« フィギュアの話題は安藤美姫? 日本人の関心は日韓関係? | トップページ | 原発政策の光と影 »

日本の成長を邪魔する遺恨と怨念

羽生結弦ファンの間では、ファンタジー・オン・アイスの最終公演で、4回転トーループを跳んだあとにトリプルアクセルを3回連続で決めたというのが話題でした。

痛めた膝は完治したとは言えないようですが、ジャンプに影響は無いようです。

そして安藤美姫の報道・・・

少々嫌な話も出ているようです。

ネタ元が東スポですから信憑性には疑問符が付くのですが、フジならばあり得る話のような気もします。

フィギュアスケーターにとっては、大切なシーズンだというのに・・・

ファンが怒りの声を上げなければ、メディアの暴走はいつまでも続くのでしょうか?

S_v3p9171thumb500x33352551

アイスショーで華麗な演技を見せた羽生結弦。4回転ジャンプも成功するなど順調に調整中だ

ソチ五輪シーズン直前。18歳・羽生結弦が「本気モード」に突入

(2013.7.9 web Sportiva)

7月1日にはANA(全日空)との所属契約を発表し、ソチ五輪へ向けての競技環境を整えつつある羽生結弦。本格的なシーズンインを前に国内でのアイスショーに出演し、調整を続けている。

昨季はシーズン前のアイスショーで新しいショートプログラム(SP)を披露し、演技構成を早めに決めていた羽生だったが、今年はまだ固まっていない。

それは、ケガに苦しむ時期があった昨シーズンの経験をふまえ、今季はじっくりと練習に取り組みながらシーズン本番を迎えようという狙いがあるのだろう。実際、今年3月の世界選手権(カナダ)の直前には膝を痛め、不本意な結果に終わっていた。 「今季のフリープログラムはロマンチックで情熱的な部分も兼ね備えている曲で、形としてはほぼ完成していますけど、まだまだ見せられる段階になっていないです。SPの方はまだ難航していて、少し不安はあるけど、昨季と同じではなく、新しいものを見せたいという気持ちが強いです。構成としては最初にジャンプを1本やって後半に2本入れるというのは変わらないと思しますし、そこまで心配はしていません」

6月28日から新横浜で開催されたアイスショー『ドリーム・オン・アイス』では、最終滑走者として昨季のSPを滑った羽生は、「4回転をやらなかったし、(3回転)ルッツで転んだけど、『ドリーム・オン・アイス』というショーで、初めての最終滑走を楽しく滑れました」と話し、笑顔を見せた。

そして、最終日30日の公演では、ルッツはわずかに乱れただけで、トリプルアクセルをきれいに決めてガッツポーズが飛び出すなど、新しいシーズンへ向けて、徐々に気持ちもフィジカルコンディションも高まってきている。

「今季に向けて、ふたつの心境があります。ひとつは昔から憧れて夢見ていた五輪という舞台を目指すことで、すごくワクワクしながら緊張している自分がいる。そしてもう一方では、シーズンへ向けてしっかりと練習していなければいけないと思う自分がいる。その両方の自分をしっかり保ちつつ、ワクワクすることや緊張することを大事にして、ひとつひとつの試合に臨み、五輪までのプロセスを大事にしたいと思います」

羽生にとって、五輪は「あの舞台で金メダルを獲りたい」と、子どもの頃から憧れている場所だ。仙台生まれである羽生の同郷の先輩・荒川静香が06年トリノ五輪で優勝し、その夢を大きく膨らませてくれた。

「あの舞台に立ちたいと思うし、そこで自分がどういう演技をできるかと考えてワクワクしています。ただ、五輪に出るには熾烈な争いが待っている。最終選考会の全日本選手権もそうですけど、その前のひとつひとつの試合でしっかりと高い得点を取ることや世界ランキングを上げることも(選考に)考慮されると思うから、そこもしっかりクリアしながら、ケガをしないで万全のコンディションでやりたいと思います」

羽生は2012年3月の世界選手権(フランス)で3位になったが、試合直前に捻挫をしてしまい、万全の体調ではなかった。そして今年3月の世界選手権(カナダ)では直前に風邪をひいて休んでしまい、練習再開時に無理をした結果、膝を痛めた状態で臨まなければならなかった。世界選手権という大事な大会前の調整を2年連続で失敗してしまったため、ソチ五輪では「同じミスを繰り返すわけにはいかない」と、表情を引き締める。

「昨シーズンは膝を痛めてしまったのですが、それはなかなか完治するようなケガではないので、うまく付き合っていくしかないと思っています。ケガ防止のためのアイシングは注意してやっていますし、以前はそれほど意識していなかったストレッチも重視するようになりました。太股の筋肉や、それを支える上半身の筋力などにもフォーカスしてトレーニングをやっていますし、体調管理にも自信があります」

五輪シーズンの新しいプログラムは、4回転ジャンプの本数は昨季と同じで、SP1回、フリー2回のまま変更しない予定。本数を増やすよりも、スケーティングやスピン、コンビネーションなどの面でまだまだ改良の余地があると考えているからだ。

そんな状況の中、アイスショーでは新しい取り組みもしている。昨季は6月の『ファンタジー・オン・アイス』でシンガーソングライターの指田郁也と『花になれ』という曲でコラボし、エキシビションはシーズン中、同じ曲で通した。

だが今季は、6月1日からの『アート・オン・アイス』(東京)では藤井フミヤの『TRUE LOVE』、7月6日からの『ファンタジー・オン・アイス』(福岡)では、AIの『Story』と、異なるアーティストとコラボ。シットリとした曲にのって、躍動感のある演技を見せた。羽生はショーでの滑りについて「曲調によっては普段の演技でやらないような体の動きや、切り返しがあります。そういう滑り、けっこう得意なんです」と笑顔を見せる。

これまでと違う新鮮な経験を楽しみながらも、それを自分の視野や振り付けの方向性を広げるために有益なものにしようと、羽生はひとつひとつ丁寧に演じて、着実に成長を続けている。

また、ショーのフィナーレ恒例となっている男子選手の「ジャンプ合戦」では、ともにブライアン・オーサーコーチに指導を受けているハビエル・フェルナンデス(スペイン)と4回転に挑んでいたが、『ファンタジー・オン・アイス』の最終公演では、今季の演技中で初めてとなる4回転トーループを跳んだあとでトリプルアクセルを3回連続で決めるなど、調整は順調なようだ。

「アイスショーが終わったらカナダ(トロント)へ戻ります。それから夏合宿です。そこで今季の土台を作りあげ、そこからどのように試合を組んでいくかを決めます」という羽生。初めての経験となる「五輪シーズン」へ向けて、本気モードに入り始めたようだ。

S_v3p9352thumb500x33352553

羽生はショーの最後の「ジャンプ合戦」で4回転を成功させ、笑顔を見せた

谷亮子氏、安藤美姫に期待「大きな1歩」

(2013.7.9 nikkansports.com)

ミキティも「ママで金」? 全柔連新理事で参院議員の谷亮子氏(37)が、初の理事会出席後、出産を公表したフィギュアスケートの安藤美姫(25)にエールを送った。

08年北京五輪では「ママで金」を目指し、銅メダルを獲得した。「産み育てる力は、競技にいきる」と、さまざまな負担を乗り越えて活躍することを願った。まだ国内ではママさんアスリートは少ないだけに「スケート界として大きな1歩を踏み出したと思う」と、後進の選手たちの道しるべとしての期待も込めた。また、日本のスポーツ界には、子育てと両立する環境が整っているとはいえない。「自分の経験を踏まえ(子育てと両立できる)環境づくりに尽力したい」と話した。

2013y07m09d_102042611

あの人気選手の名前も…安藤美姫の子どもの“父親候補”に5人の男が浮上

(2013.7.9 woman.infoseek)

世間の注目を集めているフィギュアスケート・安藤美姫(25)の出産騒動。テレビのインタビューで今年4月に出産したと告白しながら入籍はしていないと明かし、父親についても一切触れなかったため、さまざまな憶測が飛び交っている。

安藤は今月3日に「愛娘の父については、私の考えで氏名をお知らせすることは控えさせていただきたい」との声明を発表したが、隠されるとかえって知りたくなるというのが人情。各メディアが“父親探し”に奔走しており、さまざまな人物が父親候補として浮上している。

当初、父親の最有力候補だったのは現在の恋人といわれるプロスケーターの南里康晴(27)。「週刊文春」(文藝春秋)や「女性セブン」(小学館)など複数のメディアが父親と断定し、入籍しなかった理由は家族の反対や年収100万円程度といわれる南里の窮状ぶりと書きたてられた。だが、当の南里は写真週刊誌「フライデー」(講談社)の直撃に「子どもの父親は僕じゃない」と否定し、父親探しは振り出しに戻ってしまった。

もう一人の有力候補は元コーチのニコライ・モロゾフ氏(37)。かつて安藤と恋人関係にあったとされるが、昨年6月に会ったのが最後と証言しており、当初は彼が父親という線は薄いとみられていた。だが「週刊新潮」(新潮社)や「週刊現代」(講談社)が父親はモロゾフ氏と断定し、昨年8月頃にモロゾフ氏が「ミキに子どもができたんだ。中絶してくれと頼んだのに、全然聞いてくれないんだよ」と取り乱していたとの関係者コメントなどを報じている。南里や安藤の祖父が「子どもの父親はモロゾフ氏?」と記者に質問された際、肯定も否定もせず言葉を濁していたこともモロゾフ説の信憑性を高めることになった。だが、モロゾフ氏は完全否定しており、安藤の妊娠や出産も全く知らなかったと主張している。

そんな中、東京スポーツが「第3の男が浮上した」との記事を掲載。同紙によると、昨年ごろからイベント関連会社の重役である50代のX氏と安藤が親密な関係になっていたという。X氏が既婚者である可能性にも触れられており、これが事実であれば相手が妻帯者ゆえに公表できなかったという流れは納得できなくもない。

この記事が掲載された直後、安藤サイドは公式フェイスブックで「東スポは『日付以外は全部嘘』という定評がある楽しい新聞です」「東スポの記事を信用する人間がいない証明の協力をお願いします」などと強烈な皮肉で同紙を非難。だが、南里やモロゾフ氏の記事にはだんまりでX氏の記事にのみ過剰に反応したため、よけいに怪しいという見方もされているようだ。

これだけにとどまらず、さらに「第4の男」「第5の男」まで浮上。発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)によると、人気フィギュア選手の織田信成(26)と安藤の関係が一部で疑われていたという。織田は3年前に中学時代の同級生とデキちゃった結婚しているため、この熱愛疑惑が事実ならばこちらも不倫だったことになる。もし不倫の末に出産したのだとすれば、父親を公表できない理由としては十分だ。また、同誌はスイス人の元フィギュア選手ステファン・ランビエール(28)も父親候補になっていると報道。元世界王者のイケメンで安藤の振り付けを担当したこともあり、アイスショーでの共演や対談をした際に親密そうな雰囲気だったと同誌は記している。

さまざまな憶測が飛び交う中、安藤本人は発売中の「AERA」(朝日新聞出版)でインタビューに応えており、ソチ五輪後に結婚を考えていたところでの妊娠だったことや、親子3人で生活できる生活環境や練習環境が整ったら入籍することなどを明かしている。さらに「この子のお父さんはお父さんとしていてくれます。生きているんだから、いつでも会える」とも話しており、現在は子どもの父親と別々に暮らしていることをにおわせている。

「時期を待って入籍ということを考えると、やはり、相手が既婚者で離婚してから…という線が強まる。だが、南里と安藤が交際しているのは確実とみられており、そうなると矛盾が生じてくる。いまだにどの説も推測の域を出ません」(週刊誌記者)

いずれにせよ、ソチ五輪後には安藤本人が真実が明らかにするだろう。だが、それまで口をつぐんでいれば報道が過熱し、練習や試合に支障をきたす可能性もある。出産からわずか10カ月後のソチ五輪を目指すこと自体に無理があるという声も挙がっており、安藤は逆風の中で五輪への切符を狙うことになりそうだ。

(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

D442b3fo21a

“美姫余波”でフジが「浅田真央囲い込み」大号令

(2013.7.9 東スポWeb)

フィギュアスケートの元世界女王・安藤美姫(25)の極秘出産が波紋を広げるなか、騒動はフジテレビをも直撃していた。スクープをテレビ朝日に出し抜かれたことで、フィギュアスケート中継に力を注いできたフジは赤っ恥をかかされた格好だ。そこでフジ上層部は「同じ過ちは許さない」とばかりに、安藤以上の人気を誇る浅田真央(22=中京大)の“囲い込み”を現場に厳命したという。

安藤の極秘出産告白の衝撃は、フィギュア界にとどまらず、テレビ業界にも及んだ。特にフジ局内は、安藤の告白がテレ朝「報道ステーション」でオンエアされたことで、異様な空気に包まれた。

「最初はみんなビックリするだけだった。次第に『テレ朝にやられた』という敗北感が漂い、しばらくすると『何でうちで(ニュースを)取れなかったんだ』という話も出始めた。責任問題にまで発展しかねない勢いだった」とディレクターの一人は当時の様子を明かした。

フジとしてはまさに屈辱的な“スクープ落とし”だった。NHK杯を除くグランプリシリーズを中継するテレ朝に対し、フジは全日本選手権や世界選手権、四大陸選手権の放映権を持ち、20%近くの視聴率が取れるフィギュアスケート中継には力を入れてきたのに、安藤の告白はテレ朝に独占された。

それだけに局内は危機感でいっぱいになったという。同ディレクターは「こうなったのも仕方ない。一部では『テレ朝はできるけど、ウチじゃ絶対に取れないよ。そこまで(安藤に)食い込めている人がいない』という話になった。ウチには安藤と関係を築いている関係者なんていないんだから」と嘆く。

当然、フジとしては同じ失態は許されない。「上層部からは『真央(のスクープ)だけは絶対に逃すな』と…。担当者には真央のニュースだけは絶対にウチでやるんだ、とプレッシャーかけられていた」と真央の徹底マークを厳命したという。

真央は4月の「世界国別対抗戦」後、来年のソチ五輪シーズンで現役引退を表明。その中で「今後は結婚もしたいし、子供も欲しい」と話している。博報堂DYメディアパートナーズが4日に発表した「アスリートイメージ調査」でもヤンキースのイチローに次ぐ2位に入ったほど、人気では安藤をはるかにしのぐ。熱愛、結婚は国民的な関心事だけに、フジは全社を挙げて真央を囲い込む方針。安藤のニュースを抜かれた失態の憂さ晴らしは実現するのか。

2013y07m10d_084823071

安藤美姫さん報道に思う、メディアのバカらしさと恐ろしさ

(2013.7.9 BLOGOS 大関暁夫)

フィギュアスケーター安藤美姫さんの出産報道は、あいかわらずの騒がしさであります。シングルマザーであろうが、子供の父親が誰であろうが、至極プライベートな問題であり、私には基本どうでもいいお話なのでここまで取り上げてこなかったのですが、「著名人や企業のメディア対応のあり方」という取り上げるべき視点を見つけましたので、少しお話してみたいと思います。

この手の話に群がるメディアの過熱気味報道は毎度のことであり、今回もまたハッキリいって常軌を逸した行き過ぎに対する不快感が強く漂っているのですが、そんな取材攻勢に晒されたときに被取材対象はいかに対処すべきなのかを考えてみたいと思います。

今回の報道を見ていると、メディア目下の取材の主題となっているのは「赤ちゃんの父親は誰なのか」ということのようです。本人はその点に関しては「公表しない」としているので、必要以上にメディアが追及すること自体が全くもっておかしな話なのですが、現状を見るに本人が口を閉ざせば閉ざすほど取材側は憶測でさまざまなことが書ける、いわゆる「書き得」と言われる状況を生み出してしまっているように思います。

これと同様の事態は、企業を取材対象とした問題でもよく起きることです。取材対象が事の核心を話さないことを受けて、憶測でさまざまなことが書かれることが企業にとってプラスになる場合、逆にマイナスになる場合、それぞれのケースで企業のあるべきメディア対応は異なってきます。

企業にとってプラスになる場合と言うのは、例えば新製品について情報を極めて小出しにすることで複数のメディアが憶測記事の飛ばしあいを演じ、その新商品に対する注目度が高まると言うケースです。この場合は当然、書きたいように書かせておいた方が、商品記事の露出が増えて注目度も高まって企業に好ましいわけですから、当然放っておくのがよいということになるわけです。高度な技術としては、戦略的にこの飛ばし合い容認の状況をつくりだすメディア操作も存在しています。

一方、飛ばし記事の噴出が企業にとってマイナスになる場合、これはもう即座に次なる正式コメント発表によって「書き得」状況を止めなくてはいけません。黙っていればいるほど、本当はそうではなくとも話題の主が沈黙を守っているのをいいことに、あることないこと(たいていの場合は、ないことないこと)を面白おかしく書かれてしまうのです。よくあるメディアの袋叩きはたいてい当事者が何も発しないというこうした状況下でおこなわれます。

「沈黙は金」という言葉はこの場合には当てはまらず、可及的速やかに正式コメントを出す必要があるのです。メディアに叩かれ出すと怖くなってダンマリや雲隠れを決め込むケースが間々ありますが、それは「書き得」状況を作り出し最悪の事態を招きかねないリスクの高い行為なのだという正しい理解が必要です。

さらに大切なことは、黙っていることで自社はともかく第三者に実害が及んでしまったり、強硬な取材攻勢などなんらかの迷惑を及ぼしているような状況がある場合は、一層速やかに対メディア対応をおこなうことで、第三者に対する悪影響を最小限に食い止めることです。

こうやって考えると今の安藤さんの状況はどうであるべきなのかですが、まず安藤さん自身の問題として考えれば、「赤ちゃんの父親が誰なのか」に関してどう書かれようが得も損もないわけで、うるさいメディアは放っておけばいいということになると思います。

しかし問題となるのは、父親ではないかと憶測で名指し報道されている元コーチと元プロスケーターの存在です。おふたりとも父親報道に対してはメディアを通じて明確に否定しているようなので、本人たちが迷惑に感じているのなら、いわば問題の種をまいた立場である安藤さんは、「この人たちじゃありません」と明確な否定コメントだけは出してあげたほうがいいのかもしれません。

確かにこのような第三者擁護目的でのコメント発表は、本来過熱報道をするメディアにこそ問題があるであって、安藤さんがそこまでする必要性があるのか否かは難しいところです。しかしながら言われている本人たちがもし迷惑に感じているのなら、メディアに対して、あなた方の行き過ぎた報道が関係のない多くの人に迷惑を及ぼしているのですよと言うことを、それを喜んで見ている国民に対しても訴えかける意味からも、言って欲しいなと個人的には思うところです。

行き過ぎた報道とそれによる世論の誘導は、取材される側がひとつ対応を間違えるなら、一人の人間の将来や企業の存続などいとも簡単につぶしてしまうのです。毎度のことではありますが、この手の報道では無理矢理にでもスキャンダラスな取り上げをして盛り上げ、周囲の迷惑も顧みないメディアの取材姿勢には辟易とさせられるばかりです。

F7a32cc5e2074add4695642ef1ce352e

≪ご案内≫

『フィギュアスケート 疑惑の高得点』に間違いがあったことをお詫び申し上げます。

『フィギュアスケート 疑惑の高得点』正誤表 クリックするとのPDFファイルが開きます

雑談などにご利用下さい→『ゆきの小部屋~その3』

*ブログの避難所を開設しました→コチラをクリックして下さい。

竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記

山本太郎氏に中核派が支持表明 事務所は「ノーコメント」

(2013.7.9 J-CASTニュース)

参院選東京選挙区から出馬している俳優の山本太郎氏(38)に、中核派(革命的共産主義者同盟全国委員会)が支援を表明している。2013年7月8日発売の機関紙「前進」では、

「原発再稼働とTPP、大失業攻撃と改憲に突き進む日帝・安倍への怒りを込めて、東京選挙区から立候補した山本太郎さんの必勝へ総力決起しよう」

との文面が掲載されている。山本氏の選挙事務所は、

「誰が支持するかについて、いちいちコメントは持っておりません」

としている。

520324_1373371959

【韓国の真実】自国の「悪」には目をつぶる韓国紙 日常化した“日本人ヘイト”

(2013.7.9 zakzakニュース)

人間誰でも自分には甘く、他人には厳しいものだと思う。韓国人も例外ではない。

しかし、集団としての韓国人となると、自分の国での「悪」が見えなくなるようだ。他国の「悪」に対しては、冷厳に批評する。そして日本に「小悪」でも見つけようものなら、瞬間湯沸かし器のように反応する。

▽2012年7月、ソウルの日本大使館の門に、男が1トン積みトラックで突撃する事件があった。

▽12年8月、ソウルの日本大使館に、男が人糞入りのペットボトルを投げ込もうとした事件があった(実際には中まで届かなかった)

そして、12年9月、エジプトとリビアで、米国大使館と領事館が武装勢力に攻撃され、駐リビア米国大使が死亡する事件があった。

すると、韓国紙「中央日報」は、こんな社説を掲載した。

「外交官と公館に対する明らかなテロだ。いかなる名分でも正当化できない反文明的な行動に違いない。米国だけでなく国際社会に対する重大な挑発だ」

「リビアとエジプト当局は犯人を速かに逮捕して処罰し、外交官と外交公館がウィーン条約に基づいて保護されるよう措置を取る必要がある」

まさに立派な正論だ。

しかし、中央日報の本社から、車なら5分とかからぬ所にある日本大使館前で起きた事件は、負傷者こそ出なかったが、「外交官と公館に対する明らかなテロ」ではないのか。

毎週水曜日、日本大使館前で繰り広げられる「慰安婦」支援のデモを容認している韓国政府の姿勢は「ウィーン条約」に違反していないのか。

この社説を書いた中央日報の論説委員会は自分の国での「悪」が見えないのか。いや、見えている。しかし、彼らは「こと日本に関しては、すべて“例外扱い”でいい」と思い込んでいるのだと思う。だから、何の恥じらいもなく、立派すぎる正論の社説を掲載できるのだ。

ちなみに中央日報とは、韓国3大紙の1つだが、サムスン財閥総帥の義弟一族が株式を握り、しばしば「サムスンの機関紙」と揶揄されている。「神の懲罰、日本への原爆」の論説記事で、一躍、日本での“声価”を高めた新聞だ。

韓国には、恒常的に「日人出入禁止(=日本人出入り禁止)」を掲げているゴルフ場がある。日本の首相の人形を燃やす火刑式、日本の国鳥キジを八つ裂きにするパフォーマンス…日本人に対するヘイトが日常的に繰り広げられている。

それなのに、「日本では在日韓国人に対するヘイトがある」と、2020年東京五輪の落選運動を展開する厚顔さ。

大統領自ら「1000年恨み続ける」と言っている国と仲良く付き合う必要性がどこにあるのだろうか。  =おわり

■室谷克実(むろたに・かつみ)

1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。主な著書に「韓国人の経済学」(ダイヤモンド社)、「日韓がタブーにする半島の歴史」(新潮新書)、「悪韓論」(同)などがある。

Kankoku578

【緯度経度】中韓“蜜月ムード” 政府もマスコミも語らぬ過去 ソウル・黒田勝弘

(2013.7.8 zakzakニュース)

朴槿恵(パク・クネ)大統領の中国訪問は韓国では「中国が異例の厚遇」「中国に朴槿恵ブーム」「朴大統領が華麗なファッション外交」「“経熱政冷”から“経熱政熱”へ」などと大々的に伝えられている。

「経熱政熱」とは、これまで経済に比べ政治はいまひとつだった両国関係が、今後は経済も政治も緊密になるという意味だ。見栄えのいい女性大統領の人気もプラスアルファになっているが、今や中国と韓国は“蜜月ムード”だ。

韓中は1992年の国交正常化以来、21年たつ。しかしこれまで多くの首脳会談が行われてきたにもかかわらず不思議なことに両国の“過去史”が問題になったことはない。

韓国にとって中国は過去、朝鮮戦争(1950~53年)の際の侵略者であり、南北分断固定化の元凶である。当時の毛沢東は北朝鮮の金日成(キム・イルソン)の韓国侵略戦争を支持、支援した。さらに韓国・国連軍に反撃された後、中国の軍事介入がなければ韓国主導による南北統一も可能だった。

韓国は当然、その戦争責任、侵略責任を中国に問うべきなのに終始、黙っている。今回の大統領訪中に際しても、政府はもちろんマスコミも識者も誰もこの“過去”を語ろうとはしない。6月は朝鮮戦争開戦63周年だったにもかかわらず。

日本に対し“植民地支配”の過去を限りなく追及し続ける態度とは対照的だ。

韓国は日本が公式に「謝罪と反省」を繰り返しているのに執拗(しつよう)に日本との過去史を追及し「謝罪と反省」を求めてきた。この違いは何なのか。

韓中国交正常化の際、このことを韓国当局者に質問したことがある。回答は「中国の戦争責任と日本の植民地支配とは違う」といい、「日本の方が責任が重いから」といわんばかりのものだった。

しかし戦争被害や南北分断、統一妨害など現代韓国への悪影響を考えれば中国の戦争介入責任の方が重いという見方も可能だ。それに韓国にとって日本の支配は近代化というプラスの副産物(?)ももたらしたが、中国の韓国侵略戦争には何のプラスもなかったではないか。

今回、朴大統領訪中を前に、韓国マスコミの中国専門家を囲むセミナーでこれが話題になった。筆者の質問に対し彼は、中国に過去を追及しない理由として「中国と日本とは体制と価値観が違うから」といい、さらに韓中関係の基本として「求同存異」を挙げた。

つまり、日本は自由民主主義体制の国だから「謝罪と反省」はちゃんとすべきで、かつしてくれるはずが、中国は体制が違うので要求しても応じないから、という趣旨の答えだった。

韓国は中国が侵略戦争責任を追及しても応じないと分かっているので黙っているのだ。とすると結果的に日本のように応じると限りなく追及される?

韓国は中国とは朝鮮戦争の評価(侵略かどうか)を含む歴史認識がまったく異なる。しかしだからといって中国を非難、糾弾などしない。経済や政治など実利のためには中国と仲良くし、ご機嫌をうかがわなければならないからだ。

それが「求同存異」-日本でいう「小異を残して大同につく」である。現在、歴史認識問題をはじめ日韓の過去がらみの対立もいわば「小異」である。すぐに解決できないものにはこだわらずお互い棚上げすればいいのだ。セミナーでは日本に対しても「求同存異」でやってほしいものだ、と言っておいた。

Kankoku494

韓国政府 独島領有権主張の日本防衛白書に抗議

(2013.7.9 聯合ニュース)

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は9日、日本政府が今年も防衛白書で独島を日本固有の領土と主張したことに対し、強く抗議した。

外交部の趙泰永(チョ・テヨン)報道官は同日の声明で、「日本政府が2013年版防衛白書に韓国領土の独島を自国領と主張する内容を再度盛り込んだことに激しく抗議する。同内容を直ちに削除し、類似した行為の再発防止を強く求める」と明らかにした。

日本は昨年版までと同じく、2013年版防衛白書でも独島を日本固有の領土と主張し、地図上でも独島を「竹島」と表記した。小泉純一郎政権時代の2005年の防衛白書で、独島を日本の固有領土とみなしてから9年連続で同じ主張を盛り込んでいる。

ただ、2013年版は昨年8月1日以降の内容を記しているものの、昨年8月10日の李明博(イ・ミョンバク)大統領(当時)の独島訪問には触れなかった。

一方、外交部の朴俊勇(パク・ジュンヨン)東北アジア局長は同日午前、在韓日本大使館の倉井高志総括公使を同部に呼び、強く抗議する韓国政府の立場を伝えた。国防部も駐韓日本国防武官を呼び、防衛白書の記述内容に激しく抗議し、直ちに訂正するよう求めた。

Kankoku590

東京電力福島第一原発の事故現場で指揮を執った吉田昌郎元所長が、9日午前、東京都内の病院で食道がんのため亡くなりました。58歳でした。

全電源喪失という絶望的な状況にありながら、リーダーシップとアイデアで現場の作業員を鼓舞し、最悪の事態を回避しました。

官僚主義的と批判される東京電力の中に吉田昌郎氏のような人物が存在し、福島第一原発の所長であったことは、見えない何かの力が働いていたのかもしれません。

人にはそれぞれの使命があると言われています。

それが何かを考え、社会に貢献する道を模索するのが人生なのかもしれません。

少しづつそんなことを考える人が増えていくなら、日本は確実に変わるでしょう。

空虚さや閉塞感から脱して、輝かしい未来へ進む・・・

お隣の国のようなお題目ではなく、真の歩みをしていきたいものです。

浅田真央 (mao asada) 音楽に愛されて!#17 ~ Concierto de Aranjuez

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

FPUからのお知らせ

*FPUではブログサポーターを募集しています。詳細については、下記をクリック願います。

ブログサポーターを募集します!(FPU公式ブログ)

Fpu007

FPU(フィギュアスケート保護連合)へ、ご協力下さい。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。

FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp

FPU公式ブログ  http://fpu1.cocolog-nifty.com/blog/

お問い合わせ先一覧(下記の文字をクリックして下さい)

▲首相官邸 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

▲ 自民党 https://ssl.jimin.jp/m/contact

*BPOの問い合わせ先

*厚生労働省 お問い合わせ窓口

*外務省~監察査察意見提案窓口

*外務省~ご意見・ご感想(メールフォーム有)

*総務省への意見

*文部科学省への意見

*公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

kuroneko_azをフォローしましょう

* 今 日 の 猫 *

【送料無料】大切にされた猫 [ 太田三賀 ]

【送料無料】大切にされた猫 [ 太田三賀 ]
価格:1,050円(税込、送料込)

おもしろ猫!香港のCM ちょっと泣ける・・優しい涙する猫

☆ お 知 ら せ ☆

FPUの公式ブログがスタートしました!

誹謗中傷を繰り返す悪質なkiki_dide氏とその仲間~その1

にほんブログ村のランキング不正操作疑惑について

被災地の小さな命を救いたい・・・

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートの基礎

フィギュアスケート講座

フィギュアスケート技の解説

|

« フィギュアの話題は安藤美姫? 日本人の関心は日韓関係? | トップページ | 原発政策の光と影 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

“美姫余波”でフジテレビが浅田真央を徹底マーク

嫌な記事ですよね。
ほんとか嘘かわかりませんが、今の安藤選手の過熱報道だってスクープ合戦ですし、いかにもやりそうなので、まだ何も起きていませんが、念のためフジテレビに抗議のメールを送りました。
また、スケート連盟にもこのニュースを送って、マスコミに要注意、牽制しておいた方がよいのでは?というメールを送ろうかなと思ってます。

選手をマスコミのスクープ合戦に巻き込むなどもってのほかです。
フジテレビなど、あれだけ真央ちゃんにひどいことしてて、どの面下げてスクープとか言っているんだか、呆れて物も言えません。
こんなテレビ局に放映権があることに、うんざりします。
そんなことより、まともなフィギュア放送を目指せばいいだけなのに。


五輪選考についても無責任なコメンテーターたちのコメントにより、勘違いや誤解を与えるような報道が度重なるようなら、スケート連盟から抗議してもらうよう働きかけたいです。(スケート連盟には報道をチェックする人員なんていないから、ファンが言わないと知らなそう・・・)
勘違いや誤解を与えるような報道は、大事なシーズンに余計なトラブルを呼びますから。

投稿: miya | 2013年7月10日 (水) 10時33分

ウジテレビじゃ金目当てにプライベートを切り売りしなきゃやっていけない人間しか
今後もスクープなんて取れないでしょう

浅田真央さんのスクープ報道なんて100年経っても無理。

以前にも黒猫様ブログのどこかに書いたかもしれませんが
あの[独占告白]はインタビュアーが宮島泰子氏だからこそ
成立したものであって
例えば同じ報道ステーションでも松岡修造氏だったり
日テレ【NEWS ZERO】の櫻井翔さんでもダメだったでしょう。
NHKでも刈屋富士夫さん以外はダメでしょうし
ましてやTBSやウジテレビなど論外です。

宮嶋氏はWTTの浅田選手の演技については辛口評価で
「真央ブーム」などとサゲ報道ともとられない酷いブログ内容でしたが
永く一つの競技を追い、取材活動をし続けてきた方です。
基本的には宮嶋さん自身の主観が入らない
客観性のある取材ができることもあって
宮嶋さんを信頼しているアスリートは非常に多い

安藤選手も宮嶋泰子氏だからこそ安心して
出産をしたというプライベートなことまですべて
さらけ出すことができたのだと思います

今のカスゴミはどうでしょうか?
競技について広く浅い知識しかない。ルールも知らない。
ルールも知識もないのに、書き手が手前勝手な主観を
思いっきり入れて報道するからますますいい加減な報道になる。
また、安易に結果だけを見てバッシングしたり
良い結果を収めても称えることなく他選手と比較して叩いたりという
アスリートへの配慮を著しく欠いた報道になったり
読者、視聴者よりの興味本位な報じ方しかしなかったり。

そんなんでアスリートたちがプライベートや本音を記者にさらけ出したいと思いますか?
選手に全く信頼されていないのにスクープを獲ろうとすれば
人権を無視してストーカーみたいに張り付くしかなく
そうなればますます信頼を失うことになると思います。

今の視聴者・読者はメディアの報道を信頼していません。
三流ゴシップ紙はもちろん、スポーツ紙も一般紙すらも。
内容に偏りがあること、世論誘導な報じ方になっていることをみんな知っているから。

取材対象に肩入れしすぎてもいけないし、かといって、
読み手偏重な内容にになってもいけない。
報じる側の主観も入りすぎてはいけない。
報じる側と知る側、そして取材対象と何事にもバランスが大事なのだと思います

安藤選手のスクープ報道はよい教訓となったのではないでしょうか
この機会にカスゴミには大いに反省していただきたいです

アスリートに信頼されたいなら、まずメディアのほうが態度を改めないとだめ。
カスゴミが今一番しなければならないことは
信頼関係を一から築きなおすことだと思います。
取材対象に対しても視聴者・読者に対しても。

投稿: megumi | 2013年7月10日 (水) 12時14分

miyaさま、megumiさまのご意見や行動に感動します。
本当にこの国のジャーナリズムは何処に行ってしまったのか…。
(ありましたっけ?)
最近のニュースなど、世論誘導や捏造にあふれていて、本当にワイドショー並みにしか感じられません。

昨日は吉田所長の訃報に、ただただショックで…。
青山繁晴さんが「ミヤネヤ」で吉田昌郎さんについて語られるそうです。(14時20分ぐらいから?)
http://blog.goo.ne.jp/shiaoyama_july
ふだんミヤネヤは観ないんですが、今日は正座して観たいと思います…。

投稿: HANA | 2013年7月10日 (水) 13時14分

燃料投下しては消火活動に忙しいマスゴミ。
「プライバシーにまで首を突っ込み」
放火
「我々マスコミにそこまでする権利があるのか」
通報
「私生活はそっとしておいた方が」
消火

消火活動の原則です。(放火の部分だけは、本当は火災発見が正しい)
「そっとしておけ」と記事にしつつ、
その記事もちゃっかり、ご相伴に預かっているというあざとさ。下衆っぷり。
本当にそっとしておいて、と思うなら、一切触れないこと。

マスゴミ報道に問題、とされる方もいらっしゃいますが
頓珍漢な解説をする「専門家」「関係者」の存在も忘れずに。(罪は重い)
特に肩書きが「理事」の人。

投稿: アクセルフォーリー | 2013年7月10日 (水) 13時20分

マスゴミは、美姫ちゃんとひまわりちゃんを追い詰めて、何がしたいの?

こちらのコメント欄に、アイスショーのレポを書いてくださった方がいらして、美姫ちゃんの現在の滑りの調子を知ることが出来ました。
きちんとした文章でしたし、何より、愛がありました。
美姫ちゃんを賛美する訳でも無く、下げる訳でも無く、冷静でした。
美姫ちゃんのみならず、あっこちゃんの素晴らしい滑りの描写にうっとりしました。
黒猫様が映像を掲載してくださったのも良かったです。
妄想記者さんも、生でアイスショーを御覧になって、為になる記事を書いたらいいのにな。

ところで、パナソニックの新型テレビのCMがお蔵入りなんですってね?
その商品は、テレビとネットを同時に見る事が出来る便利な機能が付いています。
ネットをやらない層を刺激して、購買層を広げるべく企画されたものです。
しかし、メディア関係者は難癖を付けてCMを流さないんですってよ?
テレビが、世間をある一定の方向へ誘導しても、皆が皆そちらを向かなくなってきました。
もし、このテレビがヒットして売れちゃったら、益々都合が悪くなりますものね。
マスメディアも、きちんとした取材で放送していれば、その便利な商品なんか怖く無いでしょうに。

投稿: もうやめて | 2013年7月10日 (水) 13時42分

黒猫様、いつも楽しみに拝見しております。
ロム専門にしようと思っていたのですが、最近の安藤さんの報道を見て何か違うなって感じたので思い切ってコメントします。
彼女に厳しい意見が多いようなのですが、基本的に織田君や無良君と同じケースですよね。
感心はしませんが、彼女がそれでもOPに出れる力を戻せば、それだけの事じゃないでしょうか?
マスコミが騒ぎすぎの件も彼女には関係ない事、違うなら否定しろって言っても、本当なのかしれないし、否定したら新たな候補者を見つけて、白状させるまでやるのがマスコミ。何か意図があって言いたくないなら尊重すべきだと思います。
要するに、この件では何も言いませんが一番いいのでは?
あと安藤さんクラスになれば、多少の便宜を図っても良いのでは?地方大会からスタートして全日本に出れたとしても、ISUのミニマムスコアはどこで取るの?
赤ちゃんがいるのは事実なんだし、日程的にきついなら前もってB級大会位だしてやればと思うんですけど。
一番厭なのは、安藤さんにルールを押し付けると、真央ちゃんに何かあっても、言えなくないですか?
いつぞやの高橋君の様に、怪我で全日本で実力が出せなかった場合、例外なしになるんですか?
どんな国だって、メダルの可能性がある人は特別措置をとるのが普通なんじゃないのかと思うのですが。
ともあれ、その気になった時の安藤は強い。そこは楽しみです。

投稿: ゆきママ | 2013年7月10日 (水) 14時19分

もうやめて 様

メディアはそれくらいネットを恐れているというか、
ネットをする人たちを増やしたくないのだと思います。

メディアが報道しない自由を満喫していることや、
いろいろ編集して報道をしていることが
バレてしまうからでしょうね。

投稿: シロちゃん | 2013年7月10日 (水) 14時30分

昔々、日本であった大きなテニス大会で、優勝したアメリカ人テニス選手に対して、某局女子アナさんの、コート内での優勝インタビュー・・・・でのこと。
当時噂されていた?or結婚しただったかな?ハリウッド女優さんとのことを、“場違いにも”質問して、その時彼から出てきた言葉はたしか・・・・?
“IT’S NONE OF YOUR BUSINESS!”
いつか言ってみたいぞ、その言葉・・・と大受けしたのを覚えています。
まぁ、日本じゃ、このニュアンスのような言葉は、なかなか面と向かっては言えませんけどね~(後ろ向いてとか、テレビに向かっては時折囁いております・・・笑)
その悪童さんも、今じゃすっかり角が取れて、丸~るくなちゃているようですが・・・(笑)

関係のない話ですみません。

投稿: エマ | 2013年7月10日 (水) 14時44分

こんにちは

憶測ばかりの報道ばかりでうんざりです

それにしても韓国は異常ですね

日本人出入り禁止のゴルフ場とか

日本も韓国人出入り禁止にして欲しいですね。

日本人出入り禁止とは明らかな人種差別を露骨にやりながら、観光客が来なくなると焦りだすよくわかりません。今年の夏も日本人の韓国への旅行予定者数は昨年より減ってます
日本人出入り禁止施設が多数存在する国にお金払ってまで行きたいとは私なら思いませんが

更に飛行機事故といい加減さ

観光客は減るでしょうね

キャスターまでが
なくなったのが中国人で幸いと

平気で発言する国ですよ。

怖すぎます(´Д`)

投稿: みき | 2013年7月10日 (水) 15時18分

宮嶋泰子さんはそんなに信頼がありフィギィアに精通した方なんですか?
テレビで安藤さんの擁護してる話を聞いてると口が達者で世論を誘導してるかの様にしか見えませんでしたね。
それで浅田さんの評価はあまりしてなくて下げ発言が多いこの宮嶋さんは浅田さんがマスコミやメディアで何もしてないのに叩かれてたことに対して何か発言してくれたりしてたのでしょうか?
私には城田さんと同じ輩にしか見えませんが…
ゆきママさん、本気で安藤さんに特例を与え、子供を授かったことは織田君達と変わらないと思っているのですか?
他の選手のこと考えてみてく下さいよ。そんなこと言えないと思いますけど…

投稿: 通りすがり | 2013年7月10日 (水) 15時18分

安藤さんは、織田選手や無良選手とは間違っても同じではないと思います。少なくとも自分からマスコミに計算高くリークはしてないです。

投稿: berry | 2013年7月10日 (水) 15時49分

羽生くんの実力からすれば驚くようなことではありませんが・・・ノリノリすぎて、怪我したり無理したりしそうなところが、ちょっとコワイです。
身体もかなりしっかりしてきて、支える筋肉もついてきたように思えるので、シーズン通して安定したジャンプができれば、かなり勝てるでしょうね。
できれば、もう少しおもしろみのあるプログラムだと、もっといいのですが。

シニアにあがって苦しむ選手が多いなか、羽生くんはほんとうにびっくりするくらい、すくすく成長していると感じます。
ただ勝つだけではなく、成長を目指す選手になって欲しいです。

投稿: Lily | 2013年7月10日 (水) 16時02分

通りすがりさんとberryさん
ゆきママさまは、「基本的に」と書かれているではないですか。
言葉尻をとらえずに、お互い文脈で理解したいものです。
「読解力」の問題だと思います。

それにミキティは、計算高いタイプじゃないような。
今までのことからすると、計算出来ないタイプのような印象です。

暑いのに世間では、マスゴミやらなにやら、世論操作が続きますね。
御苦労さまなことです。

でも、羽生君の話題で、涼しくなれました!
ありがとうございます。

投稿: カカオマス | 2013年7月10日 (水) 16時21分

「日本人ヘイト」の朝鮮人も、日本人の財布は「ヘイトじゃない」ようで、先頃の記事でも旅行業界が日本人を呼び込むのに懸命だとか何とか…。

旅慣れている方やお好きな方はよろしいのですが、遥か昔、韓流ごり押しがなかった(もしくは気がつかなかった)時期に、韓国へ旅行にいった若者の話です。
韓国の小売店では、品定めの為、見せてくれと頼むと、「見 せ ず に」直ぐに包装します。
そして、「買うともなんとも言っていないのに」、金を要求してくるそうです。勝手に包んでおいて、買わないと滅茶苦茶怒ってくるそうですよ。本当にキチガイですね。
そこで、「『買 わ な い け ど』、見せて下さい」と頼んで、やっと品定めが出来るようになったとの事でした。

当方は、その手のやりとりが「大嫌い」なので、そういう非常識な国に大切なお金を「ビタ一文たりとて」落とす気にはなりませんが、これから夏休み等で、敵性国家に旅行に行かれる方は、当方の聞いた話も参考に、くれぐれもご注意下さい。

投稿: 無明 | 2013年7月10日 (水) 16時28分

ゆきママ様

その気になった安藤は強い、などという言葉は、他の選手と同じく全ての条件を自力で満たして出場を果たしてから言うべきことだと思います。
それに、B級大会くらいと仰いますが、日本の選手層は厚いのです。
GPSなどには選ばれなかったけどずーーーーっと『本気』で一年間頑張って来た選手達にとっては大事な大会なのではないですか?
一年は自己都合でドタキャンして休んでいた選手がそういう選手達を押しのけて特別扱いで派遣されるのが『道理』ですか?
そうまでして今の時点で五輪メダルなんて狙えますか?5種トリプルも3-3もまだ戻ってないのに。
身内の不幸や怪我を無計画な妊娠と一緒にしないで欲しいです。
それと、タイミング的には微妙でしたが、織田選手と無良選手の件は以前からファンも知っていた交際相手との子供でしたし、きちんと入籍もしました。
何より不用意な発言で他の選手に迷惑をかけたりもしていませんよ。

投稿: いわ | 2013年7月10日 (水) 17時12分

羽生君頑張り過ぎて故障しないか…(^-^;
浅田さん変なのが付きまとってきたら、110ね。

ミヤネヤどなたかに期待してます。見たかった。

投稿: まき | 2013年7月10日 (水) 17時36分

 いわ様にまったく同感です。
本人の意思を大事にする、という意見も多いですが、
現実、全く関係ない、今シーズンを集大成にしたいと
望んでいる選手達に、いろいろ迷惑をかける可能性大
の予感ですよ。
 隣国選手の件でも、イライラすることが多いのに、
この大事なシーズンに、こんなことが起こるなんて、
スケ連のメディア対策を強化してもらいたいと望んで
ます。(…無理か)

投稿: フィギュアを愛する一人 | 2013年7月10日 (水) 17時47分

シロちゃん様

バレバレなのに、メディアは何で突っ走りますかね?
最早、悪質な編集の偏向報道を探しまくりの毎日です。
間違い探しゲームじゃないんですがね……。www

美姫ちゃんの件ですが……、
小さな大会をスキップさせたりなんていう特別扱いは、私も反対です。
美姫ちゃんは、特別扱いされ続けた女王様の被害者でもあります。
当人はそんな事は望んでいないと思います。
しかし、選手控え室などに子供さんと育児補助をする人を同伴させるくらいの配慮なら、して差し上げるべきだとは思いますが……。
勿論、大事な試合前ですから、出場準備中の他の選手とはなるべく接触させないように。
これは、美姫ちゃんに対する配慮でもあり、他の選手に対する配慮ともいえます。
赤ちゃんの泣き声は響きますから、集中力を削がれますしね。


投稿: もうやめて | 2013年7月10日 (水) 18時29分

2013年7月10日 アンカー A
http://www.youtube.com/watch?v=8uMlwjoCPZI

2013年7月10日 アンカー B
http://www.youtube.com/watch?v=6LudtAKuyAg

2013年7月10日 アンカー C
http://www.youtube.com/watch?v=SBmXc-oW_xQ

2013年7月10日 アンカー D
http://www.youtube.com/watch?v=nMyIoc98W7E

2013年7月10日 アンカー E
http://www.youtube.com/watch?v=axtU8KGQOfk

投稿: (古)ゆき | 2013年7月10日 (水) 18時46分

皆様 こんにちは

えぇっと・・・お馬鹿なコメントと思って下さってかまいませんので(^。^;)

私はゴシップネタ等いつもスルーなのでよく分からないのですが、選手に迷惑がかかるとか、かかっているとか・・・?

強化選手の中で実際迷惑を被った方おられるのでしょうか?
これから、マスコミの捏造記事やらゴシップネタで選手は翻弄されることもあるでしょう。
もしかしたら、お隣の工作活動かもしれません。

しかしなが、どの様な状態であってもベストな演技をする!というのが今の日本選手に共通する姿勢だと思います。
プレッシャーに負けた、マスコミに翻弄された・・・等で残念なことになったとしても、選手達はそれを自らの未熟さとして受け入れる心意気を持っているように思います。決して何か(誰か)のせいにする事なく、自らの力不足として受け止めることでしょう。
本当に立派だと思います。

だからこそ、我々ファンはマスコミ報道にNoを突きつけることこそが、選手への大きな力添えになると思います。

miya様
早速の行動、勇気づけられました。
私も、そのネタお腹一杯と、抗議します。
お手本となる行動と勇気に感謝します。

投稿: なんとなく | 2013年7月10日 (水) 18時46分

月曜の夜から投稿出来ない状態が続いて困っています(笑)。
ここでちょっとだけ投稿のテストをさせてください。スイマセン。(・∀・)

投稿: にこぴん | 2013年7月10日 (水) 19時02分

宮嶋秦子氏、ぜんぜんです。

女子マラソンのオリンピック中継とか、シンクロだったか、冬季でもオリンピック競技となると出没される方。随分前に、うすっぺらい内容レポに、チャンネル変えるようになりました。そんな方です。

マスゴミには抗議メールなど、また身近な周囲へも(押し付けにならないよう、さりげなくを心掛けて)、真実を伝える行動を継続したいと思っています。はい!頑張ります!

投稿: NK | 2013年7月10日 (水) 19時23分

浅田選手が「やめたい」と思っていたことを告白
したのも、テレビ朝日の放送でしたよね。
あんなにお隣の国の選手age、浅田選手sage
していたフジに告白する馬鹿はいませんよ(笑)

しつこくスクープをと追いかければ追いかけるほど、
心の扉は固く閉まってしまいますね。
それに、浅田選手はソチまでスケートのみに集中
しているから、スクープネタはないですよ。
(そんなネタ作りしていたら、練習できなくなるって、
本人が一番よくわかっているでしょう。)

投稿: aki | 2013年7月10日 (水) 19時23分

マスコミがどんなにかき回そうと、KYらが行うであろう八百長を、我々は絶対見逃さないからなーーー!
安藤さんに今後どのような非難が降りかかっても、もう、しょうがないです。タレント化しようとしたのは安藤さんサイドだから。

投稿: PIP | 2013年7月10日 (水) 19時25分

続きです。アシアナ航空機事故はヒューマンエラーだそうです。

2013年7月10日 アンカー F
http://www.youtube.com/watch?v=_T3vkHW34HM

2013年7月10日 アンカー G [END]
http://www.youtube.com/watch?v=PFueQIbWZMU

投稿: (古)ゆき | 2013年7月10日 (水) 19時42分

黒猫さま こんばんは。

美姫余波の記事が本当なら、蛆は本当に形容する事が出来ないくらい非常識!今までの事は忘れたのか!!と怒鳴りたいくらいです。
浅田選手の練習の邪魔をする良い口実が出来たとほくそ笑んでいるのではないでしょうか?あ~!浅田選手を守りに行きたい!!

安藤選手の父親について、本人が時が来たら話すって言ってるのだからほっとけばいいじゃん!今は練習あるのみの時期なのだから。そんな非常識な事ばかりしているから信頼を得られないんだよ!!

流石かの国の下衆なTV局。蛆には反吐が出る!!

投稿: ぴよぴよ | 2013年7月10日 (水) 21時12分

こんばんわ、おじゃまします

フジは美姫ちゃんのスクープ、真央ちゃんのスクープとか言っている前に
全日本選手権の全滑走を放送すればいいのに・・・
選手たちの素晴らしい演技が最大のスクープだと思いますよ。
全米選手権は某スポーツチャンネルで全滑走が見れるのに
なんで全日本選手権は全滑走が見れないの??
フジはBS、CSのチャンネルがいくつもあるのにね。

投稿: ういろ | 2013年7月10日 (水) 22時30分

(古)ゆきさま

今週もありがとうございました。
「アンカー」で聞くことは・・・他のニュースと違い、色々考えさせられることが多いと思いました。

益々、民主党のダメさ加減が浮き彫りに・・・(笑)
東日本大震災の1番の不幸は、民主党が政権を持っていたこと。
政治は誰にでも出来ることではないということ。
批判だけなら誰にでも出来るということ。

アシアナ航空の事故はヒューマンエラーですと、仰っていました。
青山さんは、飛行機に乗るとき今ままでの自己記録を見てから搭乗するとのこと・・・。

ただ思うことは、本当に伝えなければならないことは、TVで知ることは出来ない不幸な状況・・・。
こういうマスコミに対して、もっと圧力をかけることが大切ですね。

いらないことばかりに力をいれるな!といいたい!
選手の邪魔だけはしないでもらいたい・・・。

投稿: kokotomo | 2013年7月10日 (水) 22時35分

直接には関係ないのですが、以前ここで書き込みをさせていただいたことがあります。何と名乗ったかもう覚えていません。
でも、それから派生したのではと思えることが最近あり、あるブログにご迷惑をかけてしまったかもしれません。

こちらが様々なコメントであふれていた頃、細かすぎる話はここでなくても?
今は2チャンネルでもしっかりした内容がありますからと、いうことを書いてから、2チャンネルのほうでは、随分荒れたようなのです。
それでもフィギュアスケート村の「2ちゃん的フィギュアスケート」ブログは健在でした。ランキングも高く、私もよく見せて頂いて参考にしていました。

そのブログは数日前、いきなりカテゴリー移動をさせられて、全くスケートブログ村から追い出されてしまったようなのです。
特に問題になりそうな内容だったわけでもないのに。
管理サイドから、ランキングや数字の操作があることは知っていましたし、
こちらでもアクセスが難しい危機があったと思います。
荒らしで閉鎖に追い込まれたブログの話も聞きます。
でも、なんの通知もなく、いきなり島流しにあって、今までのポイントがすっかり消えてしまった話はきいたことがありません。

2ちゃんを名乗っていながら、実は一番詳しい人たちがいたことが関係しているように思えます。そして私が添えた一言がこの流れになったのかもと。

この、過剰報道の渦の中、ランキングトップクラスのブログがいきなり消されてしまった。カテゴリーが変わっただけでも、注目度ははるかに落ちるはず。この時期だからこそ、何か気になります。
自分の自意識過剰なら幸いですが、せめて皆さんにお知らせがてら懺悔させていただきます。
あちらでは加熱報道より、スケート連盟の選出基準がぶれていきそうなことに心配の声が上がっています。
できましたらみなさん、そちらも覗いてみて下さい。
2ちゃんねるスポーツというカテゴリーのようですが、この人気ブログランキングにも急遽参加されたようです。

管理者とのイタチゴッコになるのかもしれませんが、私のできそうなこととして、ここに報告とお願いを上げさせていただきたいと思います。

投稿: 懺悔 | 2013年7月10日 (水) 22時56分

まきさま
動画上げられなくて、ご紹介のみになってしまってすみません…
でも(古)ゆきさまが上げて下さった「アンカー」で、青山さんが詳しく語られてますので、そちらをどうぞご覧になって下さい。
ミヤネヤは思ったより時間が短かくて残念でしたが、でもあの厳しい状況下で闘っておられた生前の吉田所長のお姿をまた拝見できて、少し嬉しかったです…

(古)ゆきさま
「アンカー」は時間がない時はいつも文字起こしをして下さっている方のブログを拝見してるのですが、今回は動画で拝見できて本当に良かったです。
青山さんや吉田所長の魂の叫びを感じました…
いつも動画をあげて下さって、本当にありがとうございます。

kokotomoさま
私も強くそう思います。
あの時の吉田所長のご活躍と、青山さんと共に私達に真実を伝えて下さらなかったら、どんな最悪な事態に陥っていたか…
無責任で原因究明すら曖昧なままとした民主党や東電の対応、真実の追及どころか隠避に加担したマスコミの事、絶対に忘れません。

投稿: HANA | 2013年7月10日 (水) 23時23分

kokotomo様、 HANA様
わざわざ声を掛けて頂き恐縮です。私もこちらでこの番組を教えて頂き、動画で欠かさず見るようになりました。動画をアップして下さる方達に大感謝です。直ぐに削除されてしまいますが、他の方が再アップして下さるので見過ごしても大丈夫です。
本当にこのような番組は貴重です。日本のマスゴミが酷過ぎるだけですが・・・浅田選手や日本を貶める事だけに情熱を注ぐなんて!?

投稿: (古)ゆき | 2013年7月11日 (木) 08時30分

HANAさま
おはようございます。
先日ドリームオンアイスの録画を見ました。
あっこちゃんグリーンの衣装で少し黒も入っていてとても素敵でした。シルク・ド・ソレイユのkaを大人の表現力とはこう言うものだと思わせてくれました、ソチで台にのせてあげたいそんな気持ちです。
真央ちゃんはまだ見ていませんが、きっとあっこちゃん同様に素敵なプロが…
どの選手も怪我の無いように過ごして欲しいです。
あっ、佳菜子ちゃんのマスク・オブゾロも素敵でした日本は選手の層がとても厚いです、この選手達をスケート連盟は是非守って欲しいですね。
突然のお声かけ失礼致しました。

投稿: ゆんゆん | 2013年7月11日 (木) 10時04分

HANAさま、初めましてでしょうか?

よくお見かけするので、誰に声をかけたかさえ・・・わからなくなりました。
ご容赦のほどを・・・。

吉田所長のご逝去・・・突然のことに驚かされました。
ただ、この戦いは始まったばかり・・・忘れずにいなくては・・・。
早い終息を願いつつ・・・。

一市民にすぎまさせんが、少しでも知って問題意識を持つこと。
これしかありません、この現実を身をもって伝えていただける・・・。
青山さんは、凄い人としかいいようがありません。
彼も、病気をかかえてのこと・・・頭がさがりました。
ここまでして、日本のことを考えている方が・・・。
どれほどいらっしゃるのでしょうか?

自分の保身や・・・訳のわからない言動・・・。
いったいどちらを向いているのでしょうか?誰のために???
何をなさっているのでしょうか・・・。
という方、政治家をお辞めになっていただきたいです。

投稿: kokotomo | 2013年7月11日 (木) 10時50分

kokotomo 様

保身や利益しか考えていない政治家ほど
政治家であることにこだわると思います。
鳩やカン(管はいまやスガだから漢字は使いたくないw)や
野田が総理の座にしがみついたように。

個々の日本人がもっと賢くなって、
自分の保身や利益しか考えていない政治家は
選挙で落とす、しかないと思います。

とはいえ、なかなかママ友さんたちとも
政治の話なんてできませんが。

投稿: シロちゃん | 2013年7月11日 (木) 11時06分

シロちゃんさま

そうですよね、ママ友さんには絡めて話さないと・・・。
ドン引きされちゃいそうですね。

私は直接的には言えないので・・・違う話と絡めて言うようにしてます。
PCでネットなんか見てる人は・・・何気に見てくれたりしてます。
ここのことを言ったりはしませんが、今頃キーワードで検索できるし・・・。
そんな大げさな事は難しいので・・・あとはその方の考えでという感じです。

あと、批判時には輝いていても・・・実際は・・・トーンダウン。
これも、言うのは簡単!実行はホント、難しいのです。
人をまとめてことを成すことは、やった人にしかその苦労は推し量れません。
小さい世界でも難しいのに、ましてや日本全体を動かすことは・・・。
至難の業でしょうが・・・できる人と出来ない人、見分けたいものですね。

投稿: kokotomo | 2013年7月11日 (木) 12時10分

(古)ゆきさま
昨日は「はじめまして」と御挨拶をするのを忘れてしまい、大変失礼致しました。
私は「アンカー」をずっと文字起こしをして下さっている方のブログでしか拝読してなかったので、こちらで(古)ゆきさまが動画をタイムリーに上げて下さっているのを知った時には、小躍りして喜んでしまいました♪
関東では放映されず、観たくても削除されてしまってたりして、残念で仕方なかったのです…。
本当にこのような真実を発信する番組こそ、広く伝わればいいのにといつも思います。
これからも動画、楽しみにしております~(o´∀`o)

kokotomoさま
はい、「はじめまして」でした!
よくお名前を拝見する方は勝手に親しみを感じてしまって、御挨拶をつい忘れてしまったようです。すみません…。
日本人が日本を素直に誇れなかったり、心ある方や努力を重ねる方が報われなかったりする現在のあり様は、フィギュアも政治も…色んなところで閉塞感を感じてしまう問題の根は、実は一つなんじゃないかと最近思う様になりました。
昨日は特に心が落ち着かなくて、言葉にするのがほんとに難しかったので、kokotomoさまのご意見が有難かったです。
私もこれからも常に問題意識を持ちつつ、皆さまの様に自分の言葉で出来るだけ論理的にコメント出来ればなぁと思います。
私、すぐ感情に走っちゃうので…(ノ∀`)

ゆんゆん さま
ちょっと気持ちが塞ぎ込んでいたので、お声掛け本当に嬉しいです(゜▽゜*)ニパッ
ありがとうございます♪
そうなのです、他の方もコメントしてらっしゃいましたが、あっこちゃんの衣装も演技もとっても素敵でうっとりしました!
私は男子では大ちゃんの他にゆづる君も好きなので、ゆづる君の動画にももうワクワクしちゃって…(//▽//)カッコイー!
今はそれぞれ違った魅力を持つ選手がたくさん居て素敵な演技を見せてくれる、とても贅沢な時代だと思います。
だからこそ皆に公平なジャッジを…、と私も願っています。

投稿: HANA | 2013年7月11日 (木) 15時18分

HANAさま

こんばんは。こちらこそ、すいません。まるで催促しているようで。
私自身書き散らしていつの間にかにフォローされていたり…、技がないもので。でも、情報ありがとうございますm(_ _)m。絶筆でいいから、ご本人の手記読みたいなと思っています。私も黒猫さん家に辿り着かなければ、疑問と違和感と猜疑心と罪悪感ときりがないですが、悩み込んでたと思います。

(古)ゆきさまにも、いつもありがとうございますm(_ _)m。

昨日から蝉が鳴き始めました…(u_u。)。

投稿: まき | 2013年7月11日 (木) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1275350/52382747

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の成長を邪魔する遺恨と怨念:

« フィギュアの話題は安藤美姫? 日本人の関心は日韓関係? | トップページ | 原発政策の光と影 »