« 『終戦の日』の言葉と女王様の応援プロジェクト | トップページ | 負尽くしの隣人 »

涼しさを運ぶスケーターと暑苦しいカンジン

ShibSibsが制作したTHE ICE2013のプロモーションビデオがYouTubeにアップされました。

昨年の映像と合わせてお楽しみ下さい。

【スポーツ人気調査】サッカー・本田が2位に急上昇 テニスの錦織も9位に躍進

(2013.8.16 msn産経ニュース)

世論調査機関の中央調査社は16日、「人気スポーツ」調査の結果を発表し、6月に5大会連続のW杯出場を決めたサッカー日本代表MFの本田圭佑(27)=CSKAモスクワ=が、最も好きなスポーツ選手の2位へと急上昇した。

昨年13位の本田は代表のエースとして活躍、人気を得た。MFの香川真司(24)=マンチェスターU=も5位で、サッカー日本代表への人気の高さを印象づけた。

1位は米大リーグ、ヤンキースのイチローで9年連続。3位には来年2月のソチ五輪で期待されるフィギュアスケートの浅田真央(22)=中京大=、9位は男子テニスの世界ランクで日本人最高順位更新中の錦織圭(23)=日清食品=で、初めてのトップ10入り。調査は先月5~15日に行い、20歳以上の男女1204人が答えた。

Oth13081617480012p1

好きなスポーツ選手2位となった本田圭佑(右)=宮城スタジアム(撮影・山田喜貴)

THE ICE 2013 - #thatPOWER

Call Me Maybe - THE ICE 2012

Bloopers! (THE ICE 2012 + Champs Camp Basketball Videos)

JUL 2013 Brian Joubert ★ Rise

Takahiko Kozuka - Unsquare Dance

Akiko Suzuki - Hymne à l'amour

Kanako Murakami - King of Anything

JUL 2013 Shizuka Arakawa ★ Nella Fantasia

≪ご案内≫

『フィギュアスケート 疑惑の高得点』に間違いがあったことをお詫び申し上げます。

『フィギュアスケート 疑惑の高得点』正誤表 クリックするとのPDFファイルが開きます

雑談などにご利用下さい→『ゆきの小部屋~その6』

*ブログの避難所を開設しました→コチラをクリックして下さい。

竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記

【北川信行のサッカーなんでやねん】中高サッカーでも汚職はびこる韓国、どの口が日本を批判するのか…反省するまで日韓戦は実施するな

(2013.8.16 msn産経ニュース)

東アジア・カップの日韓戦で政治的な横断幕を掲げて日本を無意味に挑発した韓国では、中学、高校レベルのサッカーですら、贈収賄が蔓延(まんえん)しているようだ。

ワイロに慣れきった指導者

韓国紙中央日報(英語電子版)によると、贈収賄は監督やコーチといった指導者と、選手の両親、さらには審判まで巻き込んでのものだという。

水原地方検察庁安養支所は先月、2009年から11年にかけて選手の親から多額の金銭を受け取っていた9人の指導者を起訴したことを明らかにした。9人のうち7人は高校で、1人が中学、残りの1人が大学の指導者だった。

検察側はさらに、子供をチームに入れるために指導者に賄賂をおくっていた親2人を起訴。審判の1人は学校の指導者から八百長を持ちかけられ、450万ウォン(約40万円)を受け取っていた疑いが持たれている。

贈収賄の構図はこうだ。中学校に通う選手の親は子供を目的のチームに入れるために高校の指導者に賄賂をおくり、さらにその高校の指導者は、トップクラスの選手を特定の大学に送り出すことで、大学の指導者からも金銭を受け取る。

検察側の広報官は「中学校や高校の指導者は同じ学校などで選手として一緒にプレーして以来、親密な関係を維持している。それで、互いのチームが抱える選手をやり取りして親たちから賄賂を受け取っている」と指摘した。

かつての代表選手や技術委員も

これらの指導者の中には、かつて韓国代表の選手だったり、五輪代表チームを指導していた人物も含まれているという。韓国サッカー協会の技術委員会メンバーを務めていた指導者もいたとされる。

まさに、韓国サッカー界全体が腐敗しているとしか言いようがないありさま。そういう自国の「恥部」を直視せず、よくもまあ「歴史を忘れた民族に未来はない」との横断幕を掲げたものだ。他国を批判する前に、まずは自らの襟を正すべきだろう。

けじめをつけたイラン…日本はどうする?

月に行われたワールドカップ(W杯)アジア最終予選で韓国と泥仕合を演じたイランは、9月に予定されていた韓国との国際親善試合をキャンセルしたという。当然な判断だろう。試合前から舌戦で喧嘩(けんか)を吹っかけられ、試合に勝利した後にはスタンドの観客からペットボトルやゴミを投げつけられ、ピッチ上でW杯出場の喜びを表現した選手は韓国代表チームのスタッフに暴力を振るわれた疑いさえある。

そんな悪夢のような体験を二度としたくないと考えるのは、当たり前だ。東アジア・カップ後に日韓のサッカー協会の間で、来年から定期戦を行う案が出ているが、今のような状態で実施してもうまくいくとは思わない。東アジア・カップでの出来事を韓国側がしっかりと反省しない限り、不快な思いが繰り返されるだけだ。

(北川信行)

Waf13080807000001p1

サッカー東アジア杯男子の日韓戦で、試合開始直前に韓国応援団が広げた安重根の肖像を描いた巨大な幕=2013年7月28日、ソウルの蚕室五輪スタジアム(共同)

【阿比留瑠比の極言御免】韓国「事大」と「自大」拍車

(2013.8.16 msn産経ニュース)

韓国の李明博前大統領の竹島(島根県隠岐の島町)上陸をきっかけに、悪化の一途をたどる日韓関係に関して今年5月、国際政治学者の中西輝政京大名誉教授からこんな見方を聞いた。

「韓国は事大主義だが、夜郎自大でもある。自分のことを理由もなく『でかい』と思っている」

まさに言い得て妙である。膨張する中国にすり寄る一方、歴史問題で道理も法理も無視して日本たたきに熱中する韓国のあり方を簡潔に言い表している。

言うまでもなく、事大主義とは「定見がなく、勢力の強いものに従う主義」のことで、夜郎自大とは「自分の実力も世間も知らず、狭い仲間内で威張っていること」を意味する。

そしてこの2つのキーワードを用いると、一見不合理・不条理に思える韓国の対日姿勢が理解しやすい。

そもそも、韓国が対日攻撃を強めだしたのはなぜか。日本からすると、「われわれは竹島問題をはじめ韓国側に対し何もチャレンジしていない」(政府高官)と不思議に思うところである。だが、その理由は竹島上陸直後の李氏自身の次の発言が示唆している。

「国際社会での日本の影響力は、以前と同じではない」

要するに日本の経済力が低下し、国際的な発言力が弱まったのでもう遠慮はいらないと開き直ったのである。がっかりするような低次元の話だが、韓国の対日認識の一つのありようを象徴しているといえる。

また、日本の地盤沈下と時を同じくして「主筋」に当たる中国が著しい経済成長を見せ、存在感を高めたことも韓国の日本軽視に拍車を掛けたのだろう。

韓国が国際的に認知された「日本海」という呼称に難癖をつけ、「東海」と呼ぶよう世界各地で働きかけている問題について、元外務省幹部はこう憤る。

「韓国は国内では、中国大陸と朝鮮半島の間にある『黄海』のことを『西海』と呼んでいる。そのくせ、中国に対しては一切文句をつけようとしない。彼らは骨の髄まで事大主義だ」

歴史問題にしても、韓国は朝鮮半島を事実上、支配した中国やモンゴルには、日本に対するような執拗(しつよう)な謝罪要求や内政干渉は行わない。明らかなダブルスタンダードだが、それを疑問に思うこともない。

「韓国はいまだに中国を中心とした『華夷(かい)秩序』の信奉者なのは変わらない」

日韓外交筋はこう断言する。就任当初は日韓関係改善への期待が寄せられた朴槿恵大統領にしろ、「就任前から『米中韓』の枠組みには言及しても『日米韓』という言葉は使わなかった。中国に思い入れたっぷりだ」(同)とされる。

つまり、民主党政権が唱えた「台頭する中国に対抗するために韓国との連携強化を目指す」との主張は「片思い」に終わる運命だったのだ。それどころか、朝鮮王朝儀軌の引き渡しなどの「善意」は、かえって対日文化財返還要求の過激化を招いただけだった。

それではそんな韓国とどう向き合えばいいのか。外務省幹部はこう明言する。

「日本は経済面でも安全保障面でもより強くならないといけない。彼らは強い者には弱いから、いずれすり寄ってくる」

韓国の国際世論工作には反論しつつも、基本的には相手にしないのが一番だろう。

(政治部編集委員)

日本のメディアは、終戦の日を迎えた15日に日本武道館で開かれた全国戦没者追悼式の式辞で、安倍首相がアジア諸国に対する加害責任や不戦の誓いに触れなかったと大騒ぎしているようです。

私たちは、歴史に対して謙虚に向き合い、学ぶべき教訓を深く胸に刻みつつ、希望に満ちた、国の未来を切り拓(ひら)いてまいります。世界の恒久平和に、能(あた)うる限り貢献し、万人が、心豊かに暮らせる世を実現するよう、全力を尽くしてまいります。

上記は、安倍首相の式辞ですが、どこが不満なのでしょうか?

文意は過去の戦争を反省し、世界の平和の為に尽力しますということではないでしょうか?

加害責任を表明して、不戦の誓いを行うというのは、韓国へ行って土下座し、『私をボコボコにして下さい。決して抵抗致しません。』と宣言することでしょうか?

そんな気がふれたような行動が正しいとメディアの人間が本気で考えているなら、自ら率先するべきではないでしょうか?

一見すると、真っ当な批判のような体裁ながら、内容は中国や韓国の狗になれ!と言わんばかりの異常さ・・・

日本のメディアが信頼されなくなったのも当然です。

韓国と共に銀河の彼方へ消えて欲しいものです・・・

女王様応援プロジェクトのテーマ曲にぴったりなこの曲で締めます。

カンジンのチカラ

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

FPUからのお知らせ

*FPUではブログサポーターを募集しています。詳細については、下記をクリック願います。

ブログサポーターを募集します!(FPU公式ブログ)

Fpu007

FPU(フィギュアスケート保護連合)へ、ご協力下さい。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。

FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp

FPU公式ブログ  http://fpu1.cocolog-nifty.com/blog/

お問い合わせ先一覧(下記の文字をクリックして下さい)

▲首相官邸 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

▲ 自民党 https://ssl.jimin.jp/m/contact

*BPOの問い合わせ先

*厚生労働省 お問い合わせ窓口

*外務省~監察査察意見提案窓口

*外務省~ご意見・ご感想(メールフォーム有)

*総務省への意見

*文部科学省への意見

*公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

kuroneko_azをフォローしましょう

☆ お 知 ら せ ☆

FPUの公式ブログ

誹謗中傷を繰り返す悪質なkiki_dide氏とその仲間~その1

にほんブログ村のランキング不正操作疑惑について

被災地の小さな命を救いたい・・・

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートの基礎

フィギュアスケート講座

フィギュアスケート技の解説

|

« 『終戦の日』の言葉と女王様の応援プロジェクト | トップページ | 負尽くしの隣人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

イランとの親善試合

正式な物では無かったようで

なのに韓国は一方的にキャンセルされたと抗議したり騒いでるらしいです(笑)

ただ正式な物でないためイラン側に問題も無いようです。

韓国は雪辱戦のつもりだったよう(笑)

親善試合の意味もわかってない…

国際スポーツでの愚かな振る舞いの数々見てると

本来国際試合に出ては行けない国ですよ。ばか過ぎる…あまりにも

イランはキャンセルして正解です

というか日本も極力韓国とは関わらない方が良いですね。

韓国と親善試合してくれる国がどんどん減ってますね。

投稿: みき | 2013年8月16日 (金) 23時14分

韓国は、親善という意味が分からないのでは…
大体、そういう概念があるんだろうか…

投稿: みなと | 2013年8月17日 (土) 12時18分

投稿: (´・ω・`) | 2013年8月21日 (水) 07時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1275350/52906933

この記事へのトラックバック一覧です: 涼しさを運ぶスケーターと暑苦しいカンジン:

« 『終戦の日』の言葉と女王様の応援プロジェクト | トップページ | 負尽くしの隣人 »