サプライズゲストとお騒がせな人達

THE ICEのサプライズゲストに高橋大輔が登場しました。 シブシブズの動画第一...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

織田信成のセクシーダンスとソウル五輪成功という捏造

朝鮮日報のコラム『平昌五輪組織委を信じていないIOC』は一見するともっともな内容...

» 続きを読む

| | コメント (18) | トラックバック (0)

色褪せる金メダルと巨大な対価を払う韓国

先日、韓国メディアがアデリナ・ソトニコワを叩いていたという記事を紹介しましたが、...

» 続きを読む

| | コメント (37) | トラックバック (0)

スケーターの素顔とひがむ人達

THE ICEの愛知公演が終了し、出演スケーター達はナガシマスパーランドでおもて...

» 続きを読む

| | コメント (10) | トラックバック (0)

浅田真央の優美な演技、羽生結弦はスポーツ選手初のDVD首位、そして・・・

THE ICEの愛知公演が開幕し、浅田真央が華麗な演技を披露しました。 モリコロ...

» 続きを読む

| | コメント (18) | トラックバック (0)

不明瞭な根拠

採点競技は審判の主観が問題となります。 その為、採点の根拠を明確にすることや公正...

» 続きを読む

| | コメント (13) | トラックバック (0)

浅田真央、高橋大輔の今後と平昌五輪の今後

来季休養を宣言した浅田真央と高橋大輔。 浅田真央は中京大の授業の一環で、スキュー...

» 続きを読む

| | コメント (23) | トラックバック (0)

ファンを魅了する浅田真央と日本を愚弄する韓国

来季休養を宣言した浅田真央は、THE ICE長野公演に出演し、ローリー・ニコル氏...

» 続きを読む

| | コメント (23) | トラックバック (0)

嘘をつく人、影の薄い人

The ICEでショートカットを披露した浅田真央。 同じく来季休養の高橋大輔は、...

» 続きを読む

| | コメント (24) | トラックバック (0)

The ICE キャストへのインタビューと韓国の横暴

The ICE 2014に出演するスケーター達のインタビュー動画がアップさました...

» 続きを読む

| | コメント (24) | トラックバック (0)

ショートカットの浅田真央と自滅する人達

明日からTHE ICEが開幕します。 フィナーレダンスのレッスンビデオも公開され...

» 続きを読む

| | コメント (16) | トラックバック (0)

メダルの重さと中国の穴

ソチ五輪で金メダルを獲得した羽生結弦などメダリストや入賞者が天皇陛下に招かれ、皇...

» 続きを読む

| | コメント (32) | トラックバック (0)

集団的自衛権の行使容認についての嘘と中国の策略

サッカーW杯ブラジル大会の決勝は、延長戦の末に1-0でドイツがアルゼンチンに勝利...

» 続きを読む

| | コメント (24) | トラックバック (0)

ブライアン・ジュベールのペア転向と反省なき人達

ブライアン・ジュベールがカタリナ・ゲルボルトとペアを組み、ロシアで競技生活を続行...

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

浅田真央への鬼指令とモラリストの実像

浅田真央に『鬼指令』が出ているそうです。 どうして『鬼』なのかよく分かりませんが...

» 続きを読む

| | コメント (25) | トラックバック (0)

因果応報を理解できない国

韓国という国は不思議な国です。 竹島を不法占拠し、国民に反日教育を行い、世界中で...

» 続きを読む

| | コメント (9) | トラックバック (0)

羽生結弦『覚醒の時』と日本の目覚め

台風8号が鹿児島県に上陸しました。 九州付近を通過した後は、11日朝にかけて本州...

» 続きを読む

| | コメント (9) | トラックバック (0)

言論の自由は国家の政治制度に挑戦してはならないという不条理な主張

大型で強い台風8号の影響で沖縄本島地方では9日朝から猛烈な雨が降り、気象庁は新た...

» 続きを読む

| | コメント (7) | トラックバック (0)

浅田真央の苦手な生き物と教育のあるべき姿

7月5日に放送された『世界ふしぎ発見!』でミステリハンターに初挑戦した浅田真央。...

» 続きを読む

| | コメント (19) | トラックバック (0)

難癖と逃げ口上

失敗を恐れずに挑戦を続ける羽生結弦。 ソチオリンピックでの金メダルはその姿勢が実...

» 続きを読む

| | コメント (7) | トラックバック (0)

浅田真央のふしぎ発見

浅田真央がミステリーハンターに初挑戦した『世界ふしぎ発見!』。 TV画面が普段よ...

» 続きを読む

| | コメント (19) | トラックバック (0)

去って行く人達

63年の歴史がある神奈川スケートリンクが、6月30日に営業を終了しました。 建物...

» 続きを読む

| | コメント (78) | トラックバック (0)

村上佳菜子の意気込みと成り行きに怯える人達

村上佳菜子は、第2回ベストエンゲージメント賞の表彰式で、『このままでは終われない...

» 続きを読む

| | コメント (39) | トラックバック (0)

5度目の五輪を目指すプルシェンコとヤマハのシティコミューター

ロシアのエフゲニー・プルシェンコが、2018年の五輪を目指すと宣言したようです。...

» 続きを読む

| | コメント (10) | トラックバック (0)

真央先生の爽やかな笑顔と虚言を繰り返す人達

グランプリシリーズのアサインが発表されました。 浅田真央や高橋大輔という見慣れた...

» 続きを読む

| | コメント (32) | トラックバック (0)

サッカーは負けてもゴミ拾いは勝利した韓国という妄想

サッカーW杯はアジア勢が全て敗退する結果となりました。 試合では見せ場の無かった...

» 続きを読む

| | コメント (28) | トラックバック (0)

浅田真央の初挑戦と大荒れの韓国

浅田真央が7月5日放送のTBS系「世界ふしぎ発見!」でリポーターとして出演するよ...

» 続きを読む

| | コメント (15) | トラックバック (0)

注目されたい人の疑惑行動と剽窃というデマ

塩村文夏都議へのセクハラやじについて、「自分が早く結婚すればいい」というのは、『...

» 続きを読む

| | コメント (23) | トラックバック (0)

セクハラやじとキム・ヨナ判定問題

サッカーW杯の日本対コロンビアは、1-4と日本が完敗し、日本はグループリーグ3試...

» 続きを読む

| | コメント (15) | トラックバック (0)

高橋大輔、羽生結弦の舞台裏と最も尊敬される国

高橋大輔が、6月22日に放送されたフジテレビ系『ウチくる!?』にゲスト出演し、佐...

» 続きを読む

| | コメント (24) | トラックバック (0)

Figure Skating Exhibition in Beppuと明らかになった韓国の嘘と言論統制

羽生結弦が大分県別府市で21日から開催されるアイスショーを前に市役所を訪問し、「...

» 続きを読む

| | コメント (20) | トラックバック (0)

事を荒立てようと大暴れする人達

サッカーW杯のギリシャ戦は引き分けとなり、日本代表は窮地に追い込まれてしまいまし...

» 続きを読む

| | コメント (51) | トラックバック (0)

デマを流す懲りない人達

サッカーW杯のロシア-韓国戦は1対1の引き分けとなりました。 格上の相手と引き分...

» 続きを読む

| | コメント (32) | トラックバック (0)

浅田真央のコンパルソリーとなりすまし

サッカーW杯、日本はコートジボワール戦で逆転負けを喫し初戦を落とす結果となりまし...

» 続きを読む

| | コメント (30) | トラックバック (0)

追い詰められる人達

サッカーW杯の開幕戦、ブラジル対クロアチアの一戦で誤審があったのではないかと批判...

» 続きを読む

| | コメント (17) | トラックバック (0)

食い違う認識

ISUの総会でジャッジ匿名廃止について投票が行われ、匿名廃止は否決されました。 ...

» 続きを読む

| | コメント (11) | トラックバック (0)

浅田真央の笑顔とスケオタ

浅田真央はカナダで振付をしているようです。 李子君のインスタグラム(Instag...

» 続きを読む

| | コメント (17) | トラックバック (0)

新たな歴史を開いたキム・ヨナとTVドラマに出演する安藤美姫

キム・ヨナがポニー鄭革新賞を受賞したそうです。 今年は海外から○○賞を受賞という...

» 続きを読む

| | コメント (13) | トラックバック (0)

嘘をつく国と日本の逆襲

米国のコラムニストがキム・ヨナを『偉大なフィギュア5人』に選んだと韓国メディアは...

» 続きを読む

| | コメント (20) | トラックバック (0)

自爆する人達

私が2ちゃんねるなどでバッシングされていることを心配して下さっている読者もいらっ...

» 続きを読む

| | コメント (21) | トラックバック (0)

スケートを追求する羽生結弦と金メダルを御強請りするキム・ヨナ

金メダルを獲得すると、次の目標に向かうのが難しくなります。 目標を達成したことに...

» 続きを読む

| | コメント (33) | トラックバック (0)

怯える人達

キム・ヨナ側は、CASへの提訴には慎重なようですね。 論理性よりも感情を優先して...

» 続きを読む

| | コメント (91) | トラックバック (0)

キム・ヨナ側の不服申し立てが棄却され火病を起こす人達

ISUはキム・ヨナ側から出された異議申し立てを棄却しました。 今後は、スポーツ仲...

» 続きを読む

| | コメント (14) | トラックバック (0)

浅田真央プレミアムフレーム切手セットと反日感情の病理

浅田真央が自らセレクトした写真がプレミアムフレーム切手セットとして販売されます。...

» 続きを読む

| | コメント (24) | トラックバック (0)

オリンピックが消滅する? そして・・・

IOCが冬季オリンピックが存亡の危機を迎えていると判断し、7月7日の理事会で善後策を協議することになったそうです。

理由は、2022年の開催地に名乗りを上げていた都市が財政難を理由に続々と辞退をしているからだそうです。

オリンピックはどうなってしまうのか・・・

また、冬季オリンピックの花形競技でありながら、常に疑惑の採点がつきまとうフィギュアスケート。

採点手法を明確にし、八百長疑惑を晴らすことは出来るのでしょうか?

フィギュアスケートに八百長はあるか? スポーツ関係者にズバッと聞いた

(2014.6.1 tocana)

日本と韓国。

事あるごとに「vs」になってしまう両国の近年のバトルの一つに、フィギュアスケートの勝敗を巡る議論がある。韓国の国民的英雄であるキム・ヨナと、日本で“真央ちゃん”と愛される浅田真央。世界的にも突出した才能が、同じ時代に誕生してしまったことで、大会では激しい争いが繰り広げられる。そして、そのたびに巻き起こるのが、二人の勝敗を巡る八百長疑惑である。では、実際に八百長はあるのだろうか?とあるスポーツ関係者に聞いた。

「八百長があるかどうかというより、八百長が取り沙汰されているスポーツを考えてみて下さい。近年でいえば、フィギュアスケート、新体操、あとはボクシングかな。共通しているものは何か? 全部、採点制なんですよ。採点制は誰が、さらにどう見るのかによって、採点が大きく変わりますよね?」

確かに、フィギュアスケートでいえば、一般的に「技術力の真央 vs 表現力のキム・ヨナ」とされているが、荒川静香氏は「私から見るとむしろ逆」と分析している。また、ロシアフィギュアスケート界の重鎮、タチアナ・タラソワ氏がキム・ヨナの演技について「私が審判ならもっと低い点を付けた」と語っていた。先述の関係者がいうように、採点制のスポーツは、野球でいう「ストライク」やサッカーでいう「ゴール」のような明確なラインは見え辛い。

「たとえば、とある新体操の大会があります。個人戦は別なんですけど、団体戦の優勝はたいてい演奏する学校の新体操部です。八百長があるかは分かりませんけど、採点スポーツにはそういうことが多い。だって、『今のは角度がどう』なんていくらでも言えるでしょう。それで、採点が変わるというのは…フィギュアスケートも、競技性を高めるならば、誰が見ても分かるようなジャンプのポイントを高くすべきです。だって、サッカーや野球だって、芸術性はありますよ。たとえば、サッカーチームのバルセロナは“バレエのようだ”とプレイの芸術性を世界から称賛されています。けど、それは点数化されない。試合の勝敗を決めるのが、ゴールではなく、採点する人たちの感性になってしまうからです」

ネットを見ると、フィギュアスケートや新体操の採点に対する疑問の声が溢れている。

だからと言って、フィギュアスケートや新体操に八百長があるとするのは早計だろう。その一方で、スポーツ関係者の多くも採点に嫌疑を持っている。疑惑をなくすためには、採点制の採点手法をボールゲームやラリースポーツのように明確にすべきだろう。それが、採点権限を持っている人間に左右されないことになり、八百長疑惑の払しょくにも繋がる。

(TV Journal編集部)

キムヨナ 審判買収疑惑 & 八百長疑惑

五輪消滅危機!?冬季立候補地が続々辞退…夏季にも影響か

(2014.6.2 スポニチアネックス)

国際オリンピック委員会(IOC)が冬季五輪を「存亡の危機を迎えている」と判断。来月7日の理事会で善後策を協議することになった。

18年大会は平昌(ピョンチャン)(韓国)で開催されるが、22年大会に名乗りを上げていたミュンヘン(ドイツ)サンモリッツ(スイス)ストックホルム(スウェーデン)の各都市が民意や財政難を理由に続々と辞退。前週にはクラクフ(ポーランド)も招致を断念、AP通信の取材に答えたIOCのハイベリ委員は「過去に経験したことがない緊急事態だ」と困惑を隠せなかった。

残っているのは4都市だが、オスロ(ノルウェー)も市民の60%が招致に否定的。リビウ(ウクライナ)は国の政情不安で五輪開催は不可能と見られている。このままいけば史上初の夏冬両五輪の開催を狙う北京(中国)とアルマトイ(カザフスタン)の争いになるが、両国には人権問題が山積み状態でIOCにとっては最大のネックになっている。

5兆円以上の費用がかかったソチ五輪(ロシア)の影響で欧州の各都市は肥大化する五輪の開催に及び腰。それは東京大会の後の24年夏季五輪も同じで、このまま行くと平昌と東京を最後に、五輪が消滅する事態に発展する恐れも出てきた。

▽22年冬季五輪・開催地決定へのプロセス 15年7月31日にマレーシアのクアラルンプールで行われるIOC総会で決定。来月の理事会(スイス・ローザンヌ)で最終候補都市を絞り込むことになっている。24年夏季五輪の決定は17年。

27acf289s

閉鎖寸前のスケートリンク存続に一役買った高橋大輔の「求心力」とは

(2014.6.2 msn産経ニュース)

5月25日、大阪府高石市の大阪府立臨海スポーツセンター内にあるアイススケート場で1つのイベントが行われた。「臨スポ目標達成御礼スペシャル」。同センター存続の危機を乗り越えたことをあらためて伝える場であり、同センターや関係者、そしてかかわった人々すべてにとって、大きなイベントだった。

■臨海スポーツセンターは、いかにして危機を乗り越えたか

閉鎖に至らざるを得なかったスケートリンクも過去に少なくなかった中で、どのようにして存続に至ったか。署名活動や募金など多くの人々の努力があり、もちろんセンターの関係者の奮闘もあった。その上であえて言うなら、「求心力」という言葉にたどりつかざるをえない。

そもそも、臨海スポーツセンターが存続の危機にさらされていたこと、その危機をどのように乗り越えたかの経緯は、広く知られているわけではない。むしろ、知られていないと言ってもいいくらいかもしれない。そのように感じさせられることは少なくない。だからあえて、書きとどめておきたい。

■2度にわたって起きた危機

振り返ってみると、存続の危機は2度に分けられる。1つは2008年4月のことだ。橋下徹大阪府知事(当時)の意向のもと、閉鎖案が打ち出されたのだ。その後、署名活動などの反響の大きさから、一度は存続が決まった。

だが、それでおさまりはしなかった。2011年に再び、危機が訪れる。建設されて長い年数がたつ同センターは、2015年度末までの耐震化が必要であった。その工事費は約3億円と見られていたが、大阪府は負担しないとしたのだ。といって、その費用を同センターで捻出するめどはたたない。まさに、閉鎖は現実のものとして差し迫ることになった。

これらの危機にあって、同センター存続に向けた活動の中心となったのが、2004年から2006年にかけ、2年ほど同センター内にあるリンクを練習拠点としていた高橋大輔だった。2008年5月には、同センターでのアイスショーに出演して存続へ向けてアピールするなど努めた。それもまた、13万を超える署名を集めるのに大きく寄与したのは間違いない。

2度目の危機でもまた、高橋は精力的に動いた。2012年5月に松井一郎知事を訪問した際、支援を要請する。すると知事は、「半分を集められるなら」と答えた。つまり1億5000円を集められれば、府が残りを負担するというのが府側の"答え"だった。

ただ、1億5000万円という額は小さくない。募金で簡単に集まる額ではないのは容易に想像がつく。高橋も言った。

「正直、厳しいと思います」。一方で、こうも語った。

「あきらめたら、次はないと思います」。

言葉のとおり、高橋は活動を続けた。募金の呼びかけではファンの前で頭を下げ、機会あるごとに呼びかけた。その結果、2013年2月に寄付金1億5000万円が大阪府に贈られ、存続は決まった。

繰り返すが、多くの人々の活動や支援があり、それが実を結んでの現在である。アイスショーに出演するなどして協力した鈴木明子や村上佳菜子、町田樹、さらには募金活動のために駅前に立った田中刑事ら選手たちの存在もあった。と同時に、流れを変えたのは高橋がいればこそではなかったか。

■「小さな縁」としなかった高橋の姿勢

トップスケーターであることを自覚し、現役生活にあり、はたからは負担も小さくないように思える中で存続活動に尽力し、その活動の前面に立った。また、厳しい条件ながらも、松井知事から言葉を引き出したのも高橋だ。3億円という巨大な数字とはいえ、わずかながら希望の光が見えた瞬間だったかもしれない。

さらに、高橋のスタンスを示すものとして印象的なのは、最初の危機にあった2008年5月のアイスショーのことだ。当時は、コーチとして信頼を置いていたニコライ・モロゾフとの関係を解消することを発表してまだ間もなかった。ショックが小さいわけもなかっただろうが、そのすぐあとの時期にショーに出演し、笑顔で同センター存続へのアピールに努めたのだ。

高橋が直接、同センターに関わったのは2年。その2年という期間を小さな縁と考えることもできるし、大きな縁ととらえることもできる。そして小さな縁とはしなかったのが、高橋だった。

以前、取材の中でふと、「子どもたちには元気いっぱい、滑ってほしいんですよね」と語っていたのを思い出す。あるいは、シーズン開幕へ向けた練習のつかの間の休憩の時間に、集まってくる子どもたちとにこやかに会話をしている姿も目にしている。

自分が歩んできた道の後に続こうとするスケーターたちへの、あたたかなまなざしがそこにあった。それもまた、同スポーツセンターの存続活動の原動力となっていただろう。そして、「フィギュアスケーター・高橋大輔」の一面を、とてもよく表している。

筆者プロフィール : 松原孝臣(まつばら たかおみ)

1967年12月30日、東京都生まれ。早稲田大学卒業後、出版社勤務を経てフリーライターに。その後スポーツ総合誌「Number」の編集に10年携わった後再びフリーとなり、スポーツを中心に取材・執筆を続ける。オリンピックは、夏は'04年アテネ、'08年北京、'12年ロンドン、冬は'02年ソルトレイクシティ、'06年トリノ、'10年バンクーバー、'14年ソチと現地で取材にあたる。著書に『フライングガールズ-高梨沙羅と女子ジャンプの挑戦-』『高齢者は社会資源だ』など。

スケートリンク存続危機乗り越えアイスショー 高橋大輔 2014/5/26

インターネットに様々な情報が氾濫する現代。

人と人との結びつきが希薄となったと言われて久しいですが、それでも重要なのは詭弁ではなく実際の人間力ではないでしょうか?

自己利益や自己保身に走る人間は、いつの時代も本当の信頼は得られないのです。

臨海スポーツセンターの危機を救った高橋大輔の覚悟。

IOCやISUの理事達に彼のような覚悟を持った人間が何人いるでしょうか?

≪ ご 案 内 ≫

『フィギュアスケート 銀盤の疑惑』は全国の書店で好評発売中です。

『フィギュアスケート 疑惑の高得点』に間違いがあったことをお詫び申し上げます。

『フィギュアスケート 疑惑の高得点』正誤表 クリックするとのPDFファイルが開きます

スマイルheartプロジェクトを応援して下さり、ありがとうございます。寄付金とメッセージの受け付けは3月14日で終了しました。皆様のご支援に感謝申し上げます。

スマイル・プロジェクトのブログは→コチラをクリックして下さい。

雑談などにご利用下さい→『ゆきの小部屋~その9』

*ブログの避難所を開設しました→コチラをクリックして下さい。

浅田真央 ソチ伝説のフリー ~ 高音質+会場音声で迫力満点!

Sochi LP TOP 4 Step

*スマイリーキクチ中傷被害事件では、中傷犯19人が逮捕されて警察の取り調べを受け、神奈川県川崎市の29歳の女性派遣社員、大阪府高槻市の45歳の国立大学男性職員、東京都東村山市の46歳の会社員、埼玉県戸田市の36歳の会社員、神奈川県横浜市の46歳の左官業男性経営者、埼玉県入間市の36歳の男性鉄筋工、東京都練馬区の23歳の元パート女性事務員など7人が名誉棄損や脅迫の容疑で検察へ書類送検されました。

「スマイリーキクチ中傷被害事件」ザ!世界仰天ニュース

投稿先:羽生結弦の新プログラムと織田信成のオネエ疑惑

投稿者:もう6月   投稿日時:2014/06/02 23:51

黒猫さんがスマイルプロジェクトのことで叩かれてるんですよ。

今だに誰にもメダルを渡せてないんでしょ?。

お金の明細も全く明かされてないでしょう。

プラチナメダルにはいくらかかったか、クリスタルメダルにはいくらかかったか。

手提げ袋にいくらかかったか、贈呈に向けての交渉にいくらかかったか。

全てが終わってからでないと公表出来ないと仰ってますが 今現在公表出来ることが沢山ありますよね。

公表と言ってもブログで数字だけ出すだけでは駄目です。

預金通帳、それぞれの領収書等を公開する必要があります。

人様からお金を集めるというのはそう言うことです。

Img_20110918215316

スマイルプロジェクトについて質問や意見等がありましたら、スマイルプロジェクトの公式ブログに掲載されている通り、メールにてお問い合わせください。

プロジェクトの収支については、終了後に公表致しますが、寄付された方で現状を知りたい、発表された寄付金額の証拠や、贈呈するメダルの作成費等の領収書が見たいという場合は、個別に対応致します。

寄付された方以外に、通帳のコピーや領収書などを公開する考えはありません。

それは、選手達に確実にメダルやメッセージを渡すことが、賛同者からスタッフに課せられた使命だからです。

現在、2ちゃんねるで私の個人情報を公開して叩いている人間がいるようです。

プロジェクトを中止しろという脅迫めいた手紙も来ています。

そういう人間が、通帳のコピーや領収書の画像を悪用して、プロジェクトを妨害しようと画策するのは間違いないでしょう。

私は、こういう人間からスタッフを守り、寄付してくれた方々の思いに応えてプロジェクトを遂行しなければならないという義務があります。

現在は、警察へ被害届けを出す為、証拠集めをしている段階です。

批判や反対意見は結構ですが、個人情報を不特定多数に流したり、憶測やデマを流して叩くのは犯罪行為です。

現実の世界で犯罪者の烙印を押されないよう、言動には注意して下さい。

警察のネット犯罪に対する認識も以前とは違います。

ネット上は匿名だからと甘く考えていると大変なことになってしまうのです。

警告はしましたので、後は自己責任でどうぞ。

◆ブログランキングに参加しています!皆さまのクリックで応援して下さい!

Br_decobanner_201108111453071
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

FPUからのお知らせ

*FPUではブログサポーターを募集しています。詳細については、下記をクリック願います。

ブログサポーターを募集します!(FPU公式ブログ)

Fpu007

FPU(フィギュアスケート保護連合)へ、ご協力下さい。

FPUは全てのフィギュアスケーターが公平な採点を受けられることを目標としている団体です。特定選手の応援や、政治的・宗教的な考えを強制することはありません。

フィギュアスケートの未来に不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方は、是非ともFPUのホームページをご覧下さい。

FPUホームページ  http://fpu.nobody.jp

FPU公式ブログ  http://fpu1.cocolog-nifty.com/blog/

お問い合わせ先一覧(下記の文字をクリックして下さい)

■日本スケート連盟 メールアドレス jsf@skatingjapan.or.jp

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育館内

TEL : 03-3481-2351

▲首相官邸 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

▲ 自民党 https://ssl.jimin.jp/m/contact

*BPOの問い合わせ先

*厚生労働省 お問い合わせ窓口

*外務省~監察査察意見提案窓口

*外務省~ご意見・ご感想(メールフォーム有)

*総務省への意見

*文部科学省への意見

*公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

kuroneko_azをフォローしましょう

* 今 日 の 猫 *

人気ねこ動画Yuo Tube人気ランキングNO1~

☆ お 知 ら せ ☆

FPUの公式ブログ

誹謗中傷を繰り返す悪質なkiki_dide氏とその仲間~その1

にほんブログ村のランキング不正操作疑惑について

被災地の小さな命を救いたい・・・

フィギュアスケートのジャンプ解説

フィギュアスケートの基礎

フィギュアスケート講座

フィギュアスケート技の解説

» 続きを読む

| | コメント (17) | トラックバック (0)

羽生結弦の新プログラムと織田信成のオネエ疑惑

羽生結弦が来季のプログラムの振付を終えて帰国しました。 仙台で、6月7日のファン...

» 続きを読む

| | コメント (19) | トラックバック (0)

浅田真央~笑顔で語る決意の裏側

浅田真央が最も好きなスポーツ選手で初の1位となりました。 また、中京テレビのキャ...

» 続きを読む

| | コメント (28) | トラックバック (0)

デニス・テン&フレンズ動画と・・・

カザフスタンのアイスショー、浅田真央等の演技がアップされました。 Mao Asa...

» 続きを読む

| | コメント (11) | トラックバック (0)

韓国は中国諜報活動の手先?

中国への接近が止まらない韓国。 軍事機密が漏洩しているという話もあるようです。 ...

» 続きを読む

| | コメント (21) | トラックバック (0)

浅田真央プレミアム切手とカザフスタンでのインタビュー

浅田真央と高橋大輔はカザフスタンに到着し、早速記者会見が行われたようです。 日本...

» 続きを読む

| | コメント (15) | トラックバック (0)

«奮起を誓うスケーター達と・・・