ノクターン」は奇しくも、2006年に彼女がこの大会に初出場した時に滑った音楽である。今シーズン、成長した自分で再びこの音楽を表現したいと願い、振付師のローリー・ニコルと相談してこの音楽を選んだのだという。

冒頭の3アクセルを成功させ、コンビネーションを予定していた3フリップは単発になったものの、後半の3ループの後に2ループをつけて、コンビネーションにした。最後のレイバックスピンも美しく決まり、ノーミスで滑りきった。73.18という高得点が出たときは、本人も少し驚いた表情を見せた。

「ここ数年、GP大会の初戦で良い滑りを見せることができなかったので、ここでまずまずの滑りができて嬉しいです」

会見では、明るい表情でそう語った。

調子が上がってきたのはなぜか、と海外メディアから聞かれると、「バンクーバー五輪後、佐藤コーチとスケーティングもジャンプも1から基礎をやりなおしてきた。今シーズンに入ってから、それがようやく形になってきたと手ごたえを感じています」と答えた。

3アクセルで転倒するも、自己ベストに迫るスコア。

フリー、ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第二番」では冒頭の3アクセルで大きく転倒。だが素早く立ち直り、3フリップ+2ループなど、5回の3回転ジャンプを成功させ、残りをノーミスでまとめた。5コンポーネンツも8点台後半が並んでフリー131.37、総合204.55でトップを保って優勝した。バンクーバー五輪で出した自己ベストの205.50にせまる高得点だった。

「もっと上を目指せる」

「演技の内容には満足していません。でもここで課題もまた見つかって、次につながる大会になったと思います」

転倒した3アクセルは踏み切った感触は良い感じで、片足で着氷できる、と思ったという。だがこの失敗にもかかわらず、2度の3アクセルを成功させたバンクーバー五輪に近い点が出たことを指摘されると、「あ、そうですか」と一瞬驚いた顔をした。

「バンクーバーの時とまた違って、今はスピン、ステップのレベルも安定し、ジャンプもルッツまで種類を入れている。得点としてはこの演技でこれだけもらえるというのはすごく満足です。さらに練習していけば、もっと上を目指せるんじゃないかなというように感じています」

NHK杯では、もっと攻めの演技を見せたい!

少し残念だったのは、アクセル転倒が体力的にも響き、また「もう失敗したくない」という気持ちになって、その後に予定していたコンビネーションの難易度を落としてしまったことだったという。

3+3は3+2になり、2アクセルに続ける予定だった3トウループは2トウループになった。それでも全体をまとめることを選んだことに、後悔はないという。

「でもNHK杯では、たとえ(最初のジャンプを)失敗しても、他のものを無くさないように練習していきたい。ソチ五輪の戦いはもう始まっていると思う。できるだけ攻めのプログラムでいきます」

こうしてアマチュア最後のシーズンに、GPシリーズを全て制覇した浅田真央。

本番のソチの舞台まで、残すところあと4カ月である。

2013y10m22d_173747305

優勝した町田は、「自分から勝ちを狙いにいって、自分の力で優勝をつかむことができたのは、本当にうれしい。4回転ジャンプの調子はよくなかったが、これからも続けていきたい」とコメントした。 photograph by Getty Images

131022 NEWS 〇ブリィ

町田樹 timshel

町田樹特集(埋め込みできないYouTube動画ですので、クリックしてご覧下さい)

520324_1382417741131020_machida

≪ご案内≫

『フィギュアスケート 疑惑の高得点』に間違いがあったことをお詫び申し上げます。

『フィギュアスケート 疑惑の高得点』正誤表 クリックするとのPDFファイルが開きます

雑談などにご利用下さい→『ゆきの小部屋~その7』

*ブログの避難所を開設しました→コチラをクリックして下さい。

竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記

コケてもV 最強の浅田真央/フィギュア

(2013.10.22 nikkansports.com)

<フィギュアスケート:GPシリーズ第1戦スケートアメリカ>◇20日◇米デトロイト

浅田真央(23=中京大)がGP初戦を完全優勝で飾った。ショートプログラム(SP)に続き、フリーでも131・37点で1位。ジャンプの転倒で足にダメージを抱えながら高得点を出した合計204・55点は、自身4度目の200点超えとなった。男女を通じて初めて、ファイナルを含むGPシリーズ全7大会を制する快挙も達成し、集大成として挑むソチ五輪へ大きな期待を抱かせた。

周囲を慌てさせた。表彰式の表彰台の真ん中で、浅田が体をよろけさせた。3位のラジオノワと抱擁し、前かがみの姿勢を戻すと、思わずふらついた。2位ワグナーに手で支えられて苦笑い。力が入らないのか、足も笑っていた。

冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が大打撃だった。「昨日よりも良い感じで跳び上がっていて、片足でいけると思って、片足で降りようとしたんですけどよろけました」。両足を絡めて転倒して左臀部(でんぶ)を痛打。負ったダメージが体力をむしばんでいく。「後半に足にきてしまっていて、うまく力が入らなかった」と、終盤の連続ジャンプも回転数を落とすほど。ただ、その苦境にこそ強さは際立った。

スピン、ステップは4つとも最高難度「4」を並べた。足の影響でメロディーに遅れがちになるのをこらえ、最後のステップまで。演技後に見せた「あちゃ~」と声が出そうに目を見開く表情も、どこか余裕を感じさせる。もともとが佐藤久美子コーチが「よくこんな難しいことをするな」と驚く、超高難度構成。体力消費が激しいなかで、スケート技術などを示す演技構成点で自己記録を出したことが進化を示していた。

佐藤信夫コーチは、体力について「今までは長距離的だったが、今季は中距離から短距離に近い使い方もできるようになっている」と評する。長距離はフリーの4分間を滑り切る力。短距離はその中で使うダッシュ力のこと。フィギュアは、ジャンプ、スピン後などに滑りが止まり、再加速が必要な競技。「車が赤信号で止まって発進する。その連続です」と例える。

10年バンクーバー五輪後の3季で、滑走スピードを上げてきた。最高速度を上げれば、使う体力も増える。日々の練習で響くのは「そこでもっと早く!」の佐藤信コーチの声。加速の意識を植え付けるため、体がきつくても何度も繰り返した。その氷上での蓄積が、耐える体力を生む。

05年の初参戦から9季。誰もできなかったGPシリーズ完全制覇も達成した。「すごくスケート人生にとってうれしいこと」。引退を決意する今季に、フィギュア界に1つの金字塔を打ち立てた。そして、同様にうれしいのは「得たもの」。もう10代のころのように「3回転半次第」の選手ではない強さがある。

バンクーバー五輪で出した総合得点の自己最高は205・50点だ。転倒しても、あと約1点と肉薄したことを聞き「そうですか! 今のこの演技でこれだけもらえるのは満足。これを最低レベルに、まだまだ上を目指せる」。うれしい驚きに続けた言葉にも強さがあった。

◆浅田真央(あさだ・まお)

1990年(平2)9月25日、名古屋市生まれ。15歳の05年、GPファイナル制覇。初出場10年バンクーバー五輪は銀メダル。合計3度の3回転半を成功させギネス認定。世界選手権は08年、10年と日本人初の2度の優勝。162センチ、49キロ。

◆グランプリ(GP)シリーズ

1995~96年に始まったアマチュア選手による賞金大会シリーズ。現在はスケートアメリカ、スケートカナダ、中国杯、NHK杯、フランス杯、ロシア杯の全6戦で構成し、2戦合計ポイント上位6人、6組がGPファイナル(12月・福岡)に進出する。日本選手で男子は01年のNHK杯で本田武史、女子は02年のボフロスト杯(ドイツ)で恩田美栄がGP初制覇。03年からはボフロスト杯に代わり、中国杯が入った。

2013y10m22d_092757905

表彰台の上で、3位のラディオノワと笑顔で抱き合う浅田(撮影・井上学)

浅田真央(mao asada) SA2013 FS の演技 ~ 観客席より

スケートアメリカでのW優勝を祝福できない人達もいるようです。

キム・ヨナの大ファンである元フジテレビのアナウンサー岩佐徹氏は、さっそく嫌味なツイートをしていました。

高得点を出したのが浅田真央だったから世の中平和でよかったね。キムヨナだったら、なぜだ、あそこでどうだった、ここでどうだったと蜂の巣をつつく状態になったことだろう。SPの点が出たときは本人もびっくりしていたわけだが。ハハハ。

2013y10m22d_174447076

まあ、元フジの社員らしいお言葉です。

スポーツを担当していても見る目は無かったようですね。

なぜこのような得点になったのか全く理解していないようです。

このつぶやきに、韓国と日本、そして米国のキム・マンセーな方々や、採点恭順者(キムチ派)、自称モラリスト達は大いに励まされたことでしょう。

まあ、仲間内で大喜びして下さい・・・

追記

岩佐徹氏は採点の詳細も知らずにつぶやいていたようです。

2013y10m22d_204041803

ツイッターは、バカ発見器というのがよく解りますね・・・┐( ̄ヘ ̄)┌

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

FPUからのお知らせ

*FPUではブログサポーターを募集しています。詳細については、下記をクリック願います。

ブログサポーターを募集します!(FPU公式ブログ)

Fpu007

FPU(フィギュアスケート保護連合)へ、ご協力下さい。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。

FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp

FPU公式ブログ  http://fpu1.cocolog-nifty.com/blog/

お問い合わせ先一覧(下記の文字をクリックして下さい)

■日本スケート連盟 メールアドレス jsf@skatingjapan.or.jp

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育館内

TEL : 03-3481-2351

▲首相官邸 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

▲ 自民党 https://ssl.jimin.jp/m/contact

*BPOの問い合わせ先

*厚生労働省 お問い合わせ窓口

*外務省~監察査察意見提案窓口

*外務省~ご意見・ご感想(メールフォーム有)

*総務省への意見

*文部科学省への意見

*公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

kuroneko_azをフォローしましょう

☆ お 知 ら せ ☆

FPUの公式ブログ

誹謗中傷を繰り返す悪質なkiki_dide氏とその仲間~その1

にほんブログ村のランキング不正操作疑惑について

被災地の小さな命を救いたい・・・

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートの基礎

フィギュアスケート講座

フィギュアスケート技の解説

|

« スケートアメリカのエキシビションと浅田真央の人生に学ぶこと | トップページ | ソチへ向けて更なる飛躍を目指すスケーターと劣化を続ける方々 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

岩佐徹という人、大っきらいです。

ツイートのひとつひとつに品がないところが一番嫌い。
知性がない上に下品、一番私の嫌いな大人です。
いい年してすぐに人を見下す態度を取るのは、
きっと自分が散々見下されてきたからでしょう。

前回の記事に投稿されていた一読者さんのコメント、
ブログのコピペありがとうございます。
わざわざ見に行く気はしないので助かります。
キムの演技が「わかりやすい」ですか〜
自分はフィギュアの素人だからわかりやすくないとわからないんだよ〜
って自ら吐露してますね。
フィギュアに詳しくない素人なのに、自分はさも人より見る目がある、
わかっているというような言い方をするところもなんていうか、残念な人です。
まあ、フジテレビ時代に私この人知りませんでしたから…。その程度ということでしょう。

投稿: りょう | 2013年10月22日 (火) 19時03分

スケートアメリカの真央ちゃんの結果ではっきりした事は、

“真央ちゃんのスケーティング&ジャンプが格段と上がり、それをジヤッジ、 観客、真央ちゃんファンもKYサイドも認識出来た
 真央ちゃんの点数を基準とするとKYは昨年並みのてんこ盛り点では足ら ない”ってこと。

私自身は、THE ICEの時に感じたSPノクターンへの物足らなさが
スケートアメリカで完全に覆り、改めてローリー・ニコルさんの力量に感服しています。

投稿: ナゴヤン | 2013年10月22日 (火) 19時45分

素人目には愛の夢や白鳥の湖の方が感動します。
ラフマニノフは人を寄せ付けない厳しさや冷たさを感じます。

投稿: 三毛猫 | 2013年10月22日 (火) 21時45分

岩佐の母親って向こうの人ではなかったですかね。

今探してもネットで出てきませんが。

以前自ら語るそのような記事があったような気がするのですが。

だからKY賞賛のコメントするんだと思ってました。

消したのかな。

間違ってたらすみません。

でも大体長きにわたってスポーツに携わっていれば

本物の実力はわかっているはずです。

彼はわかっていてやってると思います。

最もタチが悪い。

ユーロの新解説者と同じです。

投稿: スパイラル | 2013年10月22日 (火) 21時51分

この男の場合
「知らなかった」のでなく、「知ったこっちゃね~」という意味ですよ。

投稿: kowloon | 2013年10月22日 (火) 21時52分

News ○ブリぃの報じ方が気になった。
一見、高難度のプログラムを検証して、一般の素人も、熱心なファンも納得する解説なのだが、
裏を返せば、いざアレが(見た目)ノーミスで、浅田選手が(VTR検証でなければ気づかない程の)ミスが合った場合、
難易度は低かったが、出来映えでGOEを稼いだので、浅田選手に勝った、
などと、以前も何処かで聞き覚えのあるコメントと、メディア上の展開を想像しました。
もちろん、そこには、浅田選手のみ、散々細かなミスを繰り返し映像とコメントを流し、
おまけに犯流BBAや、双児のオカマなど、ド素人のコメントを被せるという、
お馴染み、手垢まみれの手口を使いそうです。
そして、そこにはアレの技術的な場面(足元など)のVTRは一切流れず、
たまに流れるのは、アヘ顔とクネクネパクリクネポーズとキスクラのドヤ顔。

まったく捏造の手口だけはブレませんね。

投稿: アクセルフォーリー | 2013年10月22日 (火) 23時22分

黒猫さん。いつもありがとうございます。励みになります。
上記の岩佐氏‥ああ、そうですか。ちっとも知りませんでした‥なら点数のことについて語る資格はありませんね。私は、素人なのでキムヨナについては、あらかさまに批判はしません。というか審判に疑問くらいは提唱するでしょうが、知らないのに、あの発言、お里が知れますよ。
 初めて伺うお名前だったので、その程度なんですね。そして、まさかのキムヨナにも名前出さないでって言われるかも‥

投稿: kuro | 2013年10月22日 (火) 23時22分

名前だすのもどうかと思いますが、岩佐っておっさん、魚じじいにイメージかぶるんですよねー。
前からずっとそう思ってます。
嗜好が似ると発言のイメージも似るのでしょうか。
もはやどうでもいいんですけどね。騙される人も少なくなったし(笑)。

投稿: トラ | 2013年10月22日 (火) 23時56分

ソチはキム選手が金メダルは、ISUの決定事項でしよ。(ノーミスなら)もし本当に金銭が絡んでれば、ブリティッシュもドイツもソチまでは、浅田選手下げ解説でしょう。ですが、ソチ本番になれば、先に金銭を貰っている場合、キム陣営を裏切るかもしれませんよ。キム選手もソチで引退ですから、裏切っても問題はない訳けです。GPSに出ない訳けですから、基本の得点がない訳けです。地方大会で高得点を出し、持ち上げといて、ソチでいつも通りの得点を出さない可能性もあります。もしそうなったとしても、お金返せとは、キム陣営は言えないでしょう。大事になりますから(笑)あくまで、私の希望ですが(笑)まぁ、ISUは裏切らないでしょう。ソチで、浅田選手が納得する演技を楽しみにします。(^^)v

投稿: みちこ | 2013年10月23日 (水) 07時53分

私は誰がどう言おうと真央ちゃんがソチオリンピックで必ず金メダルを獲得すると固く信じています!。バンクーバーからの3年、血を吐くような努力や苦しみ涙が無駄になるわけがありません。それを先日のシリーズ第1戦アメリカでの成績が立証しました。前にも言いましたが真央ちゃんは心の強い「新のアスリート」、自分が納得する演技をした上で最終的に表彰台の一番高所に立つ事を狙っていると思います。そして私も真央ちゃんの勝負に対する思いがひしひしと感じられます。真央ちゃんはきっと勝負を諦めてなんかいないし、もちろん私もソチでの勝利を諦めてなんかいません。私は勝利の女神が真央ちゃんに微笑むと心から信じています!。

投稿: HIMEKA | 2013年10月23日 (水) 08時16分

そうですね。勝利に相応しい選手が、金メダルを身につける事を私も希望しています。女子だけでなく、男子でもそうです。ISUはプライドを持って正しい採点をして欲しい。

投稿: みちこ | 2013年10月23日 (水) 08時27分

岩佐徹のブログやTwitterは、元アナという知名度で寄って来る人もいるでしょうが、
時として、その見識の無さと無神経な意見に、サッカーファンや元スケート選手のアレまで顰蹙をかっていますね。私は、あの「ハハハ」に虫酸が走ります。
分かってやってるあの朝鮮シンパぶりを考えると……岩佐徹の母親……そうかも知れませんね。(既女の調査を待つ)

ソチでは、ガチが勝つか、カネが勝つか。

引かれそうな所はガッツリGOEでさっ引かれるが、準備万端、基礎技術点は高い。
あとは、真央ちゃんのコンディションが良いものでありますように。
真央ちゃんの全てのジャンプが成功しますように。真央ちゃんの全てのエレメンツが素晴らしいものでありますように。あのラフマニノフの完成形がどんなだろうと思うと、身震いします。

投稿: スズメバチ | 2013年10月23日 (水) 08時35分

【フィギュア】真央、早くも始動!NHK杯へプログラム磨く

スポーツ報知 10月23日(水)7時3分配信

 【デトロイト(米ミシガン州)21日】20日まで行われたフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ開幕戦・スケートアメリカで優勝した女子の浅田真央(23)=中京大=は一夜明け、ショートプログラム(SP)の振り付けを手直しするためカナダに向けて移動した。

 男女を通じて史上初となるGPシリーズ6戦とファイナルを含む全7大会の完全制覇を達成した真央は、早くもレベルアップを目指して始動した。カナダでは今季のSPを手がけた振付師のローリー・ニコル氏を訪れる予定で、関係者は「プログラムを磨きます」と代弁した。

 7季ぶりにショパンのピアノ曲「ノクターン」を使ったSPは今回の試合で初めて滑ったが、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決めて自己4番目となる73・18点をマーク。「初恋」をテーマにした振り付けの完成度を高め、次戦のNHK杯(11月8~10日、東京・国立代々木競技場)で更なる高得点を狙う。

 NHK杯で表彰台に上がれば、2連覇のかかるGPファイナル(12月5~7日、マリンメッセ福岡)進出が確定。日本人最上位メダリストは五輪切符に前進する。「五輪に近づくならファイナルに出た方がいいかなと思う。日本でやる試合だから出たい」と真央。現役最後のシーズンを悔いなく走り抜ける。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131022-00000177-sph-spo

今頃はローリーのもとで新たな振り付けで練習している頃でしょうか。
ブラッシュアップされた「ノクターン」楽しみ!

投稿: megumi | 2013年10月23日 (水) 09時15分

町田、浅田両選手の発言頼もしいですね!
ラジオノワ選手と抱き合う真央選手の笑顔、ほんと菩薩様みたい。昨シーズンの世界選手権の表彰台の某選手の写真と比べるとほんと天と地の差(笑
両者内面そのまま表れてましたよね。
今大会は選手同士お互い敬意が感じられて何と清々しい。
ほんと不可解判定が少ないと世界が平和ですねー。
不可解ジャッジのせいでキスクラにドラマが、なくなったのは悲しいことです。どんな快進の演技をしても不安そうな選手の顔を見るといたたまれません。

それにしても浅田選手の怪我心配です。大したことないと良いのですが。。。

投稿: そらんちゃん | 2013年10月23日 (水) 09時21分

黒猫さま、こんにちわ。


”ツイッターは、バカ発見器”
爆笑!座布団10枚です!

岩佐って、単なる老害ですよね。真央さんを貶めることで、自分のブログのランクを上げようとしている、蛆流・炎上商法をいまだ続けている時代遅れの粗大ごみ。ですね。

投稿: なら | 2013年10月23日 (水) 10時13分

黒猫様 こんにちは。
浅田選手、町田選手、優勝おめでとうございます!!二人ともとても素晴らしい演技でした。

浅田選手は初戦としてはとてもいいスタートですね。
SPも素晴らしかったけれど、FPもよかった。

3Aの転倒にもかかわらずあの演技・・・、たぶん相当な痛みというか違和感があったと思うのですが、無理をせずにセカンドの3回転を2回転にしてまとめるという方向に転換する冷静さ・・・拍手です。
まだまだ目標は先、怪我でもしたら元も子もないですし、全体と要素のバランスに目配りをしていることが素晴らしい。

3-3さえ1つ入れば後は見た目さえ様になっていれば良い、さらに「何か響くものが無い」などと説明のつかないもので目くらまししようとする動きまで出てきたようですが、そういう輩は所詮その程度のレベルです。
だからどちらのお国にも良い選手が出てこないのでしょうか。頑張ろうとしている選手たちがかわいそう・・・

さて次はカナダ大会。鈴木選手には頑張ってほしいですね。良い大会になりますように。

投稿: とら | 2013年10月23日 (水) 10時20分

黒猫様の上げて下さった追記を読んで失笑+怒りが (-゛-メ)

前の記事のところに、彼(岩佐氏)のブログを読んで
「(真央ちゃんのことを評価していたし)全体的にそれほど悪い印象では
なかった」と書きましたが、点数のことを「ちっとも知りませんでした」で
あのブログを書いたのなら話は別です。
本当に何もわかっちゃいず、印象論(要するに自分の好み)だけで
偉そうに「評価してやってる」(つもりでいる)だけということですもんね。

KYの、1-1-1でもモリモリに盛った200点と真央ちゃんの200点の
違いもわからないで「評価」なんかするなよ!と言いたいです。

投稿: 一読者 | 2013年10月23日 (水) 11時06分

黒猫さま、こんにちは。
時々、真央ちゃんの最新情報がほしくて、黒猫さんのサイトを拝見させていただいております。
いつもホットな情報をありがとうございます。
スケートの技術的な事等、詳しくはありませんが、真央ちゃんの凄さと素晴らしさだけは分かります。
真央ちゃんは、調子のいいときも悪いときも片時も目が離せない魅力を放っている方ですね。
今季の演技には、ただただ、うっとりするだけで、何回も何回も繰り返し見てしまいます。
ソチで最高の演技で金メダルをとった真央ちゃんの姿を見たい!
そこで、応援イメージのご提案です。
真央ちゃんへの応援のイメージとしては、世界で大ベストセラーになった「ザ・シークレット」「引き寄せの法則」など活用できるのではないでしょうか?(ビジネスコーナーなどにも置いてある大ベストセラー書ですー私はスピ系の関心から最近この書を手にしました)
応援イメージの仕方によっては、望まない人に力を与えてしまう事もあるそうです。
とても興味深く面白い書物です。
私も1ファンとしてソチでの真央ちゃんの成功イメージを心に描いて応援していきます。
今後の演技が、真央ちゃんの思い描く通りに展開していくと確信し、黒猫さまにも是非ご参照いただければと願い、コメント欄に書かせていただきました。

投稿: ママくま | 2013年10月23日 (水) 12時43分

キムヨナへの採点に疑問を持つ人は、結局ここが引っかかるんです。
バンクーバーでキムヨナは基礎的なスケーティングの技術と表現力を、
浅田真央よりも高く評価された。
でも本当に浅田真央より上手かったのかと。
SPでとても高い点数をもらい、フリーであきれるほどの点を叩き出した。
ほんとうにそこまでの差があったのかと。

今回、非常に運動量の多い難しいプログラムの中でスピン・ステップの
レベル4を得た演技に比べ、
体力の消耗を抑えた、それもあきらかに見劣りするスピンやステップで
構成された演技に、さらに上をいく点数が出ることに何の疑問もわかない
おめでたい人が、物知り顔で発言するのはやめていただきたい。

今回真央ちゃんが高得点を取ったのは、
努力の結果がやっと認められただけのこと。
ワグナー選手の言葉の意味はフィギュアの関係者なら誰もがわかるはず。
誰を批判することもなく、意見を主張できる人ってかっこいいな。

海外の若い選手たちにも慕われて、これは真央ちゃんの性格の良さが
惹きつけるのでしょうね。
昨シーズン、リプニツカヤ選手が「浅田真央、たいしたことない」
と言ったと、一時騒がれましたが、それも彼女のインタビューの
受け応えを、メディアが切ってはっつけたことによる誤報でした。
本当は「浅田選手といっしょで緊張しなかったか?」と聞かれて、
「ロッカールームの浅田真央はいつもTVで見てる感じそのままで、
(だから私は)たいして緊張しなかったわ」ということでしたね。
試合を終えてのインタビューで真央ちゃんも
「ユリアちゃん」と言ってたので、
彼女をそう呼びたくなるような会話か何かがあったのかも。

こういう交流は現役を引退しても、その後の人生を豊かにしてくれます。
まあ、人によっては必要ないかもしれませんが。

彼女たちもソチでは強力なライバル。
だけどフェアな選手にはいい演技をしてほしい。


投稿: みわ | 2013年10月23日 (水) 12時54分

書き忘れましたが、上の投稿で、おめでたい物知り顔、というのは
岩佐氏のことです。

投稿: みわ | 2013年10月23日 (水) 13時01分

こんにちは!浅田選手の情報を見たいあまり、最近ではほぼ毎日のように、休憩中にこちらのブログを拝見させていただいています。またコメントしてしまいました>_<

浅田選手のGP全大会制覇でうかれていて、ハッと今気付きました。

もしかして今回の優勝についてのポジティブな報道の数々は、私たち日本人へのガス抜きが目的なんじゃないか、と。。。

浅田選手が金字塔を打ち建てたということが、Yuna-Kimやその国の見栄に、怨念よりも強い火を付けてしまったかもしれない、とふと思いました。「これは、何が何でもオリンピック2連覇を達成させなければならない」そんな風に、Yuna-Kimと周囲の人が改めて決心するきっかけを与えてしまったような気がします。

「以前よりも強くなった浅田真央選手。それでもYuna-Kimには勝てなかった。GPシリーズでの数々の優勝は、Yunna-Kimというライバルがいなかったからこそできたこと。」こんなシナリオを作っていそうで、かなり心配です。

どんなシナリオを思い描いたとしても、浅田選手が普段どおり競技に専念できれば特に問題はないとは思いますが、あくまでも「普段どおり」に専念できればという話です。

杞憂に終われば良いのですが。。。。。。

投稿: tsuyaka | 2013年10月23日 (水) 13時17分

KYの高得点に疑問を感じる5つの理由

①他のトップ選手よりエレメンツ構成が弱い
(ジャンプ構成もスピン構成も弱い。真央比でSPでは5点、FSでは10点基礎点が低いし
他のトップ選手らともFSでは3点基礎点が低い)

②本来UR判定、e判定を受けるべきところがとられていない
(セカンド3T、3F、FS2度目の3Lzと3S。いずれも着氷でグリってます。他の選手ならUR判定とe判定)

③本来レベル4を与えてはいけないところでレベル4を獲っている
(ステップは数が足りなさすぎ。ターンの数が少ない、エッジが浅い。3が相当
SPのフライングキャメルでは回転数が足りない)

④本来加点を与えてはいけないところで高い加点を得ている
(ジャンプ、スピン)
着氷に流れがないジャンプ、軸がぶれてトラベリングするスピンでは
±0~+1が相当

⑤本来低評価を受けるべきところで高評価を受けている
(PCSのスケーティング技術、トランジション・リンキングフットワーク、振り付け・構成、曲の解釈)
言ってはなんですがスルヤ・ボナリーが芸術点で評価が悪かったのは両足で漕いでのスケーティングが多かったから。
両足のバックストローク、反時計回りにしか滑らないスケーティング、繋ぎスカスカ、振り付けはジャッジ席のほうにしか行っておらず
曲の解釈もまるでなってない演技ではパーフェクト演技でも
7点台が相当。9点台は出過ぎ。

本来浅田選手や他の選手と比較して基礎点で劣り、質でも劣るKYでは
GOEを含めた技術点得点でさらに点差を広げられて下位に沈むのがふつう。
ところがふたを開けてみれば他選手には何だかんだと技術審判に難癖をつけられては
基礎点を下げられ、GOE,PCSも抑えられKYには盛り盛り評価
終わってみればKYが大差をつけて勝ってしまう。

そこに多くのファンは疑問を感じるのです


投稿: megumi | 2013年10月23日 (水) 14時43分

浅田選手が誰よりも優れているという事実を、ファン自身が固く信じ続けていくことが浅田選手の後押しになると思います。私は、ワグナー選手の言葉をバンクーバーとソチの間に境界線が引かれた証として聞きました。そして、考えが変わりました。条件が整えば、実力ナンバーワンの浅田選手は金メダルを取るでしょう。ワグナー選手の言葉を聞くまで私は、浅田選手が勝つかどうかということしか関心がなかったのです。でも今は、キムが出てくることによって、キムより素晴らしい選手が一人確実にメダルを奪われる事の方が、とても悔しいし、許しがたい、我慢がならないことに思えてきました。以前ワグナーは、銀と銅を、キム以外の選手で分けることになるみたいなことを言っていましたが、そんなことを言葉に出す必要はもはや全くないと思います。どうせ言葉に出すなら、キムはメダルにふさわしくない、キムはメダルにふさわしくない、キムはメダルにふさわしくない、と百回でも千回でも言った方がよほど生産的です。言葉というものはあきらめるために使うのではなく、間違いを否定する武器として使うべきだと思うのです。

投稿: アスカ | 2013年10月23日 (水) 21時08分

このエントリーの後のエントリーに, 私のブログの紹介をしたのですが, 5つというのがなんとmegumiさんとかぶってしまいました…

内容も一部かぶっているところがあり, 赤面の至りです. まあ読んでいただければ独立した内容であるとおわかりいただけるのですが, ショックというかある意味光栄かもしれませんね.

投稿: OTLゴルファー | 2013年10月24日 (木) 00時53分

採点恭順者達、ただキムヨナを擁護したいだけなんでしょうね。
佐藤有香さんがPCSについて、転倒しても高いPCSが付くのは・・
とインタビューに答えていた時も
すかさずPチャンの事だろうと書いてる人がいて
やっぱりなって感じでした。
どう考えてもPチャンよりもっと変なのはキムヨナでしょうが
メディアも叩くのはPチャンばかりと言うのがまた不自然に感じてます。
キムのとりえは表現力みたいですが
ワンパターンで大体想像できてしまいますね。
とってつけたような顔芸と上半身の所作。
せめてスケートのエッジで表現して驚かせて欲しいものです。

投稿: ゆぁ | 2013年10月24日 (木) 04時02分

え~、氷上のcoolな闘いの後は、毎度バカバカしいお笑いを一席…。

ポータルサイトのニュースの見出しなどを見ますとあれですな、週刊誌の煽り文句と変わりませんな?
刺激的な文句で、興味をそそり、イザ記事を読んでみると全~然、大したことはないっていう…。
本日も「フジテレビ 謝罪」なんてぇのがありまして、「またまたぁ(笑)」などと言ってたンですが…アタシね、最近ツイッター何てぇのを始めましてねっ?

(ズズビズバズビ♪~)ハイッ!ハイッ!ハイハイハイッ!
あるある「またですかいッ」あるある「またですかいッ」!
やらせバレても、『ま だ や れ るっ !』Ъ(ーΛー)グッ!
ハイッ!ハイッ!ハイハイハイッ!!(ワァオ♪)
あるある「またですかいッ」あるある「またですかいッ」!

#フジテレビあるある #花王 #イノゥエイ #ほこ×たて

と呟いた…なんてぇ事はありません。
なにしろ、ツイッターだけに、ついイッタ―…「つい言ったー」……お後が宜しいようで…(_ _)
(ぺけぺんぺんぺん…♪)

投稿: 無明 | 2013年10月24日 (木) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1275350/53687569

この記事へのトラックバック一覧です: スケートアメリカに舞った日の丸を踏みにじりたい人達:

« スケートアメリカのエキシビションと浅田真央の人生に学ぶこと | トップページ | ソチへ向けて更なる飛躍を目指すスケーターと劣化を続ける方々 »