« ソチオリンピックのテーマは『スピード』 | トップページ | 浅田真央、来季SPはクラシック »

台湾で発覚したサムスンの工作活動とスケートにおけるスピードについて

BBSで紹介されていたグレゴリ青山さんのコミックエッセイ。

少々大袈裟に書かれていますが、会場での臨場感溢れる内容で面白いです。

グだくさん!!~グレゴリ青山さんの漫画

第1回 四大陸フィギュアスケート選手権を肉眼で

http://www.comic-essay.com/episode/read/200

第2回 四大陸フィギュアスケート選手権を肉眼で その2

http://www.comic-essay.com/episode/read/233

第3回 四大陸フィギュアスケート選手権を肉眼で その3

http://www.comic-essay.com/episode/read/264

U_suberi

最近、ユニークな投稿が度々あります。

一見すると真面目なスケートファンに見えなくもありませんが、どこか妙な雰囲気が漂い、それを指摘すると、おかしな理屈と、投稿内容にそぐわないモラルを押し付けて去って行きます。

まあ、暫くすると戻ってくる場合もありますし、逆ギレして大暴れする人もいるようですが・・・

こういう方々は巷では『工作員』と呼ばれていますが、一般的な日本人には理解出来ない存在ですし、そんな人間が存在していることを信じていない方々も多いようです。

今回、台湾でサムスンが、アルバイトを雇ってネット工作を仕掛けていたことが発覚しました。

『工作員』を信じていなかった方々も、驚いたでしょう。

韓国という国は、そういう国なのです。

勝つためには何でもする。

だから、日本でしか販売されていない、『フィギュアスケート 疑惑の高得点』を目の敵にするのです。

ATスポーツは火病を起こしているようですが、日本で韓国を守ろうとする勢力は、訴訟問題に発展しないように、『日韓の国民意識の違いが生んだ溝』 『疑惑は誤解』という落としどころで決着させようと目論んでいるようです。

ATスポーツは、その流れに乗って逃げる気でしょうね。

もっとも、簡単に逃がすつもりはありません。

成長に陰り…焦るサムスン 「やらせ」でライバル中傷が発覚

(2013.4.18 msn産経ニュース)

韓国のサムスン電子が、ライバルである台湾の電子機器メーカー、HTCのスマートフォンなどについて、アルバイト学生を雇い、ネット上に「誹謗(ひぼう)中傷」を書き込ませていたことが発覚した。台湾の公平交易委員会(日本の公正取引委員会に相当)が4月17日までに、調査に入った。スマホ市場で快進撃を続けるサムスンだが、HTCを筆頭とする台湾や中国の新興勢力が猛追。成長に陰りが出ており、その焦りが、“ネガティブキャンペーン”につながったとみられている。

学生雇いネット投稿

「(ネット上で)匿名のコメントを投稿するマーケティング活動を停止しました。われわれは、今回の事件を残念に思います。再発防止のため、従業員への教育とトレーニングを強化します」

サムスンの台湾法人である「サムスン電子台湾(SET)」は17日までに、自社の公式フェイスブックで、やらせによる中傷を事実上認める謝罪文を掲載した。

英BBC放送(電子版)や英IT系ニュースサイトのPCアドバイザーなどによると、今回の“やらせ”は、台湾国内でサムスンに反感を持つ人たちが情報交換をするサイト「台湾サムスンリークス」への投稿がきっかけで発覚した。

報道によると、STEから依頼を受けた現地の広告代理店が複数の学生アルバイトを雇い、彼らにサムスンのスマホ「ギャラクシー」シリーズを褒める一方で、HTCの「ONE」シリーズを貶(けな)すコメントをネット上に投稿するよう仕向けていたという。

「俺の彼女はONEを使っているが、しょっちゅう故障していた。サムスンのギャラクシーの方が優れていたよ」

「ONEよりもギャラクシーの方が、電池が長持ちして、画面もきれいだ」

ネット上では、こんなコメントが確認されており、AFP(フランス通信)などの海外メディアは「卑怯(ひきょう)なたくらみ」と、サムスンを厳しく非難している。

やらせが事実だと確認されれば、SETと広告代理店は、公平交易委員会から最高2500万台湾ドル(約8200万円)の罰金を科されるという。

中国・台湾勢が台頭

サムスンは今年初めにも、スマホのカメラ機能に関する虚偽広告で、30万台湾ドル(約98万円)の罰金を科されている。罰金は微々たるものだが、お粗末なマーケティング戦略が相次いで露呈した。

巨額投資で液晶テレビやスマホの汎用(はんよう)化を進めてシェアを拡大し、日本勢を駆逐したサムスンだが、自らと同じ手法で中国・台湾勢が台頭。格安のスマホを売り出し、頭角を現してきたHTCはサムスンにとっても脅威となっている。さらに日本の「アベノミクス」政策による円安進行で、好業績を支えてきたウォン安が反転し、ウォン高の逆風も吹き始めた。

サムスンは先月(3月)、「ギャラクシー」の最新機種の発表会を米ニューヨークで大々的に開催するなどPR活動やマーケティングに力を入れ始めたが、それが裏目に出たようだ。

(SANKEI EXPRESS)

Its13041811110000p1

破竹の進撃を続けてきた韓国のサムスン電子だが、中国や台湾メーカーの猛追で成長に陰りもみられる(ロイター)

キム・ヨナ側が日本人ライター提訴を検討 ネットで誹謗中傷に発展

(2013.4.18 YAHOOニュース @サーチナ)

日本のフリーライター、フィギュア・ブロガーの猫宮黒埜さんは、個人ブログでこれまで投稿してきた内容をまとめた著書『フィギュアスケート、疑惑の高得点』を自費出版した。筆者は同書で、国際スケート連盟の採点基準や審判の問題をまとめ、分析・批判した。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

筆者は韓国のキム・ヨナを大胆に批評し、審判に何度も助けられたと指摘し、キム・ヨナがスケートの世界大会で獲得した高得点は、その過半数が不当な審判による産物だと断言した。

キム・ヨナの弁護士は同書に対し、「同書の全内容について確認を進めている。同書にキム・ヨナに対する悪意ある誹謗中傷があると確認された場合、法的手段を講じ筆者の責任を追究する」とコメントした。

韓国各紙も記事を掲載し、同書の内容に憤りを示したほか、日韓のメディア・ネットユーザーは口論に発展、互いの誹謗中傷は止む気配はなく、むしろ激化しそうな勢いだ。

(編集担当:米原裕子)

520324_13642148741

マーガレット・サッチャーだけじゃない!? 日本にもいた鉄の女

(2013.4.18 マイナビニュース)

イギリスでは初となる女性の首相として11年間政権を率いたマーガレット・サッチャーが、今月8日に亡くなりました。

強気な政治姿勢から“鉄の女”といわれた彼女。

そこには、自分の信念を貫く鉄のような強い意志がありました。

実はここ日本にも“鉄の女”は存在します。

周囲から“鉄の女”と言われた女性たちを紹介しましょう。

輝け! 日本の“鉄の女”たち

“鉄の女”と称されたサッチャー。

彼女のように強い意志を持った日本の“鉄の女”をご紹介します!

●その1:フィギュアスケート界の“鉄の女”=浅田真央

ロシアの次世代エースといわれているアデリナ・ソトニコワ選手(16)は、ソチ五輪では浅田選手のライバルのひとりともいわれている選手。 そんな彼女が憧れているのが、浅田選手。 地元の記者からのインタビューで「理想の選手は誰か?」という質問に対し、彼女はこう答えたのです。

「つねに浅田真央選手をお手本にしています。本当にすごい選手。彼女は人生においてつらいことがたくさんあったのに、それを乗り越えた。記念碑を立ててもイイと思う。まさに“鉄の女”。彼女を見習いたい」

来シーズンで引退することを発表した浅田選手。ソチ五輪では“鉄の女”の強い姿勢で演技し、“金(ゴールド)の女”に輝くことを期待したいですね。

  ~ 中  略 ~  

“鉄の女”はカッコイイ!

もともとは旧ソ連がサッチャー元首相を非難するつもりで使った“鉄の女”。

でも、言われた本人は気に入ってしまったというのは有名な話。

“鉄の女”という響きから冷たいイメージも抱きやすいですが、いまでは強い意志を持ったカッコイイ女性という印象を受けます。

いずれにせよ、鉄の意志をもって頑張る女性の姿は美しいですよね。

Written by カタタク

9f7175b73fd8f8c8bcc8c57994964dcb1

≪ご案内≫

『フィギュアスケート 疑惑の高得点』に間違いがあったことをお詫び申し上げます。

該当箇所は、

項目:偏向的な報道  ページ→122P最後の行(14行目)

・2008年 優勝 浅田真央 国旗掲揚、国斉唱なし  

・2008年 優勝 浅田真央 国旗掲揚、国斉唱あり  

今後増刷される本については訂正されますが、現在の在庫については正誤表で対応致します。

また、既に出荷済みの本につきましては、御面倒をおかけ致しますが、購入者様の方で訂正をお願い申し上げます。

『フィギュアスケート 疑惑の高得点』正誤表 クリックするとのPDFファイルが開きます

間違いを指摘して下さいました方々に感謝を申し上げると共に、間違いがあったことをお詫び致します。

雑談などにご利用下さい→『ゆきの小部屋』

*ブログの避難所を開設しました→コチラをクリックして下さい。

昨日の、ソチオリンピックのテーマは『スピード』というエントリーで、シシー・クリック氏のインタビューを紹介し、ISUは『スピードの評価』を検討しているのではないかと書きました。

それに対して、更にキム・ヨナが有利になるのでは? キム・ヨナの高得点の根拠にされてしまうのでは?というコメントもありました。

そこで今回は、フィギュアスケートにおけるスピードとは何かを考察してみたいと思います。

・・・という流れにする予定だったのですが、それについて解りやすいコメントが投稿されていましたので、それを紹介します。

キム・ヨナのスピードについて検証している動画も併せてご覧下さい。

みなさまがスピードについて語られているので私もちょこっと。。

フィギュアは習い始めで、まだまだ日が浅いです。

でも先生はかつてアイスダンスの全日本選手だった方なので、とにかく基本的なスケーティングスキルにうるさい方です。(いつもありがとうございます、先生!)

フィギュアスケーティングの基本の”き”の話になりますので、「とっくに知っとるわ!怒」となる方もいらっしゃるかと思いますが、素人の浅講釈と鼻で笑っていただき、なにとぞご容赦ください。

結論からいえば、スピードは大事です。ただし出すことよりも維持すること、がですが。

フィギュアスケートのブレードというのは、特別漕がなくても、純粋な体重の移動により滑ろうとしなくても滑れるようにできています。足踏みだけしていても、体重の移動により自然に前に進みます。初心者クラスで初日に教えられていることですね。

浅い船底型になっているフィギュアのブレード、前進するときと後進するとき、それぞれスイートスポットがあり、そこを確実にとらえどのような姿勢でもそこに体の軸を乗せ、それを維持する、それも片側のエッジだけで維持する(維持することが最も重要)、それにより流れるような、フィギュアスケートらしい動きがでるのです。スイートスポットをとらえていても、エッジがフラットぎみになっては氷への抵抗が増え、スピードは落ちます。

インかアウト、そこにしっかり乗っていることで観ている方も気持ち良くなるような滑りができます。スイートスポットは、前進の場合は土踏まずよりややかかと寄り(かかとまでかかるとバランスを崩す)、後進の際はややつま先より(つま先までかかっては前のめりに倒れる)です。このスイートスポットを初めて捕えた時は、一瞬リンクが撓ったのかと勘違いしたくらい、気持ちよかった。突然ブレードのモーターが発動したかのように(もちろんそんなものはついてませんがw)、ブレードが氷上をシューッと進みましたからね。足の裏の感覚もすっごく気持ち良かったです(笑)。

このスイートスポットをとらえられず、ちょっとでもずれようものなら、進む威力が半減する(笑)。本当に半分の位置でスーッと無情に止まります。ほんのちょっとでもダメなんです。だからいかにそこを維持し続けられるかが、アクロバティックな技も多いシングルで体力維持のため重要な鍵となります。 つまり、重芯を前後、左右(エッジのイン、アウト)と動かして常にスイートスポットを針で刺すようにとらえながら、ジャンプを含めた氷上の舞を行うのがフィギュアスケート、ということですよね。

お手本はPチャンや小塚君。大ちゃんや、もちろん真央ちゃんも達人ですね、そうそう荒川さんも。そうそう、忘れてはならないのが本田武史のスケール感のある滑り。そうだ、あと忘れちゃいけないのが、・・・って、挙げだしたら止まらない(苦笑)。

今年の国別のFPでは確かに後半から真央ちゃんのスピードの落ちは最も遠い席で観ていても明らかでした。

ですがそれはスイートスポットをとらえきれないがためというのではなく、最初の一滑り自体に勢いがなかった、いつものようなエッジ全体で効率よく、というのがなかった気がします。

あとで真央ちゃん本人から途中から足がすごく重たくなったの発言があったので、「あぁ~、やっぱりそうだったのか」と思いましたが、シーズン終わりでもあり、疲れるのは現在の敵だらけの状況を考えたら理解もできます。でも本来の彼女のスケーティングスキルの衰えだとは全く思えませんので、心配は不要だと思っています。

KYは2006年くらいのシニアデビュー直後のほうがその点においては現在よりうまいと思いました。

スパイラルが伸びてるんです。

でも、あれだけ基本的なスケーティングにうるさいはずのブライアン・オーサーはどこをどう成長させたんですかね?

いまのKY、特に銀河点などをたたき出すようになってからは、スパイラルやステップなどの、重芯の移動による流麗な滑りという、フィギュアならではのだいご味がまったく出せないようになりましたね。変なの。

また、スピードも多くの方がご指摘される通り、やたらと繰り出すバッククロス。あれの幅や回数の規制をルールに取り込まない限り、「スピードが”大事”」というあいまいな表現では公正な採点はまたもや、それこそ銀河のかなたでしょう。

またこれは観る人によって分かる人と、見分けがつかない人がいるので難しいのですが、KYとそれ以外の選手のバッククロスの違い。 KYは膝から下の動きが固いです。

まるでインラインブレードで練習していたのかな、子供のころ?と想像してしまうほどです。

真央ちゃんや他の選手は比べるとわかるのですが、膝から下の動きが繊細でやわらかいです。さらさらと流れるようにクロスしていきます。

私も常日頃、先生から「漕がないでね」といわれていますので、あのKYのひどさは・・・。 「一応マスゴミが浅田真央のライバル扱いしてんだから、ウソでももうちょっときれいな滑りしてよ」と思ってしまいます。

またスパイラルもフィギュアの見せ場ですが、KYは伸びきらない曲がった脚で、なんとか重芯をスイートスポットに維持しようとしますが、真央ちゃんはあれほど手足を伸ばしてもきれいにSの字を描きます。

KYはSの字の真ん中の切り替えポイントでかならずふらつき、スピードダウンしますよね。それで最近はSまで描かず、半円もろくに描かずなんちゃってスパイラルにしているようですが。(習いたての子供か!) どの選手も調不調の波というものがありますので、一度の演技で決めつけたくはないですが、しかしKYのスパイラル直後、バランスを崩しかかった際の、次へのつなぎに見せかけようとしたのか、トテトテトットッという間抜けな動きには(要はコイツ、やる気ねーんだな・・)と思わざるを得ませんでしたね。

地の実力の差だけでなく、こんなにやる気のないやつと常に比較されるなんて、真央ちゃん、なんて気の毒なんでしょう。

でももう私たちは知っていますよね。基礎的なスキルも、表現の幅の広さも。「鐘」など、真央ちゃんほど野心的なプログラムに取り組んでいる選手は世界中を見渡しても他にいません。

やらせればロシアの選手もできるのかもしれませんが、なんせ挑戦していないので果たして本当にできるのかどうか分からない!!

こんなすばらしいアスリートであり芸術家が思う存分に、一番大事なことができるよう、私たちが一つとなり、全力応援しましょう!

キム・ヨナのスピード

検証動画をまとめると、

①最高速度

  浅田真央  10.60m/s

  カロリーナ・コストナー  9.88m/s

  キム・ヨナ  9.34m/s

  安藤美姫  8.80m/s

②FSの速度

  浅田真央  5.10m/s

  カロリーナ・コストナー  3.20m/s

  安藤美姫  2.78m/s

  キム・ヨナ  2.23m/s

③滑りの速度

  浅田真央  8.90m/s

  カロリーナ・コストナー  8.30m/s

  安藤美姫  7.56m/s

  キム・ヨナ  7.08m/s

④ジャンプ前の速度

  安藤美姫  7.43m/s

  キム・ヨナ  7.39m/s

  カロリーナ・コストナー  7.21m/s

  浅田真央  6.38m/s

⑤ジャンプの飛距離

  カロリーナ・コストナー  8.55m(3F-3T)

  キム・ヨナ  7.40m(3Lz-3T)

  浅田真央  7.20m(3A-2T)

  安藤美姫  4.60m(3Lz-2Lo)

検証動画で導き出された数字は、スピードについて投稿されたコメントと一致しているのがお解りいただけると思います。

スケーティングスキルの高い浅田真央やカロリーナ・コストナーは、最高速度だけではなく、演技全体にスピードがあるのです。

一方でキム・ヨナは、ジャンプ前のスピードは速いものの、そのスピードを得るために、他の選手よりもクロスカットを多用しているのです。

浅田真央はスピードが無い、キム・ヨナにはスピードがあるというのは、ジャンプ前のスピードについては正しいのですが、演技全体のスピードは浅田真央が上なのです(注:現在はジャンプ矯正も終盤となり、浅田真央のアプローチスピードも高くなっていますので、ここで挙げている選手達と遜色無い速度になっています)。

また、検証動画を見れば、浅田真央が効率良くスピードを得ていることも容易に理解できるのではないでしょうか?

つまり、ISUがスピードを評価の重点項目にしても、スケート技術の高い選手はマイナス評価にはならないのです。

スケート技術はISUによると、

全体的なスケーティングの質。すなわち、エッジをコントロールする能力と、エッジ、ステップ、ターンなどのスケート技術を用いて示された氷面上での流れ。また、それらの技術の正確さ。無理な力を使わずに加速したり、スピードを変化させたりする能力。

と定義され、それを見極める基準は、

・バランス、リズミカルなひざの動き、足運びの正確さ

・流れと楽な滑りリズム、強さ、クリーンなストローク、傾きを効率よく使って、ブレードに安定した滑りを伝えているか。また、体重をうまく乗せることで、無理な力を使わずに加速しているように見えるか。

・ディープエッジ、ステップ、ターンのクリーンさと正確さクリーンでよくコントロールされたカーブ、ディープエッジ、ステップを見せているか。

・パワー、スピード、加速の多様さ(多様とは段階的に変化させていること)。

・多方向へのスケーティングの熟達度(フォアとバック、時計回りと反時計回り、すべての方向へスケートし、回転も両方向にされているか)。

・片足スケーティングの熟達度

とされています。

高いスケート技術を持っている選手は、こうした定義や基準に照らし合わせなくとも、見れば解ります。

演技を見て、スケート技術が明確に判別できるのは、ステップとつなぎです。

どちらも、キム・ヨナに高い評価を与えるファンはほとんどいませんが、なぜかISUのジャッジは、女子では最高レベルという判断を下しています。

クロスカットが多くつなぎが薄いと言われるキム・ヨナですが、シニアデビューの頃は、今よりもクロスカットが少なく、つなぎも濃厚でした。

それは、過去の演技を見れば一目瞭然です。

かつてはキム・ヨナも基本に忠実で、3Aや3F‐3Loという高難度のジャンプを持っていた浅田真央に対抗するには、スケーティングと演技の質を向上させるしかないと考えていたことが解ります。

今はどうでしょう?

ISUは、またルールの見直しを考えているのかもしれませんが、どんなに取り繕っても、ルールを度外視した特別待遇の選手が存在していることを隠すことは不可能です。

過去より見劣りする演技内容で、男子を凌ぐ高得点を得た選手が存在する・・・これをどのように解釈すればいいのでしょうか?

ISUはファンを納得させる説明が出来るのでしょうか?

ルールを理解していないから疑問を持つ、不勉強だから陰謀論に走ってしまう・・・そういう方々がいらっしゃいますが、そもそも審判員並の知識を要求するスポーツが他にあるのでしょうか?

野球、サッカー、体操などはルールに精通していなくとも勝敗は理解出来ますし、バレエやオペラ、ミュージカルなどは事前に知識を得なくとも楽しめます。

フィギュアスケートだけが例外なのでしょうか?

本当にそうなら、改めるべきはフィギュアスケートの方ではないでしょうか?

少なくとも、フィギュアスケートの選手達は、『もっとルールを勉強してから見に来い』などと言っていないのに、なぜこういう主張がまかり通ってしまうのでしょうか?

採点に疑問を持ったり、不信感を抱いたりするファンを、『陰謀論者』と決めつける方々は、自分達の言動がフィギュアスケートを衰退させていくという自覚が皆無だからこそ、無責任なレッテル貼りをするのでしょう。

無自覚な方々は、自分自身をもう一度見つめ直して欲しいものです・・・

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

FPUからのお知らせ

*FPUではブログサポーターを募集しています。詳細については、下記をクリック願います。

ブログサポーターを募集します!(FPU公式ブログ)

Fpu007

FPU(フィギュアスケート保護連合)へ、ご協力下さい。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。

FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp

FPU公式ブログ  http://fpu1.cocolog-nifty.com/blog/

お問い合わせ先一覧(下記の文字をクリックして下さい)

▲首相官邸 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

▲ 民主党 http://www.dpj.or.jp/contact/contact

▲ 自民党 https://ssl.jimin.jp/m/contact

*BPOの問い合わせ先

*厚生労働省 お問い合わせ窓口

*外務省~監察査察意見提案窓口

*外務省~ご意見・ご感想(メールフォーム有)

*総務省への意見

*文部科学省への意見

*公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

kuroneko_azをフォローしましょう

* 今 日 の 猫 *

「宅配は、ネコである。お留守」編

☆ お 知 ら せ ☆

FPUの公式ブログがスタートしました!

誹謗中傷を繰り返す悪質なkiki_dide氏とその仲間~その1

にほんブログ村のランキング不正操作疑惑について

被災地の小さな命を救いたい・・・

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートの基礎

フィギュアスケート講座

フィギュアスケート技の解説

|

« ソチオリンピックのテーマは『スピード』 | トップページ | 浅田真央、来季SPはクラシック »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

フィフィもえなり君も心配…。言ってることもっともじゃないかって思うけど。

みんみんさん、愛されキャラでムードメーカーだと気付いてますか?
ちょっとせっかちな浅田選手もつかの間のお休みを取得中かな…。
睡眠とっておいしい物食べてエアロ達と遊んで、幸せな時間が訪れてるんでしょうね。

ここは感受性の豊かな方が多くて、言葉尻なんかで混乱が起きていることここのところ頻度多くなってますが、見てる人は見てますし、荒れるのを心待ちにしている輩をよろこばせないよう…もう、11か月ないです。ただ存在してるだけでも誰かが心強くなって元気になれたり、選手も応援するファンも同等かもって思います。

日本の何処かに向かってひとりごとでした。

投稿: まき | 2013年4月19日 (金) 14時19分

黒猫さん こんにちは。
いやいや、黒猫さんに
これほど的確に指摘されちゃ、そりゃ、お隣りさん
火病おこしますね。
真央さんが日本人でよかった。私達の誇りです。

そもそも女王なんかじゃないのに、女王呼ばわりされてるお方の演技なんか見たくないのに、秋になるとまた、出没するんでしょうね。
偽女王がプライドのあるお方ならまだスケーターとして生き残る事も出来たでしょうに。
メダルとっても尊敬されない女王!ドンマイ!

お隣りのフィギュア選手は自国の偽女王の事、ホントに女王だと信じてる?
ちゃんとスケート習ってたら、『女王みたいにゃ、なりたくないっ!』て、思うはずなんですがねぇ。

投稿: たなどん | 2013年4月19日 (金) 14時35分

黒猫様…こんにちは。黒猫様の言う通りです。努力の賜物の選手達が可哀想です。今日のブログを拝見していて、応援頑張ろうと思いました。毎日、拝見していたのですが最近は、本当に気持ちがもう無理なのかなと、折れかけてました。黒猫様の努力には、頭が下がります。お身体にはお気をつけてください。

投稿: まり | 2013年4月19日 (金) 15時26分

マイナビニュースへ


イギリス人は、サッチャーのことを
「鉄で防備した家に住まないと 危険なほど悪いことばかりした女」
と、皮肉っている。

天使を悪魔に、絡めないでほしいわ。

投稿: sher | 2013年4月19日 (金) 15時31分

黒猫さま、こんにちわ。
グレゴリ青山さんのコミックエッセイ、すごく楽しかったです。
なーんだか、臨場感が伝わりました。後光・・なるほど、そうですね。
世界選手権もキモヨナ滑走後は、熱い視線で、リンクの氷が溶けたということですね。よくわかりましたよ!
それまでは氷の視線だったわけで。。・・この頃、八百長の女王様が魔法まで使い始めましたね。
恐ろしい恐ろしい。 キモヨナ呪いの人形でも作らなければ!

さてさて、キモヨナ事務所のやつら、うやむやにしようとしてますか。
つかんだ尻尾、離すまじ! みーんなで綱引きのごとく引っ張りましょう。
サムスン、汚いですね。 というか、どす黒いのは昔からですが。
これで、台湾にも韓国の汚いイメージが浸透しましたね。来シーズンのGPシリーズでは台湾もありました。キモヨナ行ったら、半殺し!かも。
うれしいかも! 期待するかもですよ。

検証されているスピードですが、真央さんに比べたら、キモヨナ後期高齢者状態じゃないですか。
ドーピングも効果が現れなくなりましたか。。
このドーピング、オリンピックまで持ちますか? GPもでてくるんでしょ?
途中で心臓止まったらどうすんだろう? 買収で心臓再生かな?
何でもありですね。。

投稿: なら | 2013年4月19日 (金) 15時36分

黒猫さん。こんにちは。
今日のブログの内容楽しかったです。
コミックも、笑えました。興奮が伝わってきます。僕も行きたかったです。
あと、スピードも検証動画楽しかったですね。わかりやすかったです。
KYは6回も漕いでたなんて・・・。真央さんは2回。
しかも演技全体でのスピードは真央さんが断然上。
こういうのマスコミは知っているのでしょうかね?会場にいたらコメンテーターもわかるだろうに。荒川さんとか、八木沼とか・・・・。ブツブツ。
KY上げをしたくて言ってるのでしょうね・・・・。イライラ。

そして、10月ごろのJOまでは、フィギュアはショーが中心ですね~。ちょっとさみしいですが。五輪のためにもそれぞれの日本のスケーターはプログラム完成させてほしいですね。楽しみです。

僕は、JOまで、昔の黒猫さんのブログの内容を読み返したり、フィギュアの歴史・スキャンダルも含めて勉強しようと思います。

投稿: rinapapa | 2013年4月19日 (金) 15時53分

はじめまして。グレゴリさんはフラワーズという雑誌にも載ってて、なかなか世界観の面白い方で気に入ってましたので、絵を見てすぐにわかりました。読んでて涙が出て来ますね。

わたし、黒猫さんも「鉄の女(?)」と思いますよ。うふふ、、、
すばらしいです。がんばってください。

投稿: tenteko | 2013年4月19日 (金) 16時17分

KYさんて、改めてみると、氷の上を走りまくってますね。いやあ、すごいすごい。コギコギ、キコキコ。検証動画で数値が明示されなくても、十分分かります。音楽や解説がいかに目を曇らせているかということですね。音を消して滑りを比較すれば、違いが明白ですもん。

投稿: まりか | 2013年4月19日 (金) 16時26分

>黒猫さま

私の心のモヤモヤした部分を書いて頂いてます。
本当にありがとうございます。

これからも、断固として支持いたします!!

投稿: mika | 2013年4月19日 (金) 16時55分

演技構成点について:ISU Communication 1284
http://www.isu.org/vsite/vfile/page/fileurl/0,11040,4844-168551-185...

演技構成点採点法:ISU JS: 08A Program Components Explanations.(2004.07.31)
http://www.isu.org/vsite/vfile/page/fileurl/0,11040,4844-152086-169302-64121-0-file,00.pdf

和訳されているものは「フィギュアスケート資料室」HPの
「構成点の基準」で紹介されていますのでこちらをどうぞ
http://www.geocities.co.jp/Athlete-Athene/9074/

評価基準の80%を満たしていれば8.00評価
90パーセント以上を満たしていれば9.00評価
95%以上を満たしていれば10.00評価をジャッジは出してよいことになってます


【スケーティング技術】
定義:
全体的なスケーティングの質。すなわち、エッジをコントロールする能力と、
エッジ、ステップ、ターンなどのスケート技術を用いて示された
氷面上での流れ。
また、それらの技術の正確さ。無理な力を使わずに
加速したり、スピードを変化させたりする能力。

基準:
・バランス、リズミカルなひざの動き、足運びの正確さ
⇒×。まりあ 様が仰るには「膝から下の動きが硬い」ようですね
膝の動きがリズミカルでもこの条件を満たしているとは言い難いでしょう

・流れと楽な滑り
 リズム、強さ、クリーンなストローク、傾きを効率よく使って、
ブレードに安定した滑りを伝えているか。また、体重をうまく乗せることで、
無理な力を使わずに加速しているように見えるか。
⇒×。
ジャッジにこの滑りができていると「思いこませる」ことには長けていると思いますが
実際にはできてません

・ディープエッジ、ステップ、ターンのクリーンさと正確さ
 クリーンでよくコントロールされたカーブ、ディープエッジ、ステップを見せているか。

⇒×ステップはエッジが浅いですしターンは自身の出来る簡単なターンしかできてません
カーブでコントロールできているのも両足スケーティングによるところが大きい

・パワー、スピード、加速の多様さ
 多様とは段階的に変化させていること。
⇒×。あれは最初から最後までガシガシ力を入れて漕いでいるだけ。
だから後半バテてスピードが落ちるんです。
テクニックで変化させているんじゃありません!!

・多方向へのスケーティングの熟達度
 フォアとバック、時計回りと反時計回り、すべての方向へスケートし、
回転も両方向にされているか。
⇒×。フォアよりバックストロークが圧倒的に多い。
時計回りのスケーティングがほとんどなく
ストロークもMIFのターンも反時計回りばかり。
あれで週辰度を優れているなどと判断するジャッジの頭のほうがおかしいんです

・片足スケーティングの熟達度
 両足スケーティングだけではいけない。
⇒×。片足スケーティングなんてどこにあるの?というくらい無い。
スピードスケートやショートトラックのほうがまだ片足で滑ってます
某経験者様によると「LzもSも両足でコースを整え過ぎ。」だそうです


ちなみに
「要素の繋ぎ/リンキング・フットワーク」において但し書きで
「要素のつなぎは音楽に合わせて長くなったり短くなったりするが、
ブレード、体、頭、腕、足を充分に使い、
クロスカットは最小限に止めるべきである。」

と明記されています

KYのは両足スケーティングが多い。クロスカット多すぎで
反時計回り方向、バックストロークが多すぎ。
8.00評価にすら値しないと思います


投稿: megumi | 2013年4月19日 (金) 17時01分

個人的な意見だそうですが、かつしきさんは
「出場選手中、最低のスケーティングだと思う」って
ブログで書いていましたね・・・

http://yunotura.blog5.fc2.com/blog-entry-1248.html

投稿: シロちゃん | 2013年4月19日 (金) 17時12分

黒猫さま  そしてコメントをお寄せになる皆様
初めて投稿というものをさせていただきます。
初心者ゆえの不作法ありましたら、どうぞお許しください。

映像での観戦暦だけは長い(70年代から)のですが、皆様ほどの見識は無く、FPUの署名に参加した以外は、ほぼ傍観者の状態でした(いっぱい泣きましたけど)。

が、事ここに至って、さすがに私も何かしなくてはいられない気になり、先日
こちらで紹介されている首相官邸宛に意見を提出しました。

外交 経済と 切迫した問題を抱える中、スポーツなんてきっと一瞥もされない・・・・と思っていたのですが、そんな中、政府が”国民栄誉賞”に手を付けたので、もしかしたら機があるかもしれないと考えるようになりました。(別に
真央ちゃんに賞をあげろと書いたわけではありませんよ)

私と同じように、事態の改善を望む声が、出来るだけ多くの方々から寄せられることを願っています。もし少しでも役に立つのなら、封書ででも送ってみようかなと思っているところですが、具体的にどこに出せばいいのかよくわからない状態です。どなたか教えていただけないでしょうか?

先日の引退関連報道の反応を見ても、国民が真央ちゃんを思う気持ちは
相当なものだと思います。ひょっとすると、大鵬さんや長嶋さんの当時の人気に匹敵するかも。老若男女問わずというところも。
ソチでバンクーバーと同じ悲劇が繰り返された場合、国民の落胆は相当な
ものでしょう。逆に、最高の結果に終わったとき、その歓喜のエネルギーは
経済効果以外にさまざまなところで良い影響をもたらすでしょう。
 
政府もこのことに着目して、支持率アップに利用する気になってほしいと
思います。


投稿: 天女が天に還る日 | 2013年4月19日 (金) 17時15分

グレゴリさん面白いですよね。
毎回爆笑です。

スピード検証も面白かったです。
あまりのキム・ヨナの酷さにこれも爆笑。
(笑い事じゃないけど、酷すぎて笑ってしまう…)
キム・ヨナはよくもそんなに、というほど漕ぎますがなかなかそれを
説明しても分かってもらえないんですよね…
下手すると、漕いでスピード出るなら他の選手もみんな漕げばいいじゃん
とか言い出す人もいます。

あれだけ漕げばある程度スピード出るのは当たり前で、それで上手いと評価されるのはおかしい
というのは分かりにくいんですかね。

この動画は分かりやすいと思います。

さらに、ゆっくり回転不足という動画も面白かったです。

しかし動画を見て一人で爆笑する私は怪しいな…

投稿: watashimonekosuki | 2013年4月19日 (金) 17時18分

ISU Communication 1284のURL
貼り間違えました

正しくはこちらです
http://www.isu.org/vsite/vfile/page/fileurl/0,11040,4844-168551-185769-65184-0-file,00.pdf

大変失礼いたしました

投稿: megumi | 2013年4月19日 (金) 17時25分

  黒猫さま、ありがとうございます。

 KYの演技がいかに、下手か・・・(笑)実証してしまったぁ~(笑)

KYの得点でないわ、ありえないわ・・・と地団駄踏んでいました。
何故、バンクーバーの頃気づかなかったのか???
モヤモヤしました。
スピードがある大きなジャンプ!!!。
3Lz+3Tがあるからと無理やり納得してました。
TVで素晴らしい!って言ったじゃん!
前の黒猫さまの検証VTR・・・。回転不足だった。それはまあまあと・・・。
見た目良かったからしょうがないかと(納得はしてません)
更に、スピードも無い!どういうこと?
やっぱり、どう見ても真央ちゃんが金メダルでしょう!!!
知れば知るほど・・・嫌な気分になる!

誉める、解説者のみなさん!目が曇っていませんか???
平気で嘘が言える・・・、神経を疑います。
元スケーターならわかるものなのに・・・。
ふざけないでと思ってしまった。
素人だからって騙せるとでも(今まで騙されてた)思っているのか?
ウンザリです!

投稿: kokotomo | 2013年4月19日 (金) 17時28分

黒猫様 皆様
こんにちは。

グレゴリ青山さんのコミックエッセイ拝見しました。
素晴らしい表現力ですね!
すごく会場の雰囲気や観ている側の感激や興奮している気持ちが伝わってきました。

4CCの時のあの真央選手のトリプルアクセルの挑戦&成功の場面は真央選手のスケート人生で大事な大事な「成功」でした。
その歴史的な場面を生で観られた事は本当にうらやましい限りですが、グレゴリ青山さんのフィギュアスケートへの思いや選手に対する思いがすごく共感出来ました。
その思いを漫画で伝えられるなんて素晴らしいですね。

どの表現も伝わってくるものばかりでしたが、私が印象に残った場面は選手の気持ちが会場に伝わってくる事と選手の気持ちを代弁されて伝えられた事です。
そして観ている側の気持ち「それぞれ生活をかかえたひとりひとりの人間だけどスケートを観ている時間は個人の生活のことなどすべて忘れていた」とのフレーズがまさしく私自身、そうなのでまたまた嬉しかったです。

黒猫様、載せていただいてありがとうございました。

ところで、台湾でサムスンがアルバイトを雇ってネット工作を仕掛けた件はやっぱりそうか、と言う事例ですね。
こういう事がもっともっと公になり韓国の悪事が広まればもっと大きく事が動くのでは、と期待したいところです。


それと、フィギュアスケーティングの基本のスピードについてのお話と検証動画はとても分かり易く、よく技術を分かっていない私にはとても勉強になりました。

ISUはこれだけの議論を騙せるだけの理由付けは出来るのでしょうか?

もう いい加減に観念してファンが、誰もが納得するルールを作り直すようにするべきだと思います。


最後に黒猫様のコメントにあった、ATスポーツが騒いでおいて逃げようとしている事に対しての「もっとも、簡単に逃がすつもりはありません。」

さすがです!

私も黒猫様の思いを多くの人に伝えられるように話したり、著書を渡して広まるように頑張ります。

投稿: rei | 2013年4月19日 (金) 17時40分

現在のスピードを知りたいですね、今年のワールドとかの、自分に能力があればなあ。

投稿: 太一 | 2013年4月19日 (金) 17時47分

黒猫様・・・

スピードについてのお話と検証動画、とても分かりやすく勉強になりました。

ありがとうございます。また漫画ではほっこりしました。

黒猫様のブログ、皆様のコメントを今後も楽しみながら拝見していこうと思います。

投稿: りんとはな | 2013年4月19日 (金) 17時54分

http://www.hoshusokuhou.com/archives/25866131.html
【テコンドー】オバマ大統領に猛毒リシン郵便物を送付→犯人の胴着に韓国国旗→ABCが韓国国旗を日本国旗に変える
2013年04月19日17:46
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE93I02320130419
米MIT近くで銃声と爆発音、ボストン爆発事件との関連は不明
2013年 04月 19日 17:21 JST
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2939536/10607884?ctm_campaign=txt_topics
ボストン・マラソン爆発事件、容疑者1人死亡 警察発表
2013年04月19日 18:09 発信地:ボストン/米国

http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE93I02U20130419
パキスタン警察、ムシャラフ前大統領を逮捕=報道
2013年 04月 19日 13:32 JST
http://japanese.ruvr.ru/2013_04_19/111148620/
プーチン大統領-ロシアには独立系ジャーナリストが必要
19.04.2013, 03:57

投稿: (´・ω・`) | 2013年4月19日 (金) 18時30分

黒猫様のブログコメント欄が荒れれば荒れるほど、突っ込みどころが満載になってゆく……。
おかしな書き込みでこんなに盛り上がるだなんて、あちらにとっては皮肉なものですね。

ところでグレゴリ青山さんの作品は、どれを手に取っても損はありません。
フィギュアスケート観戦の醍醐味もストレートに伝わってきて、大変楽しく読めました。

投稿: もうやめて | 2013年4月19日 (金) 19時06分

サムスンが工作員を雇っていたというニュースを聞いても驚きませんでした。だってフィギュアスケート界にだっておかしな人たちたくさんいますし。バンクーバー五輪のときは韓国人たちが日本人を装ってグレボワ選手のHPを荒らしていましたよね。安藤美姫選手の「姫」を「姬」と書き間違える間抜けな工作員だったみたいですが。まぁあちらさんはもう漢字読めないから仕方ないか。

そうそう、去年だったかなぁ。食堂で昼食をとっていたとき、近くのテーブルに座っていた高校生くらいの男の子たちが携帯電話について話していたのですが、その話の内容が「サムスンだけは使いたくない。」「ギャラクシーはパクリ携帯。」「アップルを訴える理由が分からない。」と言うものでした。若い子達の間でもサムスンって評判良くないみたいです。

投稿: にゃんころぴー | 2013年4月19日 (金) 19時37分

このブログを読んでいる人は、KY関連は鬼ヶ島の鬼達で、黒猫さんのことを鬼退治の桃太郎と思っているので、鬼ヶ島の鬼がこのブログに暴れに来ても平気、むしろ黒猫さんの正当性を証明する破目になります。
工作員さんの国ではどの様に言うかは知りませんが、日本ではこういう事を「藪(やぶ)を突いて蛇(へび)を出す」略して「藪蛇」と言います。

投稿: ペリカン  | 2013年4月19日 (金) 19時50分

ヨナさん、カナダのお次はドイツと仲良くなさっているのですか?

あなたが復帰してきたとたん、一部のドイツ人ジャッジと解説者が、急に浅田真央に冷たいのは偶然かしら。

そういえば、あなたの復帰戦、どこの国でどこのスポンサーだったかしらね。

投稿: nusu | 2013年4月19日 (金) 19時57分

こんばんは。
今回のブログの内容、スピードについての解説を読んで・・・確かに!
と思いました。

私は素人ですが、キムヨナ選手はシニアデビューしたころのほうが上手いと思ってたんで・・・。
素人の目もあながち間違ってなかったのかなあ。

ジャッジの目は素人以下なのか?と失礼なことを思ってしまいました。

ソチに向けて真央ちゃん、頑張って!

投稿: カオリ | 2013年4月19日 (金) 20時32分

カスゴミのねつ造で「KYのジャンプはすごい」という刷り込みも一緒にされているので
KYのジャンプが本当にプロトコルにあるような高評価に該当するのか検証させていただきます

GOE基準はこちら
1)予想外の/独創的な/難しい入り
⇒評価できるのはイナバウアからの単独2Aとイーグルからの2A-2T-2Loだけ

2)明確ではっきりとしたステップ/フリー・スケーティング動作から直ちにジャンプに入る
⇒全くやってません

3)空中での姿勢変形/ディレイド回転のジャンプ
⇒全くやってません。ジャンプ全般
ディレイドどころか体の捻りが早くなってます

4)高さおよび距離が十分
⇒3Fは飛距離がある…と言いたいところですが『明らかな踏切違反』です

5)(四肢を)十分に伸ばした着氷姿勢/独創的な出方
⇒評価できるのは後半単独3Lzだけ
…と言いたいところでしたがこのジャンプは回転不足です

6)入りから出までの流れが十分(ジャンプ・コンビネーション/シークェンスを含む)
⇒3Lz-3Tのみ
…と言いたいところですが、こちらもセカンド3Tが回転不足です

7)開始から終了まで無駄な力が全く無い
⇒いいえ。今季のジャンプは構えが見られます

8)音楽構造に要素が合っている
⇒あってるわけがないでしょう

KYのジャンプはほとんど条件を2つしか満たしていません。
回転不足などの減点要素もあるので
加点要素を満たしているのは良くて3個。減点と相殺して
±0~+1評価というのが妥当だと思います
ジャンプの入りの工夫もない、高さも飛距離もない3Sは
過大評価しすぎです。

ついでに浅田選手をこの加点項目でチェックすると
単独3Sはスケーティングから直ちに跳んでいますしディレイドもある。
飛距離や着氷後の流れが非常に良いですし無駄な力もない。
これこそ+2評価に値するジャンプです
エッジ系ジャンプでディレイドというのはトウジャンプ以上の難しさがあります
3Sが苦手と言われていた浅田選手がこんな良いジャンプを跳べるようになったというのは
特筆すべきことだと思います
単独3Loも簡単に跳んでますがディレイドもあり、飛距離や流れもあり
更にチョクトー→モホークという入りなのでジャンプの入りの難しさでも本来もっと加点を与えるべきジャンプです

ディレイド回転ができているのはセカンド3Tも同じです。
こちらも入りから出がスムーズで高さ、飛距離、流れが良い。
ワールドの評価も納得できるというもの。

それからルッツは直前にステップが入ってますし着氷直後もステップを踏んでいる。
ロングエッジを度外視すれば入りや出で工夫のこらされたジャンプです
国別対抗戦のは減点しすぎです。
3F-2Lo-2Loも難しい入りから入っています。
こちらも加点を得てしかるべきジャンプです
国別対抗戦では3F-3Loセカンド3Loも判定が厳しすぎました。
少なくともレイノルズ選手よりは回りきって飛距離もあった。
彼より高いGOEをもらってしかるべきだったと思います

そしてKYとは比較にならないくらい浅田選手のジャンプは音楽とマッチしている。
FSの「白鳥」はドンピシャだった。

本来浅田選手のほうがGOEで大きな加点を得るべき良いジャンプなんです

投稿: megumi | 2013年4月19日 (金) 20時46分

あら、浅田さん今日は表彰式だったんだ~。
スケート?・オブ・ザ・イヤー?忘れてしまった。
少し休めたのかこれからなのか…、CM撮影とかも目白押しだろうし。
でも、ぴかぴかの笑顔でしたね。

グレゴリさんの漫画すごくよかったです。共鳴する感じ。

今朝の朝日の声に真央さんファンの投書が、黒猫さんちに来られてる方かもって思いました。ありがとうございます。愛のある文面です。誰かさんがからめられてなくて。ほっとしました。

投稿: まき | 2013年4月19日 (金) 20時57分

スケーター・オブ・ザ・イヤーでした。
失礼しました。

投稿: まき | 2013年4月19日 (金) 21時04分

はじめまして。。。

ちょっと前に キム側が、スピード強化のために スピードスケートのレッスンも取り入れると出てましたので、「あー見た目スピード出たら点数UPという審判団との裏打ち合わせが すでに出来ているのですね」と思っていましたが、クーリックがやはりそんな事を言っていたのですね。
国別で初めてクーリックを見ましたが、悪代官を唆す三河屋みたいな顔して
ましたわww

黒猫さん、これから応援します!

投稿: mito | 2013年4月19日 (金) 21時24分

黒猫様、みなさま、こんばんは。

遅ればせながら、ようやく黒猫様の御本を読破いたしました。
内容は簡潔でとてもわかりやすかったのですが、普段このブログに親しんでいるわたしにとっては、「うーん、ブログの方が内容が濃いなあ」という感想です。でも、フィギュアをたまに見る方には十分すぎるメッセージですね。
まわりの人たちにもおすすめしようと思います。

それにしても、この内容で金選手陣営はなにを名誉棄損で訴えようというのでしょうか?やっぱり、このままうやむやに終わらせる気でしょうか?

私もスケートを習い始めて間が無いおばさんですが、このコメント主さんの指摘はすごく深い!
私はまだバックがうまく滑れないので、このご指摘には感服いたしました。

投稿: くまおまま | 2013年4月19日 (金) 21時28分

台湾、韓国サムスンなんかに負けるな!、頑張れ!台湾!。日本人は台湾を応援する。いつも日本を大切にしてくれてありがとう!!。

投稿: 暁 | 2013年4月19日 (金) 22時00分

黒猫さん、まりあさん、それからmegumiさんもいつもありがとうございます。
分かりやすい解説で、とっても勉強になります。

「ルールを勉強しろ!」と吠える人がいますが、知識を得るたびに疑問は増え、その知識をふまえた上で観るKYの演技は、更に酷さを増して見えるという不思議。

だけど、なんとなく見てる人には、「クロスカットは少ない方がいい」とか、エッジの深さ浅さとかわからないのですよね。
私もバンクーバーまでは全然わかってませんでした。
そういう意味では、ファンも多少はルールを理解した方がいいのでしょうけど、それは解説者が積極的に教えるべきだと思うんです。テレビに出る関係者も然り。
「いいですね~」とか「メリハリがあります」などの漠然とした感想だけじゃなく、「こういうルールなのでここはあまりよくありません」とか「こうだからこれはとても素晴らしい」とか、もっと細かく繰り返し解説していれば、なんとなく見てる人もだんだん理解していくと思うんです。
ただ「見る側もルールを勉強してください」と丸投げするのはあまりにも無責任すぎます。

結局は、ライトファンにまでわかるようにルールを説明すれば、KYの不可解な高得点が浮き彫りになってしまうのでそれは困る、ということなのでしょうけど。
そもそもKYの演技を素晴らしいと感じる人がいるのは、メディアによる「凄い選手!」というすり込みがあるからだと思いますし。(スケート関係者もそれに加担しているという…)私も以前はすり込まれてました。まんまと。
今は随所にやる気のなさが感じられて、苛立ちと気持ちの悪さしか感じませんが。
一刻も早く化けの皮がはがれきってほしい。

サムスンの工作は今更驚きもしませんが、実際にこういう事実があるのに、スケート界だけは清廉潔白と信じられる人がいるのが不思議でなりません。
汚い裏事情を知るにつけ、「ジャッジは公正」「不正なんかない!」という思考の方が、よっぽど「妄想」に近いと思えます…。

投稿: soramomo | 2013年4月19日 (金) 22時04分

黒猫様、皆様、こんばんは

この記事の分析とてもよくわかりました。素晴らしいです。

私は世事に疎くてよく分からないのですが、この分析とmegumi様の見解を、しかるべきところへ提出して説明いただく事はできないものでしょうか?

明らかに一人突出して漕ぎまくってる時点で10点満点なんてアウトだと思いますし、あんなに漕いでるのに、浅田選手にことごとくスピード負けてますから。
どうしたら女王に足る素質があるのか明確な説明を求める権利があるように思います。
スケ連はグルだから、はなからお話にならないてしょうけど‥

投稿: 混沌 | 2013年4月19日 (金) 22時29分

サッチャーの功績で、専門家の論文では。
規制緩和。
鉱山や鉄道、図書館などの公共事業の民営化。
ヨーロッパ共同体加盟の反対。
フォークランド紛争では、徹底した国境の守り。

これが、マスゴミにかかると。
規制緩和は無視。→今安部さんがやってる最中だから。
公共事業の民営化→鉱山のみ。
ヨーロッパ共同体加盟の反対→なぜか、ユーロの貨幣のみ。
フォークランド紛争→尖閣諸島問題とダブらせる。

マスゴミて、本当にバガ。


ちなみに、彼女が鉄の女と呼ばれたのは、
ソ連のアフガニスタン侵攻に反対姿勢を貫く。→ソ連のイスラム勢力の制圧に圧力をかけた。→今の、イスラム対キリストにつながる。つまりは、ソ連の勢力を弱らせて、キリスト国がイスラム国を叩く。

恐い女。彼女の予言は的中。


なので、アスリートとは、違うと思いますよ。


真央さんは、大和撫子がピッタリ。
実は世界最強。

投稿: ミッチ | 2013年4月19日 (金) 22時37分

マスゴミのバガは、サッチャーの遺言と題つけて、今月記事書いてるけど。

昔、サッチャーの遺言という本が出てた。
まだ生きてるのに、遺言て変ね。

と思ったけど。

投稿: ミッチ | 2013年4月19日 (金) 22時39分

昨日のまりあさんの投稿+この記事の黒猫さんの解説+megumiさんの詳しいルール説明=フィギュアスケート採点疑惑の確信、になりそうですね。これらも書籍にして多くの人の目に触れられればいいのに。

データーがどうこうおっしゃる人もいますが、この検証動画とISUの採点基準を見たらどう言うのだろう?動画では各選手のスピードとその根拠となった基点が示されていますが。そんなものは当てにならない、作成者が都合のいいところだけ編集したものだ、とかなんとかいちゃもんをつけるのかな?(自分じゃ作れないくせにね、多分)
それにしても、一番スピードがあると思われていた選手がそれほど・・・な結果にはいささか驚きました。それと、漕ぎ漕ぎ~でISUの評価基準にそぐわない高得点を得ていることも。

ネコ動画について。
どうやってインターホンを押したのか気になる(笑)赤外線?

投稿: glacier | 2013年4月19日 (金) 22時49分

黒猫様、皆様、こんばんは


グレゴリ青山さんのコミックエッセイ、すっごく面白かったです。
ありがとうございました。
スピードの具体的な検証も最高ですね!!

まりあ様の解説、分かりやすかったです。
ありがとうございます!!
megumi様のコメント、いつも勉強になります。
ありがとうございます!!

投稿: きょうこ | 2013年4月19日 (金) 22時50分

エキシビジョンで、あっこちゃんは、
2A-3loを飛んでたんだよね。二年前の名古屋フェスティバルで。
エキシビジョンではジャンプは飛ばない誰かしんとは偉い違い。
助走が長いわりには、伊藤みどりのようなジャンプでもないし。
せこい人間ばかり勝つ競技は競技じゃないから、人気は衰退する。
せこい競技にしないでよ。
が日本人の願い。

投稿: ミッチ | 2013年4月19日 (金) 23時02分

浅田選手、スピードスケートの加藤条冶選手らJOC杯受賞。
浅田選手はスケーター・オブ・ザイヤーも受賞。
高橋大輔選手も何やら賞をいただいたそうですが、副賞はTDRペアチケット。

あれだけ頑張ったのにペアチケットなだけ?
・・・なんか、ちょっとせこいような気が。。。
(それに、余計疲れるだけのような気もする・・・)


ところで、浅田選手受賞後のコメントによると
SPはクラシック曲になるとのこと。
「ノクターン」のイメージでクラシック。
どんな楽曲になるのでしょうか?

来季のプロが楽しみです

投稿: megumi | 2013年4月19日 (金) 23時30分

Megumi様
ノクターンは、ノクターン集の本が、あるくらいたくさんあるので、
ショパン?作品のNo.も教えてくれるとうれしいです。

投稿: ミッチ | 2013年4月19日 (金) 23時44分

サムスンも世界シェアの割には実際の利益はショボいようだし。キムヨナや平昌五輪のための金がいつまで続くやら

投稿: | 2013年4月19日 (金) 23時48分

  ↑同意です。
 不買運動したいくらいです!

投稿: kokotomo | 2013年4月20日 (土) 00時04分

皆さんのコメント、お勉強になります。知識をくださってありがとうございます。ヨル。です。
ほんと、すごいよ。軒並みジャッジ下ろして、皆さん座ってくれよ…マジで。と思うこと然りです。
ほんで、検証動画すごい…。X-filesバカなので、BGMだけでテンション上がる…。数字に関しては九九で精一杯のワタクシからすると、「うぉー!!numb3rsだぁ!!チャーリーだー!」と更にテンションアップ。

ほんと、これを示して、何故にこの点かご説明いただきたく存じます。だわさ。

どうりでカスカスだと思ったわ。滑ってるか止まってるかって。競技じゃねーじゃん。

投稿: ヨル。 | 2013年4月20日 (土) 01時10分

ミッチさま

ローリー・ニコルが、かつての「ノクターン」のイメージで、といっただけで、まだ曲名は判明していないと思われます。

ルールに書かれていても、左右同じようにターンもツイズルもできる選手、数少ないのに評価されてないですよね。

アレが止まるのは「スピードのメリハリ」だそうですから。
でも、2010年と2011年の動画は消しまくったってことは、わかっているってことですよね。

ご著書では動画が掲載されないので、ブログまで来て、おおくの人が見てくれるといいのですが。

投稿: Lily | 2013年4月20日 (土) 01時34分

  Lilyさま  
 
 真央ちゃんは、ターンもツイズルも左右関係なく回れる人!
アレに関しては・・・。ミスしなければ高得点の人!

比べるに値しない。失敗できないから・・・進化続けることが出来ない。
そのためだけに難易度を落とすしかない。

いつまでこの状態でしれ~とやり続けるのか?

  megmiさま
 私も、来季のSP楽しみです。イメージが前に滑っていた「ノクターン」。
クラッシックというところまで判明です。
アレンジと曲のつなぎ具合によって変わるから・・・。
お披露目までの辛抱かなぁ~?


 朝鮮の方たちの考え方はポジティブらしい。根拠の無い自信!
自分たちが1番!評論家の方が言ってました。
考えてないらしい先のことは・・・。そんな国民性らしい・・・。
 確か車も短期間売り切り!だから問題がでて、訴えられることが・・・。
ダメ車と???(イギリスの人が検証済み!これが・・・ははははは!と受けていました。坂が上れず必然的にバックしてしまった。)
判明されるまでに・・・ということらしいです。

サムソンも同じこと!だから、リコールと訴訟???大変なんでしょう。
売り上げ落ちる→儲けが出ない→困る→バイトを雇ってネット上で工作。
他社のネガティブキャンペーン→売り上げアップ→儲かる
ただしその後を考えない・・・よってバレる→罰金or訴えられる

投稿: kokotomo | 2013年4月20日 (土) 02時53分

黒猫様、皆様、こんばんは。

グレゴリ青山さんのコミックエッセイを読んで、
深夜なのに一人でめっちゃテンション上がりました!!
なんという、適格な表現力(笑)

テレビで観ててもスター選手はオーラは半端ないのに、
実際肉眼で見たらどんだけすごいんだろうって言う。生真央が見たい!!

スピード検証についても興味深く拝見しましたが、
データで見ると一目瞭然ですね。
真央はあれだけ優雅に美しく丁寧に滑るのに、
まさにMADE IN JAPANが世界に誇る職人技。

一方でハリボテのサムスンとKY…お里が知れますね。

投稿: reina | 2013年4月20日 (土) 02時55分

黒猫様、スピード検証有難うございます!
…ルールと照らし合わせると、ますますボロがでる偽女王…
友人曰く『KYはどこが見せ場だったのか分からないうちに終わってる』
ルールを熟知してない素人ですが、言い得て妙…(笑)

グレゴリさん、素敵です!
私も今季真央ちゃんSPを、奮発して6列目で見ました☆
キラキラ〜☆真央ちゃんの目には星が…!
あの目には、汚いモノなど映らないのだろうな〜(^ ^)
と、思いました。
何とか世直しして、五輪金メダルを、真央ちゃんに!!!

寒村…姑息な…。
以前、会社で寒村と取引ありまして、
納期を問い合わせ、今日中に回答すると言うので、
19時迄待ち催促電話をしましたら、
担当はすでに帰宅していました。
以来、私は寒村を全く信用していません。

投稿: オスカル | 2013年4月20日 (土) 03時32分

皆さんの説明と検証動画、非常にわかりやすく勉強になりました。ありがとうございます。キムヨナのファンの方は、どうしてもキムヨナにはスピードがある、ということにしたいみたいですが。

「ノクターン」好きだったので、どんなプロになるのかとても楽しみです。
個人的には、いつか「ピアノレッスン」のテーマソングで滑ってほしいなと思っています。最近の浅田選手はとても憂いがあり、感情のままに滑ればきっと素晴らしいものになるのではないかなと思っています。
もちろん、「アイガットリズム」のような明るく楽しいのも合っていると思います。

浅田選手のツイズル美しくて好きです。浅田選手は評価されるべきところが評価されていない。キムヨナ以外はほとんどそうなのかもしれませんが。

投稿: mametarou | 2013年4月20日 (土) 03時51分

黒猫さん
皆さんおはようございます(^O^)
検証動画と詳しいルール解説、ありがとうございます!
スッゴく分かり易かったです!
一目瞭然とはこの事ですよね!
検証動画を見てあんぐりなりました(°□°;)
テレビは悪魔的に真央ちゃんのスピード・飛距離を殺して見せる職人芸を磨いてますね(;`皿´)
ソチ五輪まで一年ありませんから、なんとしてもこのテレビ放送の仕方も改めてさせなければ!

早朝から失礼しました。
今日1日が黒猫さんや皆さんにとって有意義なものとなりますように☆♪♪

投稿: すずママ | 2013年4月20日 (土) 04時50分

すずママさま

やっぱりそれにはスパイ防止法とか放送法改正とかが
一番有効なのではないかと思うんですよね・・・

まずは夏の参院選に勝利することでしょうか。

投稿: シロちゃん | 2013年4月20日 (土) 07時04分

シロちゃん様
おはようございます!
スパイ防止法は、ない方がおかしな国ですよね!
首相官邸や自民党への意見メールを頑張っていくしかないですねo(^-^)o
戦後の日本国憲法は、戦勝国によって、今後の統治をし易くする目的の法律だったと思います。
もはや日本は統治下ではないのだから、自国を守る法律にシフトチェンジしなくてはいけないと思います。
スパイ防止法、放送法、自衛隊の法制化、日教組の解体・教科書作成の公営化、天皇陛下・皇族方への不敬罪も議論すべきだと思っています。
タイなどは王家への不敬罪は当然として守られています。
自国を守って何が悪い!?
自国の選手を愛して何が悪い!?
マスゴミも教育者も自国・自国民を貶して自分達こそ正義面…思い上がりも甚だしい!
そんな人間、日本人の美意識が一番嫌う恥ずべき姿だと何故気づけないんでしょう…まぁ日本人じゃないからでしょうが( ̄∀ ̄)
中3になった娘は、もう『テレビ』がストレスだと言ってます。
マスゴミは視聴者を疲れさせてどうするつもりでしょうね。
つい朝のハイテンションで長々失礼しました。
すみません!

投稿: すずママ | 2013年4月20日 (土) 07時31分

サムソンの工作活動のニュース、「・・・でしょうね」という感想しか無いです。
今「サムソンの真実」という本を読んでいます。
一族による世襲制の企業、潤沢すぎる裏金を使っての賄賂・不正・ロビー活動・・・もうドラマか映画みたいなことがてんこ盛りに書かれていて、ちょっと信じられないくらい。
こんな会社が世界トップクラスの家電メーカーなの?
よりよい製品を作ってユーザーに満足してもらうのがメーカーの目標であり、それによって売り上げが伸びるというのが本来あるべき家電メーカーのはず。
でもそうではないんですね、サムソンは。
サムソンの製品は不買運動も何も、私は絶対手に取りません。

KYさんのスピードについての検証動画、本当にわかりやすい!
何だか「スピードが・・・」「スケーティングスキルが高いから・・・」という向こうの主張のメッキが吹き飛んでしまいますね。

「サムソンをみるとあちらの国がわかる」とよく言われていますが、サムソンもKYさんも結局は「技術や努力じゃなく、お金で手に入れた世界一」なんだなぁと思います。
そんなのって虚しくないんでしょうかねぇ???

投稿: れみ | 2013年4月20日 (土) 07時58分

私もノクターン大好きなプログラムでした。15歳までの真央ちゃんは「元気溌剌!」という感じでしたが、16歳になり指導者が満知子先生らか、アルトゥニアンに変更して第一弾SPがノクターンだったよね。このナンバーは真央ちゃんは「元気溌剌路線」から「エレガント路線」だっていけるという事を見事証明した名プログラムになったし、真央ちゃんにとって新境地だったよね。薄いピンクのお衣装をヒラヒラさせ、くるくると舞う真央ちゃんは、まるで「お花」のようだったなぁ…。オリンピックプログラムはノクターンのようなイメージなのね…、ローリーもう構想は出来てるのかなぁ。凄い楽しみだ!。さて、タラソワ先生はどうする!?(笑)。

投稿: 姫沙 | 2013年4月20日 (土) 08時07分

2010年2月8日
2010年2月8日

http://shimesaba.dyndns.org/?p=14258
SAMSUNGはAppleのパクリではありません

http://www.sharp.co.jp/corporate/news/100208-b.html
2010年2月8日
シャープとサムスン電子が液晶特許侵害訴訟で和解

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-157143-storytopic-4.html
シャープによると、両社は液晶表示技術の向上に関連する特許をめぐり、2007年から米国、日本、韓国、ドイツ、オランダの5カ国で約20件の訴訟を互いに起こしたが、同時に和解に向けた話し合いも継続していた。(共同通信)

投稿: (´・ω・`) | 2013年4月20日 (土) 08時28分

スピードのお話考えさせられますね。
脳の錯覚もあるし、何をありがたがるかの視点でも違う気がます。

例えば車だと、高速道路では速度に対する感じ方がぜんぜん違ったり。
いい車の場合だとスーっと走るので、まるで全然スピードが出てないように感じてしまったり。後部座席の子供たちは「この車速くないね−」と無邪気に言い、
運転席の親は無理もないかと微笑んで車の質を堪能しながら運転。となります。

何をありがたがるかだと、こういう車は感嘆しすぎてハッとなる時がある。クッションが良くてふわっとする時です。物理的にはないんですが車が地面を離れ浮いてる感じがして、考えが及ばないものを体感したようになります。
滑りののびとか男子の場合は目視でエンジン部分(筋肉)が見えるので、まだ考えが及びます。漕ぎの多い人の場合は、あぁ摩擦かーて感じです。
それが浅田選手はエアリー感をすごく受ける時があって驚く事があります。
う浮いているって感じです。そんな時自分の考えが及ばないものに触れた感じがして、脳が開放されたようになります。浅田選手を天女みたいと言う方がいますけど、そんな感覚なのかもと思ってしまいます。

スケートされる方や詳しい方のお話勉強になります。こんな驚きがあるのでこちらにくるのはやめられません。書き込み久しぶりですけどいつも楽しみに見ています。

投稿: といかけ | 2013年4月20日 (土) 12時18分

荒川静香さんの滑りはタンカークラスと評されましたね。
ポジションが安定していて、ゆっくり滑っているように見えて実はもの凄い
スピードを出しているって意味でした。
実際にショーで拝見するとひと蹴りであっという間に進みますね。

真央さんの損している所は、何でもできる技術があるのでアレもコレも
詰め込んで直線軌道が無くなってしまっているためスピードを実感する
部分が少ない事かな。
その点KYさんはファースト3-3ジャンプの直前は直線軌道で早いですね。
いや、早いのもその部分だけなんですけど。

軌道と言えば、真央さんとKYの軌道をトレースしたものをアップしてくれ
ていたファンがいましたね。
真央さんはトレースの線で満遍なくリンクを使い隙間が無くなっていましたが
KYのは端の余白が大きく、トレースもすかすかでした。
KYは2回は止まった振付が入りますから、一概に線が長いほうがスピードが
あるとは言えないかもしれませんが、普通は同じ時間なら沢山滑った方が
スピードがあるといってもいいんじゃないですかね。

話がずれて行きますが、生観戦した指パッチンは本気でギャグだと思いました。
あと、バンクーバー前で今よりスピードがあったはずのKYは前述の3-3直前
以外はのろのろでしたよ。


投稿: まるこ | 2013年4月20日 (土) 13時33分

追記です。
真央さんがあれこれ詰めすぎなのは、点を取るためにはそうしなければ
いけなかった事情もあったと思います。
人の1.5倍ステップ踏んでやっとKYをちょっと超えるレベル認定ですからね。

ふと、思い出したのですが、バンクーバーでの中継を見ていた方いますか?
私は録画したHDが飛んじゃって記憶だけなのですが、KYが滑った後、
他の選手が滑り終えるまでの間、バックヤードか会場の片隅か、KYが一人で
試合を見ながら異様なハイテンションで、あへあへニヤニヤしながら手すり
をバンバン叩いたり、ぴょんぴょん跳ねていたシーン。
スタッフやコーチは周りにおらず、TVカメラだけがそれを映していました。

その時に、あら、催眠術かな~、お薬かしら~?やっちゃったわねー。と
思ったことがありました。
どなたか覚えてませんかー?

投稿: まるこ | 2013年4月20日 (土) 13時40分

とぅりぷるとぅりぷるの、
長洲未来選手リプレイ中、
2回単独映像在ります。

ペットボトルは必需品(笑)で、
舌なめずりペロペロ一周・・・。
うーーー、やっぱり、キモッ!

その後、メダル確定し、
自分に?拍手、
両手を挙げて一回転し、
表彰式でした。

>あへあへニヤニヤしながら手すり
>をバンバン叩いたり
上記、確認出来ませんでした。

011ch 12時からの放送

投稿: (´・ω・`) | 2013年4月20日 (土) 17時29分

スピードについてコメントしたまりあです。
多くの方にわかりやすかったと仰っていただき、またお礼までいただいているのに、
ここ2,3日ヤボ用で時間がなく、書きっぱなしでお礼もせず、大変失礼しました。
みなさま、あたたかいお言葉、本当にありがとうございました。
また黒猫様のブログでこのように全文とりあげていただき、ちょっと恥ずかしかったですが(笑)、内容に同意いただけたようでうれしかったです。
どうもありがとうございました。

私がスピードについて書こうと思ったのは、このままだとスピードVS芸術性 の議論が活発化しそうだと思ったからなんです。
それで私よりフィギュアスケーティングに詳しい方や上手な方がたくさんおられるであろうことを承知の上で、なるべくボロがでないように(笑)、先生に教えられたことだけを思い出しながら書きました次第です。

これも先生の受け売りですが、スピードというものがどういった経緯で出されているか、あるいは維持されているか、によって芸術性や技の難度などと対立するかどうかが決まってきます。
先日書いたコメントでも申し上げた通り、ブレードのスイートスポットをとらえ、無理なく加速する、出たスピードを長く維持するというのであれば、

スピード=軸を最適な場所で保つ=ステップも流麗になる=上半身がどんな姿勢でも軸を保つ、

という図式になりますが、
KYのように

スピード=ひたすら漕ぐ=軸の維持がおろそかでも加速可能=流麗なステップや美スパイラルは夢のまた夢=難易度の高い技は避ける、やってもガクガク

という図式になると思います。

木で例えると、スイートスポットの維持という幹には加速の速さ、どんなバランスでもこけない安定感、などの豊かな枝を生い茂らせることは可能ですが、漕ぐ力という幹には、スタミナ消耗、ガクブル状態のスパイラル、じりじりずれるキャメルスピン、難易度の低いジャンプで素人の目を欺く、という貧相な枝しか茂りません。

私の先生も、上のクラスにいる私よりずっと巧い人たちを指して、最初の段階でスイートスポットを重芯でとらえる、その移動により最小限の力で滑る、ということを体に染み込ませず次から次へと技を覚えてしまっている状態を指摘し(シングル経験のみの先生につくとそうなりがち)、中上級以降の技になると、必ずつまづきが出てくる、と指摘していらっしゃいました。
だから超一流選手でも超高難度の技をたくさん盛り込むようなプログラムに着手するときはかならず基礎的な滑りを見直しますよね。日本だとリンク使用の時間が限られている空く環境だから基礎に時間をあまり費やさずどんどん技を覚えさせて幼いうちから大会に出させる、そうせざるを得ない事情がありますしね。

私の愛する高橋大ちゃんもキャメルスピンがはっきりと素人目に分かるほど上達しましたよね。
シットスピンでも回転速度を維持できるようになった。(あとはあのステップやつなぎなどの際の、手首から先のびらんびらんぶらんぶらんがなくなればもっと下丹田で軸を維持し続けやすいはずと思うんだけどなぁ。。)
これは彼がフランスでアイスダンスの先生について基礎的なスケーティングを洗いなおしたことと無関係ではないと思います。
羽生ゆづクンもかつてはFPの後半部分でスタミナ不足でガタガタになりがちだったのにカナダでオーサーコーチのもと基礎的なスケーティングを見直し、上記にあげた形で滑ることを学んだため、最近は後半のバテバテが解消されたと本人がいっていましたよね。

こういったことはちょっとフィギュアをかじった私のような者でも知っていることなので、いくらジャッジがフィギュアスケート未経験で本とビデオのみで勉強してビ、ジャッジ試験に受かっただけの人間でも(by荒川静香さんの情報)こういった基礎的なことを知らないはずがないんです。

ですので、明らかに八百長です。

最初から誰を優勝させるか決めておいて、その選手の今季得意な部分、やれそうなことを採点基準にしているんだと思います。
ICUのジャッジを信じ切っている一般の人たちに、こういった話をする価値があると思いますが、ジャッジたちには無意味だと思うんです、残念ながら。
十分承知の上でやってるズルですからね~。

でも私が彼ら、日スケ連、カナスケ連に問いたいのは、「いいの?本当にこれでいいの?こんな滑りする選手をマンセーしていて本当に後進の選手のためになると思ってるの?まだ幼い選手らが、これが"絶対女王(稼いだ点数でいえば)"の滑りなのだから、とKYを真似たら、それで本当に本当にほんとぉーーーにいいわけ?」ということです。

アイススケーティングとはいいますが、厳密には氷の上を直接滑っているのではなく、ブレードと氷の間にできた薄い水たまりの上を滑っているわけですよね、浅い船底型のブレードを使って。だから無理な加圧をしなくても滑る原理になっているのに、ガリガリ、牛蒡のささがきを連想させるようなバッククロスで加速とは。(おかげでごぼうの買い忘れに気づいたよ、KYさんありがとう)
スイートスポットをとらえ続けることで、この原理を最大限に活かして滑るのが本来のアイススケーティングはずなのに。
水たまりができないインラインブレードとはそうやって滑る原理がそもそも違うのに、
KYを最良のお手本とせざるを得ないような銀河点与えるのは、フィギュアスケートの未来を自ら壊すではないですか、と問いかけたいのです。

どれだけジャンプの練習に取り組みたくてもさらなる高みを目指すべく、はやる気持ちを抑え、基礎を徹底的に洗いなおす作業を没頭するような真面目なアスリートを下において、そこには着手せず(まぁ基礎を見直す作業はスケートに限らずおそろしく退屈な作業ですからね)、転んだって優勝できるという安心感と単なるド勘違いからくる自信過剰の観客アピールと汚金だけでキムメダルとる売女(あ、いっちゃった)をもちあげるべきではないと思うんですよね、絶対。

現在日スケ連に所属している元選手、コーチの方々などは、朝鮮企業で反日企業のロッテがスポンサーなので本当に言いたいことは言えないでしょうね。

余談ですが昔、建設、金融、物流など各分野のトップ企業の本当の内部を現役の内部社員に取材して面白おかしく書いた本があって、ロッテもとりあげられていました。
そこで初めてロッテが在日がスタートさせた会社と知って驚いたのですが、もっと驚いたのはその中身。
まだ若かった私は、なんとなく"コアラのマーチ"のかわいらしいイメージを持っていたせいか、ギャップに驚きましたね。
会社に在日である創業者の大きな肖像画が豪華な額に入れて飾られていて、屈強な体格の社員たちが涙で創業者の偉業を語り合い、土下座マンセー的なことをやっているって。
まぁ本当に土下座かどうか、その部分は記憶があいまいなのですが、いわばそれ的に創業者をカルト的に信仰しているといった暴露で、読んだときドン引きしたことを覚えています。

Wikiによるとロッテは、「独島を愛するTシャツ」を販売などして韓国内で独島マーケティングをしているようです。
完全な反日企業です

ロッテ(wiki)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%86#.E9.9F.93.E5.9B.BD.E3.81.AE.E3.83.AD.E3.83.83.E3.83.86.E3.82.B0.E3.83.AB.E3.83.BC.E3.83.97.E3.81.AB.E3.82.88.E3.82.8B.E3.80.8C.E7.8B.AC.E5.B3.B6.E3.80.8D.E3.83.9E.E3.83.BC.E3.82.B1.E3.83.86.E3.82.A3.E3.83.B3.E3.82.B0。


はぁ~~~~。。

前途多難ですね、日本フィギュア界の未来は。
でも北米やヨーロッパのように完全に衰退するまえになんとかしないといけませんよね。

またまた長文失礼しました。

投稿: まりあ | 2013年4月20日 (土) 20時00分

Lily様

ノクターンとは、夜想曲のことをさすものなので。
ショパンの超有名な曲のイメージには、ちょい不満がありまして。
ちなみに、私は、ショパンではピアノの教本ノクターン集の一番が好きです。

投稿: ミッチ | 2013年4月20日 (土) 20時14分

まりあ様の説明、とてもわかりやすいです!
&、ささがきゴボウの例えも (・∀・)イイ! 笑っちゃいましたww

>最初から誰を優勝させるか決めておいて、その選手の今季得意な部分、
>やれそうなことを採点基準にしているんだと思います

ジャンプの基礎点の設定といい、スパイラルの廃止(必須でなくした)といい
全くその通りだ思います。<KY仕様

それにしても、もうロシアにはISU内での発言権は無いんでしょうか。
ペアで金メダル貰えれば黙っててもいい、って感じなのかしらdownwardrightdownwardright

投稿: 一読者 | 2013年4月20日 (土) 20時23分

まりあ様の説明、わかりやすくてとてもいいですね!

megumiさんのコメントと一緒に
黒猫さんの本をよりわかりやすくする
サブメッセージ集みたいにまとめるといいかも(* ̄ー ̄*)

投稿: シロちゃん | 2013年4月20日 (土) 20時39分

まりあ様

素人目には分かりにくいスケーティングについての解説、ありがとうございます。
以前キムのスケーティングについて、解説者(誰だか忘れました)が「一蹴りですーっと伸びていく」と褒めていて疑問に感じました。私がスケーティングで感動したのは太田由希奈選手だったので、その基準で考えるとどうしても理解出来ませんでした。解説にも圧力がかかっているのでしょうか…。

一読者様

スパイラルが必須じゃなくなったのは浅田選手の3A封じの為でもあると思います。
バンクーバー五輪シーズンに浅田選手が(細かい事は覚えていませんが)インタビューで「3Aを2回跳んだ後はさすがに足がガクガクになるんですけど、その後にスパイラルがあるので少し休む事が出来ます」と言っていたので。その翌シーズンからスパイラルが無くなって驚きました。

投稿: ハピネスヒル | 2013年4月20日 (土) 20時52分

録画しておいた世戦を、見てないけど消そうと思い、その前にまだ見ていなかったKYのフリーを見てみました。特に足元、漕ぎ漕ぎに注目して見ました。以前からわかっていたことではありますが、本当に漕ぎが多いですね。あ、次ジャンプね、ってすぐにわかります。2Aの前は必ずイナバウアーだし。そして、まだ前半なのに、足元がフラフラで今にも止まりそう。もともとそういう振り付けで、後半のための体力温存のためかもしれませんが。漕ぎ漕ぎに注目してるうちになんだか終わりそうな雰囲気になってきたので、えっ?これで終わり?と思ったら本当に終わりました。スピンあったっけ?そして、流行語大賞を取りそうな「行方不明のステップ」もどこにあったかわからなかった。なんだか同じような動きばかりやっていたような、、、。それは以前からそうでしたね。休養開けなのでウィルソンが気を使って動きが少ないプロにしたのでしょうか。でもいくらオリンピックシーズンとは言え、これ以上運動量をあげることができないということをウィルソンはよ~くわかっているでしょうから、来シーズンも全く同じものを見ることができるでしょう。このつまらなくてあくびが出そうなプロをリピートして見てます、という人の気持ちが、全くわかりません。

投稿: judy | 2013年4月21日 (日) 01時22分

(´・ω・`)さん
確認ありがとうございました。

わたしの、「あへあへ」はかなり主観が入っていました。
手すり、叩いてなかったですか?それも記憶違いかな?
当時、競技進行中の選手を移さなくて、薄暗い所に一人で
妙なハイテンションの選手をずっと映しているって、どういう事?
付き添いも、コーチもおらず、放置って。
いつか何かがあった時のために、このカメラマンは映しているの
かしら?と思ったのです。

ペットボトルはやっぱり持ってたんですね。

投稿: まるこ | 2013年4月21日 (日) 08時43分

この記事読んだだけだと、キムヨナの漕ぎまくりが、
どのルールに引っかかりそうかわかりにくいですね。
動画の最初には載っていますが見ない人もいるでしょう。

>スケート技術
>無理な力を使わずに加速したり、スピードを変化させたりする能力
>体重をうまく乗せることで、無理な力を使わずに加速しているように見えるか。

漕ぐ回数が多いと言う事は加速する動作が多いということ、
無理な力を加えた加速を他の選手より多くしてる
体重をうまく乗せることで、無理な力を使わずに加速するのが下手
と判断されて評価が下がる

投稿: | 2013年4月21日 (日) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1275350/51292794

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾で発覚したサムスンの工作活動とスケートにおけるスピードについて:

« ソチオリンピックのテーマは『スピード』 | トップページ | 浅田真央、来季SPはクラシック »