« 忘れられた1票 | トップページ | ゆきの小部屋~その1 »

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートは様々な要素とそれをつなぐ振付で構成されています。

浅田真央 過酷なプログラム                 http://www.youtube.com/watch?v=hGezTt23F7w

【ニコニコ動画】フィギュアスケート ジェレミー・アボットの「つなぎ」に注目してみる

ブログランキングに参加しています。ぽちっと応援して下さい!

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

各要素とそれをつなぐ振付は、プログラムを考える上で、切っても切れない関係にあります。フィギュアスケートを見る時は、そういった部分に注目してみるのもいいかもしれません。

フィギュアスケートの華である様々なジャンプ・・・しかし一般のファンにとって、なかなか見分ける事が難しいのではないでしょうか?

今回は、rabicchoさんがアップされたジャンプの解説動画を紹介します。フィギュアスケートをもっと楽しむためにも、是非ご覧下さい。

1.エッジについて                        http://www.youtube.com/watch?v=SES-N6ybibw&fmt=35

*すみません、ミスがあるのに気がつきました... 4:20あたりの LFO『左足アウトエッジで後進』とテロップにありますが、正しくは LFO『左足アウトエッジで前進』です。大変失礼しました...

2.エッジについてPart2                    http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=w6ra7B3GHjc

3.Axel Jump                          http://www.youtube.com/watch?v=dUjx9AfqeSc&feature=channel

4.Lutz Jump                          http://www.youtube.com/watch?v=GFs8ZXx9_Jg&feature=channel

5.Mohawk                            http://www.youtube.com/watch?v=cahTaU-8Kvk&feature=channel

6.Three turn                          http://www.youtube.com/watch?v=YyehO5ZzQsI&feature=channel

7.Flip Jump part1                       http://www.youtube.com/watch?v=Ejv590T6EFw&feature=channel

8.Flip Jump part2                       http://www.youtube.com/watch?v=7SXTj9tH8PQ&feature=channel

9.Loop Jump                          http://www.youtube.com/watch?v=HxPMvOVjAKw&feature=channel

201002261435097f9

フィギュアのジャンプ大解説!

2a_2Axel

アクセルジャンプは唯一の前向き踏み切りのジャンプです。全てのジャンプは必ず後ろ向きに降ります。そのため、アクセルは他のジャンプよりも半回転多く回転する必要があり、最も難易度の高いジャンプと言われています。

Delayed_2a_2Delayed Axel

完全に飛び上がってから回転をはじめるアクセルジャンプです。

3lzLutz

ルッツジャンプは右足の爪先と左足の外側エッジで踏み切るジャンプです。左足はLBOでJの字のような曲線を描き、右足の爪先は真後ろ~やや左寄りに突きます。

3fFlip

フリップジャンプはルッツと似ていてますが右足の爪先と左足の内側エッジで踏み切ります。左足はLBIでCの字のような曲線を描き、右足爪先は後方やや右寄りに突きます。

3loLoop

ループジャンプは右足の外側エッジで踏み切り、左足を巻き取るように飛ぶジャンプです。助走は足を交差した形が多いです。

3sSalchow

サルコウジャンプは両足を開いて踏み切るジャンプです(離氷の瞬間は左足だけで踏み切る)。

3t2_2Toe loop

トゥループジャンプは(フリップルッツとは逆に)左足の爪先を突いて飛ぶジャンプです。コンビネーションジャンプの2番目以降でよく使われます。

※6種のジャンプは全て右足で着氷するため、コンビネーションジャンプの2番目以降は必ずループまたはトゥループになります。なぜならそれら以外の4種のジャンプは左足での助走が必要だからです。

なお、ジャンプとジャンプの間に小さい繋ぎを挟む場合は6種全てのジャンプを跳ぶことが可能です。その場合、コンビネーションジャンプではなくジャンプシークエンス(+SEQ)という扱いになります。

◇皆様へのお願い◇

FPU(フィギュアスケート保護連合)への、ご協力をお願い致します。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。 

 FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp/

* 今 日 の 猫 *

Cat Shower 1 (Woody Style, very funny and cute) 修行猫ウッディーのシャワー1  http://www.youtube.com/watch?v=he4n-Wk9mRo&feature=channel

皆さんの愛猫を紹介してみませんか?

ご希望の方はメールまたは掲示板より、写真を添えて送って下さい。

|

« 忘れられた1票 | トップページ | ゆきの小部屋~その1 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

スケートジャンプをめぐるわたしの疑問

誰か明確なお答えを。

伊藤みどりが史上最高のスケートジャンパーという事には、誰も異論がありません。

彼女があまりにも簡単(に見える)に跳んだ、高く大きなトリプルアクセルや連続3回転が実は大変な技だと今になって理解できます。

1.アルベール五輪直前、ニューヨークタイムスがヤマグチとみどりの比較を図つきで特集したことがあります。なかで、みどりのジャンプは足が巻き足になる、ヤマグチのはタイト(小さい)で、いいジャンプだ、と。アメリカの、しかもユダヤ経営の新聞ですから話は半分で。タイムスはこういう相手の欠点に暴きだし、自分を上げるというユダヤ人特有の書き方をしますから。

タイトなジャンプがいい!

2.トリノのショートの翌日、NBCで、では誰が金メダル?ショーがありました。スルツカヤとコーエンと荒川です。カナダの前五輪チャンピオン、例のペアの男の方が,何と柔らかなジャンプの着地と、荒川を金メダルに一押し。

柔らかな着地がいい!

3.荒川の言葉。連続3回転の最初のジャンプを大きく跳びすぎると、次のジャンプが跳べない。わかりますね。三段跳びと同じかな。最初でかく跳ぶと次跳べない。

4.平松のおばさんがわざわざバンクーバー前のジャッジ講習会で、親子より兄弟なのよと、教育しまくったと、これがいい連続ジャンプ! 意図はわかりますが、意味がわかりません。浅田真央のトリプルアクセルは、大きく跳ばないと跳べない。現役では今現在世界で彼女しか跳べない難しい技、そこにつける連続ジャンプは今の女子ではたぶん2回転が限界。当然、親子ジャンプになってしまいますよね。3の荒川の言葉と照らし合わせると、最初でかいのを跳んで、かつ次に2回転をつけるのがいかに難しいかわかります。なぜ平松おばさんは、こんなばかばかしい話を、講習会で教育しまくり、五輪後に朝日の記者にもっともらしくしゃべったのか。普通どの国も自国のスケータ−がいい点とれるように頑張りますよね、普通。わざわざ自国の金メダル候補に不利になるようなことはやりません。サムソンから家や金や男を貰ってたからですかね。

平松おばさんは兄弟がお好き! 松井兄弟はどうするんだろ。

わたしの質問です。

いいジャンプ、連続ジャンプとはなんですか。国や時代の違いで変わるとは思えないのですが。

投稿: Hajime Ogawa | 2010年9月20日 (月) 00時43分

オリンピック競技開始まえから、 キムヨナ選手の金メダルは確定していたのですから明確な答えなどないのではないでしょうか。 バンクーバーのアメリカのフラット選手のジャンプの三回転三回転は完璧で音楽性もキムヨナ選手よりはるかに勝っていましたが評価されませんでした。 長洲未来選手のほうがキムヨナ選手を上回っていましたが、 ご存じの結果でした。 ISUが世界のフィギュアファンを馬鹿にしていた結果だと認識しています。 マスコミもですね。 フィギュアスケートはスケートで勝負するべきなのに、 顔芸が入ってから採点がおかしくなりました。 テレビがスケートの足元をぼかして顔ばかり映すようになった時期が不正の始まりでした。

投稿: M | 2010年9月20日 (月) 05時08分

この問題は以前からいろいろな掲示板でも話題になっていますよね。
オレは、百歩譲っても「どっちもどっち」、4連続5連続という今後の展開可能性を考えれば、結局はヨナ流の「兄弟ジャンプ」や「義経八艘跳び」には慣性利用の点で限界があると思います。2ndや3rd、それ以降をどう跳ぶのかという問題が残りますからね。

平松は3回転やコンボを跳べたんですか???

投稿: kalaf | 2010年9月20日 (月) 11時26分

いつも記事を拝見しています。
ジャンプ解説とても参考になりました。以前から見てわかるようになりたいと思っていましたが、言葉だけでは全くわからず(-_-;)
この記事をきっかけに、最近ではだいたいわかるように。
感謝でございます。
ありがとうございました。
これからはステップなども難易度がわかるようになりたいです。が、なかなか難しそうですが。

投稿: nya | 2010年10月 4日 (月) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1275350/36770395

この記事へのトラックバック一覧です: フィギュアスケートのジャンプ解説:

« 忘れられた1票 | トップページ | ゆきの小部屋~その1 »