« 韓国とキム・ヨナの二つの顔 | トップページ | 韓国の経済発展経験は人類共同の資産という妄想 »

フィギュアスケーターが表現しているもの

昨日3月28日は鈴木明子の誕生日。

彼女のツイッターにケーキの画像がアップされていました。

食べてしまうのがもったいないですね。

Akikosuzukitw

鈴木明子のツイッターより

鈴木明子は28歳。

この年齢まで現役を続けるのは、フィギュアスケートでは珍しいことです。

しかし、スポーツとしての発展を考えるなら、30代になっても競技が出来なければならないと思います。

そういう観点からすると、彼女の挑戦は、彼女自身の為というより、フィギュアスケートにとっても、意義があるように思います。

年齢は一つ下ですが、彼女と同じように挑戦を続ける、高橋大輔。

今季は、波に乗り切れなかったようですが、来季はいよいよ現役最後のシーズンになります。

日本のエースとして、金メダルの期待がかかりますが・・・

Takahashi_interview_kvTakahashi_interview_lead

髙橋 大輔 選手インタビュー

(2013.3.28 キャノン・ワールドフィギュアスケートウェブ 文:野口美恵)

「世界選手権は後悔はしてない」

——世界選手権は残念でしたね。ピーキング(調整)の失敗でしょうか?

ピーキングに関しては、カナダへの出発前はかなり練習で追い込んでいましたし、会場に入ったらまあ上がるだろうと思っていたんです。でも4回転ジャンプだけなぜか降りられなくて、他のジャンプは調子悪くなかったのに4回転にメンタルを持っていかれて、自分から調子を崩してしまった感じでした。

——今季は4回転に3本挑戦する所まで上がっていたのに、難しいものですね。

(世界選手権以外の)試合の公式練習では、何本か決まる所までいきました。でも世界選手権では1本だけ・・・。今になって思えば、全体の練習量はすごくやっていたけれど、プログラム前半に4回転2本入れる練習が足りなかったのかも。後半の体力が無くなる部分の練習は詰めていたけど。もちろん練習していた時はベストだと思っていて、今思えばの話ですよ。

——四大陸選手権後の練習量がかなり凄かったと聞きましたが、疲れが出たとか?

量的に密度の濃い感じの練習でした。でも全然疲れてなくて、気持ちも身体も“Ready”で、練習していたから自分でもどこまで出来るか楽しみと思ってたくらいでした。

——技術よりも精神の問題だったのでしょうね。

4回転を跳べる時って、跳べる気がするんですよ。でも今回の(ミスの)原因が物理的なのか精神的なのか、ゆっくり考えたいです。ビデオを見返してフォームを確認するのも必要かもしれない。自分でも分からないうちにタイミングが狂っていることもありますからね。練習やりすぎて、自分の中でハマって抜け出せなくなる。

——たしかに練習しすぎて迷路に入る時もありますよね。

そう。でも練習せずに試合に臨んだわけではないので後悔はしてないです。自分に歯がゆいだけ。もうオレはダメだ、というヘコみではなくて、やってきた事を出せなかった事実にヘコんでいます。

——どちらかというと本番で奇跡を起こすタイプですもんね。

フリーの方は集中するのが早過ぎて疲れた面がありました。ウォーミングアップした後、本番の集中に持っていくタイミングがちょっとだけ早かったんです。そしたら本番で、いつもより注意散漫になって落ち着いていない自分に、自分で気づいてしまって。身体の仕上がりは良いのに、頭が疲れている感じでした。本番の持って行き方は、慣れないもんですね。

Int_takahashi_im_001

「自分に期待をしてしまった」シーズン

——勝敗とかも考えてしまうとダメですか?

欲が出ちゃうとダメですね。今季は、知らないうちに勝敗を気にしていました。世界選手権の場合は枠がかかっていたから特に(ショートの4位から)もう落ちれないって考えてしまった。そこかな。メダルは厳しいかも、というのが僕の中にあったので、4位からとにかく下がらないようにって思っていました。

——無我夢中だった昨シーズンとは違いますね。

確かに昨シーズンは、どこまで行けるか分からなくて、技術的には自分はまだボロボロな中で世界選手権で4回転ジャンプが1本決まった、という感じ。でも今シーズンは自分への期待がありましたね。

——今回は1本決まっても不完全燃焼なんですから、それだけ欲があったということ?

そうですね。自分に期待するスタートのレベルが上がっていて、そこからの勝負をしているから、昨シーズンとちょっと違う気持ちでした。去年は自分にそこまで期待していなかったのが、今は自分自身で期待している。いつのまにか、あれも出来る、これも、と出来て当たり前のことが増えていました。でも五輪シーズンになったら、もっと欲が出てくるから、こういう気持ちを経験しておかないといけなかったんです。

——その上り調子の中で、今回の世界選手権は膿出しになったのかも?

そういう形になってしまうのかな。でも次のシーズンが良ければ膿出しだけど、次が悪かったら、膿でも何でもないですよね。だから次のシーズン次第!

——来季への意欲になりました?

もともとソチ五輪を目標に3年期間でやっているので、いい喝が入った感じです。来季、自分がどこに気持ちを持っていって、どういうスタンスでやればいいのかを、もう一回考え直して、再スタートしたいです。

Int_takahashi_im_002

来季は最後、勝負プログラムの行方は!?

——今季はシーズン中に曲変更しましたが、髙橋選手としては珍しいですね。

試合だと乗りにくいな、というのがあったんです。試合だと(ステップでレベルを上げるために)エッジの細かさや上半身の動きを考えながらやるので(乗りの良い曲なのに)飛ばして行けなくて。(長光)歌子先生からも、変える選択肢もあるとアドバイスがあり、自分も『そうかも』って思ってしまった。迷いが一回出てしまうと、その考えが逃げ場になってしまうから、変えるという結論になりました。でも、点数の評価を気にし過ぎている自分もいたと思います。

——シーズン中に曲を変えるというのはどんな感触でした?

滑り込み不足なのは不安ですよね。普通は、シーズンを通して歪みを修正するのですが、それを短い時間でやらないといけない。でも五輪シーズンは直前で曲を変える可能性もあるだろう、という気持ちがあったので、やはり今季のうちに(曲変更を)やってみました。(同じモロゾフコーチに師事していた)荒川さんも美姫も変えていましたから。

——荒川さんがトューランドットに戻したように、過去の曲で勝負するなら何がいいですか?

振付はそのままでは無いですが、曲としては『オペラ座の怪人』ですね。すごく好きな曲。名曲すぎてショートじゃもったいないから、フリーで!

——じゃあショートの方は、去年の不思議な世界観だった『イン・ザ・ガーデン・オブ・ソウルズ』が名プログラムだったのでは?

あれは、もともと自分が一番好きなジャンル、世界観ですからね。ああいう中近東の雰囲気みたいのは。デイビッド・ウィルソンが振付が上手いだろうと思って頼んで、良いものが出来たんです。

——では、来季のプログラム案はありますか?

まだ考えたくないですねえ。プログラム決めは毎年大変で、誰に振付けてもらうか、どんな曲にするか、とにかく悩む。オリジナルダンスみたいに、ショートは課題のジャンルを決めて欲しいです。そしたら選手ごとの表現の差も出てきますしね。それでフリーは自由に曲を選べるっていうルール。それ、提案!

——確かに振付師を毎年変えているし、決めるのが大変ですね。

今季初めにあと2シーズンだったからチョイスが(ショート、フリーを2季で)4つしかなかった。もう来年は2個しか選べない。自分ではもうチョイス出来ないって気持ちです。

——現役最後ですからね。

そう、悩む。だって最後のシーズンだから。想い出になる曲がいいです。

Int_takahashi_im_003

三度目の五輪へ、変化してきた自分

——いよいよ来季は五輪。いままで2回の五輪前とは違う心境ですか。

トリノ五輪は、2005年の世界選手権が終わってから五輪に行きたいなって思って、気持ちの準備を始めたのが五輪シーズンになってからでした。バンクーバー五輪は前年に怪我して休んでいましたから、準備は五輪シーズンだけ。だから今回は、3年前から気持ちとしては準備していることが大分違います。

——やはり五輪って、特別ですか?

やっぱり五輪は違います。空気感が違います。選手もジャッジもみんないつもと一緒の人なんだけど、でもあの空気感はぜんぜん違いますね。

——トリノ五輪はどんな感じでした?

もう訳が分からなくて、何か背負っているという気持ちは薄かったです。五輪に出れる喜びでワーってなって終わってしまいました。

——バンクーバー五輪は?

あの時は怪我から復帰して時間がなくて一気に準備して、勢いもあって五輪を楽しもうと思っていました。正直なところメダル自体は、行けるかな、いや厳しいなと思っていましたから。でも今回の方がもっとメダルは厳しい気がしてます。

——バンクーバーでは4回転を成功しなくて銅メダルだったんですから、今の状態ならさらに上を狙えるのでは?

あのシーズンは4回転を一度も降りませんでしたが、でも皆もやらなかったから。今みたいに4回転3本が当たり前なのとは状況が違います。

——そういえばカナダでのインタビューで『来年が最後になると思うので』と微妙なニュアンスの話をしていましたが、引退しない可能性も出てきた?

来年が絶対に最後、と明確には言ってないんです。最後と思ってやる、と話したのですが・・・(苦笑)。そこまでと期限を決めて、もう十分と思えるようにやってる。だから来年終わって、ああもう出来ないって思えば辞めます。たぶん来年以降はもうやらないけど、人生何が起こるかわからないから。

——そうでしたか、つい期待しちゃいました。五輪ではどんな演技を?

出場することが叶ったら、自分自身が感動できる演技ができれば良いなと思います。もう全部出し尽くしました、というものを。ミスがある無しではなく、何とも言えない、会場が一つになった、みたいな空気感を感じられたらいいなって。何とも言えない繋がっているような空気感です。

——今度の五輪は、どんな五輪になりそうですか?

出場はまだ決まっていませんが、今度挑む五輪への道は、自分の人生の次のスタートになるものです。引退後にどういうスタートを切れるかが、五輪にかかっている。だから最後だけど最初みたいなものだと思う。僕が、僕のやりたいことを始めるためのスタートなんです。

(2013年3月19日、世界選手権の帰国日に取材)

Int_takahashi_im_004

今季の振り付けは、ファンの間でも賛否が分かれていたようです。

それほど悪くはないプログラムでしたが、『これが高橋大輔!』という要素が欠けていたような気がします。

おそらくそこが、熱烈なファンにとっては物足りなく感じたのではないでしょうか?

インタビューの中で自ら語っていたように、高橋大輔は『勝敗』を気にしてしまうと、プログラムを深く演技切れないのかもしれません。

全日本選手権のFSは素晴らしかったですが、SPで羽生結弦に差をつけられて開き直ったのがプラスになったのでしょう。

しかし、四大陸選手権や世界選手権では、『順位』を気にしてしまった・・・

そういう意味では、高橋大輔のプログラムは、『勝つため』だけのプログラムではダメなのでしょう。

彼自身がそのプログラムに耽溺しなければ、観客を魅了する高橋大輔の演技にはなりません。

そのあたりのことを、MURMUR別館のとらももさんが書かれています。

プログラム、また振付師の重要性について -高橋大輔選手

高橋大輔のファンの方にこそ読んで欲しい内容です。

*ブログの避難所を開設しました→コチラをクリックして下さい。

フィギュアスケートの選手にとって、プログラムは単に競技の為に行うものという位置づけではありません。

プログラムは、ジャンプやスピンなどのエレメンツから成り立っていますが、そこで表現されるのは、スケーターの躍動感溢れる生命力であり、彼等の生き様を見せているといってもいいでしょう。

だからこそ、ファンはフィギュアスケートに惹かれ、感動するのです。

淡々とエレメンツをこなすだけでは、感動を与えることは出来ないでしょう。

そういう感性に訴える部分を評価するのがPCSだったはずですが、今は得点の調整弁に成り果てています。

見た目に明らかなのに、採点恭順者(別名:キムチ派)の方々は、主観の問題だと言って、ただエレメンツをこなしただけの選手を絶賛しています。

彼女から何を与えられたのでしょうか?

それは『感動』などでは無いでしょう。

ソチに向けて、表面上は世界選手権で銀河点を獲得した人間が有利のように見えますが、決してそうではありません。

ソチでは真のアスリート達が、美しさと技を競い合って欲しいものです。

ソチ五輪浅田真央と安藤美姫「なでしこフェロモン」一騎討ち vol.1

(2013.3.28 デジタル大衆)

宿命のライバル同士が「艶」と「技」を磨いて対決!

17日に終了した「世界フィギュアスケート選手権」。来年のソチ五輪の優勝の行方を占うことになる試合で、最も強い印象を残したのは、やはり、浅田真央(22)だろう。 「身長が伸びたせいで飛べなくなったといわれた彼女ですが、先月の四大陸選手権のSPで、昨季は封印していたトリプルアクセル(3回転半)を見事成功させました。あれで本人も手応えを感じていたようですから、1年後のソチ五輪の金は完全に射程に入りましたね」(スポーツ紙フィギュア担当記者)

復活劇の裏で、この3年、佐藤信夫コーチとともに地道な練習に取り組み、スケーティングを基礎の基礎から見直してきた。

「トリプルアクセルに強いこだわりを持つ浅田に、それを封印させてきたわけですから、両者ともに葛藤があったはず。周囲からの雑音もあったと思いますが、そうした努力がやっと実った形です。佐藤コーチは浅田のコーチに就任したとき、"皆さん、3年待ってください"といっていたんですが、その言葉どおりになりましたね」(前同)

この好調ぶりに、早くも"ソチ五輪でも真央ちゃんが金メダル!"と、ファンの期待も高まるばかり。そこで気になるのは、バンクーバー五輪金メダルのキム・ヨナ(韓国)の存在である。

「昨シーズン、休養のために全試合を欠場したキム・ヨナは、復帰戦となった昨年12月の競技会では、ミスを連発していました。しかし、1月の韓国選手権では、かつての技のキレを取り戻し、世界フィギュアでも、さすがの演技を見せました」(同)

となると、やはり最大のライバルはキム・ヨナといってよさそうだが、「すでに五輪で金メダルを獲得している彼女は、浅田ほど優勝へのモチベーションが高くないんですよ。確かに調子は上がってきていますが、新しい技術を取り入れるより、過去のテクニックをもう一度、磨き上げようという姿勢ですから、スケーティング技術も向上した浅田がトリプルアクセルを完璧に跳ぶことができれば、負けることはないでしょう」(専門誌記者)

どうやら"キム・ヨナ、恐るるに足らず"のようだ。

「ほかに脅威となりそうなのは、ロシアの16歳、ソトニコワでしょうか。今シーズンは体型の変化などに苦しみましたが、その壁を乗り越え、ヨーロッパ選手権では2位に入っています。技術的にも、まだまだ伸び盛りだし、なにより練習熱心。ちょうど、浅田が出てきた頃とイメージがかぶりますね」(前同)

また、イタリアのコストナーや、アメリカのワグナーといった実績十分のスケーターも、虎視眈々と金メダルを狙ってくるものと思われるが、「いずれも、浅田やキム・ヨナのレベルには及ばないでしょうね」(同)

やはり、ソチ五輪の金メダルは浅田で決まった! といいたいところだが、もう一人、強力なライバルがいることを忘れてはいけない。

もちろん、ミキティこと安藤美姫(25)である。

「安藤は11年、2度目の世界女王に輝いた直後に、1年間の休養を宣言しました。今シーズンに復帰の予定でしたが、休養を継続。日本スケート連盟の特別強化選手も辞退したばかりか、1月には、所属のトヨタ自動車も退社しています。こうしたことから、一部では"引退説"も囁かれるようになっていました」(スポーツ紙デスク)

しかし、実は本人は、競技復帰に意欲満々だというのだ。

「今シーズンの休養は、昨年3月に契約を解消したニコライ・モロゾフに代わるコーチの選定が遅れ、調整不足になり、納得いく演技ができないと判断したためです。現在は地元の名古屋を拠点に、練習に励んでいますよ」(スケート連盟関係者)

昨年も、競技会にこそ出場しなかったが、いくつものアイスショーに出演していることから、安藤が、スケート靴を脱ぐ覚悟を固めたわけではないことがわかる。 アイスショーのプロモートを手がける「CIC社」に、今年のアイスショーへの安藤の出演について問い合わせてみると、「もちろん、安藤さんに出場のオファーを出しています。参加していただけるものだと確信しています」との答え。

やはり、安藤の目は、来年のソチ五輪をしっかり見据えているのである。また、安藤の周囲からは、「すでに来シーズン用のプログラムが、ほぼ出来上がっていて、6月のアイスショーで披露する予定のようです」(前出・スケート連盟関係者)という話まで伝わってくる。

3月29日公開のvol.2に続く・・・。

週刊大衆4月1日号

ソチ五輪浅田真央と安藤美姫「なでしこフェロモン」一騎討ち vol.2

(2013.3.29 デジタル大衆)

ソチ五輪出場への意欲は満々

こうして、人知れず猛練習を積んでいた安藤の闘志に、さらに火をつけたのは、世界選手権でのライバルたちの姿だったようだ。

「周囲には"世界選手権は観ませんよ"と話していたそうですが、気にならないわけはありません。天才肌で気分屋でもある安藤がライバルたちに刺激を受け、改めて五輪へ本気モードになるんですから、本当に巻き返しが楽しみです」(前出・専門誌記者)

とはいえ、復活への道のりは決して楽なものではないという。

「ソチ五輪への出場枠を得るには、今年12月に行なわれる全日本選手権で、優勝か2位に入ることが絶対条件となります。しかも、強化指定選手を外れている安藤は、9月から始まる地区大会から勝ち上がって、日本選手権の出場枠を取らないといけないんです」(前出・デスク)

そして、日本選手権に出場したとしても、そこで待ち受けるのは世界最高レベルにある日本のライバル選手たちだ。

「現在、27歳の鈴木明子も、ソチ五輪を現役最後の舞台と定め、命がけで出場枠を奪いに来るでしょうし、18歳の村上佳菜子も、まだまだ伸びしろは十分。なにより、浅田との激突は避けられませんし……」(前同)

だが、それでも「安藤なら十分可能だと思います」と、あるフィギュア関係者はこう語るのだ。

「前コーチのモロゾフも、"美姫は若いときと同じジャンプが、いまも跳べる。そんな選手はほかにいない"と、彼女の才能に心底、惚れ込んでいましたからね。技術が戻り、競技の勘が戻りさえすれば、ソチへの切符は十分に掴めるし、五輪でも浅田と並ぶ金メダル最有力候補といってもいい過ぎではないでしょう」

大のスポーツファンで、フィギュア中継は見逃さないという評論家の小沢遼子さんは、期待を込めて、2人にこんなエールを送る。

「ヨーロッパ選手やキム・ヨナ選手に対抗できる色気がある安藤さんと、いつまでも可愛らしさを失わない浅田さんがいて、日本は選手層が厚くなり、力をつけてきたわけですよね。ソチ五輪では、そんな日本の力を見せつけ、この二枚看板で、金・銀フィニッシュしてほしいと思いますよ」

ソチ五輪での"なでしこフェロモン一騎討ち"が、いまから楽しみだ!

週刊大衆4月1日号

週刊誌らしく、タイトルには難がありますが、珍しく浅田真央と安藤美姫の実力を認めた内容です。

こうした日本選手をキチンと評価する記事が週刊誌にも書かれるようになったのは喜ばしいと思います。

その一方で、キムチ派の方々は活発に行動し、いくつかのブログでは、採点に疑問を持つファンに対して、『陰謀論者』というレッテルを貼り、FPUはカルト集団、黒猫は金儲けがしたいだけの偽善者というデマを浸透させようと躍起になっています。

彼等に乗っ取られたかのようなブログまであるようです。

しかし、バンクーバー前とは状況が違い、多くのファンが採点に疑問を抱いていますし、採点の透明化が為され、公平な採点が行われる事を望んでいます。

だからキムチ派は焦っているのです。その焦りが、疑問の声を上げるファンへの罵詈雑言となり、田村岳斗氏のブログへの突撃となっているのです。

世界選手権でショックを受けたファンも多かったようですが、茶番はいつまでも続きません。

キムチ派の矛盾した言動が、彼等自身を追い詰めています。

言い訳を重ねる程に、主張の矛盾が大きくなり、信用できない人達であることが広まっていくのです。

キム・ヨナが嫌韓大使と呼ばれているように、キムチ派も採点不信大使の役割を果たしているのかもしれません。

ある意味憐れな人達です・・・

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

1130316_65721

≪アンケートのお願い≫

3月に行われた世界フィギュアスケート選手権2013。本当に公平な採点が行われていたら、どんな結果だったのか?

そこで、女子シングルについて個人的に採点した結果(黒猫ジャッジ)と、実際の結果(ISUジャッジ)のどちらが支持されるのか、アンケートを行うことにしました。

採点結果は下記の通りです。

  実際の順位                      黒猫採点の順位

1位 キム・ヨナ                        1位 浅 田 真 央

2位 カロリーナ・コストナー              2位 村 上 佳 菜 子

3位 浅 田 真 央                   3位 カロリーナ・コストナー

4位 村 上 佳 菜 子                 4位 李子君

5位 アシュリー・ワグナー                5位 キム・ヨナ

6位 グレイシー・ゴールド              6位 グレイシー・ゴールド

7位 李子君 中国                      7位 アデリナ・ソトニコワ

8位 ケイトリン・オズモンド                 8位 アシュリー・ワグナー

9位 アデリナ・ソトニコワ              9位 エリザベータ・トゥクタミシェワ

10位 エリザベータ・トゥクタミシェワ     10位 ケイトリン・オズモンド

Wc2013la_2

*この採点の詳細については、下記のPDFファイルをご覧下さい。

2013世界選手権女子シングル採点詳細(クリックするとPDFファイルが開きます)

アンケートに協力していただける方は、下記をクリックして回答をお願いします。

なお、携帯では閲覧出来ませんので、ご注意下さい。

世界フィギュアスケート選手権2013~女子の順位

期日は4月6日迄です。

コメントも書き込めますので、皆さんのご意見、ご感想を投稿して下さい。

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

FPUからのお知らせ

*FPU主催で署名活動を行います。詳細については、下記をクリック願います。

フィギュアスケートの採点システム改善へ向けての行動を嘆願する署名

*携帯でご覧の方は→コチラをクリック

・署名にはメールアドレスが必須です(メールアドレスは企画者には公開されません)。

・署名TVやFPUへの会員登録をしなくても、署名できます。

・署名の際に『表示を匿名にする』にチェックを入れて下さい(入れ忘れるとお名前が公開されてしまいます)。

フィギュアスケートの採点システム改善へ向けての行動を嘆願する署名

*FPUではブログサポーターを募集しています。詳細については、下記をクリック願います。

ブログサポーターを募集します!(FPU公式ブログ)

Fpu007

FPU(フィギュアスケート保護連合)へ、ご協力下さい。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。

FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp

FPU公式ブログ  http://fpu1.cocolog-nifty.com/blog/

お問い合わせ先一覧(下記の文字をクリックして下さい)

▲首相官邸 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

▲ 民主党 http://www.dpj.or.jp/contact/contact

▲ 自民党 https://ssl.jimin.jp/m/contact

*BPOの問い合わせ先

*厚生労働省 お問い合わせ窓口

*外務省~監察査察意見提案窓口

*外務省~ご意見・ご感想(メールフォーム有)

*総務省への意見

*文部科学省への意見

*公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

kuroneko_azをフォローしましょう

* 今 日 の 猫 *

【送料無料】うちの猫ら文庫版 [ 吉松文男 ]

【送料無料】うちの猫ら文庫版 [ 吉松文男 ]
価格:1,000円(税込、送料込)

雪遊びするネコ4

☆ お 知 ら せ ☆

フィギュアスケートの採点システム改善へ向けての行動を嘆願する署名

FPUの公式ブログがスタートしました!

誹謗中傷を繰り返す悪質なkiki_dide氏とその仲間~その1

にほんブログ村のランキング不正操作疑惑について

被災地の小さな命を救いたい・・・

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートの基礎

フィギュアスケート講座

フィギュアスケート技の解説

|

« 韓国とキム・ヨナの二つの顔 | トップページ | 韓国の経済発展経験は人類共同の資産という妄想 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

同じ事を何度も繰り返す、伝統芸能などはまさにそうですが。
でもだからこそ、演じ手の力量が問われるわけです。
同じ内容のものをどう解釈するか。メリハリをつけるか。
命を吹き込むか…
そういう意味では、KYには絶望的に「力量」がないですね。

(私はたまたまその方面に知人がいるのですが)
例えば落語なども百年も前から同じ噺をやっているわけです。
ここをこう押したら笑ってもらえるといった、いわゆる「ツボ」が
あるのでしょうし、「ミスなく」やればそれなりの反応は得られるでしょう。
しかし、場内が一体となってその世界に引き込まれてしまう、
そういう語りができるのは噺家さんの中でもそう多くはいない。
KYが落語をしていたら(笑) 万年前座さんでしょうね。
↑めちゃくちゃ乱暴な例えではありますが(笑)

新しいチャレンジをしない、それだけでもアスリートと呼ぶには値しないと
思いますが、それを個性の違いだとして無理矢理是認するとしたら、
せめて見せ方に工夫ぐらいはしてほしいです(笑)
007、ジゼル、ヴァンパイア、音楽を消して観たら本当に皆同じ。

それで前座なみの点数なら理解できますが、一人だけ大名人扱い。
そりゃ、皆不信に陥りますよ。

週刊大衆の記事、突っ込み所は満載ですが(笑)
取りあえず評価するべき人を評価しているところは褒めてあげたい(笑)

KY銀河点の謎に迫る!とかやってくれたら良いのですが。

投稿: 一読者 | 2013年3月29日 (金) 15時03分

黒猫さま

こんにちは。さっそくなで失礼なのですが
鈴木選手の誕生日は28日ではなかったでしょうか?
実は私のと同じ日で親しみを感じていましたもので…(^_^;)

高橋選手の振り付け師は、賛否両論ありますが
とらもも様も書かれているように、やはり
マッチする時期があるのだと思います。
当事者が思うよりも、モロゾフ氏とは合っていないのかもしれませんね。
私の勝手な希望は宮賢、カメレンゴ両氏なんですけど(笑)

投稿: angela | 2013年3月29日 (金) 17時00分

黒猫さま、昨日やっと本が届き一気に読ませていただきました。もう本当に読みやすく解りやすく、幅広く色んな方に勧めることができます。
市の図書館に早速寄付に行きたいと思います。
追加であと数冊、またAmazonで予約させていただきますね!
読み終えて沸き上がった感情は「スポーツはガチンコのドラマでなくてはいけない!」という思いです。
それに尽きます。
残された時間の中で自分ができること、しっかりアンテナ張って、真央ちゃんに負けない演技(行動)をしたいと思います。

投稿: リア | 2013年3月29日 (金) 17時03分

>angelaさん

ご指摘ありがとうございます。
28日と書いたつもりが、今日の日付を入力していました。
失礼いたしました。
m(. ̄  ̄.)mスイマセーン

投稿: 黒猫 | 2013年3月29日 (金) 17時17分

黒猫様、みなさま、こんばんは

今回は、メッキの記事でなく日本選手メインの記事でうれしいです。
(若干、メッキの名前がチラツいてますが)

実は高橋選手の月光プログラム、私は指示派なんです。(焦っ)
というのも、やはり王道のクラッシックを観客に飽きさせずに魅させることは、並大抵の選手ではとてもできないと思うからです。
それこそ一流選手でも難しい位ではないかと。

今まで高橋選手は沢山のジャンルを披露し、都度都度見る人を魅了してきました。
ストーリー性のあるものや、ノリの良い曲とかは、観客にとっては楽しいし飽させにくいという利点がありますが(北米向き?)、このままだと昔ながらの差別の名残もあり、伝統とかにやたら拘る欧州では、フィギュアスケーターでなくエンターテイナーだと思われる可能性もありましたから。
ここらでドンと王道クラッシックで魅了するという作戦かと思っています。
これは高橋選手の印象の幅を広げる結果になるかと。
まだ、どことなく堅い感じが拭えないクラッシック(しかもベートーベンという、重いもの‥)でしたが、十分魅せる力がある事は立証されたと思います。王者を目指すなら王道クラッシックも極めなければという彼の意気込みを感じました。
(個人的には彼の美しいスケーティングが存分に生きたプログラムなので気に入ってます)

一方、道化師では思いっきり高橋選手の感情を全面に出す素晴らしいプログラムである事は言うまでもなく‥
全く違ったジャンルのプログラムに対して、彼は本当に表現者として謙虚でありながらも、高い向上心を持ち合わせた素晴らしい資質の持ち主だと再認識しました。
彼が引退したら、暫く惚けてしまいそうな気がしてなりません。

日本には素晴らしい表現者が沢山いるのに、メッキのお方はサイボーグで、感情という言葉を知りません。
若かりし彼女に対して、何故あんな妖艶な演技ができるのか?
という問いかけがあったのですが、
感情で演技をしているのではなく、ここではこういう表情と、決まったとおりに演じているだけ。
と答えたのに、ガッカリした記憶があります(ムーランルージュだったかな~)
だから、今も同じ顔同じ演技なんですよね。其処にはメッキのお方の感情なんて一欠片もないんです。
そんな演技が人の心に響くとは到底思えませんが、何故か満点ばっかり。

振付師も振り付け甲斐がないと思うのですが、そこにもプライドよりお金が好きな人いるんですね。
そんな振付師、例えその中で権威あるとしても、選手から依頼しなければいいのに‥とつくづく思ってしまいます。

なんだか、グダグダな長文すみませんでした。

最後に突然ですが、小川様 はじめまして

昨日の黒猫さんがアップされたお隣さんの記者が書いた記事。
もう、言葉の綾云々通り越した、全く理解不能なものでした。
これが、仰る駄文なんですね?
(訳わからなくて、途中から読むの止めました。ろくな内容でないことは確かだと思うので)
学歴社会なんて言っておきながら、ちゃんちゃら可笑しいお国柄が強調されるかのようでした。

投稿: 今日の猫 | 2013年3月29日 (金) 18時15分

 はじめまして
いつもブログ拝読させていただいています。
世界選手権後、自分でもびっくりするくらい落ち込んでしまいました。

 男子の結果でジャッジへの批判が出てきましたが、少しでも
改善される可能性はあるのでしょうか。
匿名性は絶対なくして判定基準を明確化してほしいですね。

 見た目だけでもノーミスというのは、凄い威力がありますね。
今回つくづく実感しました。みんな騙されてしまいましたから。
それからコストナー選手への加点や、浅田選手の3Aをちゃんと認めたのも
批判の矛先をキムから逸らすためだろうし。
本当にやり方が露骨で汚いですね。

 それからキムは、優勝後、単に試合が終わっただけという
感情しか湧かなかったというような事を言ってたそうですが、
全くスケートに対する愛が感じられませんね。
他の選手に対しても失礼ですね。もう本当にあの顔見たくない。

投稿: じゅじゅ | 2013年3月29日 (金) 18時48分

黒猫様、皆様こんにちは。
本、到着したのですが、友人に取り上げられ(スケートの不正話に興味あったようで、そのままプレゼント)今、再度頼んでる所です。

あっこ選手、おめでとうございます♪ヽ(´▽`)/

今季、私が彼女を応援した理由が、黒猫様が述べられた事と同じでしたので、うれしく思ってます。
応援してる選手達の現役プログラムをもっと沢山観たいです。
戦いの場であるからこそ、お会いできる神演技を沢山。
そしてそんな選手と会場で一体になってみたい。
ほんといつになったら生放送するのかしら。
つまらない録画修正、加工された日本の放送なんて、未来の不正採点検証コマ送り用に残しておく位です。


>彼等に乗っ取られたかのようなブログまであるようです。

黒猫様が思ってる方と同じかはわかりませんが、浅田真央ファンで、私の尊敬してる有名ブローガーの一人でそんな方が。
ここで、名は申しません。
ただその方に、ここにも押し掛けて来た、某異星人とその仲間達の今の行動をどう思うか、聞いてみたいです。
私の心が荒みすぎた時、敢えて心休めに訪れたお花畑でしたが、年末彼らがここに来てからというもの、訪問する気が起きなくなってしまいました。
そう思うと、某異星人が行動すればするほど、彼らの意志とは別に物事が動いてますね(笑)

こんな事、コメント欄で言う事ではないかもしれませんが、あのブログが彼らに侵略されていく様を見てきた自分にとっては、ずっと心にたまってたモヤモヤでしたのて、吐かずにはいられませんでした。

皆様、お目汚し失礼しました。

投稿: XYZ | 2013年3月29日 (金) 19時18分

今日の猫様。

ごめんなさいね。
おっしゃる事はよく判るんですが、今回の「月光」は、正直数年前の高橋選手に向けてのプログラムだと思うんです。

だから私は「しっくり来るけど物足りない」んです。(予定調和という感じで。先が見えてます~って感じで。)

今の高橋選手なら、モロから離れ数々の経験も積み、他の振付師の振り付けも経験し、引き出しが増えてる。

だからこそ、もっと「今の」、いやむしろ「本人も気付いてない潜在能力のタカハシ」を提示して欲しかった。

もっともっと、本人の気付いてない潜在能力が、高橋選手にはあると思います。
今まで見てて、それを提示してくれたのがカメさん〔気安く呼ぶなって言われそうですがね。〕かと。

だから、とらもも様のブログには全面的に賛成です。

まあ、とにもかくにも、高橋選手が心底惚れ込みトランス状態になれる曲と振り付けを望みたいですね!

投稿: 白黒にゃんこ | 2013年3月29日 (金) 20時08分

こんばんは。

今日の猫さま

>彼は本当に表現者として謙虚でありながらも、高い向上心を持ち合わせた素晴らしい資質の持ち主だと再認識しました

デビュー当時から彼を見てきた私としては、この上ない褒め言葉で嬉しく思います^^ありがとうございますm(_ _)mと同時に、

>メッキのお方はサイボーグで、感情という言葉を知りません

ウケました(^O^)なのに、何故かPCSで10点連発…まったく以て謎です(ーー;)華やかさもないのに、アンケートでは彼より上の2位だなんて。選んだ人はどこを見てるのやら。お顔を拝見したいわ(*^m^)

じゅじゅ様

>キムは、優勝後、単に試合が終わっただけという感情しか湧かなかったというような事を言ってたそうですが

全く何様でしょうね。何をやっても失敗しても、自分が勝って当たり前なんでしょうね。本当にメッキだし、サイボーグ。他の選手に対しての敬意がないんだから、他の選手からの敬意がないのも当然ですね。

また、ソチでこの人のドヤ顔なんて、まっぴらですよねぇ!(-_-)


投稿: | 2013年3月29日 (金) 20時34分

↑すみません。名前忘れました(^^;)

投稿: えいこ | 2013年3月29日 (金) 20時39分

XYZ様、こんばんは。

気持ちわかりますよ。自分もそうだったから。

フィギュアに疑問持ってからは、このブログで気持ち整理。
ブログがストップしたとき、マジむかつきましたよオレ。
ずっとロム専だったけど衝動的に書き込んでしまった(笑)。

こいつ正直うざい(笑)。
  ↓
バ●●●ト●●●
  ↓
ザ●ニチでK国名が「チサン」、
日本名が「知三」、「智三」の使い分け?
                      とか妄想しているけどね(笑)。

あのしつこさは異常。本国からの使命感に燃えているとしか思えない。
疑っているのは自分だけかもしれないが・・・

とにかく、
しつこい奴、卑怯な奴、理不尽に人を攻撃する奴、嫌いなんですよ。

ところで、
最近、男でもフィギュアの話題出ますよ。
「オレはトリプルジャンプの種類、全部言えるよーん」 と
飲み会の席で自慢する奴もいますよ(笑)。

                         (・∀・) y━・~~ ぷか~

投稿: にこぴん | 2013年3月29日 (金) 20時44分

今日の猫さん。
私も大ちゃんの『月光』、好きなんですよ(o^-^o)わーい、仲間だ。
月光の曲は大ちゃんのイメージと、合っていますよね?

ただ、プログラム変更からあまり時間がなかったせいか、まだ自分のものにしきれていない段階で試合に至ったという印象はありました。
それでも振り付け自体はそんなに悪くないと思いましたが、大ちゃんの熱烈ファンの人には、物足りないのかしら?
私はこづ派ですので・・・

あっこちゃんのケーキ、かわいいし、おいしそう!( ゚д゚)ホスィ…
ベテラン選手には、若手が到底及ぶことのできない表現力、会場の雰囲気を捉えて観客を自分の演技に引き込む、そういう能力に長けていますよね。
若手の選手にはベテランのこういうところをどんどん見習ってほしいなぁ。

>彼等に乗っ取られたかのようなブログまであるようです

思い当たるブログ、あるかも・・・
黒猫さんが暗喩しているブログかどうかは分かりませんが。私が見たブログは素人さんで、文章から察するに割と素直な性格の方なんじゃないかな?
だからこそ、彼等に関わらないほうがいいよ~と教えてあげたいのですが、こればっかりはブロガーさんご自身が“これはヤバイ”と気づくまで、多分聞く耳を持ってくれないでしょう。
まぁ、採点を支持すると表明している間は別に害は無いでしょうし・・・(^-^;


投稿: glacier | 2013年3月29日 (金) 21時02分

モロゾフは
もはや時代遅れで新鮮なアイディアも浮かばない
実はロシア国内の政治力もありませんからね
 >ビゼーエフとは近くなったとも聞きます
今シーズンのモロの選手は結果も残せませんでした
モロゾフは役に立たなかったといえますね

でもねぇ
カメレンゴに関して
ちょっと気になる話しがありますか?
チャンがデトロイト拠点になりますよ
なぜカナダでワールドがあるのにトロントに帰らなかったのか?
あのとき気になっていましたが…
既にゆかさんチームと練習しているのだとか…
カメレンゴはデトロイトの他にも
アーロンやアボットのアメリカチームと仕事をしますしね
プルとソチまで契約の話しもあったのですが…
プルはダビドに依頼すると発表しましたね
カメレンゴとは切れたかもしれないですよ
そうなると高橋選手とまた組む可能性もありますか?
もう一人名前の挙がっているウイルソンは
クリケットチームなので…頼めるのでしょうか?

色々な条件からはミヤケンさんが最適かもしれません
しかし高橋選手が選ぶならば誰でも文句はないですよ
各国の事情が絡むかもしれませんので
希望のコレオと組めない場合も…
モロならばレベル対策が万全と思いこめば…妥協できる?

最後のシーズンなので最高のプロで滑ってほしいですよね
難しいでしょうか…

ロシアのコーチでメイン生徒がいなくなりそうなコーチがいます
こちらも気になっています
某国につけこまれやしないかと…

投稿: ?? | 2013年3月29日 (金) 21時13分

  にこぴんさん、こんばんは。先ほどお返事を頂いたんですが、どこに載せたか忘れてしまって・・・・。m(_ _)m
 キャノ○は「今回の大会では約60%が自社製品だった」と自慢げに書いていたわりにはあんな写真しか載せないんだと思いましたよ。しかも、転倒が無いから自然とGOEは+3~+2がつくのが当たり前とか書いている記事を平然と載せているし・・・・。
 茶番前は「某女王は陶器のように肌が白い」と某国の方が載せていたんですよ。あちらの人間は一言目二言目には日本人はひどい民族だと言うくせに、この例えはなんなんでしょうね?とは思いましたけど。そんなにコンクリートみたいに塗ったくっても色白だって言われたいのかいみたいな。(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

投稿: みんみん | 2013年3月29日 (金) 21時16分

安藤選手復帰はKY陣営には面白くない話でしょう。安藤選手にリアルに完敗してますから。優れたジャンパーである安藤選手なら、やろうと思えばKYのジャンプ構成をこなし完璧に滑ることもできるはず。あちらさんの「例え真央がトリプルアクセルを飛んでもヨナには誰も勝てない」シナリオが崩れ、また一から練り直さなければいけないですからねw。
安藤選手もKYもグランプリシリーズに出場してしまうと、バンクーバー直前のようにグランプリファイナルでkYの優勝により「安藤はヨナには勝てない」というイメージが刷り込まれてしまうので、安藤選手には全日本選手権で一発でOPの切符を勝ち取ってほしい。
ヨナ陣営には正直一番手ごわい相手だと思います。
ざまーみろwww

投稿: PIP | 2013年3月29日 (金) 21時37分

以下大会スケジュール

◇NHK杯フィギュアスケート国際競技会(グランプリシリーズ日本大会)
2013年(日本/東京)

◇グランプリファイナル(Grand Prix of Figure Skating Final)
2013年12月5日~8日(日本/福岡)

◇欧州選手権(European Figure Skating Championships 2014)
2014年1月13日~19日(ハンガリー/ブタペスト)

◇四大陸選手権(Four Continents Figure Skating Championships 2014)
2014年1月20日~26日(台湾/台北)

◇ソチ冬季オリンピック(Olympic Winter Games)
2014年2月7日~23日(ロシア/ソチ)

四大陸選手権にはさすがにKYはこないでしょう。ここで高得点をたたき出しておきましょうw
因みに2015年の四大陸選手権開催は韓国です。

投稿: PIP | 2013年3月29日 (金) 21時46分

来期のプログラムに話題がいくようになり、カナダ・ロンドンでの激震茶番劇から皆様、前を向きつつある雰囲気を感じます

今度はどんなプログラムだろう、誰が振付けるのだろうと考えると、ワクワクします

真央さんはニコル&タラソワさんで確定。タラソワさんなら、クラシックでしょうか・・・個人的にはヴィバルディの四季~冬~で真央さんには滑って欲しいと思っています。今年の鈴木選手のフリー、なかなか良かったので、鈴木選手にはもう1回カメレンゴさんのフリーで滑って欲しい。
羽生君の今期のフリーは私はイマイチ。衣装もイマイチ。
奈々美先生が作ったフリーの方が感動しました。
高橋選手は昨年のブルースが鳥肌プログラムだと思います。
オペラ座の怪人を高橋選手は気にいっているようなので、リメイクあるでしょうか・・・
KYは、中身が変わらないから、選曲関係無し。衣装も、自国のデザイナーさんになってから垢抜けないし。
早いテンポの曲は無いでしょうね。足が絡まっちゃいそうだから

投稿: ナゴヤン | 2013年3月29日 (金) 22時12分

ナゴヤンさま。

確かに「オペラ座の怪人」は狂おしい情念のほとばしりが何とも言えませんでした。
最後のステップ前のポーズでは思わず「待ってました!」と
言いたくなりましたよ。
モロの振り付けでは私も多分一番気に入ってるかも。

これなら、リメイクでより強力プログラムになったなら、
いいかもかもかも~!

投稿: 白黒にゃんこ | 2013年3月29日 (金) 22時27分

やべ~なきそうになりやした、黒猫様。
毎日黒猫様のブログを読むのが楽しみでなりません。
国別が終わっても定期的におねがいします。

ソチが近づいてますね。
真央ちゃん以外にも、あっこちゃん、だいちゃん、ミキティーそれぞれの思いで自分たちの集大成を感じているみたいですね。

読んでいて涙が・・・・。

フィギュアは勝つためだではなく、競技人口を増やすためにやっているあっこちゃん。すごい。

だいちゃんも自分をすごく客観的に評価している。


みきてぃーもどん底からはいあがってくるエネルギー感じます。

真央ちゃんだけじゃないんですね。(真央ちゃんはジャッジと戦ってますから次元がちょい違いますが。)

なんかそう思うと、日本ってほんとすごい。

みんなが納得いくソチになればよいですね。
もう、出来レースはうんざりです。

投稿: rinapapa | 2013年3月29日 (金) 22時34分

新聞もそうだけど、コメント欄で哲学的な言葉で遊ぶ文章は必要なし。言いたいことをやさしい言葉で書く。打ち間違いや漢字の変換ミスがよくあるけど。それは読むほうが理解できる(ものが多いから)から指摘しない。読むほうのマナーだね。あげ足取りをしない。黒猫さんのブログは敵が多いから、いろんな人が来るんだよ。暮れからしばらく大変でした。オレは最初の投稿でほとんどわかるから変な奴にはからまない。いたね。言葉遊びが好きな人。あんた何が言いたいの。そういうのに限って黒猫さんや読者にからんでくるんだよね。コメントに人柄は透ける。人柄が見えないコメント、理解するのに精力果たしてしまいそうなコメント。気持ち悪いね。オレの場合上品で知的という感じかな。

トラちゃん、乾いた笑い声こっちにまで聞こえてきますがな。乾乾乾乾乾乾空空空空空空カラカラカラカラ。

オレの芸者発言で。にこぴん君やミッチ(なぜか呼び捨て)やよる子さんが擁護論を展開してくれてるけど。うれしいよね。流れるものがあるんだ。お互い会ったこともないのに。それがこのブログの大きな財産。発言の真意を理解して(しようとして)くれる人がいること。前にも書いたけどよる子という名前好きなの。オレ今度からあさ子にしようかな。にこぴん君が新橋おっさんと命名してくれたけど。むしょうに吉野家の牛丼が食いたくなった。タダの紅しょうがてんこ盛りとあのおしんこつけて。日本のすごいところは普通のものがおいしいところ。ただものじゃない国だよ。ミッチ、忙しいからといって駅で立ち食い蕎麦ばかり食ってるとあんた立ち食いおばさんとかよばれるようになるよ。栄養つけなさい。こちらは金曜日。作るのメンドーだから、ゴーセイに中華のテイクアウト。ディナーだから5ドル95。こちらの中華はMSG ( 味の素)ドバドバ入れるんで頭が痛くなるよ。台湾からの夫婦だからオレとは通じ合うところがある。海老おまけしてくれたとかドンが喜んでるわ。単細胞なアメリカ人。寿司屋でも数えるからね。この数でこの値段は高いとか。ホント馬鹿だよ。

ゆんゆんとミニーのママの交換日記もほのぼのしていて読んでいると楽しくなるね。だいたいあの二人の会話は食べ物周りだけど。最近オレの親友いわちゃんがコメントしなくなった。忙しいとは言ってたけど。来年の真央のプログラムの話しようよ。

タラママの写真はどこで見たかな。氷上の舞に魅せられて、だったかな。オレの解釈だけどね。真央への愛と、またもや彼女を守れなかった自分への腹立ち、八百長連中への怒りを内包した表情だった。

プーチンへの手紙(たいしたこと書いてないんだよ。あどけないスケートファン風で)、ドンに英語みてもらったんだけど。アメリカ捨ててロシアと仲良くするのかだって。ホント馬鹿だよ。

投稿: 小川 一 | 2013年3月29日 (金) 22時37分

うっかりしてた。よる子さんのHNの由来。朝はまずい。そう、ひる代がいいかな。

投稿: 小川 ひる代 | 2013年3月29日 (金) 23時07分

びっくらしたから横レス失礼。よる。→ヨル。です。

小川の兄さま、びっくらした。最新コメの名前見て、「だ、だれや??ひる代???」
コメ欄見て笑った、笑った。
私も兄さまのコメ好きっすよー。芸者のたとえも流石だなぁ・・・と。芸は売っても体は売らんっという気高い感じはありますわな。逆の人は芸がどんどん劣化するだけなのにねー。
私も勝手に兄さまと呼んでますが、姓が一緒なんでちょいと親近感だったりするんです。すません。

投稿: ヨル。 | 2013年3月29日 (金) 23時36分

小川様に大賛成。
言いたいことを読み手に解る言葉で書くって大事なことだと。

それに、にこぴん様のコメントに頷いていましたが、表現する言葉は十人十色。
コメント一つひとつに個性が表れて、ほのぼのと読ませていただいています。

小川様の純子にお任せシリーズ痛快で好き。実体験からの見聞録で井の中の蛙である私は勉強しています。本音で語る言葉は信頼できます。そんな中で時たま、ソチで優勝したらオレは泣いてしまう・・なんて熱い言葉を聞かされたら、もう泣くしかない。

よる子様の名前がいくら気に入ったとしても「あさ子」はだめ。朝日新聞の「あさ」に通じてしまうから。あ~あ、私ってなんて失礼なことをしてしまったと又、落ち込みました。

厳しいフィギュアの状況に立ち向かっている黒猫様に諦めない事の大事さを教えて頂き、顔や名まえも知らない皆様の温かさにふれ、今の日本の状況や情勢を憂いながらも「ときどき黒猫」さまのブログを拝読している日々です。
微力ですが行動できるようになりました


投稿: たんぽぽ | 2013年3月29日 (金) 23時52分

黒猫様、みなさま、こんばんは

そして、拙いコメントにお返事くださった
白黒にゃんこ様、えいこ様、glacier様 こんばんは

私の拙いコメントにお返事頂けてうれしいです。
皆様の日本選手への愛情のこもったコメントいいですね。
このブログが人気なのもうなづけます。

月光プロについては、高橋選手がただ滑っているだけで美しい!と素直に感じたものでして‥
チャン選手や小塚選手が得意としているあの滑りです。
滑っているだけで空気が澄んでいくような高橋選手の滑りに、ただただ魅せられてしまった次第です。(高橋選手いつもぎゅうぎゅう難度の演技なので、競技の中でこの滑りが見れるとは思わなかったんです)
全くチャン選手と比べても見劣りしないですから、彼のスキルも素晴らしいですよね。
プログラム等の詳しいことはよくわからないのですが、月光好きなんです~♪
でも、皆様が仰るように、もっと色んな高橋選手も、もちろんみたいです。

そして、絶対に他者を絡めて発言しない、自分が発する言葉の影響をきちんと理解している姿は、真の一流選手だとおもいます。
これは日本選手全体にも言えることですが、彼が模範となっていることは確かだと思います。

競技のみならず、リンクの外でも謙虚さを忘れない姿は、アスリートとして尊敬に値すると思います。

こうやって、日本選手だけを語ると、なんて清々しいのでしょう‥
はやく、世間一般もこうなって頂きたいものです。

投稿: 今日の猫 | 2013年3月30日 (土) 00時05分

あれ?
ヨル。さんとよる子さんは別の方ですよね?

突然割って入ってすみませぬ。

投稿: サナサナ | 2013年3月30日 (土) 00時27分

今シーズンの高橋君、試合によって波があったものの、それなりに素晴らしい演技を見せてくれたと思うんですよね。
それでも「何か物足りない」と言われてしまうのは、高橋大輔ゆえなのでしょうね。

私は「月光」も「道化師」も好きです。
でもtoramomoさんのブログ内容にも共感できました。(恥ずかしながらこの方のブログ最近知ったのですが、お名前が私のHNと一字違いでちょっとびっくりしました。なので一応言っておきますが、真似したわけではありません(笑))

なかなかうまく説明できないのですが…振付師の力量が選手の力量に追いつかないということはあるんだと思います。
「月光」も、見返してみると、引き込まれたのは後半のスピンのあたりからでした。前半は特にハッとする振り付けがあるわけでもなく、特別な盛り上がりがあるわけでもなく…新鮮味に欠けると言われたら、そうかなと思います。
十分美しいんですけど。好きなんですけど…。
むしろ高橋君だからあそこまで魅せられたのかな、と。

でも、与えられた振り付けを、選手自身が今自分の持っているふり幅の中で調理するのと、「こんな味付けもあるのか!」と発見できるよな材料を与えてもらい、自分にしか出せない最高の味を追求していくのとでは、やはりスケールも、訴えてくる説得力も違うのかなと思いました。(ごめんなさい、何を言ってるのかわからなくなってきました。ボキャブラリーが貧困ですいません。)

とにかく、来シーズンは彼の良さを最大限に引き出せるプログラムに出会えることを願います。
昨シーズンの「イン・ザ・ガーデン・オブ・ソウルズ」は初見で「なんだこれ!?」と驚きました。
心臓をズンとわしづかみにされて、そのままぐぐぅっと引き込まれていくような、他の選手にはない感覚を味わいました。
また、そんな彼の演技でしか味わえないものを感じたいです。

結局、彼に関しては期待値が高すぎるのでしょうね。
「良いんだけど…もっとできるでしょ?」と思ってしまう。
改めて別次元にいる、物凄い選手なんだな、と感じました。

ソチで自分のすべてを出し尽くした、と思える演技ができますように。

長々と書いたわりには言いたいことの半分も言えなかったような…。
独りよがりな駄文で失礼しました。

投稿: soramomo | 2013年3月30日 (土) 00時29分

こんばんわ。
今日は早く帰れたので、帰宅してすぐ寝てしまいました。
さっきお好み焼きを食べたとこ。
これから風呂に入って、また寝ます。
小川様

いくら忙しくても立ち食いはしないですよ。
忙しい時は、お好み焼きだけど。
芸者のたとえは、突っ込まれやすい素材ですから。
なんせ。
今のヨーロッパでは高級娼婦が仕事の権利を求めて、売春を禁止するなと、デモるし。
今の韓国はどうか知らないけど、二十年前までは日本からの団体ツアーの宿泊客のホテルで、国が病気がないと認めてるという認定ビラをひとつひとつ部屋をノックして営業活動してたとか、噂あったけど。
これって、戦前の日本の公娼のなごりなんだよね。
日本の芸者が、本当に芸者だけ売って、体を売らなくなったのは、
戦後に公娼廃止の法令ができてから。

というわけで。
詳しく書いてみましたが。

小川様の芸者の意味は、よる子様の解説どおりで、まあ良いかと。

たとえば、シーボルトの初婚?
相手の芸者は、性病を嫌がる高級外国人相手に、特別にベテランではない初々しい芸者其扇が選ばれたわけで、もちろん日本を代表して芸が一流の腕も見込まれたということ。その娘は、父の跡を継いで医者になったお稲。
その娘、シーボルトの、孫は、祖母から日本舞踊をまなんで一流の舞踊の師匠になったとか。

ではでは、週末も仕事なんで、また。

投稿: ミッチ | 2013年3月30日 (土) 00時30分

オレは、漫画家村上もとかの、
龍に出てくる芸者とか、
仁にでてくる花魁とか、
けっこう好きだけど。
そんなイメージでいいんじゃない?

戦前の公娼なんか出すと、おとなりのあの連中とか
飛びついて来るぜ。
ここまでにしといたら?

芸者の意味は、わかったからさ。

投稿: goro | 2013年3月30日 (土) 00時59分

サナサナさん、サナサナさん、ありがとう。えっとね、別人っす(笑)。
アテクシ、二つもHN使い分けるなんて器用な脳みそも、よる子さんみたく、シャープでかっこ良くて、ぱきっとした発言できないっす。ははは・・・orz
どっちかというと、いつもお勉強させていただいております。

私の「ヨル。」はブリーチの黒猫「夜市」。Papa told meの黒猫の「夜」。それをひらがなにして「よる」。よ、も、る、も最後が丸まって終わるから、「。」ってのと、寄り添うとか「〜による。」とか面白いなーとか、書き込みするの夜だしなー、とかとか。あんま意味ないっす。音の響きかも。
実は「ヨル。」にしたのは、よる子さんと別の人よーって言う理由だったのよ。検索しづらかったし(最初の頃は「ミィ」だったんすけどね。それはまた別のお話)。

ほんでもって、ミッチさん、いつも知識のバインダーを厚くしてくだすってありがとうございます。
さらっと知ってることを「ほうほう。」と行間を埋めていただいています。勉強になるなー。

投稿: ヨル。 | 2013年3月30日 (土) 01時08分

ヨル。さん、そのHNは哲学と美意識の結晶なのね。ヨル。さんも素敵な個性がキラリと光ってますよ~。
ミッチさんのコメントは本当に勉強になります。世界や歴史の細部を見せて貰えて、ちょっと得した感じがします。

投稿: サナサナ | 2013年3月30日 (土) 01時29分

以前からとらももさんのブログも欠かさず読んでます。
今回の記事と前回は、あれはフィギュアファンの気持ちを代弁しているような内容ではないですかね。
今回の世界選手権は、試合を観る前に、もう体に症状が出てしまって胸が苦しくなるのですよ。
これでは心筋梗塞で倒れんじゃないと本気で不安になったので、動画でのみ確認しました。
キムヨナは早送り(笑)。

たんぽぽさんが言うとおり、「あきらめない」を教えてくれたのは黒猫さんです。
ここに仲間もいっぱいいるし。
何より選手達がそれでも頑張ってますし。

あと、窪塚さんが読んでくれたらいいですが。
「は」でも「ゎ」でもどっちでもいいんじゃないかと思います。読めば分かるので。
あのとき世選でみんな心がすさんでたから、だったのではないでしょうか。
どっちでもいいんじゃないですか?って書く気力もあの時なくて。今書きました。

投稿: トラ | 2013年3月30日 (土) 01時35分

黒猫様

鈴木明子さんの誕生会素敵ですね。
良い年のとり方をされていると思います。


goro様

すみません。
其扇について、ひとこと、
文献では遊女説。
明治以降の証言は、芸伎。
芸伎か正しいようですので。
訂正します。

芸者のイメージは、明治以降のようですね。

地方だと、旦那に店を持たせてくれてという
スナックとか。あったけど。
今の世界と、戦前とは、日本自体が変わったので。

其扇の場合は、やっぱり芸に対するプライドは高かったようですね。
芸を売るというプライドですね。

結論は、小川様と同じ。

小川様
外国人は呼び捨てだから、良いですよ。
ちゃんをつけてくれ、と言ったら、欧米人は受けますね。

投稿: ミッチ | 2013年3月30日 (土) 01時53分

プログラムの話、ほんとはわたしも混じりたい。あんなのもこんなのも見たい、もっと練り上げてほしい、いや、誰の振付がいい・・・。
ただ、とてもそこまで要求できない。忙しすぎるから。
休む時間すらとれない超過密スケジュールを縫って、振付、曲の編集に滑り込みに・・・。疲労が見える滑りなんて見たくない。
二年かけて練り上げたプロを披露するのとはわけが違うので。
来シーズン(といっても本来はもう入っているはずなんですが)には、せめてじっくり向き合える時間と余裕がありますようにと願うだけです。

実際オーサーすら、敵国に力を貸したと非難されているとう話が本当なら、
思うような振付師を頼めるかどうか疑わしい。また、余計な予定が入っていれば、前のように人気振付師と予定が合わなくてお流れも起きやすい。
名プロの為には、何よりそれに集中できる環境こそが必要なので、
それが全く確保できない状態で、よくあそこまで完成させてくれたものと
感謝するのみです。

投稿: プログラム | 2013年3月30日 (土) 02時08分

にこぴん様、はじめましてこんばんわ。

このモヤモヤな気持ちを、理解してくれる方がいらして、なんだかほっとしております。
ありがとうございます・゜・(つД`)・゜・

同じブログかはわかりませんが、
●ルタン●モゾウ ですよね。
私はこの方黒猫様のブログコメント欄で初めて知った方でしたが、年末騒動の時、その尊敬有名ブログに訪れた時すでに彼が居座ってました。
私がそこで直に侵略を目にした(2011年頃?)時は、
き●じ●う
たる者が汚染中でした。
ですので、異星人は勿論ですが、それ以上に私はこの人の事を個人的に許せません。(笑)
その尊敬ブローガー様が、「陰謀論者」を口にした時は、何とも言えない気持ちになりました。
その方と黒猫様が手を組めば、もしかしたら!
なんて思った頃も正直ありましたので。
今はそういう人任せな気持ちがいけないんだなと思っています。
…なんて、この話について語り出したら夜が明けそうなので、この辺にして…と、

とにかく、ありがとうございました!

ちなみに、女子会での話。
皆がフィギュアスケートのヨナの演技がすごいね~と言う中、私がボソッと
「早くドーピングバレたらいぃのに」
というと、
「ほんまにぃ~」
の言葉が返ってきた時は、これまた何とも言えない気持ちになりました。
それが皆の本音なんです。笑

皆様、声は堂々とあげましょー!!

…( ´ω`)旦 ズズー

投稿: XYZ | 2013年3月30日 (土) 02時44分

おはようございます、朝からよる子です。
そうなんです、アンチ朝日の「夜」が元なんですが、どうして小川さまのお気に召したのかは、謎です。

昨日は「芸者」について知ったかぶりして横槍を入れた後、心配になって調べだしたら、だんだん横滑りして行きまして。ミッチさまに「ごめんね」コメントを入れた後、PCから離れていたので、今、上のコメントをいろいろ読ませていただきました。

ヨル。さま、やっぱり、私と区別するためにカタカナに直されたのですね。そうじゃないかなーとは思っていたのですが、狭い道で譲ってくださったような、「大人~」の対応。ありがとうございます。以前「よる子」「よる。」「よるねこ」と一族みたいにコメント欄に並んだことがありましたが、ヨル。さまのHNは深い意味があったのですね、よる子のいい加減さとは違う…。

たんぽぽさま!! 誰が間違えてもたんぽぽさまは間違えない、とわかっておりますとも!! 時々お見かけすると、例によって手を振っていますpaper 先日は黒猫さまの、ワールド順位アンケートのコメントで見つけてpaper振ってましたhappy02

小川ひる代姐さん、いつもはっとするコメントで、自分が入り込んでいるスクエアな枠組みに気づかされます。
私は国語辞典を見るのが結構好きで、最近ではたまたま開いた頁に「スポンジ」の説明があったのですが、「あかすり・クッションなどに使う」という説明だけで、一日笑っていました。何がおかしい、と言う人には説明できないんですけれど。言葉って難しいですね。考えを柔軟に、というのはさらに難しい。小川さまのコメント、今度は何かなぁ、とわくわくして読んでいます。

朝から長々とよる子でした。

投稿: よる子 | 2013年3月30日 (土) 07時59分

よる子様 ありがとうございます。間違えて失礼なことした私を
旧友と呼び、手を振ってくださる寛大で優しいよる子様にお会いできたこと嬉しさで一杯です。
HNの由来を知り、また、なんてことをしてしまったと落ち込んでいたのですが。
よる子様の文章の書き方がなんと表現したらいいのか,あたりが柔らかくて丸くって深みがあって素敵だなあと真似したいのですが、人としての中身も文章力も伴わなくてwobbly
これからも宜しく!!

投稿: たんぽぽ | 2013年3月30日 (土) 09時49分

よる子さん。

スポンジにはこちらでは、ヤドカリとか居候の意味があるんだよ。他人の家に住み、家賃から、食費から払わないような奴。ひもというか。あの男はあの女のスポンジという感じで使う。

ギリシアの土産はスポンジ。海綿だね。ボブが学校の研修旅行で行くというので調べた。安いのは水面からさほど深くないところから捕れる。高いものは深海からしか捕れない(深海からしか捕れないから高いわけなんだけど)。水圧で目がつまっているというか。色も濃い目のクリーム。安いのは明るいクリーム色で使ううちにばらばらになっちゃう。こういう品物にはこだわるオレとしてはくどくど説明したわけ。ところが買ってきたのは予想どおりの安物。アメリカ人はいつもこうだね。こだわることがない。安いものを手軽に買える店で手軽に買う。

そのギリシア人の学生をボーイフレンドにしてたのが会社のおばさん。すごいケバイ化粧。目が小さいらしいんだけど(よくワカラネー)。まつげ、昔のツイギィー(古いね)みたく書いてるのか、つけてるのか。最初見たときひいたよ。その彼氏が言うには、アテネがアトランタに五輪招致で負けたとき、国中でコカコーラをボイコットしてペプシにしたらしいよ。アトランタはコカコーラの本社があるところだからね。

この会社のおばさん。このままじゃ永住権も取れないというので別れてナンパしたのが50近い禿親父。郵便局に勤めて25年とかなんとか。その年まで未婚の飢えたおじさん。郵便局は政府(国)の仕事だから、本人が転勤を希望したら、国内どこでも行けるらしいんだ。もちろん空きがないとダメでそれなりに調べたんでしょ。ナンパして日本で離婚歴もあるのに初婚だとかウソこいてすぐ式をあげて。すぐ永住権獲得して。旦那はニューヨークにうんざりしてたからすぐ二人で新しい土地へ。着いたのはアメリカでも貧しい州のひとつ。ウェストバージニアの何ちゃら村だか町。ワシントンDCまで1時間の通勤圏内なんだけど。町を歩くと「あんたインディアン?」。みんな聞くんだって。アジア人はおろか黒人もほとんどいないオール白人の田舎。そこに映画に出てくるインディアン娘みたいのが通りを歩いてんだよ。あたりまえだよ。ニューヨークに来て号泣してたわ。

ここにいる日本人は多かれ少なかれ日本での経歴を詐称してる。オレは人によるんだけど8歳から15歳まで少なく言う年齢詐称。テキトーに答えるの。干支(チャイニーズカレンダー)何と聞くからテキトーにウサギとか答えたら。それチャイニーズカレンダーにあわないねだって。中国のと日本のは違うんだよと答えたわ。

よる子というHNが好きなのは凜とした女という感じがするから。ひる代はサイテーだね。田んぼにいそうだよ。やっぱり、3つのときに自分の名前が漢字で書けて、親が天才かしらと勘違いした今のがいい。

たんぽぽのおかーさん。落ち込まずに新しいシーズンも応援しましょう。

投稿: 小川 一 | 2013年3月30日 (土) 10時36分

朝から「ヨ〜ル〜。」です(ZERO的音でお読みください。意味は無いです。)

サナサナさん、じぇんじぇんそんなこと考えてなかったっす。あはは・・・(汗)。でも、ありがとやんした。こそばゆくって照れますな。何故か哲学と美意識と聞いて、頭の中でルパン三世のテーマが流れてるのは何故だー。おーとこにはーじぶんのぉーせかいがーある〜っつって。女子です。念のため。

よる子さん、よる子さん。よる一族のよる子さん(笑)。確かに。カタカナにしたのはね、あの輩の演技を「ねこ踏んじゃった」って書き込んだよなぁ。いつだっけなぁ。って検索してて、面倒くさくなって。ほんで、カタカナにしよっつって。よる。自体もそんなそんな(汗汗)。深い意味合いないっす(笑)。

しかし、よるの一族って、闇に隠れていきてる的な雰囲気(笑)。えぇ。全く闇に隠れてませんけど。

投稿: ヨル。 | 2013年3月30日 (土) 10時59分

たんぽぽさま
ありがとうございます、こんなに褒められると、前言撤回、誰か他の人と間違えているのでは、と言わなくちゃ!! たんぽぽさまのお人柄こそ、いつもコメントから滲み出ています。小川さまのおっしゃる通り、また、次のシーズンの応援がんばりりましょうねup

小川一さま
またまた、新しい知識!! ギリシアが出てくるんですね。そして、年齢詐称へ。先日の「掃き溜めに鶴」の如き美丈夫の自己紹介にも、拍手喝采でした。因みに件の辞書の「海綿動物」には、「死後、ヘチマの繊維に似た骨格を事務用品などとして使う。」とありました。その通りでしょうけれど…( これはもちろん、個性派辞書として知られる三省堂の新明解です)

ヨル。さま
「ねこ踏んじゃった」の譬えは、秀逸です。それにしても、「ねこ踏んじゃった」を「ヨナ跳んじゃった交響曲」に見せかける連中を、いっぱいいっぱい踏んづけたい!! 夜の一族が必殺仕置き人だといいのにね!!

皆さまのコメントで、元気が出ました。実は昨日、「キム・ヨナがいいに決まってる!!」と言う人と不毛な論争をして、ちょっと疲れたから。道は険しいけれど、がんばろうっと。

投稿: よる子 | 2013年3月30日 (土) 16時54分

よる子様
昨夜は、よる子様のご返事に気づかず、失礼しました。
先程返事しましたので、読んでください。
これからもよろしくお願いいたします。

小川様

大陸の女は強いですね。
アメリカ人と中国人の女性には日本人女性は歯が立たないと思います。
イギリスのサッチヤー首相とか、テレビで観ながら育った世代ですが。
あのスターリンに鉄の女と呼ばれたほどですからね。
日本人からは、なかなか出ないと思います。
男性に対して一歩さがるのが美徳だし。
今の社会でも、女房役の方が男からは好かれますから。
男より目立つと私みたいに、仕事でも、マスゴミからも叩かれますから。
なので、帰宅したら、そのまま倒れて、寝てしまいます。
首ヘルニアの激痛を和らげるには寝て脳を休めるのが一番効果あるので。

投稿: ミッチ | 2013年3月30日 (土) 20時03分

闇に隠れて生きてません。闇に断られる勢いです。ヨル。です。

よる子さん
「猫ふんじゃった」って思ったんですよねぇ。「Jr.でもできんじゃねぇ?」って。1-1-1って。ほんと思った。本田望結ちゃんだってできんじゃね?あのプロって。あ、望結ちゃんに謝ろう。すまん。
確かにオケつけてって(笑)。うまいっすなーうまいっすなー。
こないだの世選は、ジョン・ケージの「4分33秒」。ピアノの前に座ってるってだけ(実際は、無音状態の中で聞こえる音を聴きましょうという、哲学的な感じらしいんですけどね)。それで銀河点。すげえやw。

投稿: ヨル。 | 2013年3月31日 (日) 01時29分

高橋大輔選手のファンで長年採点に疑問を
呈していた方が一転して今年、採点を擁護
するブログを書いて永遠とそういったブログ
を書き、高橋選手の点が伸びない時の採点
を「だから伸びないのは当然だ」という主旨
になっていて驚くと同時に落胆しました。

なぜそんなことになったのか、どうもあの元
フィギュアスケーターとバルタンらとつるむ
キムチ派が乗り込み洗脳されてしまったよう
なのです。ここの書き込むをするぐらいの
方は全く理論になっていないキムチ派に晦渋
されることはないと思いますが、キムチ派
が”武器”(実際は武器が破綻してますが)と
する数字遊びに惑わされないで欲しいと残念
でなりません。

投稿: juju | 2013年3月31日 (日) 16時14分

確かにここのところ目にするのは、高橋大輔選手のファンのブログなの?コメントなのかと考えさせられます。振り付け師,コーチの批判が多く得点出ないのが振り付け師とコーチが原因のような内容です。モロゾフコーチと組んだことが気に入らないファンがいるようですのでモロゾフコーチが原因かと思います。私は、復活願ってました。大輔君もモロゾフコーチ大好きが見ていてわかります。はっきりしたことは、わかりませんがモロゾフコーチが原因じゃないかと思いますよ~!!

投稿: へれ | 2013年3月31日 (日) 22時45分

それが朝鮮系の恐ろしいところでもあるのです、彼らは絶対に引き下がりません、兎に角相手が折れるまで続けてきます。

日本人の性格では曖昧にしがちな問題も勝手な主張を続けます、自分たちに不利な問題は全てスルーで答えません、そして彼らはグループで動きます、まるでオレオレ詐欺グループの如く役割を分担して来ますから日本の企業や団体などはイチコロでしょう。

それはまるでマスコミの手法に似ています、最近の話題で一票の格差が問題にされています、この報道内容が皆同じ内容、アメリカの例を上げ日本がいかにおかしいかを洗脳しているのです、「アメリカでは0、001倍だが日本は修正しても2倍弱」この事を強調しています、では世界中がアメリカと同じような関係なんでしょうか、先進国の1票の格差の大きい国も報道するべきではないでしょうか、マスコミこそ違法な報道内容ではないでしょうか。

投稿: 太一 | 2013年4月 1日 (月) 10時04分

> アメリカの例を上げ日本がいかにおかしいかを洗脳しているのです

太一君に反論するわけではなく。アメリカの数字なんてあてになりませんよ。めちゃくちゃですから。10年に1回の国勢 調査のいいかげんさ。選挙投票方法のいいかげんさ。投票数をカウントする方法のいいかげんさ。いいかげんさの3乗です。確かに人口の増減(国勢 調査の結果による)により議席数は動くんです。2000年の国勢調査結果を反映して選挙人と下院議員の数がコネチカットでは2008年(確か)の大統領選から8から7になりました。でもそれは国勢調査が正確に行われているという前提があるわけですが、そうではない。

国勢調査用紙は10年ごとにそれぞれの家に1通配られてくる。アンタの家には何人の人間が住んでるのと。そしてたぶん半数近く(調査用紙を配布した数と返却された数の差。1通に対して1人の住民としても誤差はあれど実数により近くなるはずだけどね。ビューローからの数字はなし。だから誰にもわからない)は返却しない。前に書いたとおり2010年オレのところも返却はしませんでした。その後の追跡調査もなし。調査用紙の内容の記憶に確信がなかった、アメリカ市民、つまり有権者であるかないかは聞かれたかなと。調べました。

Name・Sex.・Age/birth date・ Hispanic ethnicity・Race・Relationship to the person filling out the form・ Other residence, for example, military or college residence, if they sometimes live at another address.

の7つ。どこにもアメリカ市民であるかどうかを聞く項目はない。年齢と照らし合わせれば有権者数は出てくるはずですが。事実オレは合計7回のジュリー(陪審員)要請を受けています。ニューヨーク市から1回、州から3回。コネチカット州から3回。それも最後はフロリダまで追いかけてくる始末。ジュリーはオレのような永住権者、他の州に住む人間。英語のできない人間などの回避条件があるのですが。○月○日○時、どこそこの裁判所まで来いと。このハガキ返却しないとブタ箱だよと脅すよ。

選挙結果の読み方は基本はトランスキャンですが、黒鉛筆で塗りつぶすところや、穴を開けるところとかは隣町でさえ違う。いずれにせよ書かない。これは文盲が多かった時代の名残りといわれています。この投票用紙がゴアとブッシュのフロリダ戦争を呼んだわけです。日本の新聞は数え直せばいいじゃんと書きましたが。ことはそんなに簡単ではない。マークからずれた穴。ためらい穴。そして開けたものの紙(チャッドといいます。みんな初めて知った用語)が一部についていて抜けきれなかった場合。数えるたびにチャッドが穴をふさいだり、ふさがなかったり。だから、手で数えたわけですが。それでもわけがわからずついには最高裁判所まで。

オレはコネチカットで一度見ていますが。南北戦争直後に導入したというご自慢の機械。人間の半分ほどの車輪みたいなのについたハンドルを回すんだけど。年寄りや女性の中には回されているのが大勢いたよ。穴が開くかどうか。この方法はゴアとブッシュ戦争後かなり減少したようだけど。

投稿: 小川 一 | 2013年4月 1日 (月) 18時13分

太一 さま

アメリカは犬、猫、幽霊が選挙登録して格差が出ない様にしているんじゃないですか。
ブッシュの強力な支援者は墓場に住んでいるとか言われてました。

また、鳥インフルエンザ騒動でチェイニーが儲けるのでしょうか?

投稿: さゆり | 2013年4月 4日 (木) 03時56分

鈴木あきこは期待はしてないよsign03スケート以前でこんなブス日本代表で済みませんsign03だよねsign03浅田真央は在日韓国人だし、村上は論外恥ずかしいよsign03日本人にとっては魔物がいると言うけれど、妖怪がいるんだもんねsign03又、浅田真央が泣くんだろうねsign03恥ずかしいよsign03

投稿: カックン | 2014年2月17日 (月) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1275350/51002946

この記事へのトラックバック一覧です: フィギュアスケーターが表現しているもの:

« 韓国とキム・ヨナの二つの顔 | トップページ | 韓国の経済発展経験は人類共同の資産という妄想 »